ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「鉄腕アトム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「鉄腕アトム」に関する情報が集まったページです。

「次の駅まで」に読めるハナシ:
山手線の「発車メロディー」で、“企業の存在”を感じられる駅がある理由
JR山手線では、特徴的な発車メロディーを使用している駅がある。なぜそのような楽曲を採用しているのだろうか。(2024/3/26)

“陽キャ”なAI「Cotomo」と話そう:
スマホで試せる3つの音声対話型AIアプリを紹介 私たちは彼らと友達になれるか
人工知能を持ったロボットと心を通わせるといったストーリーは昔から人気のあるコンテンツの1つです。生成AIを使って「おしゃべり」できるようになった今、そのフィクションが現実味を帯びてきました。今回は、音声対話型AI「Cotomo」を試します。(2024/3/19)

楽天の「Rチャンネル」で手塚治虫アニメを無料配信 鉄腕アトムやブラック・ジャックなど
楽天グループの運営するリニア型動画配信サービス「Rチャンネル」は、専門チャンネル「手塚プロダクションTV」を配信開始。「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「ジャングル大帝」などを無料配信する。(2024/2/28)

「人間とAIは“共存”するのではなく“共依存”する」――押井守が語った人間とAIの関係性
「犬の目を見ればね、そこに神様がいる」。(2024/2/15)

「15人のはんこリレー」vs.「庵野秀明との対話」 JAXAからカラーに移った、とある新人制作進行の話(前編)
JAXAからアニメの制作進行に転向するという異色の経歴の人物がいる。成田和優氏だ。なぜ職を移ったのか。両者の違いと共通点は。シン・エヴァの制作を通じて感じた、アニメ業界のマネジメントとは。「プロジェクト・シン・エヴァンゲリオン」の著者でもある成田氏に話を聞いた。(2023/12/29)

【野沢雅子】10月25日は87歳の誕生日 ドラゴンボール新作続投でも話題【2023年】
ねんどろいどにもなった野沢さん。(2023/10/25)

タイムアウト東京のオススメ:
連載開始50周年「手塚治虫 ブラック・ジャック展」が開幕
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/10/17)

Netflixアニメ「PLUTO」の予告編が公開 ロボットたちの感情がグラグラ揺さぶられる
配信前の10月20日には世界最速となるジャパンプレミアが開催予定。(2023/10/3)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
未来を考える“SF思考” 初心者こそやってほしいワケ 「意思決定者を度外視」がポイントに?
20年先、50年先、100年先――本気で「未来」を考える企業が増えています。注目が集まるのが、「SF」の力を借りてビジネスの将来像を考える手法「SFプロトタイピング」です。その取り組み方を取材しました。(2023/10/3)

ダイソーの『ブラック・ジャック』コラボグッズが人気 イラストを深読みすると…… ダイソーに意図を聞いた
ピノコが飲んでいる薬は、実は原作だと……。なぜ薬袋のデザインにこのコマを採用したのか、ダイソーに聞きました。(2023/8/29)

AI・機械学習の用語辞典:
フランケンシュタイン・コンプレックス(Frankenstein Complex)とは?
用語「フランケンシュタイン・コンプレックス」について説明。自己意識を持つ機械(AI/ロボット)が暴走して人間に反逆するなど厄災をもたらすようになる可能性に対する根拠のない恐怖を指す。(2023/6/21)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
「未来はどうなっていると思う?」 考えるコツ、あります コニカミノルタとSF作家に学ぶ方法論
50年後の未来はどうなっていると思いますか?――こう聞かれてどう答えますか。簡単には見つけづらい未来の価値を考える思考法があります。その一つがSFの物語を活用する「SFプロトタイピング」。どのようなものなのか作家とコニカミノルタのキーパーソンに聞きました。(2023/6/16)

話しかけてきたのは猫のおしり……!? まんまるしっぽがかわいい後ろ姿に「パリピなお茶の水博士」「“ダーウィンが来た”の髭じぃ」の声
おしりがお顔に大変身!(2023/6/5)

どこにある? 世界で唯一の“鉄腕アトムの信号機”に「手あげて渡りたくなる」「超見てぇぇぇぇ」の声
か、かわいい。(2023/5/11)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
「アトムとドラえもんの国」におけるChatGPTの可能性
「AIに仕事を奪われるかもしれない」というテーマは古くて新しい。“AIに置き換えられる可能性が高い10の仕事”にラインアップされている調査アナリストである筆者は、ChatGPTについて何を語るのか。(2023/4/21)

猫ちゃんが大あくびすると……第二の目があらわれた! 模様が生み出すトリックアートに驚きの声続々
なんかかっこいい……!(2023/2/27)

萩原舞、元アニメプロダクション社長の祖父が逝去 「私のおじいちゃんがいーちゃんで本当に幸せでした」
「タマ・プロダクション」の代表取締役でした。(2023/2/22)

小島秀夫監督と「マッドマックス」のミラー監督との共通点は? 最新作「アラビアンナイト 三千年の願い」対談インタビュー
原典の「アラビアンナイト」にはない「発明」がある。(2023/2/22)

浦沢直樹×手塚治虫の「PLUTO」アニメ化 Netflixで年内に独占配信
Netflixは15日、浦沢直樹さんの漫画「PLUTO」をアニメ化し、年内に独占配信すると発表した。(2023/2/15)

アニメ「PLUTO」2023年にNetflixで独占配信 手塚治虫原作、浦沢直樹作画の傑作がついに映像化
2017年にもアニメ化の話題が報じられた『PLUTO』。(2023/2/15)

鳥取県が「メタバース課」立ち上げへ AI職員が年中無休で情報発信
鳥取県が県庁内に架空の部署「メタバース課」を設置する。職員第一号として、オリジナルのAI搭載アバター「八上姫」を導入する。(2023/2/2)

新連載:大澤孝「トイクリエイターの発想法」:
異色の新作『水星の魔女』が話題 ガンダムが“冬の時代”を乗り越えて愛され続ける理由
ロボットアニメの代名詞ともいえるガンダムシリーズ。10月から放映中の新シリーズ『水星の魔女』が話題だ。かつてロボットアニメといえば隆盛を極めた時代もあったが、なぜガンダムだけがかように生き残り続けられるのか。「ファースト世代」でもあるトイクリエイター・大澤孝氏が解説する。(2022/11/6)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiから“鉄腕アトムスマホ”が登場 中国メーカーの日本熱が止まらない
Xiaomiから鉄腕アトムとコラボしたモデル「Redmi Note 11T Astro Boy Limited Edition」が発売されました。ベースモデルの「Redmi Note 11T Pro+」は、6.6型の144Hz駆動ディスプレイを搭載して140Wの急速充電に対応します。アイコンなどテーマは鉄腕アトムモデル専用のものになっています。(2022/7/29)

FAメルマガ 編集後記:
産業用ロボットでも“鉄人28号タイプ”が広がる?
遠隔で人手によるサポートを加える形が進む。(2022/4/15)

「鉄腕アトム」がNFTカードゲームに メタバース空間でデュエル可能
手塚プロダクションが、「鉄腕アトム」をNFTカードゲーム向けのカードとして提供する。メタバース内で遊べるトレーディングカードゲーム「NFTDUEL」で利用できる。(2022/2/9)

わずか2時間で:
手塚治虫のNFT作品「火の鳥」「ブラック・ジャック」 計2000点が即時完売
double jump.tokyoは、手塚プロダクションと協力してプロデュースしたジェネレーティブアートNFT「火の鳥」「ブラック・ジャック」各1000個がわずか2時間で完売したと発表した。どのような作品なのだろうか? 1月27日からは、モザイクアートNFT「火の鳥」「ブラック・ジャック」のオークション販売が行う。(2022/1/26)

珍しくてかわいい模様の猫ちゃん ヘルメットのような頭の柄が「鉄腕アトム」「両津勘吉」と注目が集まる
ヘルメットみたいでかわいい。(2022/1/6)

流れてくると思わずハミングしちゃうやさしい音楽 日本初の「発メロ」はどの駅で始まった?
蒲田駅の「蒲田行進曲」、高田馬場駅の「鉄腕アトム」? 実は発メロ採用1番駅は関西です。(2021/5/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武園ゆうえんちの準備は整った しかし、足りない要素が2つある
西武園ゆうえんちが5月19日、「新しくて古い都市型エンターテイメント」として生まれ変わる。1960年代の商店街を中心に据え、海外から認知度の高い日本発キャラクターを登場させることで、従来の「鉄道沿線遊園地」から「日本型テーマパーク」へ進化を遂げる。しかし、沿線外に訴求するには「あと2つの要素」が必要だ。(2021/4/16)

西武園ゆうえんちが5月19日昭和レトロ風にリニューアル ゴジラのライドや手塚キャラのファミリーエリアが登場
1960年代へタイムスリップ。(2021/4/13)

継続率も高い:
利用者の8割は毎月1万円を課金 キャラクターグッズの“福袋”サブスクが成長している理由
2019年に誕生したサブスク型のグッズ提供サービスがある。好きなコンテンツやアーティストの完全オリジナルグッズが毎月届く。利用者の8割が1万円超のコースを選択している。(2021/3/10)

アトム春麗ベイマックス…… 古今東西のキャラ木彫りがズラッと並んで壮観&かわいい
ジャンル不問のオールスター大乱闘感。(2021/2/16)

『鉄腕アトム』偽原稿がオークションに出品、手塚プロ公式サイトで注意喚起 「素人目には分からない」「やたらリアル」
これは騙される……。(2021/1/18)

CCCフロンティア、UNiCASEでiPhone 12/mini対応のケースと保護フィルムの予約販売開始
UNiCASEオンラインストアでiPhone 12、iPhone 12 mini向けのケースや保護フィルムなど各種アクセサリーの予約販売を開始した。「ZERO HALLIBURTON」とコラボレーションした手帳型iPhoneケースやCOACHのシグネチャーパターン生地の手帳型ケースなどがある。(2020/10/14)

「世界名作劇場」「未来少年コナン」「ブラック・ジャック」など――権利元超えたYouTubeチャンネル開設
「世界名作劇場」「未来少年コナン」「ブラック・ジャック」など、複数のアニメコンテンツ権利元が参加するYouTubeチャンネルが開設。(2020/8/7)

YouTubeにアニメ配信チャンネル「アニメログ」開設 複数の権利元から許諾得て横断的に配信
「世界名作劇場」シリーズを皮切りに、「未来少年コナン」「鉄腕アトム」「リボンの騎士」などを配信予定。(2020/8/7)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本アニメは本当に「ガラパゴス」なのか――待ち受ける真の危機に迫る
日本アニメの「ガラパゴス化」が最近問題視されている。しかし筆者は本当の課題はそこに無いと指摘。世界的人気な日本アニメの本当の危機とは。(2020/8/3)

アニメ評論はなぜ「無いように見える」のか? アニメ雑誌と評論の歩み――アニメ評論家・藤津亮太インタビュー
アニメ評論の歴史について、藤津さんに聞いてきました。(2020/3/22)

未来のAIに“意識”は宿るか AI・認知科学の専門家に聞く
今の「AI」は、特定の問題はうまく解決できるが、SF作品に見られるような「機械に宿る、人間と同等かそれ以上の汎用的な知能」ではない。今後のAIがどう進化していくのか、SF作品の汎用人工知能のように意識や自由意志を持つことはあるのか。専門家に取材した。(2020/3/19)

【展示会レポート】ユニクロUT春の新作は、ミッキーからガンプラまで幅広い年代が楽しめるポップなアイテム 新デザインを一挙に紹介します!
展示会レポート第2弾です!(2020/3/5)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
アトムにナウシカ……マンガ・アニメ原画が海外で1枚3500万円の落札も――文化資料の流出どう防ぐ
海外で日本マンガ・アニメ原画が高額取引されるように。オークションで手塚治虫が1枚3500万円で落札の例も。日本文化の貴重な資料流出、どう防ぐか?(2019/12/5)

TEZUKA OSAMU×UNiCASEコラボケースにiPhoneXR用が登場
UNiCASEは、5月末に手塚治虫生誕90周年を記念した「TEZUKA OSAMU HYBRID CASE for iPhoneXR」を発売する。ケース背面はポリカーボネート、側面はTPUのハイブリットタイプ。デザインは「ユニコ」のユニコ、「ブラック・ジャック」のピノコ「鉄腕アトム」のウラン、「リボンの騎士」のサファイアで展開する。(2019/5/29)

手塚治虫ファン必見! iPhone X/XS用「TEZUKA OSAMU HYBRID CASE」を試す
手塚治虫氏の生誕90周年を記念したコラボレーションiPhoneケースが「UNiCASE(ユニーケース)」から発売されている。この記事ではiPhone X/XS版をチェックする。(2019/4/5)

オタクの終活 まんだらけのコレクター向け「生前見積」サービス、運用3年間の手応えは
まんだらけに企画意図や現状を聞きました。(2019/3/15)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
“冬の時代”から始まった平成アニメ、いかに2兆円産業に飛躍したか
アニメ・映像ジャーナリストの数土氏が平成アニメビジネス史を総括する。冬の時代から今の繁栄にどう至ったのか。(2019/3/14)

鉄腕アトムがPR:
「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」発表 経産省が決済事業者のキャンペーンを後押し
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が3月13日、キャッシュレス決済を促進させる施策を発表。第1弾の取り組みとして、3月29日を「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」に指定。決済事業者のキャンペーンを訴求する。(2019/3/13)

経産省「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を発表 キャッシュレス決済の拡大目指す
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が、キャッシュレス決済の認知や利用の拡大に取り組むと発表。まずは3月29日に「プレミアム“キャッシュレスフライデー”」を実施する。(2019/3/13)

特集・RPAで仕事が変わる:
働き方改革の“即効薬”? いま「RPA」が注目される理由
日本でも多くの企業が導入し始めている「RPA」。なぜいまRPAが注目されているのか。RPAでできることや、私たちの働き方をどう変えていくのかを解説する。(2019/2/1)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
大激突! Pepper vs パートのおばちゃん “コスパ頂上決戦”
AI(人工知能)ブームに沸く日本企業。AIとは切っても切れない関係であるヒト型ロボット「Pepper」もブームが落ち着き、活躍の場が減ってきている印象だ。Pepperはいまどこで何をしているのか。マスクド調査隊(1人)が調査した。(2018/11/21)

『SWITCH』11月号は手塚治虫特集 「新宝島」と「アトムの最後」を掲載
手塚治虫は永遠なのです。(2018/10/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。