ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「相続」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「相続」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
山手線の内側2つ分の土地が放出予定? 「2022年問題」は本当に“不動産ショック”をもたらすのか
コロナ禍による金融緩和やリモートワークの普及といった追い風もあって、2021年の国内不動産市況は、マンションや住宅を中心に活発となっている。昨年までは住宅用が好調をけん引してきた不動産市況だが、今年はいわゆる「2022年問題」のファーストイヤーであり、一部では不動産価格の大幅な下落がもたらされると心配する声もある。(2022/1/2)

離婚や相続 Webで調停 4家裁でスタート
離婚や相続といった家庭内問題の解決を図る家事調停をオンラインで行う「Web会議システム」が全国4家庭裁判所で始まった。当事者の負担軽減や安全確保といったメリットがある一方、なりすましや録音による情報漏洩の危険といった課題も残る。(2021/12/28)

私が死んだらこのアカウントは誰に託すか 自分の死後、iPhoneやMacのデジタル資産を継承する方法
iOS、iPadOS、macOSのアップデートで「故人アカウント管理連絡先」を追加できるようになった。具体的な方法を解説する。(2021/12/14)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ネガティブなイメージの“終活”を「早く始めたくなる!」方法――PRECIOUS DAYS 代表 下村志保美氏
終活の目的は、家族の負担を軽くする準備であり、自分の最期を迎えるための準備である。しかし、どうしてもネガティブなイメージが付きまとう。終活を早く始めたくなる方法を、片づけのプロに学ぶ。(2021/12/7)

「山いらない? 今爺ちゃんから4つもらった」 親から届いたとんでもLINEに「田舎あるある」の声
管理で苦労している家庭も多い様子。(2021/11/22)

プロジェクト:
都市共同化事業を採用した延べ1.5万のマンションが築地で竣工、旭化成不動産レジデンス
旭化成不動産レジデンスは、東京都中央区築地で開発を進めていたマンション「アトラス築地」が2021年10月下旬に竣工したことを公表した。(2021/11/1)

「年末調整の電子化」を進める手順は? 改正ポイントも紹介【令和3年版】
ことしの税制改正では、昨年に引き続き年末調整の電子化に関する要件緩和が進められました。そこで、年末調整の電子化の手順を確認するとともに、ことしの改正ポイントを解説します。(2021/10/27)

三井住友銀行、死後も各種ID・パスワードを親族に遺せるサービス 10月から提供
三井住友銀行は、WebやSNSのIDやパスワードなどのデジタル情報や資産に関する情報などを、万一の際に親族へ伝えられるサービス「SMBCデジタルセーフティボックス」を10月1日から提供する。(2021/9/29)

中国の不動産市場、過熱抑制策で「バブル崩壊」か
 中国の不動産市場は、政府の過熱抑制策を受けて調整局面に入った。政府は昨年夏頃から不動産企業の過剰投資・過剰債務、住宅価格の高騰を警戒し、住宅ローン総量規制や住宅購入規制、不動産企業の資金調達条件の厳格化などの対策を講じてきた。この結果、住宅の売れ行きは本年春頃に鈍化し始め、夏には落ち込みが鮮明となった。不動産企業による値下げの動きも増えている。一部では、政府の抑制策が不動産バブルの崩壊を招くという見方もある。しかし以下の3点を背景に、今のところ、不動産価格の急落や不動産開発投資の急減といった深刻な調整が起こる状況にはないと考えられる。(日本総合研究所調査部主任研究員 関辰一)(2021/9/9)

デジタル庁、首相直轄で国の情報システムを統括監理 官民一丸体制で臨む
国のIT戦略の司令塔と位置付けられる「デジタル庁」が、民間人材を含む約600人の体制で2021年9月1日に発足した。DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進により、行政のデジタル化や官民連携によるインフラの整備を目指す。(2021/9/3)

産業動向:
売れずに困っている空き家を処分「不動産有料引き取りSOS」
EINZは、売却が困難である空き地・空き家を対象とした有料処分サービス「不動産有料引き取りSOS」の提供を2021年7月12日に開始した。同社が不動産を買い取った後、最短3日で処分される。(2021/8/27)

AKB48武藤十夢、国家資格の2級FP技能士を取得 2019年には難関・気象予報士に合格
才女な武藤さん。(2021/7/15)

契約期間は5年短縮:
自動車保険は値下げするのに、火災保険料がどんどん値上げするワケ
損害保険料算出機構が、火災保険の参考純率を全国平均で10.9%引き上げると発表。22年1月から値上げされる見通し。(2021/7/2)

NFTの法的な性質と取引における留意点:
1ツイートが3億円! NFTは、結局何が魅力的で、何を取引しているのか
Twitter創業者の初ツイートが3億円で落札されるなど、最近話題となることも多いNFTだが、何が魅力で何を取引しているのか。そして、法的に問題はないのか、弁護士が解説する。(2021/6/22)

日商エレクトロニクス、金融機関向けにデジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約を強化 電子認証サービスと連携
日商エレクトロニクスは、電子認証サービスとの連携により、デジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約機能を強化した。フロントでのコミュニケーションから電子署名による非定型契約、アフターフォローまでをMoxtra上でワンストップで提供する。(2021/6/17)

建設業の人材動向レポート(33):
「住宅着工統計」に見る住宅市場の動向「2020年度の新設は8.1%減少」
本連載では、ヒューマンリソシア総研(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポート。今回は、国土交通省の「住宅着工統計」をもとに新設住宅戸数の最新動向について分析する。(2021/6/4)

亡き祖母の家で幼少期の自分の声が聞こえてきて…… 家の取り壊しを直前でやめた男の漫画が泣ける
孝行はできるうちにしておきたいものですね。(2021/6/2)

「前例がない」をやらない理由に:
真っ先に変えるべきは日本人の「思考」 オードリー・タンが貫く「透明性」と「多様性」
新型コロナの封じ込め戦略など、台湾の存在感が抜きん出ている。その中心人物として活躍しているのが、デジタル担当政務委員大臣のオードリー・タン氏だ。コロナ禍を通じて、日本が台湾に学ぶべきことは何か。(2021/5/31)

「暴力と搾取」「法律の罪深さ」描く問題作、『闇金ウシジマくん』作者の新作『九条の大罪』にみる共通点と主人公像
【抽選で1人に直筆色紙プレゼント】詳しくは記事末部をご確認ください。(2021/5/28)

産業動向:
中高年層の住み替えなどに関する調査、66%が住み替え時に資産価値を意識
三井不動産リアルティは、インターネット上で、2015年4月1日以降に不動産を購入あるいは売却した45歳以上の1851人を対象に「中高年層の住み替えなどに関する調査」を実施した。リサーチの結果によれば、対象者の65.9%は住み替え時に物件の資産価値を意識していることが判明した。(2021/5/27)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(12)ブロックチェーン(6):
「バンクシーの絵を焼き、NFT化する」という狂気
「ブロックチェーン」シリーズの最終回となる今回は、ここ数カ月話題になっている「NFT(Non-Fungible Token)」を取り上げます。バンクシーの絵画焼却という衝撃的(?)な出来事をきっかけに広がったバズワード「NFT」。これは一体、何なのでしょうか。いろいろと調べて考察した結果、「バンクシーの絵画を焼いた奴はバカ」という結論に達した経緯とともに解説します。(2021/4/27)

不動産市況:
約半数は実家が空き家になったら売却、Alba Linkが意識調査
Alba Linkは、全国の男女803人を対象に、インターネット上で、「空き家の活用方法についての意識調査」を2021年2月12〜19日に行った。調査結果では、全体のうち48.9%が実家が空き家になったら、売却する意向があることが判明した。(2021/4/7)

調査レポート:
空き家所有者の意識調査、全体の60%は活用を望むも、40%は「何もしていない」
クラッソーネは、空き家を所有する30歳以上の男女331人を対象に、インターネットを用いて、「所有する空き家」に関する意識調査を行った。結果、対象者の約60%は活用を望むも、全体の約40%は「何もしていない」実態が明らかになった。(2021/3/30)

認知症の金融資産をどう守る? 家族信託をITで民主化するファミトラ
認知症によって本人に意思決定能力がないとみなされると、保有する金融資産が実質的に凍結されてしまう。こうした課題をITを活用して解決しようとしているのが、ファミトラだ。これまで何度も何度も家族会議に同席して契約内容を作り上げるオーダーメイド型の家族信託ではなく、顧客情報をヒアリングし、それを元に契約書のひな形を生成することを目指す。(2021/3/25)

「ほしい物リスト」のプレゼント、贈与税の申告と納税が必要となる場合があるって知ってましたか?
1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。(2021/2/18)

見つけられなければ相続難航 「デジタル遺産」どう管理する?
スマートフォンやPCで管理されている財産であるデジタル資産。インターネット普及率の上昇に伴い、85%が何らかのデジタル資産を保有しているが、問題になるのが相続によって「デジタル遺産」に変化するときだ。(2020/12/23)

デジタル遺品、もうキてる? まだキていない?:
コロナ禍はデジタル終活にどう作用するのか――「第4回 デジタル遺品を考えるシンポジウム」レポート
もし自分が突然この世から去った場合、スマートフォンやタブレット、PCの中身はどうなるのか。残された人たちはどうすればいいのか。今何ができるのか、何をしなければならないのかを考えるシンポジウムがオンラインで開かれた。その模様を振り返る。(2020/12/17)

なぜ島津製作所はノーベル賞企業になれたのか〜歴史から学ぶ成長する企業の必須要素:
創業者の経営哲学は「事業」「家庭」「自身」から
印刷して社内の各所に張り出した経営哲学は、コーポレートガバナンスとして今に通じるものがあり、いかに3つの要素を大事にしてきたかが分かる。(2020/12/16)

大塚家具の二の舞か:
「2代目」が陥るワナ――大戸屋の、“愛言葉”を忘れた値下げ路線が失敗しそうなワケ
経営権を巡ってドタバタ劇を繰り広げる大戸屋。“愛言葉”を忘れた新体制による、祖業を見切った値下げ路線は成功するのか。大塚家具とともに、大戸屋でも起こっている創業家2代目が陥るワナとは?(2020/11/24)

持ち家と賃貸、結局どっちがいいの? それぞれのメリット・デメリットをFPが解説します
お得さだけではない、選ぶのに大切な基準を知ることが大切です。(2020/11/20)

スマホで遺言を作成できるアプリ「Husime.com」登場 AIで音声入力に対応
スマートフォンやタブレット端末から音声入力で遺言を作成できるアプリ「Husime.com」(iOS/Android、無料)が登場。入力データはブロックチェーンで管理する。(2020/11/4)

Withコロナ時代のデジタル遺品を考える:
デジタル終活の内側から見えること――「デジタル遺品シンポジウム」をオンラインで開催
もし自分が死んだら、スマートフォンやタブレット、PCの中身はどうなるのか。残された人たちはどうすればいいのか。今何ができるのか、何をしなければならないのかを考えるシンポジウムがオンラインで開催される。(2020/10/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
脱ハンコで止まらない政府の“DX”化、経済効果は年間何億円?
コロナ禍を機に民間企業でトレンドワード化した「DX」(デジタルトランスフォーメーション)。旧来の慣行からデジタルへ移行する動きは、政府にも波及し始めている。「手続きの簡略化」という課題を「ハンコ」というキャッチーな用語に置き換えて表明した。(2020/10/16)

三菱UFJ銀、全支店に来店予約サービス導入 リクルート「Airリザーブ」採用
三菱UFJ銀行が来店予約サービスを全支店に導入。店舗内での“3密”を回避しつつ、スムーズに手続きしてもらえるようにする。予約システムには、リクルートの「Airリザーブ」を採用した。(2020/10/13)

解体市場のトレンド予測も解説:
改正法で急変する解体業界、施主とつなぐ「くらそうね」に“賠償保険”など無償の保証サービス
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営するクラッソーネは、会社倒産や事故発生など、万が一の際、金銭的リスクの回避や工事停滞などの不安を解消する保証サービスを無償オプションで追加した。(2020/10/6)

LINEで住民票請求から手数料支払いまで――マイナンバーカードを使った公的個人認証、LINE Payが対応へ
LINE Payが公的個人認証サービス(JPKI)に対応。例えば、住民票が必要な際、自治体のLINE公式アカウントで質問に答えて必要事項を送信した後、JPKIを通じて本人確認し、手数料をLINE Payで支払って郵送で受け取る――といった使い方を想定。(2020/9/24)

「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「人が買ったカレーを盗むな!」夫両親と同居の妻が残した怒りのメモ……。(2020/9/21)

標準機能の範囲でスモール&スピード開発:
“終活”サービスを4カ月でデジタル化 長期のスクラッチ開発が常識だった三井住友信託銀行を変えたきっかけ
単身で暮らす人の“終活”をワンストップで引き受ける「おひとりさま信託」を手掛ける三井住友信託銀行。サービスのリリースからわずか数カ月で、同サービスの一部機能をデジタル化した。その背景で進んだ、金融業界では異例だという「スモール開発/スピード開発」のきっかけとは。(2020/9/17)

パーソナルデータは「不正引き出し」できるのか:
「もうひとりの私」を預ける 情報銀行が守るパーソナルデータとは
コロナ禍にビジネスのオンライン対応が急務となるなか、企業にとって個人情報の保護と活用はいっそう重要度を増している。その中で2020年8月、ITmediaエンタープライズ主催のWebセミナー「データガバナンスが切り開く企業の未来」が開催された。基調講演では、NTTデータ金融事業推進部デジタル戦略推進部 部長の花谷昌弘氏が「ビジネス資産としてのパーソナルデータ〜個人情報保護法の改正と新型コロナウィルス対応〜」と題して講演した。(2020/9/28)

虐待を受け、殺したいほど憎んでいる母親を介護する相談者「どこかでまだ認めてもらいたいと思っている」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
人の気持ちって、なかなか整理がつかないもの……。(2020/9/7)

意味がわかると怖い話:「ゴミ屋敷」
ゴミ屋敷に隠されている秘密。(2020/8/30)

”幼稚性”から紐解く「日本的マネジメント」の問題点【後編】:
「いつまでも学生気分でいるな!」と叫ぶ上司こそ、学生時代の価値観を捨て切れていない
「上司を飛ばして話を進めるな」「会社の休憩時間にモノを食べるな」「上司の決裁を受けるときは、ハンコを傾けて押せ」――。こうした非合理なルールが、いまだ日本企業では常識のようにはびこっている。働き方改革の支援を手掛けてきた沢渡あまね氏に今後のビジネスパーソンに求められる考え方を聞いた。(2020/8/21)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「他と違った行動を認めない」「テレワークで細かく監視したがる」上司が、企業のイノベーションを阻害している
新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワーク化が進められている。一方で、「相変わらず、対面の社内ミーティングが必須」といった企業も少なくない。こうした現状について、『職場の問題地図』などの著書で知られる業務改善・オフィスコミュニケーション改善士の沢渡あまね氏は、「日本型マネジメントの根底には、“幼稚性”がある」と指摘。インタビューで真意を聞いた。(2020/8/20)

携帯3キャリアの”橋渡し”を担い、スムーズなオンライン手続きを推進する:
PR:トッパンフォームズの「AIRPOST」と「本人確認支援サービス」が実現する未来
スマートフォンを使って、住所変更や口座振替の手続きを行う、オンラインサービスにつきものの「本人確認」の手間やコストを解消する――。これらを実現するサービスをトッパンフォームズが開発している。未来のオンラインサービスの常識を変える可能性を秘めるサービスについて、担当者に聞く。(2020/8/18)

父親の保険金を受け取った娘が墓も仏壇も買わずに音信不通に 相談者の「悔しい」が切ない「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「厳しすぎない!?」と思った回。(2020/8/10)

恋愛・結婚のかたち:
婚姻届の代わりの住民票「妻(未届)」 “普通に結婚”したかったアラサー女性が事実婚を選ぶまで
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第3回は、「普通に結婚」するものだと思っていた30歳の女性が事実婚を選択するまでを聞きました。(2020/8/7)

SMBCとSBIの両グループ提携が加速 ネオモバイル証券と三井住友銀行が連携
三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)とSBIホールディングスの提携が加速している。7月30日、それぞれのグループ傘下にある三井住友銀行と、SBI証券ならびにSBIネオモバイル証券の具体的な提携内容を発表した。(2020/7/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(78):
あるエンジニアの死
心臓に疾患を持つ女性エンジニアが、致死性不整脈で亡くなった。直近の残業時間は、月間21時間。彼女の死の責任は、誰にあるのか――。(2020/7/13)

PR:「足で稼ぐ」はもう古い! オンライン商談で変わる営業の今
(2020/6/24)

「亡くなった家族のLINEアカウントが消えた」ツイート話題 大切な故人との思い出を残すには? LINEに聞いた
電話番号とのひも付けだけで利用している場合、ユーザーが亡くなって当該の番号が別の人に振られると、アカウントが削除されるケースがあります。(2020/6/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。