ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「金融機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「金融機関」に関する情報が集まったページです。

金融犯罪に立ち向かう【後編】
金融犯罪にAIで先手 SymphonyAIが見据える「AI×金融」のこれから
SymphonyAIは、金融機関のさまざまな業務をAI技術で効率化し、金融犯罪を未然に防ぐことを目指している。同社製品ロードマップについて、金融サービス部門プレジデントに話を聞いた。(2024/3/3)

金融犯罪に立ち向かう【中編】
金融機関の反マネーロンダリングに「AIの賢さ」を拡張するアプローチとは
SymphonyAIの反マネーロンダリング(AML)システム「Sensa-NetReveal」は、金融機関を取り巻く法的規制やITインフラなどの制限を問わずに導入を可能とする仕組みを目指したという。同社金融サービス部門のプレジデントに話を聞いた。(2024/3/1)

楽天ペイ、みずほや三菱UFJなど全国261の金融機関からチャージ可能に
キャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」アプリの残高へ、全国の金融機関口座からオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」へのチャージが可能に。全国261の金融機関から今後さらに追加していく。(2024/2/26)

金融犯罪に立ち向かう【前編】
犯罪防止やマネロン対策に「AI分析」が使える理由 SymphonyAIに聞く
SymphonyAIで金融サービス部門のプレジデントを務めるマイク・フォスター氏は「金融機関がマネーロンダリングに対抗するには、リアルタイムの脅威探知が欠かせない」と話す。危機感の背景にある“現実”とは。(2024/2/23)

脱炭素:
資源循環型ATMの出荷を開始、2025年度に9割を転換へ
日立チャネルソリューションズは、使用済みの部品やユニットを再利用した資源循環型ATMの出荷を開始した。金融機関の環境に配慮した活動やサステナブルな取り組みを支援する。(2024/2/16)

金融機関の脱炭素化、どう進める? 日立システムズが炭素会計プラットフォームの導入を支援
経営における脱炭素化施策の重要性が高まっている。金融機関が投融資先企業の脱炭素化施策を評価するためには、「そもそもどれだけ排出しているのか」を効率的に可視化することが必要だ。「排出量の可視化から脱炭素化施策の支援まで」をうたう日立システムズの支援事例を見てみよう。(2024/2/1)

コラボレーションツールの利用とGRC【第3回】
シャドーITが罰金刑になるケースも コラボツールの利用ルールはここが難しい
コンプライアンスの問題を回避するために、コラボレーションツールの特定機能を使えないように制御するのは一つの方法だが、シャドーITを生むリスクがある。米国金融機関の事例から、注意すべきポイントを探る。(2024/1/31)

モバイル決済の裏側を聞く:
スマホから“手数料無料”で口座のお金を移動 「エアウォレット」の仕組みと決済戦略に迫る
送金アプリ「エアウォレット」は、リクルートと三菱UFJ銀行のジョイントベンチャーである「リクルートMUFGビジネス」が提供している。手数料無料で金融機関のお金を移動できるのが特徴だ。ためたお金は決済ブランド「COIN+」による決済も可能だ。(2024/1/19)

NISA利用者が多い金融機関 3位「マネックス証券」、2位「SBI証券」、1位は?
NISA利用者が多い金融機関はどこか。また、多くの人は新NISAに関心を持っているのか。調査結果が明らかになった。(2024/1/19)

Cybersecurity Dive:
金融機関を狙うサイバー攻撃は連鎖的な被害を生む その原因とは?
2023年は金融機関を狙う悪質なサイバー攻撃が活動が数多く観測された。そして、この攻撃は複数の金融機関で連鎖する可能性がある。その原因とは。(2024/1/6)

シンガポールの金融機関が生成AIを構築
生成AIチャットbotを導入した銀行は何がうれしかった? 3万人の活用技とは
シンガポールの金融機関は生成AIと連携したチャットbot「OCBC GPT」を導入し、約3万人の従業員が活用している。導入までの同行の取り組みと成果を紹介する。(2023/12/22)

株式会社クレディセゾン提供ホワイトペーパー:
PR:金融機関から融資が下りない? もしもの時でも慌てないための資金繰り改善策
会社設立の立ち上げ期に必要な資金を調達する方法として、金融機関の融資を検討する人は多いだろう。しかし、融資の基準は公表されていないため、融資が受けられない可能性も考えられる。そこで本資料では、資金繰りの改善策を紹介する。(2023/12/21)

株式会社クレディセゾン提供ホワイトペーパー:
PR:借り入れやファクタリングに頼らない、クレジットカードを使った資金繰り改善策
企業にとって事業継続上の大きな課題となる資金繰り。金融機関からの借り入れやファクタリングといった対策もあるが、調達期間や手数料が問題となるケースも多い。そこで注目したいのが、クレジットカードを使った新たなアプローチだ。(2023/12/21)

用心深さが「生成AI」成功の鍵【後編】
金融大手JPモルガンが慎重に「生成AIプロジェクト」を進める理由
生成AIの導入にはメリットだけでなくリスクが付き物であり、導入企業は慎重にならざるを得ない。金融機関JPMorgan Chaseは生成AIの導入においてどのようなアプローチを採用したのか。(2023/12/14)

銀行が考えるデータの生かし方【後編】
非構造化データで「顧客理解」を深めるCiti その狙いと取り組みとは?
CX(顧客体験)の強化に取り組む金融機関Citigroupは、非構造化データの活用や自己学習機能を使った取り組みを進めている。同行の狙いと具体的な取り組みとは。(2023/11/28)

キヤノンMJ、金融機関の本人確認業務に向く個人認証カードリーダー
キヤノンマーケティングジャパンは、金融機関での導入に向く「個人認証カードリーダー ID-MY2」を発表した。(2023/11/20)

Weekly Memo:
マルチクラウドによる基幹システム開発は可能か? 金融機関の挑戦に見る
北國銀行がマルチクラウドによる勘定系システムの開発を開始した。Google Cloudが開催したイベントの基調講演で同行のトップが明らかにした狙いとは。筆者が注目するポイントとともに紹介する。(2023/11/20)

Payments Dive:
広がるオープンバンキングへの期待 消費者と金融機関に与える影響
オープンバンキングは「消費者の権利強化」を中心に語られることが多いが、金融機関にとってのメリットも見逃してはならない。それぞれへの影響とは。(2023/11/13)

セキュリティニュースアラート:
Kyndryl、Google Cloudを使う金融機関を対象に新たなデータ保護サービスを提供
Kyndrylは金融サービス機関向けに統合性や拡張性、セキュリティに優れたGoogle Cloud向け新サービスを提供する。金融業界特有の規制やコンプライアンスに柔軟に対応できるという。(2023/11/10)

銀行が考えるデータの生かし方【中編】
失敗は許されなかった――Citiのソフトウェア導入を支えたものとは?
顧客体験の向上に取り組む金融機関Citigroupは、データに基づく顧客応対を実施するためにソフトウェアを導入した。導入に際しての課題や、その課題を乗り越えるための取り組みを紹介する。(2023/11/8)

銀行が考えるデータの生かし方【前編】
Citiがバンキング業務を変えた理由 顧客は同じ話に“もううんざり”
金融機関Citigroupは、パーソナライズされたサービスを顧客に提供することを重視している。そのためにはデータに基づく新たなシステムを導入する必要があった。取り組みの背景と併せて、どのような仕組みを導入したのかを紹介する。(2023/10/30)

CIO Dive:
生成AIが最も役立つ「3つの業務」とは? 金融機関のテスト結果から考察
ChatGPTの登場以来、生成AIをいかに業務に利用するかの試行錯誤が続いている。ある金融機関が、生成AIが組み込まれたさまざまなサービスを業務に投入することの価値とリスクを評価した。その結果、「最も有望」とされた3つの業務とは?(2023/10/24)

一括変換以外でモダナイゼーションする方法とは:
「COBOL製OLTP」をマイクロサービス化するサービス 日立製作所が金融機関などに提供開始
日立は、OLTPをマイクロサービス化する「HMP-PCTO」を2023年10月23日から提供することを発表した。既存OLTPシステムに多く残るCOBOLなどのアプリケーション資産であっても段階的にマイクロサービス化できるという。(2023/10/23)

プロセス、ピープル、テクノロジーの3本柱で支える:
PR:日本銀行、みずほフィナンシャルグループが議論、金融セクターにおけるセキュリティ対策最前線
2023年9月27日、金融財政事情研究会主催によるセミナー「金融サイバーセキュリティカンファレンス 2023 特別編 ラテラルセキュリティ/ゼロトラストを考える」がオンラインで開催された。金融機関におけるネットワークセキュリティの最新動向について、制度や現状などの「プロセス」、現場における「ピープル」、そしてリスクを最小化する「テクノロジー」の3本柱から、現状と未来を考えるセミナーだ。(2023/10/17)

ドコモユーザーの個人情報流出 NTT西日本子会社の元派遣社員が不正持ち出し
コールセンター業務を行うNTTビジネスソリューションズに派遣された元派遣社員が、ユーザー情報を不正に持ち出した件で、NTTドコモのユーザー情報が含まれていることが分かった。テレマーケティング業務やひかりTVチューナー設置勧奨業務に関するもの。クレジットカード情報および金融機関口座情報などの決済関連情報、各種パスワードは含まれていない。(2023/10/17)

トップに聞く:
りそな銀行・岩永省一社長 年金受託残高「10年後に10兆円へ」
差別化できるのは広域地域金融機関の信託銀行として多機能なサービスを提供できる点だ。(2023/9/27)

Innovative Tech:
米国政府から突然メールがきた? 有名ドメインでなりすましメールを送る攻撃 米研究者が発表
カリフォルニア大学サンディエゴ校などに所属する研究者らは、政府や主要な金融機関、報道機関など有名なドメインになりすまして電子メールを送る攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/9/26)

「ドコモ口座」のドメインが第三者から購入可能な状態に 「本当にヤバい」「悪用される」と話題に
過去に不正送金で問題となり、2021年にサービス終了したNTTドコモのウォレットサービス「ドコモ口座」のドメイン「docomokouza.jp」が売りに出されていると話題だ。すでに終了したとはいえ、今も金融機関などリンクが掲載されたままのところも多く、第三者の手に渡るリスクを危惧する声が相次いでいる。(2023/9/25)

人気TikToker・ゆりにゃ、詐欺案件投稿で恋人が涙の謝罪 インフルエンサーを巻き込んだ類似事件は過去にも
消費者金融機関も注意喚起。(2023/9/11)

フェナーゴ調べ:
マネロン対策で重要な「KYC」 日本の銀行はどこまで遅れているか
マネーロンダリングへの対策は世界的な急務だ。しかし、日本の金融機関のマネロン対策は遅れている。アイルランドのFintech企業フェナーゴは日本の金融機関の実態を調査した。(2023/8/31)

マルウェア対策としてのAI【第6回】
「AI」が金融機関や教育機関のセキュリティ対策に欠かせない理由とは?
サイバー脅威の進化が高速化するにつれ、従来の方法では十分な対策が難しくなっている。そこで活躍が期待できるのが人工知能(AI)技術を組み込んだツールだ。金融機関、教育機関ではどう役立つのか。(2023/8/10)

銀行の「基幹システム刷新」に新たな動き【後編】
金融機関が「インド発のクラウドサービス」を使う“なるほどの理由”
欧州の金融機関が基幹システムをクラウドサービスに移行する動きが加速している。利用するのはインドのITベンダーが提供するクラウドサービスだ。背景には何があるのか。(2023/8/2)

銀行の「基幹システム刷新」に新たな動き【前編】
インド発のクラウドサービスが金融業界で“大人気”に?
ベルギーの金融機関Keytrade Bankが、基幹システムをクラウドサービスに移行すると発表した。同行が移行先に選定したのは、インドのITベンダーが提供するクラウドサービスだ。(2023/7/26)

デジタルシフトを支援:
全ての融資業務を「デジタルで完結」 日立製作所が提供スタート
日立製作所は7月21日より、金融機関の一連の融資業務をデジタルで完結するクラウドサービス「金融機関向け融資DX推進サービス」の提供を開始した。(2023/7/24)

不動産テック:
大和ハウスとNTTデータ、住宅ローン業務のDXに向けた実証実験
大和ハウス工業とNTTデータは、地域金融機関一行と共同で、住宅ローン業務のDXに向けた実証実験を開始する。コミュニケーションのデジタル化や住宅ローン申込情報の電子化などについて検証する。(2023/6/22)

「重たい」を払拭する組織改革とモダナイズの提案を推進――NEC 金融ソリューション事業部門長 岩井孝夫氏
FinTech企業の登場や顧客体験のニーズの変化を前に、金融機関のIT施策にも変化が見られる。この春、NECの金融ソリューション事業部門のリーダーに就任した岩井氏はこの状況をどう見ているのだろうか。(2023/6/30)

Computer Weekly日本語版+セレクション
マルチクラウドを選んだのはなぜ? 金融機関が語る深い理由
複数のクラウドサービスを活用する「マルチクラウド」を選択した金融機関がある。なぜマルチクラウドなのか。単なるベンダーロックインの回避ではない、その理由を金融機関CTOが明かす。(2023/5/23)

「Google Cloud」を優先するドイツ取引所【後編】
「Google Cloud」を徹底活用 ドイツの金融機関がGoogleを選んだ納得の訳
2023年2月、証券取引所を運営するドイツ取引所とGoogle Cloudは提携強化を発表した。この提携の狙いは、金融市場にどのようなメリットをもたらすことにあるのか。(2023/5/15)

auカブコムも対応 ネット証券が「入出金」を無料にする狙いとは
auカブコム証券が入出金に関するサービスの拡充を発表した。ネット振込の提携銀行も追加し、対応するすべての金融機関への出金手数料を無料化している。(2023/5/11)

金融庁と日本銀行の調査で明らかに 498の金融機関におけるサイバーセキュリティの現状と課題
金融庁と日本銀行は地域金融機関のサイバーセキュリティ対策に関する自己評価調査結果を公開した。多くの金融機関が対策を進めている一方で課題が浮き彫りとなった。(2023/5/2)

auカブコム証券、楽天銀行や住信SBIなどからの入金に対応 出金も無料に
auカブコム証券は入出金に関する利便性を向上させ、ネット銀行やりそな銀行からのネット入金に対応するほか、出金手数料を全金融機関で無料とする。(2023/4/27)

スマホ搭載マイナカードでオンライン本人確認 顔写真の撮影や専用アプリも不要
スマートフォンに搭載したマイナンバーカード機能を使い、オンラインで本人確認が行える機能を、Liquidとサイバートラストが開発したと4月26日発表した。金融機関や通信事業者などが導入すれば、オンラインで簡単に本人確認が可能になる。(2023/4/26)

カード保有者による申し込みが必要:
「マイナンバーカード」で住所/氏名の変更を銀行や保険の契約に自動反映 5月16日から
マイナンバーカード保有者が利用できる「公的個人認証サービス(JPKI)」において、基本4情報(住所、氏名、生年月日、性別)を金融機関などに提供できるサービスが始まる。利用にはカード所有者本人による手続きが必要だが、一度手続きをすれば、理論上は引っ越しや改名があった場合の手続きを自動化できるようになる。(2023/4/25)

マイナカードで住所変更したら、銀行など金融機関にも一括反映  5月16日開始
マイナンバーカードの住所情報を変更すれば、その情報が金融機関などにも渡り、一括反映するサービスが5月16日に始まる。(2023/4/25)

Payments Dive:
シリコンバレーバンクの危機で分かったペイメント系スタートアップの明暗
スタートアップが頼りにしていた金融機関の破たんはペイメント系スタートアップ企業の経営にも大きな影を落とした。一方でこれを商機と見る企業もある。(2023/4/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
スタートアップと金融機関、2つの側面を持つbitbankのセキュリティ対策とは? ――ビットバンク 橋本健治氏
暗号資産取引所サービスのセキュリティというと「高度なソリューションを駆使して取り組むもの」というイメージがあるが、まず取り組んだのは「自社を知る」という地道な作業から。(2023/4/4)

AWS Security and Risk Management Forumリポート:
公共機関や金融機関のクラウド移行、セキュリティやリスク管理、規制対応の壁はどう越えられるのか
政府その他の公共機関、金融機関のクラウド活用には、セキュリティ、リスク管理、ITガバナンス、規制対応などの大きなハードルがある。組織として取り組もうとしても、具体的に誰が何をすべきかが見えにくい。これについて議論したイベントのリポートをお届けする。(2023/4/3)

クラウド上のデータ管理が不十分:
ヘルスケアと金融サービス業界に対する、不要になったデータを狙う攻撃が拡大――Blancco調査
Blancco Technology Groupは2023年3月28日、新しい調査結果を発表した。日本の医療機関や金融機関のクラウド移行状況、データ分類、最小化についてや、クラウド移行が、ライフサイクルが終了したデータの廃棄にどのような影響を与えているのかなどを明らかにした。(2023/3/29)

金融機関が進める業務効率化【前編】
スペインの銀行で活躍する「仮想アシスタント」 返答できる問い合わせは?
スペインの金融機関CaixaBankが人工知能(AI)技術を搭載する仮想アシスタントを導入した。この導入で同行の顧客応対はどう変わったのか。(2023/3/22)

金融機関が「AI」でコンプライアンスを効率化する方法【後編】
金融機関のコンプライアンスを阻む「過検知」とは? 機械学習が対策に
金融機関がコンプライアンスに関するシステムを運用する際に、直面する課題が「過検知」だ。その正体とは何なのか。対策として機械学習などの人工知能(AI)技術が有効である理由とは。(2023/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。