ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「筆記試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「筆記試験」に関する情報が集まったページです。

コロナ機にテレワークも進む:
新たに中途採用へ乗り出した「防衛省」 いったいどんな選考でどんな人を採用したのか?
防衛省が初の中途採用へ乗り出した。他の中央省庁でも進む中途採用だが、その狙いや手応えとは? また、国家の中枢である防衛業務を担う人材を、どのような選考で採用し、どのような人が入省したのか。採用担当に聞いた。(2020/8/5)

働き方の「今」を知る:
働き手を守るはずが、「給料安すぎ問題」を助長する皮肉 過度な正社員保護は、本当に必要なのか?
デービッド・アトキンソン氏の記事によって話題になった「日本人の給料安すぎ問題」。氏は原因を「モノプソニー」でひもといたが、給料が安すぎる原因は他にもさまざまある。後編の今回では、正社員保護が逆に給料安すぎ問題の原因となってしまうことを解説する。(2020/7/28)

憧れていたはずの同期が社内ニートになっていた…… はんざき朝未『無能の鷹』が社会人に問いかけるもの
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第101回は、はんざき朝未先生のお仕事マンガ『無能の鷹』を取り上げます。(2020/6/12)

よくわかる人工知能の基礎知識:
米軍の教育でもAIが活躍 「アダプティブ・ラーニング」の可能性
現在、教育現場ではどのようなAI活用がされているのか。国内外の事例を紹介する。(2020/2/20)

2020年5月採用:
初任給18万円、かつ“職務経験”を考慮して決定 厚労省の「氷河期限定採用」は苦しむ世代の“氷山の一角”も救えない
厚生労働省が「就職氷河期世代採用選考」を実施する。2020年5月採用として、12月25日〜20年1月10日の期間で申し込みを受け付ける。一般行政事務職として、10人ほどの採用を予定する。初任給は「月額18.2〜27.4万円」で、職務経験により変動する。(2019/12/25)

ねとらぼの中の人インタビュー:
「何言ってるか分からないけど面白い」が最強の記事 ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」〜杉本吏編〜
生粋のネット文章中毒者。(2019/8/17)

正規雇用にありつけない、給与も上がらない“臨時採用教員のツラさ” 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
「どの学校にもいる」という臨時採用教員の厳しい働き方。(2019/8/1)

『週刊ビッグコミックスピリッツ』史上初、漫画編集者の公募企画スタート
漫画業界が気になってる人に朗報。(2019/6/24)

採用枠を増やす企業も:
20卒採用も「売り手市場」続く 「内々定辞退対策」も加速
マイナビが2020年新卒採用に対する企業の意識や動向をまとめた調査結果を発表した。採用活動は前年よりも前倒し傾向で、売り手市場が続く。(2019/4/16)

アニメイト渋谷店が“バーチャル店員”の試験採用を開始 Vライバーとの最終面接はiPad越し
筆記試験、履歴書&自己アピール、最終面接を経て6人のVライバーを採用します。【追記あり】(2019/4/2)

「私服可」でもスーツで行くべき?:
「スタバでバイト」「手書きのES」は本当に有利? “就活都市伝説”の真偽を採用のプロに聞く
「スターバックスコーヒーでのアルバイト経験があると就職活動で有利になる」という説がささやかれるようになって久しい。「エントリーシートや履歴書を手書きすると、誠意が伝わって書類選考を通過しやすくなる」「体育会出身の学生は高評価」といったうわさも出回っている。これらの“都市伝説”は真実なのか。「リクナビ」の元編集局長の山崎淳氏に意見を聞いた。(2019/1/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「運休」「復旧」の判断とは? 災害と鉄道、そのとき現場は……
大きな自然災害に見舞われた2018年。豪雪被害が出た福井県のえちぜん鉄道で復旧の陣頭指揮を執った担当者に、「復旧の優先順位」や「運休判断のタイミング」などについて聞いた。(2018/9/7)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第51回 企業の中で「Rubyコミッター」の看板を背負う覚悟と喜び
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/3/1)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(7):
失敗談から学ぶ、最終面接に臨む際の「心構え」と「準備」
「最終面接に進んだのだから、もう受かったも同然だ!」――。厳しい選考を通過し、役員との最終面接の切符を手に入れた瞬間、油断が生まれる。だが、最終面接に臨めるからといって確実な内定の保証があるわけではない。今回は、最終面接をテーマに、面接に臨む際の「心構え」と「準備」について、リアルな失敗談を交えながら詳しく解説する。(2018/2/20)

「東京では“不登校は復帰するな”と指導せざるを得ない」匿名の記事に注目集まる 都に見解を聞いた
東京都に取材しました。(2018/1/21)

三重大大学院、専門科目「忍者・忍術学」導入 修士号も取得可能
三重大学は、2018年度入試から導入する専門科目「忍者・忍術学」の詳細を公式サイトで発表した。(2017/12/14)

HR Tech最前線:
採用現場で「AI面接官」は普及するのか
ソフトバンクがエントリーシート(ES)選考にAIを活用するなど、採用業務の自動化が着々と進んでいる――。実は、こうした動きはESだけでなく「人がやるもの」と考えられてきた面接業務にも及んでいる。AI面接官「SHaiN」(シャイン)を開発したタレントアンドアセスメントの山崎社長に話を聞いた。(2017/11/22)

製造マネジメントニュース:
「実地訓練で人材育成」が裏目に、スバルが25万台リコールへ
SUBARU(スバル)は国内工場の完成検査に関する社内調査の結果について発表した。群馬製作所の本工場と矢島工場の合計3ラインにおいて、本来の規定とは異なる状況で完成検査が行われていた。(2017/10/30)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(8):
技術未経験からモノづくり技術職へ――オリジナルマッチングによる転職成功事例
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第8回では、技術未経験から技術職へのチャレンジ事例を紹介しながら、転職成功の秘訣(ひけつ)や注意すべき点などについて取り上げます。(2017/7/19)

「採用スケジュール前倒し」企業増える:
18年卒採用も「売り手市場」 スピード感はアップ
マイナビが「2018年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」を発表。18年卒も売り手市場の状態が続いているが、採用環境への危機感からスケジュールは全体的に前倒しになっている。(2017/4/6)

デカァァァァァいッ説明不要!! 普通のボールペンの10倍くらいの自作ボールペンにびっくり
水筒並みにデカい……。(2017/3/5)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(3):
企業がキャリア採用に求めるものとは? ちょっとリアルなお話【技術スキル編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第3回では、自身が保有する技術スキルの視点から、「企業がキャリア採用に求めるものは何か?」について掘り下げます。(2017/2/15)

全寮制で“缶詰め”状態 東大受験専門「N塾」の狙いは──カドカワ川上社長に聞く
カドカワの通信制高校「N高」と連携する、東大受験に特化した全寮制の個別指導塾「N塾」が4月に開校。「入塾者数は?」「本当に成績は上がっているのか」――川上社長に聞いた。(2016/9/23)

どんな状況・要望にも応えられる現場力が身に付く:
PR:最強のネットワーク/セキュリティエンジニアを生み出すシスコ「CCIE Security」の秘密とは?
ITエンジニアにとって、一部の資格は現場で働くための基礎知識にすぎない。しかし、シスコシステムズの「シスコ技術者認定」は、本物の“現場力”を持ったエンジニアを育成するための試験として知られている。その最高峰たる「CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)」の保有者は、いかなる状況にも的確かつ迅速に答えを出せるエキスパートだ。その秘密はどこにあるのだろうか。(2016/8/8)

適正価格の2-in-1デバイス
徹底レビュー:「HUAWEI MateBook」は“お得版のSurface Pro 4”、USB Type-Cでも不便じゃない?
「HUAWEI MateBook」は、性能と価格のバランスが取れた2-in-1デバイスだ。そのスペックや性能をレビューする。(2016/7/16)

「セキュリティ心理学」入門(4):
その「セキュリティ教育」、本当に効果ありますか?
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。昨今、「標的型メール攻撃訓練」などのセキュリティ教育・訓練が盛んに行われていますが、こうした教育・訓練はただ行えばよいというものではありません。あらためて、「セキュリティ教育・訓練」の目的や効果について考えてみましょう。(2016/4/11)

IT資格Watch!(7):
特定分野のスキルはもはや差別化の材料にならない――シスコがエキスパートレベル資格「CCIE」を改訂する理由
シスコは、同社の認定資格のエキスパートレベルに位置する「CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)」の改訂を2015年11月27日に発表した。新制度の施行が約5カ月後に迫った今、CCIE改訂の概要とその狙いをあらためて整理する。(2016/3/1)

東大受験に特化「N塾」、カドカワが開校 川上社長「1年で東大合格者を出す」
カドカワと個別指導塾「坪田塾」は、東京大学志望者を対象に全寮制の「N塾」を開校する。(2015/12/10)

就活のトリセツ(2):
ギョーカイ研究、自己分析――いざという時にオロオロしないための「就活準備」基礎の基礎
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第2章は、就活の準備編として「業界研究」「職種研究」「自己分析」を手ほどきしよう。(2015/11/26)

プロの流儀:
本当の音、引き出す指先――ヘッドフォンドクター・稲垣雄太
ケーブルの修理やカスタマイズのサービスは、悩めるオーディオファンたちの最後の砦、そして新たな一歩を踏み出すための強い味方。東京・秋葉原の専門店「e☆イヤホン」に“ヘッドフォンドクター”を訪ねた。(2015/6/23)

クレーンゲーム達人の景品獲得技も学べる 世界初のクレーンゲーム専門資格「くれ達検定」誕生
一般プレイヤーからアミューズメント店リーダー向けまで。(2015/3/11)

「大学入試」に悩むのは受験生よりも大学教授?
大学教授が奔走する、意外な大学受験の裏側をのぞいてみましょう。(2015/2/3)

学力じゃない! ハーバードが学生に求める能力とは?
名門中の名門であるハーバード大学入学に必要な能力とは? 書籍『人生が2000%うまくいく ハーバードの秘密』から紹介します。(2014/9/2)

外国人留学生に聞く、ここがオカシイ「日本の就活事情」
日本で就職活動をしている外国人留学生で、就活戦線が厳しいと感じている人はどのくらいいるのだろうか。2015年3月卒業予定の外国人留学生に聞いた。ディスコ調べ。(2014/4/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/15)

企業が学生の「本性」を見破るテクニック
企業の採用担当者が見ている、「エントリーシート」と「面接」以外のポイントとは? 書籍『良い人材を見抜く採用面接ポイント』から2つのポイントを紹介します。(2014/3/4)

私設図書館シャッツキステ36冊目:
渋い思い出もよみがえる? 『茶の世界史―緑茶の文化と紅茶の社会』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。紅茶を楽しめるシャッツキステにふさわしい36冊目は、ツンデレメイド・レイラによるご紹介です。(2014/1/10)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
2014年、就活・転職の4大キーワードを予想する
あけましておめでとうございます。本連載が始まって2年半弱、就活・転職シーンは大きく変わってきました。新年1回目の今回は、今年注目すべき就活・転職関連キーワード4つを大胆予想します。(2014/1/6)

石川温のスマホ業界新聞:
孫社長が「UQへの2.5GHz割り当て」に猛抗議――「泣き寝入りはしない。行政訴訟で断固戦う」
7月26日の電波監理審議会で、2.5GHz帯の新たな周波数をUQに割り当てるとの答申が出たが、これに異を唱えたのが、ソフトバンクの孫社長と宮川潤一CTO。総務省の廊下で行われた囲み取材で、2人の「恨み節」を聞くことができた。(2013/8/2)

世界で通用する人がいつもやっていること:
マンガを使うのもOK!――感情をふるわせて覚える
脳の中には海馬という記憶を形成するのに重要な部分があります。勉強中に笑ったり感動したりするとこの海馬が働き、記憶が定着しやすくなります。たとえ読むのがマンガであっても効果は同じなので、これを利用しない手はありません。(2013/7/11)

世界で通用する人がいつもやっていること:
「外見を気にせず中味で勝負」は間違っている
誰が言い始めたのか「人は見かけによらない」なんてよく聞きます。しかし、この言葉は100%ウソだと中野氏は言います。外見の印象の悪さで、実績は減点されてしまうこともあります。相手が好感を持てるような外見を心がけることが肝要なのです。(2013/6/27)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(46):
きっかけは不正侵入――私がセキュリティ業界に足を踏み入れたワケ
セミナーなどでいろんな方にお会いする中で、しばしば「川口さんはどうしてこの業界(会社)に入ろうと思ったんですか?」という質問をいただきます。今回はずばり、その疑問にお答えします。(2013/5/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(53):
ソムリエとプログラマーの共通点とは?
今回は「第14回 A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール 東京大会」を観覧して感じたソムリエの世界と、ソフトウェア開発の世界の“共通点”について紹介したい。(2013/4/18)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
イマドキの新入社員はとても優秀――テンプレ就活生と問題解決能力
4月に入り、新卒採用が本格化しています。最近増えているのが、良くいえば情報収集や処理に長けた、悪くいえば「ネットで答えを探して乗り切」ろうとする就活生。今回は新卒採用で注目される「問題解決能力の差」についてこっそり書いてみます。(2013/4/15)

Mobile IT Asia:
“紙の進化形”を目指した「enchantMOON」――UEI清水氏が開発の背景を語る
スマートフォンでもタブレットでもない、まったく新しいタイプのデバイスとして注目を集めている、UEIの「enchantMOON」。その発想の原点には「紙」があった。代表取締役社長兼 CEOの清水亮氏は「僕らがやりたいのは紙の進化形」と話す。(2013/3/15)

法制度・規制:
重要性が高まる「電験三種」、5万ボルト未満の電気設備に欠かせない資格
ビルや工場などの電気設備を保全管理する担当者には、国家資格の「電気主任技術者」を取得することが義務づけられている。一般の企業が保有する電気設備は5万ボルト未満のものが大半で、電気主任技術者の第三種、通称「電験三種」の資格を持った担当者が必要になる。(2012/11/21)

就職は3秒で決まる。:
何もしなくても就職できる「就活エリート3万人」の実態
誠ブログの人気エントリーから誕生した書籍『就職は3秒で決まる。』。その一部を抜粋、編集して掲載します。「ビジネスマンが就活・仕事に関して、本音で語ってこなかったこと」とは何でしょうか。(2012/10/12)

新卒採用もクラウドで 動画で応募者をチェックできる「面接支援サービス」
企業が新卒・中途採用の応募者にネット上で動画面接などを受けてもらい、従来なら書類選考で断っていた応募者にも対象を広げて確認できるという「面接支援サービス」が登場。(2012/9/28)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
安売りの店から「情報とサービス」の提供へ――テンポスバスターズ 森下社長
中古品の機器販売に終わらず、飲食店を始める人にとって必要な店舗の情報や事業へのアドバイスも始めた。既存にとらわれることなくチャレンジし続ける企業が、次の新たな成長を手に入れられる。(2012/9/26)

「ジョジョロワイヤル」開始ッ!! 世界一のジョジョファンを目指せ!
「参加する」と心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!(2012/9/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。