ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「邦楽」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!国内アーティスト→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内アーティスト関連の質問をチェック

Go AbekawaのGo Global!〜韓さんFrom韓国(後):
マネジメントも大切だけど、プログラミングを完全に手放すことはきっとない
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き、アイディスでゲーム開発のプログラミングとマネジメントを担う、韓相恩(ハン・サンウン)さんにお話を伺う。新人にまず伝えるのは「ゲーム以外の趣味を持って」だという。その真意とは。(2024/6/14)

Go AbekawaのGo Global!〜韓さんFrom韓国(前):
学校帰りは「PCバンでオンラインゲーム」が、韓国の子どもの日常
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はアイディスでゲーム開発に携わる韓相恩(ハン・サンウン)さんにお話を伺う。大学では機械工学科を専攻したハンさんは、何のきっかけでゲーム業界を目指したのか。(2024/6/13)

平野ノラ、酒井法子との“マンモスうれぴー”共演ショット 圧巻の美ぼうにネット衝撃「のりピー綺麗すぎる」
のりピー美しすぎる。(2024/5/2)

I will make you Miku Miku♪:
「初音ミク」の米国ライブを見て、「AIは人間の音楽も変えるのでは」と思った
ネギを振り回していたあの娘が、米国の大舞台で歌う日が来るなんて!(2024/4/30)

「日本ゴールドディスク大賞」発表 23年に最も活躍した洋楽アーティストは「ザ・ビートルズ」
日本レコード協会は13日、「第38回日本ゴールドディスク大賞」の受賞者を発表した。「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の洋楽部門は「ザ・ビートルズ」が受賞した。(2024/3/13)

“ニュー懐メロ”って何だ!? 渋谷に突然現れた謎広告の正体を、担当者とZ世代に聞いてみた【追記】
平成後期の楽曲がフィーチャー。(2024/2/19)

タワレコ渋谷、レコード強化 フロア2倍に カセットも増強
「タワーレコード渋谷店」が2月29日にリニューアル。アナログレコード専門フロア「TOWER VINYL SHIBUYA」を2倍の面積に拡張。(2024/1/30)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
現代の箏演奏家の活動をマンガに 同人誌『箏曲演奏家のおしごと』が描く華やかな演奏の舞台裏
地道な営業活動が大事。(2023/12/31)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
Spotifyで人気爆発、日本発「ガチャポップ」とは?
デジタル音楽配信サービス「Spotify」が5月にローンチしたプレイリスト「Gacha Pop(ガチャポップ)」が海外で人気だ。日本の音楽をごちゃ混ぜにしたプレイリストがなぜ人気なのか。(2023/12/29)

「愛は勝つ」だけじゃない! KANの名曲8選 切ない曲、笑える曲……25年来のファンが厳選紹介
「『愛は勝つ』の一発屋でしょ?」――KANファンの多くは、こんな言葉に傷ついた経験があるかもしれません。1987年のデビューから26年。発表した楽曲は150以上。彼が遺した名曲が、「愛は勝つ」だけのはずがないのに。(2023/12/28)

「ペッパー」が踊るナイトクラブ、渋谷に爆誕 有名店のラーメンや寿司も楽しめる
ソフトバンクロボティクスが、ロボット「Pepper」と踊れるクラブ「CLUB THE PEPPER」を、12月8日から営業する。2019年にオープンした、人とロボットが共に働くカフェ「Pepper PARLOR」の夜の業態をアレンジしてスタートする。(2023/12/6)

松原みき「真夜中のドア」の令和版MVが公開 ブラジル人姉妹ユニット「Fridman Sisters」が手掛ける「素晴らしい曲に国境はない」
Fridman Sisters「地球の反対側のブラジルにも、松原みきさんの名曲は響いています」(2023/11/28)

安室奈美恵さんサブスク削除の余波? CD人気再燃…… 販売店では「ランキング上位独占」「在庫切れ」も
CDに注目集まる。(2023/11/19)

MVNOサービス「livedoor MOBILE」提供開始 音楽やお笑いの「推し活」特典あり
月額880円(税込み)からのMVNOサービス「livedoor MOBILE」が提供開始。K-POPのイベント優先権などをはじめ、さまざまな特典を受けられるSIM型ファンクラブ「推しパス」に加入できる。(2023/11/10)

【デーモン閣下】11月10日は10万61歳の発生日 悪魔集団「聖飢魔II」ボーカルとして地球で活動【2023年】
日本の伝統芸能との共作活動も行っている閣下。(2023/11/10)

異色のタッグ:
ディズニープラスがHuluと組む狙い パートナー戦略はSVOD業界の“標準”になるか
動画配信サービスのディズニープラスとHuluは7月、月額制で両サービスを視聴できるプラン「Hulu | Disney+ セットプラン」の提供を開始した。なぜ、ディズニーはHuluと“異色”のタッグを組んだのか。両社の経営層に聞いた。(2023/10/26)

「ポケモンカード、こうしたら売れやすくなるよ」などを提案 メルカリ、AIアシスタント実装へ
メルカリは、フリマサービス「メルカリ」上でAIアシスタント機能「メルカリAIアシスト」の提供を始めた。出品済みの商品をAIが分析し、出品者に対してより売れやすくなるような改善策を提案する。(2023/10/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「燦燦」
ヒント:○ん○ん(2023/9/26)

YOASOBI新曲「勇者」がアニメ「葬送のフリーレン」OPテーマに!
「どれだけ楽曲に詰められるかこだわって楽曲制作しました」(2023/9/1)

“aikoで盆踊り”に「最高」「この世で一番行きたいお祭りかも」 本人も反応「おばあちゃん達にとってアゲな一曲になってほしい」
踊っている人たちも、見ている人たちも楽しそう。(2023/7/25)

音痴なのにみんなの前で歌わされたタカシ君が、とてもうれしそうなのはなぜ? 「ウミガメのスープ」クイズに挑戦!【レベル3】
“クイズ王”の古川洋平さんが代表を務めるクイズ作家集団「クイズ法人カプリティオ」が問題を制作。(2023/7/24)

今年10周年:
メルカリで最も売れたブランド 10年前は「シャネル」 22年は?
2013年にサービスを開始し、今年10周年を迎えたメルカリ。月間利用者数は2200万人以上で、累計出品数は30億品を突破した。(2023/7/11)

新宿で:
ディスクユニオン、「平成J-POP」専門店オープン 「8センチ短冊CD」も展開
ディスクユニオンは8月7日、「平成J-POP」をメインに取り扱う『ディスクユニオン 平成J-POPストア』を新宿にオープンする。(2023/7/4)

YOASOBI「アイドル」国際チャート1位の快挙に学ぶ、日本の音楽が世界で勝つ方法
YOASOBI「アイドル」がリリース後、国内のビルボードジャパンのチャートで8週連続で首位を獲得。2位以下に大きな差をつけてトップを独走している。日本の音楽が世界で勝つ方法を考察する。(2023/6/30)

松原みき、80年代のテレビ番組で披露した「真夜中のドア」のライブ映像が公開される
松原さんが「スージー・松原」名義で歌い上げたアニメ「Gu-Guガンモ」OP/EDも今思えば極上のスイングジャズでした。(2023/6/21)

BBC、ジャニー氏による性加害問題のドキュメンタリーを日本語字幕付きでYouTubeに公開
(2023/6/18)

過去のノウハウが通用しない時代にデータをどう使うか:
ポニーキャニオン若手チームが仕掛けた「新しい共通言語」の作り方
アーティストの作品を取り扱うコンテンツ産業は配信サービスの普及によってビジネスモデルが根本から変わった業界の一つといえるだろう。カンと経験のさじ加減が一切通用しなくなった激動の時代に、コンテンツを正しく育て、伝えるには何が必要なのだろうか。若手チームが手掛ける仕掛けを取材した。(2023/6/15)

YOASOBI「アイドル」が“米国含む”グローバル・チャートで9位に 国内外での反響に「J-POPを信じて一歩ずつ上を」
米国を除くチャートでは1位を取得していました。(2023/6/7)

アイドルファンは活発で外向的、漫画・アニメファンはロマンチスト? 「推し活に関する意識調査」で明らかに
特徴の違いが興味深い。(2023/5/28)

小寺信良のIT大作戦:
「書店ゼロ」の市町村増加 “動画全盛”で、子どもの国語力はどうなる?
筆者は1981年まで宮崎県宮崎市に住んでいたが、市内に本屋はかなり多かったように思う。上京後、2019年に宮崎市へ戻り、37年ぶりの変化を楽しみつつ暮らしているところだが、当時あった本屋はことごとく存在しない。4つあったデパートのうち3つが撤退しており、街の様相も相当変わってしまっている。(2023/5/18)

NHK「クローズアップ現代」ジャニー氏の性加害問題を放送 被害者たちの新たな証言を独自取材
「被害を繰り返さないために何が必要か検証する」としています。(2023/5/16)

Nothingのイヤフォンは買い? カナル型「Ear」2モデルとインナーイヤー型「Ear(stick)」を徹底比較
2022年に斬新なデザインのスマホ「Nothing Phone(1)」を発売した英国メーカー、Nothing Technology。同社は2021年に初の製品としてワイヤレスイヤフォン「Nothing Ear(1)」を発売していたのだが、このほど後継モデル「(2)」が発売された。同製品たちと2022年11月発売「Nothing Ear(stick)」を聞き比べてみる。(2023/4/28)

ChatGPTをLINEでサクッと使える「AIチャットくん」を試す これは“架空の友達”だ
今、大きな注目を集めている対話型AIサービス「ChatGPT」は、ブラウザで利用するもので、スマートフォン向けのアプリは用意されていない。そこで注目したいのが、ChatGPTのAPIを利用したLINE向けのサービスだ。piconが3月2日から提供しているLINE bot「AIチャットくん」を試してみた。(2023/4/21)

4月8日が「Get Wildの日」に認定! Get Wildの進化が止まらない
もはや1つの文化。(2023/4/8)

チョコプラが久しぶりに新曲リリース! パピプペPopなリズムで踊る“指サック”ダンスがバズりそう
長田さんの高音ボイスが爽やか!(2023/4/6)

博報堂の雑誌『広告』ジャニーズのハラスメントやメディアコントロールへの言及削除 編集部「広報室長の判断で削除されたのは事実」
『広告』編集部が削除は事実であると認めました。(2023/4/4)

「ジャニー氏による性加害」BBCのドキュメンタリーが静かに波紋 元ジャニーズJr.が出演し告白
日本ではBBCワールドニュースで3月18日と3月19日に放送予定。(2023/3/14)

先駆者の葛藤:
YOSHIKIに聞く日本の音楽ビジネスの課題 THE LAST ROCKSTARSで「世界の市場を切り開く」
日本から世界を目指すロックバンド「THE LAST ROCKSTARS」。世界の市場に挑んできたYOSHIKIを中心に、日本の音楽ビジネスの課題と、同バンドによって新たな挑戦を始めた理由を聞いた。(2023/3/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
もうただの「時計付き」じゃない! 操作ステータスの“見える化”に対応した「Echo Dot with clock」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、状態表示を目視できるようになった「第5世代Echo Dot with clock」をチェックした。(2023/3/3)

TVアニメの影響力高く:
22年の音楽配信、2億再生突破は11曲 『SPY×FAMILY』『ONE PIECE』主題歌がヒット
GfK Japanは、2022年の音楽ストリーミング配信の市場概況を発表した。22年に2億回以上再生された楽曲は11曲であること、アニメやドラマ関連の楽曲が多く再生されていたことがわかった。23年の業界の展望は?(2023/2/28)

着こなす事例が増えている:
男性でも「化粧ポーチ」「レディースコート」 ジェンダーフリーファッションが拡大する背景
ジェンダーフリーファッションがじわじわと広がっている。背景には何があるのか。アパレル業界のコンサルティングを30年以上続けてきた筆者が分析する。(2023/1/30)

Amazonの“史上最高”のスマートスピーカー「Echo Studio」 オーディオ初心者が使ってみると……?
2019年12月に発売されたAmazonのスマートスピーカー「Echo Studio」は、2022年10月にアップデートと新色が投入されるなどいまだに“現役の”フラグシップモデルである。オーディオ初心者でも、その力強さは感じられるのだろうか。ちょっと試しに使ってみようと思う。(2023/1/27)

「e-onkyo music」は「Qobuz」へ 9000万曲以上のハイレゾストリーミングサービスを23年度に開始
「e-onkyo music」を運営するXandrie Japanは13日、ハイレゾ音楽のストリーミングサービスを2023年度後半をめどに始める考えを示した。「来年度、私たちのサービスが進化して、Qobuz(クーバス)へ移行する」としている。(2023/1/13)

10代・20代は『神っぽいな』が首位:
2022年、カラオケ年間ランキング 今年、30〜50代が最も歌った曲とは?
2022年、カラオケで歌われた曲ランキングが発表された。10〜60代のそれぞれが歌った曲が、ランキング形式で明らかになっている。30〜50代の1位を獲得した曲とは?(2022/12/29)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
EMI Records敏腕レーベルヘッドに聞く、音楽アーティストと部下の魅力を引き出すマネジメント術
元吉本興業敏腕マネジャーが、若手からキャリアの長いアーティストまで間近に接するEMI Recordsの岡田武士氏と対談。アーティストの成功を引き出す方法や、部下のマネジメントなどについて話を聞いた。(2022/12/26)

クリスマスに聴きたいと思う曲 3位は山下達郎『クリスマス・イブ』、2位はワム!『ラスト・クリスマス』、1位は?
島村楽器は楽器とプレイヤーに詳しい2315人の従業員に対し、「クリスマスソングに関する意識調査」を実施した。(2022/12/15)

神田沙也加さん、一周忌を前にボカロカバーの最終作が発売 タイトルは生前の意向を反映したものに
本当に才能にあふれた人だった……。(2022/12/14)

「開発者、ロボット好き?」「コックピット感がすごい」 30年以上前のアイロンがロボットアニメみたいなギミックでかっこいい
事故防止にもなりそう。(2022/11/3)

声優・紡木吏佐、作曲家の本多友紀と結婚 ファンからは驚き&祝福「結婚しそうなイメージが無かったからビックリ」「めでてぇ!」
おめでとうございます!(2022/10/19)

スパコロが調査:
利用率が最も高い音楽アプリ 2位「YouTube Music」、1位は?
(2022/9/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。