ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「政府」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「政府」に関する情報が集まったページです。

テレワークを実践できる企業、できない企業の差とは:
約800人がテレワークを実践――先駆企業に学ぶテレワークのポイントと注意点
新型コロナウイルス感染予防対策として政府はテレワークの実施を推奨しており、企業は適応を求められている。創業から2021年現在まで完全テレワークを実践するキャスターの石倉氏に、テレワークのポイントや注意点を聞いた。(2021/5/6)

IT製品の導入とDXは何が違うのか
中小企業でDXが進まない理由――政府CIO補佐官 細川義洋氏が語るDX成功の勘所
人々の生活様式、働き方が変わった2020年。中小企業のDXの取り組みはどうなっていたのか、これからDXに取り組む中でポイントはどこにあるのか。ITプロセスコンサルタント、政府CIO補佐官として活躍する細川義洋氏に聞いた。(2021/5/6)

巨大IT新法の対象に「ネット広告」追加へ 日本政府が最終報告
政府は27日、デジタル市場競争会議を開き、急成長するインターネット広告分野の課題への対応策を整理した最終報告をまとめた。2021年2月に施行された巨大ITの取引透明化に向けた新法の対象にネット広告分野を明記。必要なルール作りを進めていく方針を明らかにした。(2021/4/28)

旧態依然の習慣「PPAP」からの脱却を 問題点と代替策を解説
政府や企業が相次いで「パスワード付きZIPファイルの添付」いわゆる「PPAP」の廃止を発表した。本ブックレット(全24ページ)は、この流れに乗りたい企業に向けて「PPAP問題」の本質と代替策を紹介する。(2021/5/6)

5000円給付対象は月内分まで:
マイナンバーカード申請急増 全国民にどう普及させるのか
昨年9月に始まった、マイナンバーカードに登録したキャッシュレス決済を使えばポイントが還元される政府の「マイナポイント事業」で、同事業に使えるマイナンバーカードの申請が4月末に締め切られる。駆け込み効果もあって……。(2021/4/26)

組み込み開発ニュース:
Japan IT Week春が2年連続の開催延期、緊急事態宣言で東京ビッグサイト使用禁止【追加情報あり】
Japan IT Week事務局は、2021年年4月26〜28日に東京ビッグサイトで開催を予定していた「第30回 Japan IT Week春」の開催を延期すると発表。開催延期の理由は、政府が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を抑えるため緊急事態宣言を発出したことに合わせて、東京都が東京ビッグサイトの使用を禁止したため。(2021/4/26)

筒抜けを懸念:
日米が楽天グループを監視 中国企業株主で両国の情報流出を警戒
日米両政府が、経済安全保障の観点から楽天グループを共同で監視する方針を固めた。中国IT大手の騰訊控股(テンセント)子会社が3月に大株主となったことで、日米の顧客情報が中国当局に筒抜けになる事態を警戒しているという。(2021/4/22)

データの使途に消費者ら不信感 ネット広告規制、求められる実効性
政府は巨大IT企業を規制する新法の対象に、ネット広告分野を追加する方向で調整している。Googleなどが実施するターゲティング広告を踏まえた取り組みだが、法整備には多くの課題が残っている。(2021/4/22)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ビットコインは目の上のたんこぶ、人民銀幹部「暗号資産は投資商品」発言の真意
人民銀の幹部が4月18日デジタル資産について「投資商品」との見解を示した。仮想通貨交換所・コインベースの米国上場、ビットコインの値上がりも重なり、中国でも仮想通貨“解禁”への期待が高まっている。しかし仮想通貨取引・利用を全面禁止している中国政府が、デジタル人民元以外のデジタル通貨を許容することは当面なさそうだ(2021/4/22)

東芝が「量子暗号」事業化へ 未来社会の基盤、政府も支援本腰
 超高速で計算できる量子コンピューターといった将来の社会基盤とされる「量子技術」の分野で、日本が世界をリードする期待が高まっている。解読困難な「量子暗号通信」では、東芝が世界で初めてヒトの遺伝情報(ゲノム)の伝送に成功。金融機関などに向けた本格的なサービス展開を2025年度までに実現する構想を描く。ただ、量子技術分野は中国の伸長も著しく、日本政府は国内開発拠点の連携支援や米国との協力強化などに本腰を入れ始めている。(2021/4/20)

官民データ連携で新たな価値 情報銀行 日本型の管理モデル 平井卓也デジタル改革担当相
 日本がデジタル社会を迎える中で、個人データをどう守り、また、どう活用していくかは重要な課題だ。この問題に日本政府はどう向き合おうとしているのか、平井卓也デジタル改革担当相に聞いた。(2021/4/19)

上海モーターショー開幕 トヨタなど、最新EV披露
世界有数の自動車展示会である「上海国際モーターショー」が19日、中国・上海で開幕した。国内外のメーカーが、中国政府の後押しもあって成長が見込まれる電気自動車(EV)の新型車を相次ぎ公開した。(2021/4/19)

他分野に広がる可能性も:
カゴメ“英断”の波紋 新疆ウイグル自治区産トマトの使用停止
中国政府による人権弾圧が国際問題になっている新疆ウイグル自治区について、大手食品メーカーのカゴメが、同地区で生産されたトマトの加工品を製品に使用しないことを決めた。(2021/4/17)

米バイデン政権、ロシアに制裁 SolarWinds悪用サイバー攻撃や大統領選干渉で
米連邦政府は、バイデン大統領がロシアの有害な活動による脅威に関する大統領命令に署名したと発表した。バイデン政権はロシア政府を昨年のSolarWinds悪用サイバー攻撃の加害者であると正式に名指した。また、米大統領選干渉に加担したとして、32の個人と団体に制裁を加える。(2021/4/17)

特別定額給付金10万円の使い道調査 食費以外で消費が増えたのは?
マネーフォワードは、2020年に日本政府が支給した特別定額給付金10万円の家計消費に与える影響を研究した論文を発表した。(2021/4/16)

「科学的根拠」でハンドドライヤー解禁 経団連の次の狙いは海外出張
感染拡大の長期化が懸念され政府が対応に苦慮する中、経済界には「新たな日常」へのさらなる改革が期待される。(2021/4/15)

ドローン:
“安全安心”な国産ドローンが1年弱で完成、産業用小型市場を開拓へ
NEDOが2020年度から進めてきた事業「安全安心なドローン基盤技術開発」の成果について説明。同事業は、災害調査やインフラ点検における政府や公共部門のニーズに対応する、安全性や信頼性を確保した標準ドローンを設計・開発する内容で、コロナ禍の中1年弱で新たなドローンの開発にこぎつけた。(2021/4/14)

Amazon従業員による初の労組結成ならず
Amazon.comのアラバマ州にあるフルフィルメントセンターで実施された労働組合結成の投票結果は、反対票が圧倒的多数だった。組合結成を支援するRWDSUは連邦政府の行政機関にAmazonの不正を申し立てるとしている。(2021/4/12)

恩恵を受けられない:
旅行社はキャンセル予想にうんざり 飲食店は悲鳴 沖縄にまん延防止措置適用
新型コロナ感染増加に歯止めがかからず、沖縄県は8日、飲食店にさらなる時短営業を求める「まん延防止等重点措置」の適用を政府へ伝えた。経営者からは……。(2021/4/10)

自分が受け取る場合は:
「給与のデジタル払いに反対」40.9%、理由は
政府が制度化を目指している「給与のデジタル払い」について、どのように考えている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いた。(2021/4/9)

Facebook、ページの投稿に「風刺ページ」などのラベルを表示するテスト
Facebookが、風刺ページや政府関係者のページなどによる投稿にラベルをつけるテストを開始した。ユーザーがパロディをホンモノと受け取って混乱するのを防ぐ目的。(2021/4/9)

米商務省、中国スパコン組織7件をエンティティリストに
米商務省は、中国の7つのスーパーコンピュータ関連組織をエンティティリストに追加した。対象組織は米政府の許可なく米企業から部品などを購入できなくなる。中国政府が軍事近代化の目的で米国の技術を活用するのを防ぐためとしている。(2021/4/9)

給与デジタル払い、26%の大手企業が関心を持つのはなぜか?
政府が解禁の方針をとっている「給与デジタル払い」。企業側の対応意向はどうなのだろうか。Works Human Intellingence(東京都港区、以下ワークスHI)が大手企業247社に行った調査によると、26%が関心を持っていることが分かった。(2021/4/8)

DXレポート2をかみ砕く:
中小企業のDX推進を強力に促進 政府が支援する4つの領域と今後の展望は?
短期連載「DXレポート2をかみ砕く」の第3回は、企業が取るべき超短期〜中長期のアクションに対して政府がどのような支援策を提案しているのかを紹介する。(2021/4/8)

専門家の見解:
LINEに代わるサービスはあるのか 多機能サービス存在せず1強状態
利用者の個人情報が中国から閲覧可能だったとして、政府の個人情報保護委員会の立ち入り調査を受けたLINE。問題発覚を受けて個人情報の取り扱い方針を示すプライバシーポリシーを改定、「韓国でのパーソナルデータの保管」を明記した。(2021/4/7)

RPAベンダー各社が公共機関向け体制を強化 デジタル・ガバメント実行計画を受け
政府によるデジタル・ガバメント実行計画やRPA導入実践ガイドブックの発表を受けて、RPAベンダーに公共機関を対象とした体制強化の動きが出ている。RPAベンダーのBlue PrismとUiPathが発表した施策の詳細とは。(2021/4/7)

所得減で:
甘くない「選択的週休3日制」 企業“悪用”でリストラも
加藤勝信官房長官は5日の記者会見で、自民党内で検討されている、希望すれば1週間に3日間の休みが取れる「選択的週休3日制」について、政府としても前向きに普及を進める考えを示した。(2021/4/6)

「アダプティブセキュリティ」「CMaaS」とは? 政府関連テクノロジーのトップ10を発表――ガートナー
ガートナーによれば、世界の政府機関ではレガシーシステムの近代化が加速するとともに、アジリティやレジリエンスを高める取り組みが進められているという。(2021/4/5)

サイバー犯罪者が偽セキュリティ企業を設立か Googleが報告
Googleの脅威分析チームが、北朝鮮政府に支援されているとみられるサイバー犯罪者が偽のセキュリティ企業をでっち上げたようだと発表した。セキュリティ研究者をだますための偽のサイトだとGoogleは分析している。(2021/4/3)

自動車業界の1週間を振り返る:
米国政府にEVシフトも内燃機関への投資も求める!? 自動車の業界団体
1週間おつかれさまでした。新年度がスタートしましたね。エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船が動き出しましたが、今度は台湾のTSMCの工場で火災が発生したようです。なぜこんなに良くない出来事が重なるのでしょうか……。(2021/4/3)

法案の変更点をGitHubのように比較する「LawHub」、Twitterで注目も実は開発停止中
政府CIO補佐官のツイートをきっかけに法案の変更箇所をGitHubの差分形式で可視化するプロジェクトがTwitterで注目を集めている。変更箇所をカラーマーカーで表示する。(2021/4/2)

Huawei、売上高前年比3.8%増 中国市場拡大も米禁輸措置で海外逆風
中国Huaweiが31日に発表した2020年の年間決算は、売上高が前年同期比3.8%増の8914億元、最終利益が3.2%増の646億元だった。中国国内での売上高が伸びたが、米政府による禁輸措置などの影響で海外事業が落ち込んだことが響いた。(2021/4/2)

政府、ドローン物流の指針作成へ 過疎地での実用化促進へ
政府がドローンを使った物流の実用化のためのガイドラインづくりに乗り出した。すでに実験的に行っている自治体や企業などの課題を整理した上で、新規のドローン物流事業の参入を促す考え。(2021/3/29)

政府、ドローン物流の指針作成へ 過疎地での実用化促進へ
ドローン物流は、運送業者不足に悩む離島を含む過疎地での実用化が特に期待されている。(2021/3/26)

セキュリティ担当者の独り言:
突然の規定準拠要求、費用はポケットマネー? システム開発現場は自衛せよ
世間を騒がすようなインシデントが発生した後、システム開発の現場でしばしば起きがちな問題が、規定やガイドライン、政府統一基準などへの準拠対応だ。一筋縄ではいかないこの問題における開発現場の自衛策を紹介しよう。(2021/3/26)

バイデン政権、IT大手規制論者のカーン氏をFTC委員に指名
ジョー・バイデン米大統領が、米連邦取引委員会(FTC)の委員にIT大手規制論者のリナ・カーン氏を指名した。政府によるGAFA対応が厳しくなりそうだ。(2021/3/23)

LINE問題で与野党から懸念続出 国会議員も利用中止
「LINE」利用者の個人情報が中国で閲覧可能な状態になっていた問題を受け、与野党が警戒を強めている。機密情報に触れる機会がある政府や与野党関係者の利用者も少なくないためで、使用を控える動きが広がりつつある。(2021/3/22)

緊急事態宣言解除で:
東京ディズニーランド&シー 22日から上限1万人へ
オリエンタルランドは19日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が21日までで解除されることを受け、運営する東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの各パークの入園者数の上限設定を22日から一部緩和し、これまでの5000人以下から1万人以下にすると発表した。(2021/3/19)

調査開始:
「LINE」の個人情報、海外流出の懸念が明らかに
政府の個人情報保護委員会は17日、LINE利用者の個人情報が、委託先である中国の関連会社から閲覧可能な状態になっていた問題などについて、同社の情報管理に違法性がなかったかどうか、経緯や実態の調査を開始した。(2021/3/19)

石川温のスマホ業界新聞:
「NTTが総務省・政務三役とも会食」と週刊文春が報道――NTTと総務省幹部の失脚で、日本の通信の未来はどうなる?
文芸春秋の週刊誌「週刊文春」が、NTT(日本電信電話)と総務省の官僚や政府関係者との「会食」について毎週新たな情報を報じている。その影響で、総務省では幹部の異動が生じており、NTTも何らかの影響を受けるのは不可避な情勢となりつつある。今後、日本の通信行政はどうなっていくのだろうか。(2021/3/19)

モバイルフォーラム2021:
政府主導による料金値下げの功罪 MVNOが戦うために必要な競争環境とは?
テレコムサービス協会 MVNO委員会は、3月5日に「モバイルフォーラム2021」をオンラインで開催。「激動のモバイル市場 MVNOに安心して乗り換えるために必要なものとは?」と題してパネルディスカッションを行った。2020年12月からキャリアが発表した新ブランドや値下げに対して、MVNOはどのような戦略を取ればいいのか? またあるべき競争環境とは?(2021/3/12)

大山聡の業界スコープ(39):
半導体は政治的駆け引きのネタ? 米国/EUの半導体巨額支援政策を考える
連日、米国政府や欧州連合(EU)が半導体業界に巨額の支援を行うと報道されている。ただ筆者としては「何かヘンだ」と違和感を覚える。米国やEUの本当の狙いは他にあるのではないか、と勘ぐってしまう――。(2021/3/12)

サイゼリヤ、コロナ収束後も午後10時以降の営業取りやめ
サイゼリヤは営業時間の短縮と、酒類販売の休止期間の延長を発表した。政府からの緊急事態宣言の発令と自治体からの要請を受けての対応。同社の堀埜一成社長は日本経済新聞の取材で、午後10時以降の営業を正式に取りやめることを明らかにした。(2021/3/9)

テレビ番組のネット同時配信権利手続きを簡素化 著作権法改正案を閣議決定
政府が、テレビ番組の同時配信に掛かる権利処理手続きを簡素化する著作権法改正案を閣議決定した。現状は視聴者からの提供映像などを利用する場合、放送と配信で別々に許諾が必要だが、改正案では放送の許可を得る際に配信も許諾したと推定する規定を設けた。(2021/3/8)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
米国 世界最古のCSIRTで学んだこと 情報共有はゴールではない、共有すべきは……(前編)
カーネギーメロン大学のCERTコーディネーションセンターで20年。多数の企業や大学、NGO、政府機関などと仕事をし、毎日、多くのことを学んでいた。(2021/3/8)

中央省庁の情報をまとめた政府統一Webサイト、4月にβ版公開へ
平井卓也デジタル改革担当相が中央省庁の情報をまとめた政府統一Webサイトのβ版を4月に公開する方針を明らかにした。利便性の向上に向け、デジタル庁関連の情報集約から始め、数年かけて各省庁の公式サイトを統一サイトに集約する。(2021/3/5)

英政府、Appleを独禁法違反の疑いで調査開始 アプリストアの開発者向け規約で
欧州委員会に続き、英政府もAppleを独占禁止法違反の疑いで正式に調査を開始した。App Storeでのアプリ開発者向け利用規約が不公正で反競争的であるという苦情を受けたもの。(2021/3/5)

売上減が加速:
飲食店の5.7%が閉店を検討
新型コロナの感染者数が急増したことを受け、政府は緊急事態宣言を再発令したわけだが、飲食店はどのくらいの影響を受けているのか。飲食店経営者または運営者に聞いたところ……。(2021/3/3)

今日のリサーチ:
「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発表。日本の回答者の55%が、パンデミックへの対応から信頼を失った組織や機関として「政府や政治家」を挙げました。(2021/3/3)

バイデン大統領が大統領令に署名:
米政府、半導体製造強化に370億ドルを投資へ
米国バイデン大統領が2021年2月24日(米国時間)、以前からの予想通り、大統領令に署名した。これにより、370億米ドルの連邦政府投資を行い、半導体の供給不足に対応するための道が開かれることになる。(2021/3/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。