ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「XScale」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「XScale」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
インテルの買収下手はいつ治るのか
ここ20年くらいうまく行った試しがないような……。(2019/4/23)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「AMDの組み込み」は今度こそ変わるか
組み込みシステムに古くから携わっていると、「AMDの組み込み」に微妙な感情を持ってしまう。しかし、今のAMDは組み込みに本気であるように見える。歴史を振り返りつつ、AMDの「本気度」を探ってみたい。(2018/6/12)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「GbEのMarvell」より脱却なるか、Caviumの買収は理想的だが新CEOの手腕は不明
ネットワークプロセッサに強みを持つMarvellが、同種企業であるCaviumの買収を発表した。製品も顧客も重複が少なく、ARMサーバ向けSoCなどで存在感を高めているCaviumのハイエンド製品はHPCやクラウドからの関心も高く理想的といえるが、買収後にうまく事業が回転するかは不透明だ。(2017/12/8)

車載、産機向けSoC発表:
Intel、IoTを巡ってARMと対決
Intelがこのほど、自動車、産業機器市場向けのリアルタイム性能を備えた新SoCを発表したことで、ARMとのIoT(モノのインターネット)の市場を巡る戦いが激化しつつある。(2016/10/31)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(7):
Intelモバイル撤退の真相――“ARMに敗北”よりも“異端児SoFIA”に原因か
今回は、2016年5月に明らかになったIntelのモバイル事業からの撤退の真相を、プロセッサ「Atom」の歴史を振り返りつつ探っていく。「Intelは、ARMやQualcommに敗れた」との見方が強いが、チップをよく観察すると、もう1つの撤退理由が浮かび上がってきた。(2016/7/28)

敗因はx86コアへの固執か:
当初から険しい道のり、IntelのモバイルSoC事業
モバイル向けSoC事業の打ち切りを発表したIntel。PC向けプロセッサでは一時代を築いた同社だが、スマートフォンという巨大市場での競争には、とうとう勝つことはできなかった。(2016/5/9)

Atomシリーズを終了:
Intel、モバイル向けSoC事業を廃止
2016年4月に最大で1万2000人を削減する計画を発表したIntel。それに伴い、モバイル機器向けSoC(System on Chip)の「Atom」シリーズを終了する。(2016/5/6)

iOS SDKとSwiftで始めるゲーム作成入門(1):
初心者でもiOS 9/tvOS向け2Dゲームが作れる標準フレームワークSpriteKitの基礎知識とチュートリアル
iPhoneゲームをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOSのゲームフレームワークを使った作り方を一から解説する入門連載。初回は、SpriteKitの概要とサンプルゲームの動かし方、主要なクラスやメソッドなどを紹介する。GameplayKitなど他のゲームフレームワークの概要も。(2015/9/17)

組み込み開発ニュース:
あらゆる機器をIoTデバイスにするUIエンジン「paneE」
ACCESSは組み込み機器に、ネットワーク対応機能とタッチパネル操作機能を付加できるUIエンジン「paneE(パネイー)」の提供を開始した。(2015/3/24)

2012 International CES:
メーカーに温度差のある“スマートテレビ”――CESまとめ(後編)
「2012 International CES」では、スマートテレビの展示も多く、来場者の注目度も高かった。ただ、代表格であるはずの「Google TV」をプッシュする展示は少なく、独自プラットフォームやデバイス連携のほうが目立っていた。(2012/1/20)

技術革新を生み出す果てなき闘争:
ARM vs. Intel:プロセッサアーキテクチャの覇権はどちらの手に?(後編)
ARMとIntelによるプロセッサアーキテクチャの主導権争いでは、多数のライセンシー企業が参加しているARM陣営の動きが活発である。後編では、前編のNVIDIAに続いて、Texas Instruments、Apple、Qualcommなど、有力なARMライセンシー企業の取り組みを紹介する。(2011/10/4)

技術革新を生み出す果てなき闘争:
ARM vs. Intel:プロセッサアーキテクチャの覇権はどちらの手に?(前編)
現在、ARMとIntelによる、電子機器に用いられるアプリケーションプロセッサのアーキテクチャの覇権を賭けた争いが激化している。ARM陣営が、Intelのx86アーキテクチャが圧倒的シェアを占めるサーバー機器/PC市場への参入を果たそうとしている一方で、Intelをはじめとするx86陣営も、ARMの縄張りとも言える携帯電話機/タブレット端末市場への攻勢を強めている。前編では、ARMアーキテクチャを推進するARMと、x86アーキテクチャを中核とした製品開発を続けてきたIntel、それぞれの取り組みについてまとめる。また、ARMのライセンシー企業であるNVIDIAが開発した「Tegra 2」について紹介する。(2011/9/27)

電子書籍端末ショーケース:
FLEPia(フレッピア)――富士通フロンテック
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、富士通フロンテック製のカラー電子ペーパー端末「FLEPia」を取り上げる。(2011/4/12)

圧倒的っ……性能っ……!:
台湾発の高性能NASキット、Thecus「N4200」を試す
ユーエーシーが販売するThecusのNASキット「N4200」は、性能の高さや幅広い機能、豊富な拡張性で知られる個人向けのハイエンドモデルだ。(2010/9/3)

Windows Mobileコンセプト版を無償公開:
ACCESS、JavaScriptエンジンを高速化した「NetFront Browser v4.0」を発表
ACCESSが、Webブラウザ「NetFront Browser v4.0」を発表した。v3.5と比べて、JavaScriptエンジンの実効速度が20倍も高速になっているという。(2010/1/13)

PCIe/USBへの対応で使われ続けるPC/104
組み込みシステムを設計する上で有用なPC/104。この規格の後継となるものとして、パソコンで一般的に利用されるPCI ExpressやUSBを活用した複数の提案がなされている。本稿では、PC/104という規格の歴史を概観した上で、現在提案されている後継規格について紹介する。(2009/7/1)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(3)
やっぱりAtom? それとも……ポストNetbook時代の覇権争い
Netbookの勢いが止まらない。その要因には「Intel Atom」などの低消費電力/低価格なCPUの存在がある。Intelとx86互換ベンダーとの組み込み分野での攻防は、今後どうなるのだろうか?(2009/5/25)

3G携帯電話網などにも対応:
モトローラ、Windows Mobile搭載のモバイル業務端末を発表
モトローラは、Windows Mobile 6.1を搭載した業務用モバイルコンピュータ「MC75」とバーコードスキャナ内蔵の「FR6000」を発表。2月から受注する。(2009/1/28)

AtomとARMは競合しない
“PC USER”的には「Netbook、Nettop、MIDのためのCPU」で十分なAtomだが、その守備範囲はもっと広い。その「Atomの別な顔」をインテルが説明した。(2008/11/27)

性能は従来の2倍?:
海外NASキットの雄、Thecusの「N4100PRO」を試す
大容量HDDが手頃な価格で購入できるようになり、複数のドライブでテラバイト級のストレージを構築できるNASキットが注目を集めている。今回はThecus「N4100PRO」の性能を検証した。(2008/10/30)

組み込み向け半導体最新動向:ARMプロセッサ
ARMアーキテクチャはどのように進化してきたのか?
なぜARMプロセッサは組み込み向けで多く利用されているのか? ARMプロセッサの変遷と特徴を解説するとともに、今後の可能性について触れる。(2008/10/23)

CEATEC JAPAN 2008:
「MIDのOSはLinuxが最適」──チャンドラシーカ氏、AtomとMIDを語る
繰り返しAtomを取り上げてきたが、登場前と登場後で方向性が大きく変わったように思えてならない。IntelはAtomを、そしてMIDをどうするつもりなのか。(2008/10/2)

元麻布春男のWatchTower:
ARMはAtomを撃退できるのか
インテルが何度となく挑んできた組み込み向け市場に君臨するARM。「AtomはARMより優れている」と喧伝する“挑戦者”インテルに“王者”ARMが反論した。(2008/9/18)

Intel Developer Forum 2008:
ARMからAtomへ――組み込み市場に賭けるIntel
リビングを目指した“Viiv”。小型機器を目指した“XScale”。どちらも「転進」を余儀なくされた。Intelは、その戦場に再度臨もうとしている。(2008/8/27)

Intel Developer Forum 上海 2008:
製品スペックが見えてきた「MID」──Showcase「Mobile Internet Device Community」
Atomが正式に発表されたものの、詳細なスペックがなかなか出てこないMID。IDF上海でもその状況はあまり変わらないが、意外なベンダーがスペックシートを公開した。(2008/4/4)

インテルの携帯デバイス市場進出に最高の武器──それがAtom
ISSCCでその概要が紹介された「Silverthorne」は、3月のCeBITで正式名称「Atom」が公表された。Atomでインテルは携帯デバイス市場に橋頭堡を築けるのか。(2008/3/12)

PDAの灯は消えず:
“クラシック”だけど最新鋭のPDA――「HP iPAQ 112 Classic Handheld」
日本でスタンドアロンのPDAを安定供給し続ける日本HP。その2008年モデルが「HP iPAQ 112」だ。まずはお手並みを拝見しよう。(2008/3/3)

マーベル、最新のアプリケーションプロセッサ「PXA300」シリーズを出展
マーベルジャパンとインテルは、組み込み向けプロセッサの最新動向を紹介する「Marvell and Intel Embedded Shoucase 2007」を開催した。(2007/9/27)

PFU、マルチメディア端末「SmartPOT」に新モデル
PFUは、ファミリーマートやヤマダ電機、シネコンなどで利用されているマルチメディア端末「SmartPOT」に新モデルを追加、FeliCaリーダー/ライター対応を強化した。(2007/6/15)

Intel Developers Forum 北京 2007:
Intel、家電向けメディアプロセッサ開発
ASUS、沖電気、Chunghwa TelecomらがIntelの新メディアプロセッサ採用を決定している。(2007/4/18)

3月24日〜3月30日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
セブン&アイホールディングスの独自電子マネー「nanaco」の開始が4月23日と発表された今週。ドコモは、ケータイクレジット「iD」にネット決済機能を追加することを明らかにしたほか、4月1日から開始となる「緊急通報位置情報通知」の詳細を公開した。(2007/3/30)

Motorola、ビジネス向け携帯「MC35」を発表
Motorolaは新たなEDAシリーズとして「MC35」を追加、4月に発売する。(2007/3/28)

Marvell、XScale採用の新アプリケーションプロセッサを出荷開始
Intelの携帯デバイス向けプロセッサ事業を買収したMarvellが、新プロセッサを開発した。(2006/11/30)

Windows CE 6の全貌(2):
Visual Studio 2005によるOSイメージ構築
Windows CEを実機に組み込むには、OSイメージを構築する必要がある。開発環境の整備からOSイメージ構築までの手順を紹介する(2006/9/5)

頭脳放談:
第74回 IntelのXScale事業売却の裏側?
AMDのAlchemy(組み込みプロセッサ)の売却に続いて、IntelもXScaleを手放した。背景には不採算部門の処分の他にも理由がありそう?(2006/7/22)

[es]の狙い、そして次なるW-ZERO3の構想
“何かすごいモノで電話しているね”──W-ZERO3が市場に受け入れられた裏に、約7割のユーザーがほかの音声端末ないし携帯電話を併用していることも分かった。「もう少し“ケータイ寄り”なら、もっと市場が広がるのではないか」ウィルコムとシャープはこのように考え、W-ZERO3[es]が誕生した。(2006/7/20)

Intelの管理職削減は転換計画の一端
今回のレイオフによって、人員削減その他の組織再編が完了するわけではない――オッテリーニ氏は従業員に向けたメモにそう記している。(2006/7/18)

小寺信良:
映像配信における缶ジュースビジネス
iPodでの映像コンテンツは、音楽を買う感覚と同じだから意味がある。iPodの映像ソリューションとPMP(Portable Media Player)の違いには、“缶ジュースビジネス”との共通項を見いだすことができるのではないか。(2006/7/18)

Intel、Core 2 Duo発売前情報は「膨大」
米IntelはデスクトップPC向け次世代プロセッサ「Conroe」(コードネーム)を7月27日開催のイベントで正式発表する見通しだ。この発表に先駆けて、同プロセッサに関する第三者によるレビューが多数発表される見込み。(2006/7/12)

Intel、携帯デバイス向けプロセッサ事業をMarvellに売却
Intelは通信/アプリケーションプロセッサ事業をMarvellに6億ドルで売却する。BlackBerryに搭載の「PXA9xx」、Palm Treoが採用している「PXA27x」などが対象となる。(2006/6/28)

Intel、XScaleなど通信チップから撤退か
IntelがPalmなどに搭載されているXScaleプロセッサと、ネットワーク機器向けIXPチップを売却しようとしていると報じられている。(2006/6/6)

Windows Mobile ビジネス活用講座――第2回:
PR:Windows Mobile プラットフォームとは何か
かつてのPDAに比べ、W-ZERO3がノートPCに近い使い勝手を実現しているのは、Pocket PCから徐々に機能追加されてきたWindows Mobile と、高性能なインテル PXA270 プロセッサーを搭載したおかげといえる。ここでは、Windows Mobile プラットフォームについて解説する。(2006/5/24)

112Mbpsを実現──ギガビット対応になったNASキット「GLAN Tank」のパフォーマンスをチェックする
DAAPやwizdなどのサーバ機能を標準で備えるNAS組み立てキットLAN Tankに、ギガビットLAN対応となった待望の上位バージョン「GLAN Tank」が登場した。単にギガビットLAN対応となっただけでなく、トータルでのパフォーマンス向上のためにCPUや搭載ソフトウェアも変更されたのが特徴だ。今回はとくに気になる転送速度のチェックに加え、外付けストレージなどを増設するさいに便利になるぷちカスタマイズを施してみた。(2006/5/15)

Intel Developer Forum:
次世代Centrino「Santa Rosa」の詳細が明らかに
次世代CentrinoにはデュアルコアモバイルCPU「Merom」や、NAND型フラッシュを使った高速起動技術「Robson」が含まれる。(2006/3/8)

6G HDDと豊富な英語コンテンツを搭載したザウルス「SL-C3200」
シャープがHDD搭載ザウルス「SL-C3200」を発表した。HDD容量は6Gバイトで、英語学習に役立つコンテンツも多数収録している。(2006/3/7)

ギガビットNAS:
アイ・オー、eSATA HDDとミラー運用が行えるギガビットNAS「Giga LANDISK」
アイ・オー・データ機器は、eSATA HDDとミラーリング運用が行えるeSATA端子搭載のギガビットNAS「Giga LANDISK HDL-GX」シリーズを3月より発売する。価格は3万1700円から。(2006/2/22)

NAS組み立てキット:
ギガビットLAN搭載の“白箱”発売
挑戦者から、ギガビットLAN+XScale/400MHzに変更されたNAS組み立てキット「GLAN Tank」が1月上旬より発売される。価格は2万4800円前後。(2005/12/27)

マップルタウン情報の表示に対応──GPS内蔵Pocket PC「Mio 168 RS」
マイタックジャパンは12月5日から、マップルタウン情報の表示に対応したGPS内蔵Pocket PC「Mio 168 RS」を発売する。(2005/11/28)

3G World Congress&Exhibition 2005:
新型フルブラウザに無線LAN携帯も〜アジア最大の3G展示会が開幕
香港でアジア最大規模の通信展示会が開催された。HSDPAなどの最新の無線技術や無線LAN携帯、携帯向け放送など注目のトピックを紹介しよう。(2005/11/18)

NASキット:
複数台SATA/RAID/GbE/XScale/Kernel2.6な、Thecus製NAS組み立てキット発売──UAC
ユーエーシーは、Thecus製NASキット2モデル、eSATA搭載DASキット1モデルを発売する。うちNASシリーズは、複数台のSATA HDD搭載/RAID可、XScale CPU、GbE、Linux Kernel2.6ベースOS搭載の組み立てキットとなる。価格は4万3000円前後から。(2005/11/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。