ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Expedia」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Marketing Dive:
PayPalが広告事業に参入 大規模ファーストパーティーデータ保有企業が狙うリテールメディアの後追い
拡大するメディアネットワーク市場に新たに加わるこのサービスは、Uber Advertisingを10億ドルのビジネスに成長させたマーク・グレザー氏が主導する。(2024/6/6)

この頃、セキュリティ界隈で:
「死別詐欺」「訃報海賊」にご用心 人の死に付け込んでクリック稼ぐ 自分の訃報を載せられた事例も
他人の死に付け込んで故人をしのぶ人をだまそうとするでっち上げの訃報や、クリック稼ぎを目的とするまだ生きている人の死亡記事が、ネット上で拡散して問題になっている。これらの問題は「死別詐欺」「訃報海賊」などと呼ばれているという。(2024/3/28)

訪日インバウンド復活を後押し:
Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し、日本の観光業界支援も視野に入れる。また、パーソナライズされたサービスなど、日本市場向けの取り組みも行う。(2024/2/24)

地域に合わせてブランドストーリーを語るために:
Netflix初のグローバル広告パートナーはExpedia 日本を皮切りにグローバルキャンペーンを展開
Expedia GroupがNetflixとのグローバル広告パートナーシップを発表。国ごとにローカライズされたCMを放映する。(2024/2/17)

「休めない日本人」がこれほどまでに多いワケ
(2024/1/15)

Gartner Insights Pickup(330):
マシンカスタマーとは? どう対応すべきか
顧客が人間であることは当たり前に思えるが、顧客が人間ではなくなったらどうなるだろうか? 既に、AIによる人間以外の顧客が何らかの形で存在している。その利用に向けた準備を整えるべき時だ。(2023/12/15)

年末年始に行きたい"理想"の海外旅行先 3位「オセアニア諸国」、2位「米国」、1位は?
ベックストラベルジャパンは、年末年始の旅行に関する調査を実施。年末年始に行きたい理想の海外旅行先の1位は「ハワイ」で、2位「米国本土」、3位「オセアニア諸国」「台湾」だった。(2023/12/6)

日本人の旅行先決定に影響度が高いメディア、2位「本」、1位は?
エクスペディア・グループは、2024年の旅行トレンドをまとめた「Unpack ’24」 を発表。日本人が選ぶ旅行先の影響元として最も多かったのは「バラエティやドラマなどのテレビ番組」であることが分かった。(2023/11/14)

オーストラリアの人気都市ランキング 3位「ケアンズ」、2位「メルボルン」、1位は?
オンライン旅行サイト「エクスペディア」は、今冬の旅行検索データに基づいた「オーストラリアの人気都市ランキング」を発表した。(2023/11/1)

航空券はいつが最安値? 米エクスペディアが「旅行節約術」発表
オンライン予約サービス「エクスペディア」を運営する米エクスペディア・グループが、「2024年の旅行節約術」を発表した。(2023/11/13)

Marketing Dive:
2023年の米国広告業界で「テレビ」の影がますます薄くなっている件
Madison and Wallのレポートによれば、デジタルプラットフォーム上の広告が64%増加したことで、米国の広告業界は2023年に5%成長し、市場規模は3600億ドルに達する見込みだ。(2023/9/15)

70万円でビジネスクラス予約→なぜかエコノミーに…… 人気格闘家が怒り心頭「本当にこの旅行会社大丈夫か?」
Expediaのトラブルへの対応にも怒りをあらわにしています。(2023/8/10)

「生成AI」を自動化に活用 Automation Anywhereの3つの新サービス
生成AIのビジネスでの活用に向けた動きが活発だ。オートメーション・エ二ウェア・ジャパンが語る、生成AIを活用する自動化の今後の展望と、生成AIを活用する上で注意すべき4点とは。(2023/6/29)

AI一色な「Microsoft Build 2023」で発表された非開発者向け新機能まとめ
Microsoftの年次開発者会議「Build 2023」が始まった。「Windows Copilot」や「Windows Fabric」など多数のAI関連の新機能が発表された。非開発者向けの新機能を紹介する。(2023/5/24)

「ChatGPT Plus」にWebブラウジングとプラグインをβ機能として追加へ
OpenAIは、「ChatGPT Plus」にWebブラウジングとプラグイン機能を追加する。ブラウジングはBing検索APIを使っており、ほぼリアルタイムの情報を提示する。プラグインはSlack、Kayak、Wolframなどが提供する。(2023/5/14)

働く人に聞いた:
「直近の休暇、旅行せずに家にいた」48%、日本が3年連続でトップ
緊急事態宣言や水際対策の強化などもあり、コロナ禍ではなかなか難しかった旅行。直近の休暇で、旅行をせずに家にいた人はどのくらいいるのだろうか。(2023/5/10)

生成AIブームの裏にひそむ「AIリスク」 ハーバード大で起業した日本人経営者が語る“AIとの向き合い方”
生成AIをはじめとするAIモデルのリスクや法整備を含む社会の動向、日本企業のAI管理の事例について、「AIリスク」分野の専門家に聞いた。(2023/5/11)

毎月有給を取得:
「休み不足を感じていない」ランキング 2位「日本」、1位は?
オンライン旅行サイトの「エクスペディア」は、世界16地域を対象とした「有給休暇の国際比較調査」を実施した。休み不足を感じていない人は……。(2023/5/2)

Marketing Dive:
「旅行サイト×ChatGPT」で何ができるのか Expediaが提供する価値と課題
Expediaが自社のモバイルアプリに対話型AI「ChatGPT」を統合したと発表した。旅行サイトとChatGPTを組み合わせることで、どのような機能や価値を提供するのか。(2023/5/2)

PR:【意外】GWでも……バンコクのプール付きホテル+往復航空券でひとり9万円台(※)! 「海外旅行はGWがねらい目」の秘密
もう予約しちゃったという人は、読むと後悔するかも?(2023/4/18)

OpenAI、ChatGPTのプラグイン開始 リアルタイム検索やKayakでの旅行検索も可能に
OpenAIはChatGPT向けのプラグインを発表した。Web上の最新情報を追加する自社製プラグインの他、KayakやWolfram、Zapierなどが既にプラグインストアに登録。ChatGPT Plusユーザーと開発者はα版に参加申し込みできる。(2023/3/24)

働きやすい職場とは:
世界一“休みベタ”な日本人 「WBC休暇」がこれほどまで喝采を浴びたワケ
平日の午前、日本列島が歓喜にわいた。第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本が米国を3−2で破り、2009年の第2回大会以来、14年ぶり3度目の優勝を果たした。仕事そっちのけで中継を見守った人が多かったのではないか。そんな中、試合時間に合わせて午前を休みにする「WBC休暇」を複数の企業が取り入れ、大きな話題になった。世界一“休みベタ”とされる日本人だが、企業が率先して「WBC休暇」を導入したことの意義とは何なのか。(2023/3/23)

旅行代金が40%オフ、観光庁の新施策が10月11日スタート じゃらんや楽天トラベルなどの対応は?
観光庁は9月26日、旅行代金の一部を補填することで観光需要を喚起する「全国旅行支援」を10月11日から始めると発表した。対象は全国で、ホテル代などを40%割り引く。期間は12月下旬までを予定している。(2022/9/27)

宿泊予約の「Expedia」に独禁法違反の疑い 他サイトより好条件な部屋の掲載求める
公正取引委員会が、宿泊予約サイト「Expedia」について、独占禁止法に違反する疑いが認められたと発表した。Expediaでは、他社の予約サイトより好条件な部屋の掲載を求めていたという。(2022/6/3)

エクスペディア調べ:
有給休暇の取得率、日本は6年ぶりに60% 16地域中トップの国は何日取得?
エクスペディアは「有給休暇の国際比較調査」を世界16地域 (1万4544人)を対象に実施した。(2022/3/30)

最適な予約日は日曜日:
航空券の最安値は出発日の何日前? エクスペディアが「2022年の旅行節約術」を公開、需要喚起へ
オンライン旅行代理店のエクスペディアは、航空業界の取引データなどを提供するAirlines Reporting Corporation(ARC)と「2022年の旅行予約に役立つガイド」を公開した。(2021/10/22)

パンデミックを乗り切るホテルチェーンのクラウド活用法【後編】
大手ホテルが脱オンプレミスに踏み切った、旅行業界ならではの“ある事情”
ホテルフランチャイズを営むChoice Hotelsは宿泊予約システムをはじめとした自社システムのクラウドサービスへの移行を進めている。その理由と、クラウドサービス移行で得られた効果とは。(2021/10/13)

エクスペディアの運営会社が調査:
夏休みと年末年始の「旅行先検索ランキング」 日本人が気になっているエリアは?
エクスペディアを運営するベックストラベルジャパンは、夏季休暇と年末年始休暇に検索されている旅行先を調査した。1位はどこか?(2021/8/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
「民泊」が盛り上がる? 欧米の「今」と日本の「これから」
再び緊急事態宣言に突入した。インバウンド需要はほぼ消滅し、多くの宿泊施設は苦戦しているわけだが、そうした中でもとある民泊は好調だという。どういうことかというと……。(2021/7/15)

エクスペディアが調査:
日本人が休暇で「解放されたいこと」 3位「洗濯」、2位「食事の片付け」、1位は?
旅行予約サイト大手のエクスペディアが世界12地域を対象に、旅に関する調査を実施した。日本人は休暇を取ることで何から解放されたいのか? 他国との明確な違いが明らかになった。(2021/7/3)

コロナ禍で恋しいこと 3位「ハグ」、2位「マスクをせずに出かける」、1位は?
ネット旅行予約大手のエクスペディアは、世界12地域1万5000人を対象に「旅のパートナー」に関する調査を実施した。(2021/6/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
言葉は武器である。明石家さんまさんと島田紳助さんから学べ
ストライクゾーンはすぐそこである。さあ、あとは投げるだけである。勇気があるかどうか?(2021/6/3)

海外プロジェクト:
住友林業ら日系3社が136億円を投じ、シアトル近郊で集合住宅を開発
住友林業、関電不動産開発、サンケイビルの日系企業3社は、シアトル近郊で集合住宅の開発プロジェクトに共同参画することを表明した。(2021/4/27)

コロナ禍の影響も:
有給休暇の取得率が5年ぶりに低下 それでも「休み不足」とは感じていない?
エクスペディアが実施した調査によると、日本人の有給休暇の取得日数と取得率が5年ぶりに低下。特に若い世代の取得日数が減少しており、新型コロナによる外出自粛などの影響が背景にあるとみられる。(2021/3/4)

取得が低下した理由:
2020年、世界的に有給休暇の取得が減少 日本は?
エクスペディアは「有給休暇の国際比較調査」を世界16地域 (9200人)の人に実施し、その結果を発表した。それによると……。(2021/2/21)

PR:これからはデータ活用でCXとEXを向上し、DXにつなげることが重要
急速なデジタル社会への移行、新しい働き方の実現が求められる現在、どのようにしてDXを進めるべきか。DXを目指す企業が、顧客体験、従業員体験の観点から、とるべきデータ活用について解説する。(2021/1/12)

頻繁に休みたい:
日本人は世界で一番「短い休暇」が好き 世界19カ国ランキング
日本人の有給取得率は低いと言われているが、どのように休みたいと思っているのだろうか。海外と比べると、特徴的なのは……。(2020/7/10)

Apple、国内のApp Storeデベロッパーを紹介
Apple、App Storeの経済圏の売上高が2019年で5190億ドルの貢献をしたと発表(国内デベロッパーも紹介)。(2020/6/16)

PR:新システムの開発は不要 顧客とのやりとりにSMSやSNS、チャットを“シンプルに”導入できるソリューションとは
企業と消費者とのやりとりが急速にデジタル化している。スマートフォンで受け取れるSMSやチャット、SNSなど、さまざまなチャネルをうまく使い分けて消費者にアプローチするために、企業は何をすればよいのか。(2020/5/28)

キャリアニュース:
米国企業への転職を考える際に知っておきたいこととは
エンワールド・ジャパンが、米国の企業へ転職したいと考える人へ向けて、米国企業の残業時間や休日、福利厚生などを紹介した。給与体系や働き方など日本企業との違いを把握することで、より良い転職につなげられる。(2020/3/19)

PR:日本語しか話せなくて問題なし! LCCの「ベトジェットエア」でベトナムに行くと安くて楽しい
リゾート地のダナンを満喫してきました!(2019/12/18)

大阪・日本橋に“eスポーツ特化型ホテル”2020年4月開業へ 開業記念宿泊プランの販売開始
ホテル名は「e-ZONe 〜電脳空間〜」。(2019/11/4)

4月から有給取得義務化:
ドトール、休日減らして「有給奨励日」に 有給取得の“水増し”に厚生労働省「望ましくない」
4月から企業に義務付けられた従業員の有給取得。年間10日以上付与されている人について、5日以上取得させる必要がある。こうした中で、ドトールコーヒーがもともと休日だった日を出勤日にした上で「有給奨励日」に。理由については「改元などで祝日が多くなり、調整する必要が生じた」とコメントしている。働き方改革に逆行する取り組みを、厚生労働省はどう受け止めているのか?(2019/10/16)

スピン経済の歩き方:
「10連休」が日本のためにならない、やっぱりの理由
10連休が終わった――。ある調査によると、連休明けに「会社に行きたくない」と答えたのは、8割にも上った。「働きすぎ」「もっと休まなければいけない」といわれている中で、なぜ10連休に批判の声が多いのか。(2019/5/7)

公取委、「楽天トラベル」「Expedia」「Booking.com」に立ち入り 宿泊施設に“最安値”求めた疑い
楽天トラベル、Expedia、Booking.comに公取委が立ち入り。宿泊施設と「最恵国待遇」条項を結んでいた疑い。(2019/4/10)

取得日数もワースト:
日本の有休取得率、3年連続で最下位に “休み不足を感じにくい”上司世代が要因か
旅行サイト「エクスペディア」を運営するエクスペディア・ジャパンはこのほど、世界19カ国を対象に実施した有給休暇に関する調査結果を発表。日本の有休取得率は50%と3年連続で最下位だった。(2018/12/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
言葉の使い方次第で儲かったり損をしたり
相手を いかに悩ませず、余計な負担をかけずにコミュニケーションをするかに心を砕けるか。(2018/9/20)

悪臭や騒音にも敏感:
日本人は世界一「ホテルに落ちている髪の毛」を許せない 調査で判明
日本人は世界で最も「ホテルのシャワー室に落ちている髪の毛」が許せない――。旅行サイト「エクスペディア」を運営するエクスペディア・ジャパンが約20カ国を対象に実施した、ホテルマナーに関する調査でこんな事実が分かった。(2018/8/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
副業の時代。運だけで、1000万円は稼げる
運を自分で上げる、日常生活におけるちょっとしたポイントとは?(2018/8/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
スケジュールは、未来の予想図であり、出世の計画書だ
時間を制するものが人生を制する。(2018/7/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。