ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自治体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自治体」に関する情報が集まったページです。

134自治体に調査:
地方企業が直面するDXの課題 「リテラシー不足」「人材不足」を上回った1位は?
近年、地方企業は人材不足問題に直面している。特に労働力不足が顕著で、業務の持続が危ぶまれている産業とは。地域活性化事業を行うUプロジェクトが自治体を対象に調査を実施した。(2024/7/18)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元
PayPayは、2024年9月以降に地方自治体と共同で行う「あなたのまちを応援プロジェクト」で2つのキャンペーンを開催。埼玉県新座市(第3弾)、静岡県三島市(第2弾)で行う。(2024/7/12)

猛暑時の「クーリングシェルター」、小売り大手で広がる イオンタウンも導入
7月に入り、全国で最高気温が35度以上の猛暑日が続いている。そんな中、大手小売り各社の店舗で進んでいるのが、「指定暑熱避難施設(クーリングシェルター)」への指定だ。イオンタウン(千葉市)は7月9日、各自治体と連携し、クーリングシェルターへの指定を促進していくと発表した。(2024/7/10)

GIS:
全国自治体の「都市計画GISデータ」が無料でダウンロード可能に 国交省が公開
国土交通省は、全国の地方自治体で決定した都市計画のGISデータを、統一されたフォーマット(Shape形式/CityGML形式)で、無料ダウンロードできるWebサイトの運用を開始した。行政やまちづくり分野だけでなく、幅広い領域で活用されることを見込んでいるという。(2024/7/10)

災害支援、にぎわい作り……自治体との提携も続々、コロナ禍を経たキッチンカーの「いま」を聞く
「コロナ禍で増えた」といわれるキッチンカー。しかし、災害対策の現場をはじめ、「数」以上にその活躍シーンは変化しつつあるようだ。キッチンカーと空きスペースのマッチング事業を展開するプラットフォームに話を聞いた。(2024/7/2)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、7月以降の追加地域を発表
PayPayは、2024年7月以降に地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」で2つのキャンペーンを開催。福島県12市町村(第7弾)と、福島県3市町(第5弾)で実施する。(2024/7/1)

ドローン:
森林内を自律飛行するドローンを活用、鹿島建設が森林づくりをデジタル技術で支援
鹿島建設は、企業や自治体向けに、森林内の自律飛行が可能なドローンを活用して、森林づくりの計画提案から森林経営、活用支援までをトータルで支援するサービスの提供を開始した。(2024/6/28)

ふるさと納税、仲介サイトのポイント付与禁止へ 総務省がルール見直し
総務省が、ふるさと納税に関するルールの見直しを発表した。ユーザーにポイントを付与するポータルサイト事業者を介して、地方自治体が寄付を募る行為を禁止するという。新ルールは2025年10月から適用する。(2024/6/25)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、8月以降に4キャンペーン開催
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」を2024年8月以降に4自治体で開催。栃木県鹿沼市、愛知県蒲郡市(第6弾、愛知県東海市(第5弾)、宮崎県都城市(第3弾)で実施する。(2024/6/17)

ランサム攻撃の被害相次ぐ、5月下旬から各所で 企業だけでなく自治体、病院にも影響
5月下旬以降、日本各地でランサムウェア攻撃の被害が相次いでいる。影響は企業だけでなく、病院や自治体にも及んでおり、業界を問わず警戒が必要だ。(2024/6/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
行政機関で広がるクラウド活用 自治体が「Azure」を使う理由とは
行政機関の業務のデジタル化が進む中で、ある行政期間は課題解決のために「Azure」を導入した。その理由と活用事例を紹介する。(2024/6/10)

全国交通系ICカードは止めます──熊本市のバス、市電が苦渋の決断 市長「同様の自治体が出てくるのでは」
熊本県内を運行する路線バスでは、12月中旬にも「Suica」などの全国交通系ICカードが使えなくなる。「交通系ICカードから離脱する全国初の自治体になった」と大西市長。(2024/6/4)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、7月以降に2自治体で追加実施
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」で2024年7月以降に2自治体が追加。北海道北広島市、千葉県茂原市で最大35%のPayPayポイントを還元する。(2024/6/3)

「たまらなく好き」 写真の撮影地を“当時を知る来場者の知識”で特定する企画が「アナログの集合知」と話題
申請すればどこでも実施できるので、ぜひ全国の自治体でも。(2024/6/2)

電機各社がDX事業を強化 ITサービス事業への転換を加速 DX人材の不足が課題
国内では人手不足やビジネス環境の変化に対応するため、企業や自治体などでDX需要が高まっているためだ。電機各社は従来の家電などのモノ売りから、DXを軸としたITサービス事業を収益の柱とする経営体制への転換を加速させている。(2024/5/31)

スピン経済の歩き方:
なぜヒグマ駆除が「日当8500円」なのか 背景に、働く人の責任感に甘えすぎる問題
北海道空知地方の奈井江町がヒグマ駆除のハンターたちに提示した日当が8500円だとして騒動になっている。周辺の自治体が「賃上げ」する中、なぜ同自治体だけ低賃金なのか。考えられる理由は……。(2024/5/29)

自治体を狙った攻撃【後編】
「ランサムウェアによる一斉攻撃」で地方自治体に大打撃……被害状況は?
米国の地方自治体に対して相次いでランサムウェア攻撃が発生した。地方自治体のシステムが止まると、何が起きるのか。ランサムウェア攻撃によって生じた影響をまとめた。(2024/5/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「デジタル小作人」のままでいいのか 海外クラウド“高依存”の不安
海外のデジタルサービスが普及したことで「デジタル赤字」が拡大している。ビジネスでは、多くの企業や自治体がAWS(アマゾンウェブサービス)を利用するなど、米国のクラウドサービスへの依存度が高まる。日本のテクノロジー企業の奮闘にも期待したい。(2024/5/24)

自治体を狙った攻撃【前編】
地方自治体がまたも「ランサムウェア」の標的に その被害の実態
米国の地方自治体が相次いでランサムウェア攻撃を受け、市民向けサービスの提供に影響が出た。どのような攻撃があったのかをまとめた。(2024/5/22)

デジタル庁「GIGAスクール 自治体ピッチ第2弾」から見えてきた、AppleのGIGAスクール対策とは
学習者用コンピュータ1人1台端末の整備・更新に当たり、デジタル庁が開催した「GIGAスクール 自治体ピッチ第2弾」。Apple製品を紹介した事業者の資料からは、GIGAスクール構想向けの販売価格や保証サービスなど、AppleのGIGAスクール対策がうかがえる。(2024/5/22)

上司や部下に読ませたい? とある地方自治体の「会議改善に関するガイドライン」が分かりやすいと話題に
新潟県柏崎市が公開した「会議改善に関するガイドライン」が、Xやはてなブックマークで話題だ。同市がDXに伴う既存業務の見直しに当たって、会議の質を向上するために策定したもので、SNSなどでは「自治体からこれが出てくるのは画期的」「同僚や役員に読ませたい」といった声も出ている。(2024/5/21)

訪日客6000万人の受け入れ体制は? オーバーツーリズム対策急務
訪日外国人客数が急回復を見せる一方、政府、自治体、企業は過度な混雑や観光客によるマナー違反といったオーバーツーリズム対策を急いでいる。日本の観光業を確かな成長軌道に乗せるうえで、受け入れ体制の構築は喫緊の課題だ。(2024/5/15)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、7月以降に6自治体で開催 最大30%のポイント還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」を2024年7月以降に6自治体で開催。山形県中山町、長野県小布施町などで最大30%のPayPayポイントを還元する。(2024/5/15)

スマートメンテナンス:
AIの橋梁診断で人手や予算の限られた自治体でも定期点検を支援、BIPROGY
BIPROGYは、AI橋梁診断支援システム「Dr.Bridge」で自治体の小規模橋梁点検を支援している。現場の点検写真と諸元データを用い、AIが橋梁の劣化要因や健全度を判定する。(2024/5/13)

“NEXT GIGA”に向けた各社の取り組みやいかに?──日本最大の教育関連展示会「EDIX 東京」に出展していたPCメーカーのブースレポート
GIGAスクール構想スタートから4年目となる2024年、文部科学省ではその第2段階「NEXT GIGA」に向けて動いている。NEXT GIGAでは早くもリプレース時期を迎えた自治体の端末選定など課題も多い。PCメーカー各社はどのようなアプローチをしているのだろうか。「EDIX 東京」でその取り組みを見てきた。(2024/5/9)

欧州委員会のGDPR違反も影響か The Document Foundationが指摘:
ドイツの州、3万台の自治体PCを「Linux」「LibreOffice」に移行すると発表
ドイツ北部のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州は、自治体のPC3万台で使用しているWindowsとMicrosoft OfficeをLinuxとLibreOfficeに移行すると発表した。LibreOfficeの開発元であるThe Document Foundationは、同州が移行を決めた背景として「欧州委員会のGDPR違反」を挙げている。(2024/5/2)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、6月以降に2自治体が追加 最大30%還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ、2024年6月以降に2自治体の追加を発表。栃木県那須塩原市、石川県七尾市(第7弾)で最大30%のPayPayポイントを還元する。(2024/4/30)

産業動向:
週休2日工事など「入札適正化」の状況を地図で表示、国交省がポータルサイト開設
国土交通省は、地方公共団体の入札契約適正化に向けた取り組み状況を網羅するポータルサイト「入契適正化マップ」を開設した。(2024/4/26)

イオンモール幕張新都心、「試食」専門店オープン 約350アイテムを用意
イオンモールは試食専門店を運営するLiva(東京都目黒区)と協業し、ショールーミング業態「おためし本舗試食屋」を4月26日にオープンする。メーカー35社、2つの地方自治体の約350アイテムし、展示されている商品は全て試食可能だ。(2024/4/25)

DNP、音声をリアルタイムで表示するシステム開発 感情に合わせてフォントが変化
大日本印刷は4月23日、対話音声をリアルタイムで文字に変換し、透明スクリーンに表示する「DNP対話支援システム」を発売した。自治体や公共交通機関などに提供し、関連サービスも含め2028年度までに10億円の売り上げを目指すとしている。(2024/4/25)

Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ
Googleが、GIGAスクール構想で導入された端末のリプレースを意識した新サービスを発表した。Windows PCやiPadを使っている学校(自治体)のChromebookへの乗り換えを促しつつ、既にChromebookを導入している学校に継続利用してもらうことを目的としている。(2024/4/23)

PayPay、最大30%還元「あなたのまちを応援プロジェクト」 5〜6月以降に11自治体 品川区や練馬区など
PayPayは自治体と連携して実施するポイント還元キャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」について、5月以降に11キャンペーンを実施すると発表した。開催期間中に対象店舗で「PayPay」を利用すると、支払い金額の10〜30%のPayPayポイントを還元する。(2024/4/16)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、5〜6月以降に11自治体で実施
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ、2024年5〜6月以降に11自治体が参加。埼玉県三郷市(第2弾)、東京都品川区(第3弾)などで最大30%のPayPayポイントを還元する。(2024/4/15)

au PAY、2024年度「自治体マイナポイント」に参加 滋賀県大津市から順次
KDDI、auペイメントは、4月15日に地方自治体がマイナンバーカード利用者に独自ポイントを付与できる「自治体マイナポイント」へ給付事業者として参加。滋賀県大津市から順次実施していく。(2024/4/15)

デジタルツイン:
「みんなのまちAI」でデジタル上に街を再現、人流分析でNTT西が都市計画を支援
NTTビジネスソリューションズとNTT西日本は、建物や人流など都市の持つ多様なデータを可視化するソフトウェア「みんなのまちAI」を活用した街づくり支援に乗り出す。自治体をはじめ、建設コンサルティング会社などの民間企業との協業やパートナー連携も視野に入れる。(2024/4/12)

京葉線今秋にもダイヤ改正か JR東日本の社長「来年度待たず柔軟対応」
JR東日本の喜勢陽一社長は9日、京葉線のダイヤ再改正について、沿線自治体などとの対話を重ねたうえで来年度のダイヤ改正を待たず、柔軟に対応する方針を明らかにした。(2024/4/10)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、4月以降に東北エリア3自治体を追加 最大20%還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2024年4月以降に参加する3自治体を発表。山形県最上郡真室川町(第3弾)、福島県12市町村(第6弾)、福島県3市町(第4弾)が対象となる。(2024/4/3)

dポイント/d払いの地域限定キャンペーン 4月は和歌山や静岡で最大25%還元
NTTドコモは、4月1日から全国の自治体でdポイント/d払いキャンペーンを順次開催。和歌山県田辺市、静岡県伊東市、山形県真室川町、神奈川県伊勢原市で支払い金額の最大25%分のdポイントを還元する。(2024/4/1)

不燃ごみで出せないフライパン → 夫「それくらいなら曲げれるわ」 パワーで解決した光景に「怪力すぎ」「やばすぎる笑」
ゴミのルールは自治体によって違うので捨てる際は確認しましょう。(2024/3/26)

KDDIが国産LLM開発のELYZAをグループ傘下に 狙いは
KDDIが生成AI開発を手掛けるスタートアップを買収した。国産LLMを生かし、領域特化型LLMの開発などを進め、企業や自治体に展開する計画だ。(2024/3/22)

KDDIグループとELYZAが資本業務提携 生成AIサービスを企業や自治体向けに提供
KDDIグループとELYZAは、生成AIの社会実装に向けた資本業務提携を締結。生成AIの利用や社会実装を加速するための人財組織を共同設置し、生成AI関連のサービス提供を企業や自治体へ順次進めていく。(2024/3/18)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、5月以降に4自治体で実施 最大20%還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」で2024年5月以降に参加する4自治体を発表。岩手県北上市(第5弾)、山形県上山市(第4弾)、群馬県大泉町などで最大20%ポイント還元する。(2024/3/15)

勝ち続けるための「リスキリング」:
サントリー「営業一筋25年」のシニア社員 兵庫県の自治体出向で何を学んだ?
「リスキリング」という言葉が生まれる前から、サントリーでは社員の学習に投資していた。同社で25年営業職として勤め上げたシニア社員が兵庫県の自治体に出向して得た学びを取材した。(2024/3/15)

千葉の自治体職員の名札表記に「脱フルネーム」の動き SNSでの「身バレ」懸念回避
千葉県内の自治体で、職員が身に付ける名札の表記をフルネームから名字だけに変更する動きが出てきた。フルネームから個人情報を特定され、嫌がらせ目的でSNS上に無断で書き込まれるなど、プライバシーを侵害される懸念があるためだ。県庁もフルネーム表記を早期に見直す方針だ。(2024/3/14)

KDDIらが「オープンメタバースネットワーク」発足 企業や自治体の事業活用を支援
KDDIらは、複数のメタバースプラットフォームが連携した「オープンメタバースネットワーク」を発足。企業や自治体がメタバースの事業活用を検討する際、導入や事業課題の解決などに向けたコンサルティングなどを行う。(2024/3/14)

ソフトバンク、企業や自治体に「プライベート5G(専有型)」提供 より低遅延の5G環境を構築
ソフトバンクは企業や自治体などの敷地内へ専用の基地局などを設置し、ユーザーニーズに合わせてカスタマイズした5Gネットワーク環境を構築する「プライベート5G(専有型)」を提供開始した。(2024/3/13)

滑走路不要「空飛ぶクルマ」が孤立被災者を救う 南海トラフに備える「半島自治体」の思惑
次世代の移動手段としての注目度が、大阪府に隣接する和歌山県でも上昇中だ。県は今年2月、実用化に向けて民間企業3社と連携協定を結び、年内にも実証実験(試験飛行)を始める方針。(2024/3/11)

全国初の自治体・大学 電子図書館連携、行政資料と論文の独自資料を共有
茨木市教育委員会と学校法人「追手門学院」(大阪市中央区)は、両者が持つ独自電子資料を互いの電子図書館で公開することを目的にした「独自資料の電子書籍化と情報共有のための協定」を結んだ。電子図書館の分野での官学連携は国内初になるという。(2024/3/5)

自治体の1割、標準化システムへの移行困難 デジタル庁
自治体の業務を共通化し、システムもそれに沿ったものに移行する“自治体システム標準化”について、デジタル庁が移行状況の調査結果を発表した。移行対象の1788団体・3万4592システムのうち、171団体(10%)・702システム(2%)が移行困難であることが分かった。(2024/3/5)

廃止バス路線を自動運転のセレナで補完 日産の有償公共交通網構想、複数都市で展開へ
自治体や交通事業者などと連携し、公共交通網を補完する有償の乗り合いバス型の移動サービスを複数の地方都市で展開する方針。(2024/2/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。