ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材採用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材採用」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ソフトウェアベースの基地局/端末シミュレータ:
PR:5Gテストで世界をリードする日本企業・アルチザがローカル5G/セルラーIoT向けに新提案
LTE-MなどセルラーIoTの登場で、セルラー系ネットワークに対応する端末の種類は増えつつある。またプライベートLTEやローカル5Gなど、企業や団体が独自にセルラー系ネットワークを構築するケースも今後、一層加速することが予想されている。しかし、セルラー系ネットワークの構築や端末の開発にはいくつかの課題がある。その1つがテスト/評価に要するコストが高いということだ。この課題に対し、基地局負荷試験装置などを手掛けるアルチザネットワークスが「これまでよりも大幅な低コスト化を実現した」というテスト/評価ソリューションの展開を始めた。(2022/8/16)

キンドリルジャパンとサイファーマが協業開始 セキュリティ人材不足に悩む企業を支援
キンドリルジャパンとサイファーマは、企業のサイバーセキュリティ強化の支援に向けて日本で協業を開始する。両社はセキュリティ人材不足に悩む企業に対して脅威の予測から対応、復旧に至るシステム全体の対策を支援するとしている。(2022/8/16)

SaaS企業デスクツアー:
55億円調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 レジャー予約サイト「アソビュー!」を支える机たち
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はレジャー予約サイト「アソビュー!」などを提供するアソビューで働く人のデスク周り。(2022/8/16)

ビズリーチ調査:
企業がヘッドハンターに持ちかける、採用に関する悩み この1年で増えた相談は?
直近1年で最も増加した、企業からヘッドハンターへの相談内容は「応募が集まらない」(83.2%)──このような結果が、ビズリーチ(渋谷区)がヘッドハンターを対象に実施した調査で判明した。(2022/8/16)

IT企業デスクツアー:
レッドハット日本法人で働くみんなのデスク環境 外資系クラウド企業を支える机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はレッドハットで働く人のデスク周り。(2022/8/15)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(13):
スタートアップによる新株予約権の発行量はどう定めるべきか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第12回はスタートアップが行うM&Aの留意点について総論的に解説を行う。(2022/8/15)

”固定残業制”の表裏:
サイバーエージェント「初任給42万円」の衝撃とからくり
サイバーエージェントは7月末、2023年春の新卒入社初任給を42万円に引き上げると発表した。他社と比較し、高い給与水準であるのは間違いないが、同社が採用している固定残業制の「数字の見せ方」には気を付けるべきポイントがある。どういうことかというと……。(2022/8/11)

小売・流通アナリストの視点:
すき家は増収、吉野家は減収のワケ コロナ禍後、V字回復する外食チェーンは?
コロナ禍によって、外食産業の市況は大きく変化した。この記事では、大手外食チェーンに着目して現状を整理し、今後の見通しを予測する。V字回復や持続的な成長が見込める企業と、その理由とは?(2022/8/9)

エンジニアが求め始めた「DEI」の正体【前編】
女性エンジニアがいない会社はあの「DEI」を軽視している
女性登用が進まないことは、以前から英国のIT企業の間で課題となってきた。その背景には「DEI」の不足があるとの声がある。そもそもDEIとは何なのか。その実情とは。(2022/8/6)

「ERPを導入しても人事管理業務が改善しない」の声に解決策はあるか
パーソルP&Tは、「人事業務におけるERPシステム導入企業の実態調査」の結果を発表した。ERPシステムの導入によって人事業務の「課題を解決できた」との回答が約半数に上る一方で、課題を解消できない企業もあることが分かった。課題が解決しないのはなぜか。(2022/8/8)

AI人材不足の問題を考える【前編】
あの企業も「AI人材」獲得に動く スウェーデン流“AIスキルの見つけ方”
AI技術のスキルを持つ人材の需要は高まる一方、スキルを持った人材の供給が追い付いていない問題がある。スウェーデンのAI専門機関は、この課題にどう立ち向かうのか。(2022/8/5)

Q&A 総務・人事の相談所:
「聞いていた給料より低い!」 手取りかと思ったら、総支給額だった──会社は補填すべき?
最近採用した社員から、「給料が入社前に聞いていた金額と違う」と抗議を受けました。面接の際に当該社員が言っていたのは税金や社会保険料を差し引いた「手取り」であり、人事担当が言ったのは税金や社会保険料を引かない総支払額でした。賃金を上げなければいけないでしょうか?(2022/8/3)

情シスが抱える人材の課題 2位は「若手が足りない」 1位は? IIJ調査
日本企業の情報システム部門が抱える人材の課題は? IIJがこんな調査の結果を発表。2番目は「若手の人材が足りない」、3番目は「人員が足りない」だった。最も多かった課題は。(2022/8/2)

「情報システム部門のイメージを改善したい」が26.7%:
日本企業「経験豊富な情シスが足りない」が約6割、だが約4割は「何もしていない」――IIJ調査
IIJは、「情シス人材に関するアンケート」の結果を発表した。情報システム部門の人材不足が浮き彫りになり、人材確保のためにリスキリングなどの新たな取り組みが広まりつつあることが分かった。(2022/8/2)

XRやVTuber特化の求人サイト「Mogura VR Job」 メタバース関連の採用が活発化
VR・AR関連ニュースサイト「Mogura VR」を運営するMoguraは、XRやメタバース、VTuber分野に特化した求人情報サイト「Mogura VR Job」をオープンした。(2022/8/1)

NTT、居住地自由のテレワーク 出社マストの職種に不公平はないのか?
NTTは2022年7月から「リモートスタンダード」を導入した。リモートワークがデフォルトで、居住地の制限を設けないことが特徴だ。グループ全体での対象者は3万人とのことだが、出社マストの職種に不公平はないのだろうか?(2022/8/1)

改正高齢法の実情:
黒字でも希望退職を募る企業のホンネ──5年後に迫る「深刻な問題」とは
コロナ禍で希望退職者を募る企業が相次いだ。黒字でも希望退職を募る企業が少なくないのは、なぜなのか? 5年後に迫る「深刻な問題」とは──。(2022/7/29)

ビジネスモデルの差は?:
広告会社の仕事がどんどん奪われている!? 電通とサイバーエージェントの収益構造から考える
コロナ禍で赤字に苦しむ広告会社とそうでない会社がある。筆者は収益構造や外部環境の変化に理由があると指摘する。広告会社は変われるか?(2022/7/29)

コロナ禍のIT活用促進術【第5回】
「IT企業からの転職組」が非IT企業を辞めたくなる理由
米国では人材の流動化が進む中、IT企業とそれ以外の企業間の転職が活発化している。伝統的な企業が、先駆的なIT企業からエンジニアなどの人材を獲得する場合、特に手厚いケアが必要だ。その訳とは。(2022/7/28)

学情調べ:
求人情報でくわしく知りたいこと 2位「雰囲気、メンバーの人柄」、1位は?
学情(東京都千代田区)は、20代の仕事観をひも解くため「求人での情報収集」について、アンケート調査を実施した。その結果、同じ20代でも就業経験の有無や経験年数によって、くわしく知りたいと思う情報は異なることがわかった。応募する企業の雰囲気を知るために活用したいものは、「動画」が47.6%で最多となった。(2022/7/27)

リクルートのSOCリーダーが語る「セキュリティ対策は“How”ではなく“What”から始めよ」
セキュリティ対策を講じる上では「どのような手段で脅威から保護するか」という方法論に終始しがちだが、実際のところ「自社のどのような資産を守りたいか」の方が重要だ。リクルートのSOCを運用する六宮氏がポイントを語った。(2022/7/27)

PR:収益に貢献する調達へ 実践者が語る購買業務の変革とAmazonビジネスの使いどころ
(2022/7/27)

メタバース就活フェスってどんな感じ? 企業とユーザーをつなぐ「METANAVI」に参加してみた
メタバースに多くの企業・自治体が参加する昨今、企業活動の中でも重要な人材獲得をVRで行う試みが増えてきています。(2022/7/26)

フリーランスエンジニアのお金事情:
月額報酬が高いプログラミング言語 3位「Vue.js」、2位「Go」、1位は?
Remogu(リモグ)は、約4000件のITエンジニア向けのフルリモートワーク案件から、職種別・言語別の平均月額報酬をランキング形式で発表した。職種別の1位は「CTO/VPoE/テックリード」の93.7万円、言語別の1位は「Scala」の93.8万円となった。全案件の平均月額報酬は約73.5万円だった。(2022/7/26)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第3回】
「対面にこだわる経営者」こそテレワークを禁止してはいけない“納得の理由”
対面でのやりとりこそが成長の鍵――。こう考える経営者は、コロナ禍が落ち着きを見せる中でテレワークを終了しようと息巻いている可能性がある。だがテレワークは安易に終わらせない方がよい。その理由は。(2022/7/19)

2023年1月発売も価格は未定:
中国EV大手BYD、日本上陸 SUVなど3車種を市場投入へ 各車種の仕様は?
中国EV大手「BYD」(広東省深セン)が、日本の自動車市場に本格参入すると発表した。2023年1月以降、BEV3車種を順次、日本で販売する。参入に合わせ、7月4日に国内での販売を手掛ける100%出資子会社「BYD Auto Japan」(横浜市)を設立。3車種の販売を起点に、日本でのビジネス拡大を目指す。(2022/7/24)

プログラミング言語、ミドルウェアスキル、インフラスキル別の平均時給を紹介:
「Objective-C」が最も時給が高い開発言語に選ばれる理由とは overflowがデジタル人材の時給調査
overflowは、デジタル人材の副業と複業の時給に関するレポートを発表した。プログラミング言語別では「Objective-C」、インフラ別では「Kubernetes」の平均時給が高かった。同社は「需要に対して供給が追い付いていないスキルを持っている人材は、金額が高い傾向にある」と分析している。(2022/7/22)

企業は“とがって”個性を伸ばせ:
「ハリネズミ経営」と「9つのDX推進領域」でベイシアグループはいかに躍進したか?
ワークマンやカインズなど小売業界のIT活用で大きな注目を集める企業をまとめているベイシアグループ。同グループの掲げる特徴的な経営方針「ハリネズミ経営」とDX推進のポイントを聞いた。(2022/7/21)

富士通の「デジタルセールス」:
インサイドセールスに適性のある人材とは? 富士通の考え方
スター営業の属人的なスキルに依存するのではなく、チームとして再現性のあるやり方で勝ち続ける――。インサイドセールスで活躍できる人材像について考えます。(2022/7/21)

新卒採用市場を占う試金石に:
「面接官の履歴書」学生に提示――デジタルハリウッドが新たな採用スタイル導入 狙いは?
企業の新卒採用といえば、応募する学生が履歴書を作成して企業に提出するのが一般的だ。そんな従来の在り方を覆す、新たな採用スタイルを取り始めた企業がある。大学事業などを手掛けるデジタルハリウッド(東京都千代田区)だ。学生だけでなく、面接官も履歴書を作成し、面接試験の数日前に学生に共有する。一体、どのような経緯から始めたのだろうか。(2022/7/20)

米国で進む「越境採用」の光と影【後編】
世界の有能テレワーカーを獲得する「これまでとは違う人材採用方法」とは?
米国企業の間で、全世界の労働市場を視野に越境採用を進める動きがある。国際的な採用について前向きな企業がある一方で、事態を慎重視する意見も根強い。賛成派と反対派、それぞれの見解は。(2022/7/19)

採用競争に勝つ! ダイレクトリクルーティング:
“採用競争”に勝つカギは「現場」にあり 採用担当が現場に理解してもらうべき4つのこと
ダイレクトリクルーティングにおいて、転職希望者と入社意向を高めるコミュニケーションを取り、自社そして採用予定部署の魅力を伝えられるのは他でもない「現場」の従業員です。採用担当者は、現場に4つのことを理解してもらわなければなりません。(2022/7/15)

採用競争に勝つ! ダイレクトリクルーティング:
「求人に応募がない」なら、人事自ら採りにいく 採用競争時代のダイレクトリクルーティング入門
近年注目度が上がっている攻めの採用手法「ダイレクトリクルーティング」。メリット・デメリットのほか、どんな企業において効果的なのか解説します。(2022/7/14)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(93):
エンジニアが知っておくべきAI倫理を、無料の電子書籍で一から学ぼう
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第93弾は、連載「エンジニアが知っておくべきAI倫理」全4回を電子書籍化しました。AIが身近なものになった昨今、直接AI開発に関わらないエンジニアにとっても必要となってくるAI倫理についての知識を一から学べます。(2022/7/14)

狙うは引く手あまたのDX人材:
優秀な人を欲しがる現場、見つけられずに悩む人事──「中途採用の壁」を壊すため、何をしたのか
DX人材の採用に注力し始めても、部門の要求が高く、マッチする人材がそもそも見つからなかった東洋エンジニアリング。開始から「半年間、成果なし」だった市場価値の高い人材の採用を、どのようにして軌道に乗せたのか。取り組みを聞いた。(2022/7/12)

採用活動に求められる「マーケティング・PR」の視点:
優秀な人が集まる企業が実践する最先端の採用マーケティングメソッド4つのステップ
採用マーケティングをどのように始めるべきか。具体的な手法を4つのステップに分けて解説します。(2022/7/12)

「ビズリーチ」CM出演の吉谷彩子、決めポーズの2ショットで多田社長を追悼 「たくさんの愛をくれて」
急性心不全での死去が公表されていました。(2022/7/8)

編集部コラム:
誰が15歳の日本人の科学力をそいでいるのか 「2050年に必要な人材」と技術者の復権
2050年に求められる人材像と現状を分析する資料から、いままで15歳の日本人が持つ科学力をそいできたものが何かを考えました。(2022/7/8)

先駆者たちの「セールスイネーブルメント」:
Sansanの営業はなぜ「専門スキルより、汎用的なセールススキルの習得」を重視するのか
Sansanは2018年に「営業1人当たりの受注金額向上」を目標に営業組織の教育に力を入れ始めた。現在、営業メンバーが増える中でオンボーディングにかかる期間を半減させることに成功したという。どのような取り組みをしているかというと……(2022/7/8)

採用活動に求められる「マーケティング・PR」の視点:
コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり、接触する企業数が増えている中、選ばれる企業であるためにはコミュニケーションにも戦略が必要になってきます。(2022/7/5)

米国で進む「越境採用」の光と影【前編】
180カ国の有能人材が我が社の社員に? 新興HR Techの越境採用サービスとは
人材獲得競争が激化する中、米国では「海外人材の越境採用」が活発化。180カ国を対象とした人材採用サービスを提供するベンダーも登場している。こうしたサービスが支持される背景とは。(2022/7/5)

企業を活性化させるのは「社長メッセージ動画」だけじゃない Panoptoに聞く自発的シェア文化の作り方
日常生活と比べてビジネスの場における動画の活用は遅れている。テキストによるコミュニケーションが中心のビジネスの場で動画を活用することで、どのような利点が得られるのか。実際に動画共有が日常化している企業の活用例も含めて見てみよう。(2022/6/30)

周囲にすすめたい転職先企業ランキング ベスト3は全てIT関連企業に 2位はグーグル、1位は?
周囲にすすめたい転職先企業はどこか。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが調査した結果を発表した。ベスト3は全てIT関連企業が入り、2位はグーグルとなった。(2022/6/29)

教育プロセス全体の見直しを:
「インターンシップ」小手先のルール見直し アンフェアな就活モード“押しつけ”の現状
インターンシップを通して取得した学生情報を企業が広報・採用選考活動に活用することを可能にする政府のルール見直し。しかし、そもそもインターンシップは学生にとって仕事選びに有効な場になっているのだろうか。(2022/6/29)

Teslaの「テレワーク廃止」宣言が求人に及ぼす影響は【前編】
マスク氏「テレワーク禁止令」衝撃の中身 週40時間出社しない社員は……
TeslaのCEOイーロン・マスク氏は従業員に対して、今後はテレワークを認めない方針を示した。自社Webサイトのキャリアページに掲載していたテレワーク求人も現在はなくなっている。決断の影響は。(2022/6/29)

講座を実施:
コンビニバイト経験を「ガクチカ」に ファミマが就活生に“自己PRの書き方”を教える理由
ファミリーマートは、店舗で働く大学生を対象に、就活支援オンライン講座を開催する。店舗での接客や売場づくり、新人指導などの業務を、学生時代に力を入れた「ガクチカ」として、自己PRやエントリーシート作成に生かす方法を伝える。大学生スタッフの就活を手厚くサポートすることで、アルバイト希望者を募る。(2022/6/28)

バンダイ、夏のボーナス平均59万円増額 新報酬制度と好業績で 年収は平均110%に
バンダイは28日、全社員に支給した夏期賞与が昨年の支給額より平均で約59万円上がったと発表した。(2022/6/28)

好業績を反映:
バンダイ、夏季賞与を約59万円増額 全社員平均
バンダイは、6月に支給した夏季賞与について、前年比で平均約59万円増額したと発表した。(2022/6/28)

採用活動に求められる「マーケティング・PR」の視点:
採用活動とは「マーケティング」である
ここ数年でデジタルシフトが加速し、採用活動の在り方も大きく変わりつつあります。これからの時代における採用活動で重要なポイントとなるのが「マーケティング・PR」の視点です。(2022/6/28)

「ワークデイ コンシューマー」へのリーチを拡大せよ:
PR:広告事業を再始動 日本マイクロソフトが描く「成功へのシナリオ」とは
日本マイクロソフトは日本での広告事業「Microsoft 広告」を開始した。コロナ禍で人々のワークライフスタイルが変わりつつある中、同社の広告はどう強みを発揮するのか。日本で事業拡大を目指すためにどのような人材を求めているのか。(2022/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。