ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宅配」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宅配」に関する情報が集まったページです。

Uber Japanを書類送検 当時の日本代表らも 「Uber Eats」で不法就労助長の疑い
日本に不法滞在中のベトナム人をフードデリバリーサービス「Uber Eats」の配達員として雇用し、不法就労を助長したとして、警視庁は運営元のUber Japan(東京都港区)と、同社の当時の日本代表ら2人を入管難民法違反の疑いで東京地検に書類送検した。(2021/6/22)

自転車を使わず:
Uber Eatsが「徒歩での配達」導入 東京23区が対象
Uber Eatsが、徒歩での配達を始める。自転車を持っていない人でも、配達を始められるようにし、配達の人員を確保する。(2021/6/21)

Uber Eats、徒歩での配達OKに 東京23区で試験導入
Uber Japanが、フードデリバリー「Uber Eats」に、徒歩で商品を配達できる仕組みを導入すると発表。まずは22日に、東京23区で試験運用を始める。(2021/6/21)

“ニセSMS”にご注意! ワクチン予約を偽る手口、半年で被害5億円超
身に覚えのない荷物の配達や、銀行を装った不審なSMS(ショートメッセージサービス)が携帯電話に届いた経験のある人も少なくないはずだ。最近では新型コロナワクチンの予約を偽るSMSもばらまかれているという。個人情報を流出させるフィッシング詐欺の手口も多く、2020年の半年間だけで5億円超の被害が出ている。(2021/6/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で「銀のさら」絶好調 創業社長が語る“稼ぐ”仕組みとライバルが淘汰された背景
宅配寿司「銀のさら」が好調だ。創業社長は「ウーバーは脅威ではない」「宅配寿司が宅配ピザより難しい」と熱弁する。どういうことかというと……。(2021/6/15)

Uber Eats配達員がコンビニ内で下半身露出 容疑で逮捕
「Uber Eats」の配達依頼を待つ間、コンビニ店内で下半身を露出したとして、京都府警は8日、公然わいせつの疑いで、岐阜県羽島市の大学2年の少年を逮捕した。「性欲を満たすためにやった」と容疑を認めているという。(2021/6/10)

自動追従型の荷物運搬ロボットが公道走行 交差点渡りコメ配達
茨城県つくば市は、市内のベンチャー企業「Doog」(ドーグ)が開発した運搬用ロボット「サウザー」を国内で初めて公道で走行させた。これまであいまいだった道路交通法上の扱いが明確になったため、公道での走行が可能になったという。(2021/5/17)

コープデリ、システム障害で「ほとんどの商品」配送できない状態 事前の連絡が間に合わず困惑する家庭も
物流システムのトラブルにより、5月10日〜5月14日分の配達でほとんどの商品が届かない状態。(2021/5/12)

「コープデリ」障害で食材配送できず 物流システム切り替えに失敗
食材などを宅配する「コープデリ」の物流システムにトラブル。5月10日〜14日配送分がほとんど届けられない問題が発生。(2021/5/12)

ヤマト運輸、利用者に配達順を通知 ECサイトの商品で
ヤマト運輸がECサイトの荷物を配達する際、受け取り側に配達の順番を知らせる新サービスを2021年度中に始める。「何番目に荷物が届く」のかを示して受け取りのタイミングを明確にし、顧客の利便性を向上させるという。(2021/5/11)

ヤマト運輸、利用者に配達順を通知
ヤマトは新型コロナウイルス禍で取扱量が増加しているEC荷物向けの配達サービスを拡充しており、「何番目に荷物が届く」のかを示して受け取りのタイミングを明確にし、顧客利便性を向上させる考えだ。(2021/5/10)

ミールキットは出荷数7500万食:
売上高4割増 オイシックス・ラ・大地の松本浩平取締役に聞く「躍進の理由」
食品宅配大手のオイシックス・ラ・大地が、コロナ禍の長期化に素早く対応して会員数を大きく伸ばしている。消費者の巣ごもりニーズが高まる中で、2021年3月期は大幅な増収増益を見込む。同社の松本浩平・取締役経営企画本部長に、好調を維持できた販売戦略の狙いをインタビューした。(2021/4/28)

ラクマ、セブン-イレブンとPUDOから商品発送可能に 4月26日から
楽天グループは4月20日、全国のセブン-イレブンと宅配便ロッカー「PUDOステーション」でフリマアプリ「ラクマ」の商品を発送できるようにすると発表した。4月26日午後2時から利用できる。(2021/4/20)

スピン経済の歩き方:
配達員トラブル多発のウーバーが、「不祥事相次ぐセブン」と妙に重なるワケ
街中でちょいちょいトラブルを起こしているウーバーイーツに、「ルール整備」を求める声があがっている。配達員の危険運転が問題になっているわけだが、筆者の窪田氏は「ウーバーとセブン-イレブンは同じ匂いをしている」という。どういう意味かといと……。(2021/4/20)

データ統合に「trocco」を活用:
データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。この基盤を迅速に構築し、ビジネスに生かしたまでの取り組みについて、クリーニングサービス「Lenet」を運営するホワイトプラスのCTOに話を聞いた。(2021/4/16)

電気自動車:
宅配物流に「使えるEV」、日野が2022年初夏に超低床FF小型電動トラックを発売
日野自動車は2021年4月15日、超低床で前輪駆動(FF)の小型EVトラック「デュトロZ EV」を2022年初夏に発売すると発表した。荷物を家庭など受取先に届ける「物流のラストワンマイル」に向けた車両だ。物流現場における使い勝手とカーボンフリーを高次元で両立する。日野自動車 社長の下義生氏は「宅配物流に焦点を当て、ユーザーの意見を聞きながら完成させた。自信を持って提案できる“使えるEVトラック”だ」とコメントしている。(2021/4/16)

約6000人が利用:
宅配便数が過去最多に! 配達効率89%向上のDXアプリで人手不足解消なるか
コロナ禍でEC需要が急増している。宅配業界の人手不足はますます深刻になっているわけだが、そうした課題を解決するために、あるサービスが話題になっている。それは……。(2021/4/12)

郵便法改正で普通郵便の土曜配達が廃止に “翌日配達”も見直しで1日程度繰り下げに
速達や書留などに変更はありません。(2021/4/3)

クイズDEドラマ:
「ゆるキャン△スペシャル」なでしこが郵便配達のバイト代で買おうとしているものは、次のうちどれ?
初級〜上級まで3問出題。(2021/3/30)

飲食店を科学する:
餃子の王将、コロナ禍で店外売り上げが急増 「自社配達」か「ウーバー」か問題を考える
コロナ禍でも「餃子の王将」が好調。デリバリーとテークアウトが業績を押し上げた。「うちもマネしようかな……」と思っても簡単にいかない理由とは?(2021/3/30)

「ワタミの宅食」で弁当容器を回収、リサイクルする取り組みを開始 狙いは?
ワタミは食事宅配サービスの「ワタミの宅食」で、自社の弁当容器を回収し、新たな容器に再生してリサイクルする取り組みを全国で開始した。その狙いは?(2021/3/25)

IoTセキュリティ:
スマートフォンで家や自動車の施錠/解錠ができるデジタルキープラットフォーム
大日本印刷と東海理化は、スマートフォンでさまざまな鍵を施錠、解錠できるデジタルキープラットフォームの提供を開始した。同プラットフォームを用いることで、スマートフォンを介して家や自動車のドア、宅配ロッカーなどを開閉できる。(2021/3/19)

福利厚生の一環:
マルエツ 法人向け無人店舗「スマートプチ」オープン 弁当の配達にも対応
マルエツは3月4日、法人向け無人店舗サービス「smart petit(スマート プチ)」の1号店を、都内のオフィスに出店したと発表した。(2021/3/4)

交通トラブルが顕在化:
Uber Eats、配達用バッグにグリーンの新色 道路上での視認性向上
「Uber Eats」の配達員向けに、グリーンの配達用バッグを発売。交通トラブルが問題視される中、道路上での視認性を高め、安全な配送を促すという。(2021/3/4)

独自システム構築を視野に:
そごう・西武、デパ地下商品の宅配サービス開始 西武池袋本店から最短45分
そごう・西武は、百貨店のデパ地下で販売する総菜や弁当の宅配サービスを開始する。まずは2月26日から、既存の宅配サービスを活用して西武池袋本店の近隣地域にサービスを展開。今後、独自システムの構築を目指す。(2021/2/25)

デザインの力:
ドアに取り付ける宅配ボックス、後付け簡単設置で置き配ニーズに応える
LIXILは、簡単に後付けできるコンパクトな宅配ボックス「ATMO(アトモ)」を発表し、クラウドファンディングサイト「Makuake」でのプロジェクトをスタートさせた。Yperが展開する置き配バッグ「OKIPPA」と組み合わせて利用する。Makuakeでのテストマーケティングの後、正式販売を予定している。(2021/2/17)

玄関ドアに後付けできる宅配ボックス、LIXILが発表 ワイヤー付きの置き配バッグを収納
LIXILは工事なしで玄関ドアに取り付けられる宅配ボックス「ATMO」を発表した。宅配バッグの「OKIPPA」と連携。配達員がボックスに収納している置き配バッグを取り出して荷物を入れるという。(2021/2/16)

サービスロボット:
GSを拠点とするロボット配送の公道実証を開始、複数店舗の商品配送は「国内初」
ZMPは2021年2月8日〜26日にかけて、ENEOSホールディングスやエニキャリと共同で、飲食店など複数店舗の商品を宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」で配送する実証実験を公道で実施中。ロボットを活用して複数店舗の商品を配送するのは「国内初」(ZMP)の試みという。(2021/2/16)

au PAYの「たぬきの大恩返し」、すかいらーくグループで20%還元 2月12日から
KDDIは「たぬきの大恩返し」として、2月12日からガストやバーミヤンなど全国のすかいらーくグループで20%のPontaポイントを還元する。すかいらーくグループが提供する宅配サービスをau PAYで支払った場合も対象となる。(2021/2/10)

詐欺SMSが急増1.7倍に コロナに便乗し宅配便装う
全世界で迷惑電話対策アプリ「Whoscall」を提供するGogolook(台湾)が集めたデータによると、2020年の世界の詐欺電話の件数は過去最高となった。中でも詐欺SMSによる被害が顕著だ。(2021/2/10)

製造ITニュース:
機器の位置情報と状態をリアルタイム管理できるプラットフォームを提供開始
日本システムウエアは、車両や情報機器の位置情報と状態をリアルタイムに管理できる「NSW-MaaSプラットフォーム」の提供を開始した。運行管理サービス、宅配サービス、産業機械の稼働状況管理サービスなどで活用できる。(2021/2/9)

Uber、酒類宅配アプリのDrizlyを11億ドルで買収
Uberはアルコール飲料宅配アプリを手掛けるDrizlyを約1160億円で買収すると発表した。Drizlyはコロナ禍の巣ごもり需要で急成長した新興企業。将来的にはUber Eatsでビールやワインを宅配できるようにする計画だ。(2021/2/3)

ワタミの宅食、明治の宅配と提携 両者の商品を相互に宅配
ワタミは2月1日、宅配サービスで明治との提携を発表した。「ワタミの宅食」は明治が販売する乳製品を、「明治の宅配」は一部の特約店を通じて「ワタミの宅食」が販売する弁当や総菜を宅配する。(2021/2/2)

都内3店舗からスタート:
書店から自宅やオフィスに本をお届け 丸善ジュンク堂書店が新サービス
丸善ジュンク堂書店が自宅やオフィスに本を届けるサービスを開始する。宅配代行サービスを運営するエニキャリと組んだ。都内の3店舗から実施する。(2021/2/2)

ドコモが出前/フード宅配サービス「dデリバリー」の提供を終了へ 注文受付は5月1日まで
NTTドコモが「dデリバリー」の提供を終了を終了する。5月1日2時をもって注文の受け付けを終了し、6月30日13時にサービス自体の提供を終了する。(2021/2/1)

経営資源を集中:
ドコモ、出前サービスから撤退 「dデリバリー」6月終了
NTTドコモが、出前・フード宅配サービス「dデリバリー」を終了。5月1日午前2時で注文を締め切り、6月30日午後1時に全機能の提供を終える。(2021/2/1)

佃・月島エリア:
「ローソン」や「松屋」の商品をロボットが配送 ENEOSなどが自動デリバリー実験開始
ENEOSホールディングスとロボット開発のZMP、宅配代行サービスのエニキャリは、東京都中央区の佃・月島エリアで、自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験を開始すると発表した。実施期間は2月8〜26日で、複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーするという。(2021/1/28)

ドコモ、宅配事業者の不在通知や銀行を装ったSMSへ注意喚起
NTTドコモは、宅配事業者の不在通知や銀行などを装ったSMSへ注意喚起。記載されたURLのリンク先で不審なアプリのインストールを促すケースや、個人情報の入力を促されるケースなどが確認されている。(2021/1/26)

宅配業者かたる詐欺SMS出回る 「dアカウント」の偽ログイン画面に誘導 ドコモが注意喚起
宅配業者や銀行をかたる不審なSMSを確認したとして、NTTドコモが注意を呼び掛けた。「dアカウント」のログインページに似た偽サイトに遷移し、個人情報の入力を求められるという。(2021/1/25)

Uber Eats、卸の“プロ向け食材”を都内へ配達 缶詰や調味料など100種類
Uber Japanが、フードデリバリー「Uber Eats」で、卸売店の食材を届けるサービスを始めた。都内のユーザーを対象に、卸売店「プロの食材エブコ」の商品を注文できるようにした。(2021/1/19)

余剰人員のシェアも:
出前館、配達員へ応募で「支援金」3万円 緊急事態宣言で高まるデリバリー需要に対応
フードデリバリー大手の出前館は1月14日、緊急事態宣言期間中に配達員へ応募し、条件を達成した人に支援金3万円を支給する「個人業務委託応援キャンペーン」を開始すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大により高まるデリバリー需要に対応するため、キャンペーンを通して配達員を確保する考えだ。(2021/1/14)

パナ、冷凍・冷蔵機能付き宅配ロッカーの受注販売スタート
パナソニック産機システムズが、冷蔵・冷凍機能付きの宅配ロッカー「受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー」の受注販売を始めた。(2021/1/12)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
ポストコロナの勝者は佐川かヤマトか 巣ごもり効果で業績好調の宅配業界
宅配企業が「巣ごもり効果」に沸いている。新型コロナによってライフスタイルが変わり、eコマース市場が急拡大することで宅配便の需要が急増していることをチャンスと捉えている。その勝者は佐川か。それともヤマトか?(2021/1/7)

楽天、ドローンで離島に食料品を配達 荷物を自動切り離し、接触避ける
楽天が、ドローンを使って三重県志摩市の離島・間崎島に食料品などを配送するサービスを期間限定で始めた。新型コロナ対策として荷物を自動で切り離す機能を搭載し、利用者が人の手を介さずに商品を受け取れるという。(2021/1/6)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

出前館、加盟店向けの配達手数料を値下げ 商品代金の30%→25%に 21年1月から
出前館が、料理の配達を代行する際に加盟店に課す手数料を値下げすると発表。これまでは商品代金の30%受け取っていた、2021年1月1日から25%に変更する。(2020/12/25)

ソフトバンクGも出資の自動運転企業Nuro、自動運転トラックのIkeを買収
無人で荷物を運ぶ小型自動運転車を手掛けるNuroが、無人配送トラックを開発するIkeを買収した。Nuroはまた、カリフォルニア州での無人配達者による商用サービスの許可を取得し、来年サービスを開始する。(2020/12/25)

「玄関前」をプラットフォームに:
置き配バッグ「OKIPPA」 顧客と社会の課題解決、そして新たな価値創造へサブスクリプションという選択
ネット通販利用の拡大と共に注目されるようになったのが宅配便の再配達による社会的損失という課題。解決策の一つである「置き配」に注目して事業を営む物流系ITスタートアップ企業の市場創造戦略を探った。(2020/12/24)

楽天カード、12年連続の顧客満足度1位 生保、損保、キャッシュレス決済トップは?
日本生産性本部は12月22日、日本版顧客満足度指数(JCSI)の調査結果を発表した。宅配便、生命保険、損害保険、クレジットカード、キャッシュレス決済の5業種において、企業・ブランドの顧客満足度を調査したもの。(2020/12/22)

JAXAとヤマトHD、“空飛ぶ宅配”用コンテナの空力形状を開発 高速移動の空気抵抗を考慮
宇宙航空研究開発機構(JAXA)とヤマトホールディングスは、「物流電動垂直離着陸機」(物流eVTOL)に装着する輸送用コンテナに適した空力形状を開発したと発表した。(2020/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。