ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「有料会員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「有料会員」に関する情報が集まったページです。

「AbemaTVは一つの節目に来た」 藤田社長が手応え 「会見生中継×恋愛ショー」は勝利の方程式か
サイバーエージェントが2019年9月期の通期決算説明会を開催。藤田晋社長がAbemaTVの進捗(しんちょく)状況を説明した。週間アクティブユーザー数は1000万人超えを複数回達成し、有料会員「Abemaプレミアム」の会員数は51.8万人に増えた。恋愛ショーなどの独自コンテンツと、重要な記者会見の生中継が人気につながった。(2019/10/30)

Netflix、有料会員数21%増と好調だが、Disney+開始の第4四半期予測は控えめ
Netflixの7〜9月期の決算は、予想を上回る2桁台の増収増益で、有料会員数も21%増と好調だった。米国以外の市場が伸びた。Disneyが競合サービスを開始する10〜11月期の予想は控えめだった。(2019/10/17)

カカクコム、食べログの「有料会員の点数優遇」のうわさを否定 評価の基準については明かさず
有料サービスによって点数・ランキングが優遇される可能性については「一切ない」。(2019/10/10)

年内めどにオープン化も:
「auスマートパスプレミアム」の会員特典が拡充 11月からコンテンツの“放題”サービスを追加
auの有料会員サービス「auスマートパスプレミアム」が、コンテンツの定額視聴に対応する。月額料金と既存サービスの内容は据え置きで、2019年内にはau契約者以外にもサービスを提供する予定だ。(2019/8/28)

「YouTube Originals」、9月24日から広告付きで一般ユーザーも視聴可能に
これまで有料会員しか視聴できなかったYouTubeのオリジナル作品「YouTube Originals」が、9月24日から非会員でも広告付きで視聴できるようになる。新コンテンツはすべて、既存コンテンツの一部が対象。有料会員の特典は、一般公開前に広告なしでコンテンツを視聴できることなどだ。(2019/8/19)

Spotify決算、31%増収、有料会員数は31%増の1億800万人
Spotifyの4〜6月期決算は、売上高は31%増の16億6700万ユーロ、営業損失は300万ユーロ。有料会員数は31%増の1億800万人だった。(2019/8/1)

日経ビジネス電子版、有料記事をプレゼントできる「ギフト機能」追加 「非会員にはシェアしづらい」解消へ
日経BPが日経ビジネス電子版の有料会員向け機能として、非会員に有料記事を無料で読めるリンクを送れる「ギフト機能」を追加した。(2019/7/17)

ソニー、ゲームの会員制サービス「PS Plus」を値上げ 1カ月利用権は514円→850円に
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、ゲームの有料会員サービス「プレイステーション プラス」(PS Plus)の利用権を値上げすると発表した。(2019/5/31)

「ニコニコチャンネル」有料会員が100万人突破 夏野社長「オワコンという人もいるが、力強く伸びている」
ドワンゴの「ニコニコチャンネル」の有料会員数が100万人を突破。「niconico」本体の有料会員が減少を続ける中、配信者とファンの距離が近い点などが支持を集めている。視聴者が配信者に有料のギフト(投げ銭)を送れる機能なども実装し、さらなる強化を図る。(2019/5/28)

カドカワ、18年度は最終赤字40億円 ドワンゴの「テクテク」低迷、niconico有料会員は180万人に減少
カドカワが2019年3月期(18年4月〜19年3月)の通期連結決算を発表。最終損益が40億8500万円の赤字に転落した。KADOKAWAの出版事業は好調だったが、ドワンゴの「テクテクテクテク」低迷、「niconico」の有料会員減などが響いた。今後はグループ再編によって1年での黒字転換を目指す(2019/5/14)

ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散
ドワンゴとインフィニットループが設立した、VTuberコンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャストの初年度決算は1億5650万円の最終赤字だった。ドワンゴやKADOKAWAなど計5社が18年12月に創業したVTuber事業会社のリドも解散。「niconico」の有料会員が減少を続ける中、VR事業でも苦戦を強いられている。(2019/5/7)

Spotify、有料サブスク数が1億人超と好調で増収だが赤字に戻る
音楽ストリーミングサービスのSpotifyの有料会員数が初めて1億人を突破した。競合するApple Musicの会員数は昨年末時点で5000万人だった。(2019/4/30)

「Amazonプライム」やめました
値上げが発表された、有料会員向けサービス「Amazonプライム」。実は値上げ前からプライム会員をやめようと思っていたので、その理由をまとめてみた。(2019/4/12)

「Apple Music」、米国の有料会員数でSpotify超え──Wall Street Journal報道
サブスクサービスに注力するAppleの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の会員数が、米国で競合するSpotifyの有料会員数を初めて超えたとWall Street Journalが報じた。(2019/4/8)

「au自動車ほけん」4月上旬に開始、「au助手席ナビ」にドラレコ機能の提供も
KDDI、au損害保険は、4月上旬に「au自動車ほけん」の提供を開始。au携帯電話の利用者は最大1万1000円の割引を受けられるほか、KDDIが提供する「au助手席ナビ」に追加される保険契約者専用機能や一部有料会員向け機能を無料で利用可能となる。ドライブ開始前に起動して一定の条件を達成すると、ソフトドリンクやアイスクリーム引き換え券などの特典も付与される。(2019/3/12)

niconico有料会員、188万人に減少
動画サービス「niconico」の有料会員「ニコニコプレミアム会員」が12月末で188万人と、9月末から6万人減った。(2019/2/14)

Netflix、10〜12月期売上高は予想を下回るも有料会員数は増加
Netflixの10〜12月期決算は増収減益。有料会員数は予想を上回る880万人増で、1〜3月期は890万人増と予測した。(2019/1/18)

「Google Play Music」有料会員は「YouTube Music Premium」もそのまま利用可能に
「YouTube Premium」が日本でもようやくスタートした。「Google Play Music」の有料会員は「YouTube Music」アプリをダウンロードすれば「YouTube Music Premium」も追加料金なしで使える。(2018/11/14)

194万人:
「ニコ動」有料会員が200万人割れ 減少止まらず
「ニコニコ動画」(ニコ動)の有料会員「ニコニコプレミアム会員」が200万人割れ。(2018/11/8)

SpotifyのMAU、28%増の1億9100万人に
音楽ストリーミングサービスSpotifyが上場後初の決算を発表した。純損失が600万ユーロに縮小し、MAUは28%増の1億9100万人、有料会員数は870万人だった。(2018/11/2)

Amazon、法人向け「Businessプライム」日本でスタート 当日お急ぎ便無料など
法人・個人事業主向けの購買専用サイト「Amazonビジネス」で、有料会員サービス「Businessプライム」がスタート。プライム配送対象商品の「当日お急ぎ便」などの配送料が無料になる。(2018/10/24)

購買分析ツールなども使える:
「Amazon Business」に「当日お急ぎ便」使い放題の新サービス
「Amazon Business」が有料会員サービスを開始。会員は「当日お急ぎ便」などの配送オプションを追加課金なしで何度でも使える。購買分析ツールなども使える。(2018/10/24)

有料サービスで「申し訳なかった」 「ヤフオク!」が出品無料化に踏み切った理由
ヤフーが、有料会員でなくてもPCブラウザやスマホブラウザから「ヤフオク!」でオークション出品できるようにする。長い間有料会員向けサービスだったヤフオク!が、無料化に踏み切った理由を聞いた。(2018/10/12)

電力供給サービス:
電気と「Amazonプライム」がセットに、大阪ガスが新料金プラン
大阪ガスは、米Aamzonの有料会員サービス「Amazonプライム」がセットになった電気料金プランを発表。他社との提携によるサービスの拡充で、顧客獲得を目指す。(2018/8/10)

200万人に踏みとどまる:
「ニコ動」有料会員、減少ペースやや緩和 3カ月で7万人減
「ニコニコプレミアム会員」が18年6月末で200万人となり、3月末から7万人のマイナスだった。新バージョン提供などのテコ入れを図り、減少ペースは緩やかになったものの、増加はならなかった。(2018/8/9)

大幅減益のカドカワ、ニコ動で苦戦
カドカワが2018年3月期(17年4月〜18年3月)の連結決算を発表。動画共有サービス「niconico」の有料会員数減少などが響き、大幅な減益だった。(2018/5/10)

クックパッド、Amazonフレッシュと連携 献立から食材購入までカバー
クックパッドがAmazonフレッシュと連携し、有料会員向け「プレミアム献立」で使う食材をまとめて購入できるサービスを始めた。(2018/4/19)

学生向け「Amazon プライム」に月額プラン登場 月200円でプライム特典利用可能に   
Amazon.co.jpの学生向け有料会員サービス「Prime Student」に月額制のプランが加わった。月200円(税込)でAmazonプライムと同様の特典を利用できるようになる。(2018/3/23)

音楽ストリーミングサービス「AWA」とe☆イヤホンが提携 有料会員登録で割引も
イヤフォン・ヘッドフォン専門店のe☆イヤホンは、音楽ストリーミングサービスのAWAと提携することを発表した。e☆イヤホンの店舗でAWAの有料会員登録をすると、購入商品から最大2000円を割り引くという。(2018/3/16)

Spotify、ニューヨーク証券取引所に「直接上場」へ ティッカーは「SPOT」
音楽ストリーミングサービスのSpotifyがニューヨーク証券取引所への直接上場を申請した。先日上場申請したDrdopbox同様に赤字だが、有料会員数は順調に伸びている。(2018/3/1)

水曜インタビュー劇場(7万人公演):
データから分かってきた。有料会員は、パ・リーグの試合をこのように見ている
「パ・リーグTV」の会員数が伸びている。パ・リーグの試合をネット(有料)で見ることができるサービスだが、なぜ好調なのか。運営をしているパシフィックリーグマーケティングの担当者に話を聞いた。(2018/2/21)

niconico、プレミアム会員の減少止まらず メリット拡充で歯止めかかるか
動画サービス「niconico」の有料会員(プレミアム会員)が12月末時点で214万人と、9月末と比べて14万人減少。「メリットが少ない」との意見を受け、会員特典を拡充へ。(2018/2/8)

カドカワは大幅減益:
「ニコ動」有料会員、減少ペース加速 3カ月で14万人減
「ニコニコプレミアム会員」が17年12月末で214万人に。減少ペースが加速し、ユーザー離れに歯止めがかかっていない。カドカワも大幅減益。(2018/2/8)

niconico「動画と生放送の改善計画」発表 有料会員メリット拡充、時報の一部廃止も
ドワンゴが動画サービス「niconico」で、「動画と生放送サービスの改善報告会」を配信。栗田取締役が、機能改善の計画について詳細を発表した。(2018/1/25)

niconico、プレミアム会員のメリット拡充 生放送の「追いかけ再生」など追加へ
動画サービス「niconico」で、有料会員「プレミアム会員」のメリットを拡充へ。「メリットが少ない」とのユーザーの意見を受けて改善する。(2018/1/25)

Hulu、有料会員数が1700万人突破 総会員数は5400万人以上
動画配信サービスのHuluが、有料会員数やコンテンツ数について発表した。(2018/1/10)

Spotifyの有料会員が7000万人突破 上半期中にIPOか
スウェーデンの音楽ストリーミングサービスSpotifyの有料会員数が7000万人を突破した。5カ月で1000万人増加したことになる。同社は今年上半期中に株式公開すると報じられている。(2018/1/5)

niconicoが高齢化 有料会員は年間28万人減
niconicoの有料会員数は、直近1年間で約28万人減少。30〜50代の割合が増えた。(2017/11/13)

Medium、有料会員へのBloombergやRolling Stoneなど9社のコンテンツ提供開始
「広告ベースのWebメディアは破綻する」として新たなビジネスモデルを模索中のMediumが、有料会員向けサービスとしてBloomberg、The New York Times、Rolling Stoneなど9社のプロメディアのコンテンツ提供を開始した。(2017/9/11)

Medium、ライターにコンテンツ料を支払う「Partner Program」スタート
3月から月額5ドルの有料会員プログラムを追加したMediumが、その収入をライターへのコンテンツ料に充てる新プログラムを開始した。クローズドな投稿への「クラップ」数などで金額が決まる。(2017/8/23)

Spotifyの有料会員が6000万人突破 年内に株式公開か
音楽サービスSpotifyの有料会員数が6000万人を突破した。約4カ月で1000万人増えたことになる。レーベルへのロイヤリティ支払いで赤字の同社だが、年内に株式公開するといううわさもある。(2017/8/1)

アクセス集中の影響か:
Amazon「プライムデー」初日 トップページがダウン
アマゾンのトップページがダウン。有料会員向けセール「プライムデー」のアクセス集中の影響か。特設ページや個別商品ページは通常通り利用できる。【更新】(2017/7/10)

6月下旬の配送遅延は「解消」:
Amazon「プライムデー」、配送は「数カ月前から準備」
アマゾンジャパンが7月10日午後6時から有料会員向けスペシャルセール「プライムデー」を実施。配送量の増大を不安視する声も上がっている。チャン社長は「準備している」と記者会見で繰り返した。(2017/7/10)

従来は年額のみ:
「Amazonプライム」に月額プラン 400円
有料会員サービス「Amazonプライム」に月額プラン(税込400円)が加わった。(2017/6/8)

減益:
「ニコ動」有料会員、さらに減少続く
「ニコニコ動画」(ニコ動)の有料会員が3月末で243万人となり、初の減少に転じた12月末からさらに9万人減った。(2017/5/11)

Spotify、ユニバーサルの新アルバムは2週間有料会員限定に
Spotifyが米大手レーベルUniversal Music Group(UMG)との新たな契約を締結した。これにより、所属アーティストは新アルバムを2週間有料会員限定公開にする選択肢を獲得した。(2017/4/5)

テレビ東京「あにてれ」が有料会員サービスをスタート! アニメ見放題やオリジナルコンテンツの配信も
限定の缶バッジやモバイルバッテリーをもらえるチャンスです。(2017/3/13)

Spotifyの有料会員数が5000万人を突破
音楽ストリーミングサービスSpotifyの有料会員数が5000万人を超えた。競合のApple Musicの昨年12月時点の有料会員数は2000万人だ。(2017/3/3)

時代の変化か、あるいは:
「ニコ動」有料会員が初の減少──ネット大手各社に変調
急成長を続けてきたネット大手各社に変調が起きている。(2017/2/11)

北米で人気のアニメ配信サービス「クランチロール」、有料会員数が100万人を突破
2年間で倍増しました。(2017/2/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。