ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FaceTime」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FaceTime」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

新しい「iPad Pro」と「iPad Air」どちらを選ぶ? 実機を試用して分かった“違い” 一新されたMagic KeyboardやApple Pencil Proも試す
まるでiPhoneのようなラインアップになったiPadだが、2022年以来のフルモデルチェンジとあって注目を集めている。そんな新しいiPad Pro(13型)、iPad Air(11型)を、非常に短い期間ながら試用することができた。2機種の違いも踏まえてレビューをお届けしよう。(2024/5/14)

「iPad Pro」に新モデル まさかの「M4」チップ搭載、初のOLEDパネルも【追記あり】
米Appleは5月7日(現地時間)、新型タブレット「iPad Pro」を発表した。M3チップを飛び越え、Apple製品で初めてM4チップを搭載。11インチと13インチの2モデル展開となる。(2024/5/7)

Belkinの最新ワイヤレスチャージャー4機種を試した 性能は問題なし、チープ感がないのもうれしい
iPhone周辺機器を多数展開しているBelkinが、他社に先がけてQi2対応充電器を発表しました。Qi2規格は、AppleがMagSafe技術の一部をWPC(Wireless Power Consortium)に提供して実現した次世代ワイヤレス充電規格。今回は、Qi2またはMagSafeに対応した充電器4機種を紹介します。(2024/4/2)

M3になった「MacBook Air」の実機を念入りにチェック 「2画面までの外部出力」は実際どうか?
米Apple製チップ「M3」を搭載した13インチ「MacBook Air」の実機をチェックしてみました。MacBook Air(M2, 2022)の筐体デザインはそのままにM3チップを搭載したモデルです。(2024/3/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Vision Pro」発売から1カ月 新しい驚きの「プラス」と「マイナス」を考える
米国でApple Vision Proが発売されてから1カ月。発売と同じタイミングで入手した筆者も、Apple Vision Proと過ごして1カ月となる。このデバイスから得られる驚きは、プラスとマイナスの両面があり、今後の「空間コンピューティング」の在り方に影響を与えそうだ。(2024/3/7)

AppleがM3チップ搭載の「MacBook Air」を発売 13インチと15インチの2サイズで16万4800円から
Appleが、M3チップ搭載の「MacBook Air」を突如発表した。M2チップモデルと同様に13インチと15インチの2サイズ構成で、13インチモデルについては従来モデルも継続販売される。(2024/3/5)

Macを安全に使うには【第4回】
パスワードが要らない認証「パスキー」でMacを守るには?
パスワード要らずの認証方法として「パスキー」(Passkey)の利用が広がりつつある。Macの安全利用のためにもパスキーは有効なツールだ。どのような仕組みなのか。(2024/2/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
試して分かった「Apple Vision Pro」の体験価値、可能性、そして課題
予告通り、筆者は「Apple Vision Pro」を手に入れた。手に入れてすぐ試して思ったことを、つらつらとつづってみようと思う。(2024/2/7)

弟妹のうしろでベビー服をかかげ、妊娠報告サプライズしたら…… 喜びの涙一杯なリアクションに「なんて尊い瞬間」【海外】
こっそりベビー服を掲げてサプライズ。(2024/1/24)

ベルキンから世界初の「Qi2」ワイヤレス充電器が登場 iPhoneユーザーはMagSafeから移行すべきか?
ベルキンが次世代ワイヤレス充電規格「Qi2」認証を取得した充電器を発表した。これは世界初となる「Qi2認証充電器」だ。発表会では、磁力で吸着するため位置合わせ扶養で便利なQi2ワイヤレス充電器3製品と、MagSafeとの関係についての説明も行われた。(2024/1/19)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
狙いはIntel Macの一掃か Appleが「M3チップ」ファミリーで描く戦略
Appleが11月7日から順次、「Apple M3チップファミリー」を搭載する新型Macを発売する。そのラインアップからは「Intel Macの一掃」という意思が伺える。M3チップファミリーのラインアップと、新型Macの布陣について考察していこう。(2023/11/2)

最大4画面出力可能:
M3ファミリー搭載でさらに高速になった「MacBook Pro」登場 上位モデルには新色「スペースブラック」を用意 25万円弱から
Appleが、新型の「Apple M3チップファミリー」を搭載するMacBook Proを発売する。上位の「M3 Proチップ」「M3 Maxチップ」を搭載する構成については、スペースグレイに代わる新色「スペースブラック」を用意する。(2023/10/31)

Apple、M3チップを搭載した新型「iMac」を発表 処理性能はM1比で最大2倍に
AppleがM3チップを搭載した新型iMacを発表した。価格は19万8800円(税込み)から、11月7日に発売する。(2023/10/31)

「15インチMacBook Air」を買うべき人は? ベンチマークテストも交えて解説
6月に発売された「15インチMacBook Air」は、15.3型のディスプレイを備えながらも約11.5mmの薄さと約1.51kgの軽さを実現した。その秘密はファンレス設計なのだが、実用的に使えるのだろうか。検証してみたい。(2023/10/30)

ドコモ/au回線を自動切替できるSIMサービス「SIMCONNECT」提供 バックアップ回線を想定
PORTALFIELDは、eSIMに対応した機器でNTTドコモとauのサービスエリアを利用できるマルチキャリアSIMサービス「SIMCONNECT」を提供開始。利用料金は150MB/319円(税込み)から。(2023/10/20)

パリ在住の中村江里子、19歳長女が東京研修から帰国 “ほんの数時間”の再会ショットに「家族の絆っていいな」
2022年夏に親元を離れている長女。(2023/10/1)

メカ設計メルマガ 編集後記:
最新OSで「iPhone」で3Dスキャンがはかどりそう
ぐっと手軽になってきた印象です。(2023/9/26)

iPadが実用的なHDMI入力の外部モニターになる iPadOS 17のUVCサポートで実現 実際に試してみた
iPadのディスプレイをより汎用的に使いたいと考える人にとって非常に夢のある大きなアップデートがやってきた。実際の使い勝手や表示の遅延など気になる部分も多い。記者の手元にもiPad Proと適したキャプチャーデバイスがあるので実際に試してみた。(2023/9/21)

「tvOS 17」提供開始、Apple TVでFaceTimeが利用可能に
Appleは、9月18日にApple TV向けOS「tvOS 17」を提供開始。Apple TV 4KでFaceTimeが利用可能になり、iPhoneのコントロールセンター内でApple TVリモコンを起動してSiri Remote(第2世代以降)を探せるようになる。(2023/9/19)

「iOS 17」配信開始 電話やメッセージの改善 新機能「NameDrop」「スタンバイ」も
Appleが9月19日、「iOS 17」の配信を開始した。連絡先ポスターやメッセージアプリの改善、FaceTimeの留守電など。iPhoneを横向きにすると時計やウィジェットなどを表示する「スタンバイ」機能も追加された。(2023/9/19)

19日から配信、「iOS 17」の注目機能をおさらい 通話やメールがより便利に
iPhone向けの最新OS「iOS 17」が、日本時間9月19日に配信されるので、その内容をおさらい。ユーザーが自分を表現する方法として連絡先ポスターのパーソナライズ機能が追加される。連絡先を交換できる「NameDrop」や、時計や写真を表示できる「スタンバイ」機能も利用できる。(2023/9/18)

「iOS 17」「iPadOS 17」「watchOS 10」、9月19日に配信
Appleが、「iOS 17」「iPadOS 17」「watchOS 10」を9月19日に配信する。iOS 17では「電話」「FaceTime」「メッセージ」アプリに大きなアップデートを加える。iPadOS 17では、iPhoneと同様にロック画面のカスタマイズが可能になる。(2023/9/13)

Marketing Dive:
iOS 17でマーケターがまた涙目、さらなるプライバシー強化が広告に及ぼす影響は?
iOS 17では、「メール」「メッセージ」でアクセスされたリンクからURLトラッキングパラメータが削除される。これは、マーケターが施策の効果を計測する上で問題になりそうだ。(2023/8/17)

ものになるモノ、ならないモノ(94):
「Apple Vision Pro」が採用した空間オーディオがもたらす没入感 Appleが凝らした工夫を考える
Appleから発表されたVR/AR(仮想/拡張現実)対応のゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Apple Vision Pro」。その空間オーディオ体験にはどんな工夫が凝らされているのだろうか。音楽制作をなりわいとする筆者が「音」に焦点を当てて考察する。(2023/7/20)

注目デバイス解説:
「Apple Vision Pro」で何ができる? 製造業での活用の可能性を探る
Appleが「WWDC23」で発表した空間コンピューティングデバイス「Apple Vision Pro」。既に製造業でもVR/AR/MRを活用したソリューションが登場し、現場に浸透しつつある中、Vision Proは製造業にどのようなインパクトをもたらすのだろうか。(2023/7/11)

Appleの元CDOジョニー・アイブ氏、6万ドルのレコードプレーヤーのデザインでLINNと提携
Appleの元CDO、ジョニー・アイブ氏設立のLoveFromはオーディオブランドLINNに提携を申し込み、レコードプレーヤー「Sondek LP12」の50周年記念限定モデルのデザインで協力した。このモデルは限定250台で6万ドルで発売する。(2023/7/10)

3つのキーワードで読み解く! 「WWDC23」から見えた2024年のAppleプラットフォーム
2023年5月に開催されたAppleの「WWDC23」。話題は「初の空間コンピュータ」として発表された「Apple Vision Pro」に行きがちだが、Appleのプラットフォームを支える、既存OSのバージョンアップも見逃せないポイントが多い。(2023/7/4)

PR:海外旅行をもっと気軽に! 「eSIM」で現地ネット環境をサッと準備、出発前に日本で設定 試して感じた“お手軽さ”
(2023/6/13)

VRヘッドセットを作っている“中の人”は、「Apple Vision Pro」をどう見た?
Appleが6月5日二発表した「Apple Vision Pro」について、VRヘッドセット「MeganeX」など、VR向けハードウェア製品の開発・販売を手掛ける、Shiftall代表取締役CEOの岩佐琢磨氏から見た視点をコラムとしてお届けする。(2023/6/9)

“PV詐欺”じゃない、本当にすごい 「Vision Pro」を試してわかった、Appleが作りたい未来
Appleが発表した「Apple Vision Pro」を短時間だが体験することができた。正直な感想として「これはすごい」。公開されたビデオは、決して「PV詐欺」ではない。(2023/6/7)

石野純也のMobile Eye:
“携帯電話の基本”が磨き上げられた「iOS 17」 ただし日本語対応には課題も
今秋リリースのiOS 17は、携帯電話の基本ともいえる「電話」や「メッセージ」の機能改善が主なトピック。「iOS 14」で導入されたウィジェットも、より多機能になる。ただし日本語対応の面では課題も残っている。(2023/6/7)

約50万円、「Apple Vision Pro」の実物を見てきた 気になる本体の“仕上がり具合”
6月5日(現地時間)から開催されているアップルの「WWDC23」。現地でApple Vision Proの実物を見る機会に恵まれたので、フォトレポートをお届けしよう。(2023/6/6)

「Apple Vision Pro」を先行体験! かぶって分かった上質のデジタル体験
AppleがWWDC23にて発表したMRヘッドセットが「Vision Pro」だ。これまでのAR/VRなどのHMDデバイスと何が違うのだろうか。林信行氏が真っ先にかぶって分かったことをまとめた。(2023/6/6)

ふぉーんなハナシ:
iOS 17では「Hey」なしでSiriを起動可能に 一方で”誤反応”を心配する声も
iOS 17では「Hey」を付けず「Siri」だけでも呼び出せるようになります。人前で「Hey」と呼ぶことに抵抗がある人には朗報でしょう。一方で、「誤反応しそう」という声も挙がっています。(2023/6/6)

AI一色にはならなかったWWDCでAppleが発表したAI関連まとめ
AppleのWWDC 2023では、「生成AI」というバズワードはほぼ使われなかった。とはいえ、MRヘッドセットの「Persona」など幾つかの“機械学習”採用技術が発表された。本稿ではそれを簡単にまとめた。(2023/6/6)

「iPadOS 17」発表 ロック画面を刷新、PDF編集機能の強化も
Appleは6日、「iPadOS 17」を発表した。正式版は今秋に配信される。PDF編集機能の強化や、ロック画面のウィジェット対応、ヘルスケアアプリのiPadでの提供などの新機能が含まれる。(2023/6/6)

Intel Macもサポート:
普段使いの利便性を高めた「macOS Sonoma」は2023年秋登場 低遅延の「ゲームモード」も
AppleがmacOSの新バージョンをリリースする。Apple Siliconをより生かす新機能が搭載される他、ゲーマーの取り込みを意図した「ゲームモード」も実装される。(2023/6/6)

「tvOS 17」発表 Apple TV 4KでFaceTimeやビデオ会議が利用可能に
米Appleが6月5日(現地時間)、Apple TV向けの最新OS「tvOS 17」を発表した。tvOS 17では、新たにFaceTimeが利用可能になり、テレビの大画面でビデオ電話を楽しめる。2023年後半に、Cisco WebexやZoomなどのビデオ会議アプリがtvOS向けに提供される。(2023/6/6)

Series 4以降に対応:
Apple Watchで「メンタルヘルス」も管理! 「watchOS 10」が2023年秋にリリース パブリックβは7月から配信予定
Appleが「Apple Watch」向けの新OSを2023年秋にリリースする。OSバージョンが2桁に達することを受けて、UI(ユーザーインタフェース)を刷新する他、メンタルヘルスの管理機能など、新しい機能も複数追加される。(2023/6/6)

「iOS 17」発表 電話/メッセージアプリが進化、AirDropで連絡先を共有可能に
AppleがWWDC23で「iOS 17」を発表した。iOS 17では「電話」「FaceTime」「メッセージ」アプリに大きなアップデートを加える。Air Drop機能を活用して、電話番号やメールアドレスの共有も可能になる。(2023/6/6)

アップル、初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」正式発表 3499ドル、発売は24年頭に
米Appleは6月5日(現地時間)、年次開発会議「WWDC23」において、同社初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表した。実空間とコンピュータのディスプレイを融合するMR技術に対応し、新たに「空間コンピューティング」を標榜する。(2023/6/6)

Apple、“空間コンピュータ”をうたうMRヘッドセット「Vision Pro」発表 価格は約50万円
米Appleが新カテゴリーとなるMRヘッドセット「Vision Pro」を発表した。(2023/6/6)

どんなWindowsノートPCよりも薄くてパワフルでファンレス! M2チップ搭載「15インチMacBook Air」が6月13日に登場 19万8800円から
AppleがM2チップ搭載のMacBook Airに15.3型ディスプレイを備えるモデルを追加する。6月13日の発売を予定しており、6月6日から販売予約を受け付ける。(2023/6/6)

石川温のスマホ業界新聞:
京セラが個人向けスマートフォン事業から撤退へ――「シニア向けスマホ」はアクセシビリティを強化するiPhoneにシフトか
京セラが個人向け携帯電話端末事業からの撤退を発表した。今後は需要の見込める法人向け端末に注力するという。一方で、Appleが日本メーカーが取り組んできたシニア向け機能の強化に取り組み始めている。(2023/5/28)

林信行の「テクノロジーが変える未来への歩み」:
Appleの最新アクセシビリティー機能にみるインクルーシブな試み
テクノロジーが困っている人を助け、そして新たな発展へと結びつく――林信行氏が、ITメーカー各社のインクルーシブな試みを取り上げていく連載、第2弾はAppleを取り上げます。(2023/5/18)

AppleがiPhone/iPadの新アクセシビリティ機能を発表 簡易ホーム画面や自分の音声作成など
米Appleが5月16日(現地時間)、iPhone/iPadユーザーのアクセシビリティに関する新機能を発表。2023年後半以降の提供予定としている。新機能は主に認知、視覚、聴覚、身体に障害を持つ人にフォーカスしたものとなっている。(2023/5/17)

Apple、AI採用障害者支援ツールを多数発表 失う前に登録した声で話せる「Personal Voice」など
Appleは、年内に利用可能になる複数の障害者支援ツールを発表した。機械学習採用の本人の声でテキストを読み上げる「Personal Voice」や、認知障害でも使いやすい「Assistive Access」などだ。(2023/5/17)

アラブ諸国で普及するVPN【前編】
「VPN」をひそかに使うアラブの人々 その“切実な理由”とは
世界各国のVPN普及率を見ると、アラブ諸国の高さが際立つ。その背景にはアラブ諸国の人が抱える、ある「切実な理由」があった。(2023/4/26)

3カ月ぶりに大好きなパパと再会したワンコ 喜び爆発する姿に「ずっと待ってたんだね」と胸が熱くなる
こっちまでうれしくなる!(2023/4/22)

YouTube Premiumに5つの新機能 iOSのSharePlayサポートなど
YouTube Premiumに5つの新機能が追加される。iOSでの高画質版提供やFaceTimeでの共同視聴などが可能になる。オフライン再生用の「スマート一時保存」機能も追加された。(2023/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。