ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「経営学・MBA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「経営学・MBA」に関する情報が集まったページです。

背後に潜む経営難:
医療経営学者が明かす、「コロナ医療危機」の問題点
新型コロナウイルスの感染が全国規模で拡大し、医療崩壊が現実のものとなっている。中央大大学院教授で総合内科専門医の真野俊樹氏(医療経営学)は、コロナ禍によって露呈した日本の医療制度の限界を指摘し、現状の課題と改革案を提言する。(2021/9/5)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
進まぬ大企業のデジタル化、均衡が壊れた今こそ変革のとき――早稲田大学ビジネススクール 根来教授
デジタル化によって、既存企業の多くがビジネスモデルの変化を強いられている。しかし、デジタル化は時に既存ビジネスとの矛盾を生み、共食いをも余儀なくするケースがある。制約を抱えた既存企業はデジタル化にどう対応すればよいのか。(2020/10/13)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる ウーバーイーツがけん引する、「流通」政策の今
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/10/8)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる 価格の流動化と“新通貨”登場で新たに脚光を浴びる2つのビジネスモデルとは?
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/9/9)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタル時代、顧客の参加で変わる「4P」 ユーザーのハッキングまでも認める「共創」とは?
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/8/19)

前澤友作、“YouTube進出”に向けて動画内容のリクエスト募集 「経営学を語って」「彼女とのデート配信」など意見殺到
面白いものが見れそう。(2019/10/3)

経営層向け「AIビジネススクール」を提供開始 日本マイクロソフト
経営層やビジネスリーダー層を対象に、ビジネスの意思決定やAIを自社に導入する際に必要となる知識を学ぶ「AIビジネススクール」の日本語版を提供開始する。(2019/9/12)

子育て経営学:
「妻がボス」で、夫婦のもめ事が激減 ノバルティスファーマ社長の「子育て経営学」とは
大企業や伝統的な企業で働く男性たちが子育てに参加できる環境をつくるにはどうすればよいのか?(2019/6/25)

週末に読むべきビジネス書:
「平成の名経営書」は? ビジネススクール教員が選ぶ「決定版5冊」
ビジネススクール教員が選ぶ「平成の名経営書5冊」とは?(2019/5/18)

Microsoftが「AIビジネススクール」開校 AIの“戦略・文化・責任”についてのオンライン授業を無料で提供
Microsoftは、ビジネスリーダー向けに、AIのビジネス活用をリードするための知恵やノウハウを無料で学べる「Microsoft AI Business School」を開校。ケーススタディーや講義のビデオなどを通して、AI戦略の定義、AIに対応する企業文化の実現、“責任あるAI”などを学習できる。(2019/3/15)

リンダ・ヒル氏のマネジメント論
「集合天才」を支えて環境を整える、それがイノベーションリーダーの役割だ
ハーバードビジネススクール教授のリンダ・ヒル氏は、イノベーションリーダーの役割とはステージセッター(環境整備者)であり、チームが天才性を発揮できるように支えることを自身の役割として認識することが必要だと説く。(2019/2/7)

盛り上がっている:
リカレント教育は日本に根付くのか。その背景にあるもの
リカレント教育とは生涯教育、つまり生涯にわたって学び続けるということだが、ここへ来て社会人大学など、話題としてはかなりの盛り上がりを見せており、実際に一般の社会人が通える教育施設が増えてきているという。(2018/11/28)

生まれ変わる組織:
ゼロから50人に急増、なぜグロービスは異質のエンジニア採用に成功しているのか?
ビジネススクールとして著名なグロービスが大変革を起こしている。2016年に初めてリードエンジニアを採用し、ビジネスおよび社内のデジタル化に力を入れているのだ。関係者を取材した。(2018/11/7)

PR:育休中の女性にじわり浸透 マネジメント学ぶ「育休プチMBA」成長の秘密
(2018/6/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
マクドナルドとモスバーガーを比較できない理由
マクドナルドが完全復活を果たす一方、モスバーガーは業績の伸び悩みに直面している。同じハンバーガー店なので、どうしても比較対象となってしまうのだが、経営学的に見ると両社はまったく異なるビジネスをしているのだ。(2018/3/22)

自分たちが決断できないことをユーザーに委ねるのはやめろ:
えふしん×シバタナオキ対談 伸びるエンジニアが持つ「哲学と数字感覚」
これからの時代は、エンジニアも数字を意識しないとダメ?――モバツイで経営を経験したえふしんこと藤川真一氏と、ベストセラー『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』の著者シバタナオキ氏が、なぜエンジニアは数字を味方に付けなければならないのかを探った。(2018/2/7)

特別対談 根来龍之 早稲田大学ビジネススクール教授 × 福田譲 SAPジャパン社長:
PR:俊敏に「隙間」を見つけ顧客のニーズを満たす デジタルディスラプションを勝ち抜くためのセオリー
デジタル変革の波はもはや止めようがなく、大きなうねりとなって日本企業に押し寄せている。北米ではUberやAirbnbから始まり、SpotifyやWeWorkといった、デジタルテクノロジーを活用した破壊的なイノベーター、いわゆる「ディスラプター」がさまざまな業界で既存プレーヤーのビジネスを棄損し始めている。製造業が産業の柱となっている日本でも、インダストリー4.0でその復権を目指した欧州に負けじと、国を挙げて「IoT」(Internet of Things)に取り組み始めた。いずれはあらゆる業界がこのデジタル変革の波に飲み込まれていくだろう。世界トップランクのビジネススクールとして知られるスイス・ローザンヌのIMD(International Institute for Management Development)は、こうしたデジタル変革の潮流を「デジタルボルテックス(デジタルの渦)」と呼ぶ。例外なくおよそすべての企業が継続的な対応戦略を余儀なくされるからだ。IMDのマイケル・ウェイド教授らが著した「対デジタル・ディスラプター戦略 既存企業の戦い方」(日本経済新聞出版社)を先ごろ監訳した早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授とSAPジャパンの福田譲社長に話を聞いた。(ITmedia エグゼクティブ 浅井英二)(2017/11/27)

居眠り絶対できない 顔認識AIで授業中の集中度を数値化、仏ビジネススクールで導入開始
まぶたにマジックで目を描く作戦が通用するかは不明。(2017/6/24)

MBAは「マンモス」か?――次世代リーダーは現場から育てるのが日本流
ビジネスリーダーを目指すならMBAの取得が必須であると思われていた。しかし現在、日本でMBAを所得しても、給料も上がらず、転職にも有利にならない。日本人には、MBAは必要ないのだろうか……。(2017/3/1)

サービス分野のロボットビジネス創出を目指すビジネススクール、NEDOが開設
NEDOが「サービスロボットによる新ビジネス創出」を目指す人材の育成に着手する。大阪工業大学を拠点とし、各地でワークショップも行う。(2016/7/28)

経営者と経営学者の違い、B'zとAKBの違い
ホリエモン氏が提案したコンビニ居酒屋というアイデアに、大学の教授が否定コメントをしたことで、堀江氏は反論し、経営学者は経営ができるのかという論争が起こりました。専門とは何なのか、経営学者と経営の関係を見ていこう。(2015/12/17)

誰が、次のイーロン・マスクになれるのか
世の中には、先天的にきわめて高い能力を持っている天才児がいる。そんな子どもが、物理学と経営学を学び、1週間100時間のハードワークをこなし、「人類を救う」強い意志を持っていたら、どうなるか。イーロン・マスクになる。(2015/10/15)

TBIグループがビジネススクールを開校――優秀チームに最大1億円投資
飲食や不動産事業などを手掛けるTBIグループは2015年1月に、ビジネススクール「VABS(Venture in Action Business School/実践経営大学)」を開校する。VABSの内容は……。(2014/11/13)

教育ITニュースフラッシュ
ネット講義でMBA取得、グロービスが始める新プログラムの中身は?
大学Webサイトのユーザビリティに関する調査結果から、入学試験の合否が合格発表前に分かる近畿大学の新サービスまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/11/7)

人生を変える! アジアMBA留学のすすめ
大手広告代理店で外資系クライアントを相手に活躍中のビジネスウーマンが勧める、アジアMBA留学のメリットとは。(2014/9/11)

ロボット関連ニュース:
NEDO、「ロボットサービス・ビジネススクール」に向けての調査を開始
NEDOはロボット産業の競争力強化を目指し、日本初の「ロボットサービス・ビジネススクール」の運営に必要な技術的手法などに関する調査を実施すると発表した。(2014/9/9)

PR:勝ち組企業に学ぶ、究極の次世代経営モデルとは?
「失われた20年」という長いトンネルを抜けた日本経済は、ようやく次なる成長に向けた転換点にあるが、この20年のあいだにも成功を収めた、いわゆる「勝ち組企業」は存在する。一橋大学ビジネススクール教授の名和高司氏に彼らの秘訣や究極の次世代経営モデルについて話を聞いた。(2014/8/27)

女性脳と男性脳の論理:
「かめはめ波」って撃てるの?
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶(まか)不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。今回は、女性陣には理解不能かもしれない男性の変なところについて。「本気で、かめはめ波が出ると思っているの?」――。(2014/7/24)

転機をチャンスに変えた瞬間(23)〜visasQ 端羽英子:
ダメ出しもプレッシャーも、全てが私の力になる
MBA留学、転職、起業――常に自分を鼓舞し、人生を切り開いてきた端羽英子さんの成功哲学とは。(2014/7/3)

女性脳と男性脳の論理:
……えっ、靴買いに行ったんじゃないの?
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶(まか)不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。今回のテーマは、「なぜ女性は靴を買いに行って服を買って帰ってくるのか」について。(2014/6/13)

INSIGHT NOW!:
農業の衰退を食い止めるには――ベンチャー企業「マイファーム」の新ビジネス
農業従事者の減少に伴い、耕作放棄地が増えている――そんな問題を解決するため、貸し農園やビジネススクールなど、さまざまなアグリビジネスを展開するソーシャルベンチャー「マイファーム」を紹介しよう。(2014/6/5)

女性脳と男性脳の論理:
「今日の私、なんか違わない?」――世の男性が経験する恐怖の質問
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶(まか)不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。今回は、おそらく多くの男性が経験する恐怖の質問。「今日の私、なんか違わない?」から。(2014/5/12)

女性脳と男性脳の論理:
まるで“時限爆弾”――女性の「溜める」心理、その傾向と対策
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。今回は、筆者の背筋の寒くなる経験から、女性の「溜める」について。(2014/4/7)

iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」【第3回】
“PDCA軽視”の学校にIT化成功は無い――玉川大学 小酒井 正和准教授
経営学者でありながら、eラーニングの黎明期から教育ITの分野に携わってきた玉川大学の小酒井 正和准教授。経営学の視点も取り入れた独自の目線で、教育現場におけるIT活用の秘訣を語る。(2014/4/7)

グロービス、ダイヤモンド社から『グロービスMBAシリーズ』の電子書籍版 5タイトルを発売
グロービスは、書籍の旗艦ブランドである『グロービスMBAシリーズ』の電子書籍版 5タイトルをダイヤモンド社から発売した。(2014/4/3)

女性脳と男性脳の論理:
別れた男のことは“きれいさっぱり忘れる”女心に潜む「隠れた前提」
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。女は一度別れた男のことはきれいさっぱり忘れ、男は未練がましい――というのは本当だろうか?(2014/3/13)

女性脳と男性脳の論理:
女心の分からぬ私が、女性脳について書くことになった顛末
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。女心も「マーケティングは愛だ!」も分からない私が、なぜこんなテーマでコラムを書くことになってしまったのか……。(2014/3/7)

日本人がスタンフォードのMBAで教わった“何よりも大切なこと”
M&A弁護士として活動するも休職し名門・スタンフォード大学経営大学院へ入学という変わった経歴を持つ水島淳さん。今回は水島さんの著書『スタンフォードの教え「ビー・ユアセルフ」』を紹介します。(2013/12/5)

MIT Sloan Management Reviewより:
ブランドメッセージのリツイート率を上げる9つの方法――「やってはいけないパターン」と「成功パターン」
MITビジネススクールの『MIT Sloan Management Review』は9月18日、ブランドメッセージのリツイートを向上する方法についての論文のフリーダウンロードを開始した。その論文が“How to Get Your Messages Retweetd”(「メッセージがリツイートされる方法」)だ。(2013/9/20)

自分のビジネスに必要な指標は何か?
スタートアップだけでなく経営判断をも変える「リーンアナリティクス」
「いずれビジネススクールで教えられる標準的な手法になる」と話す第一人者の話を基に、リーンアナリティクスを理解しよう。(2013/7/22)

54%の企業「ソーシャル活動は重要」:
ソーシャルメディアを使ったビジネス活動が進まない3つの理由――MITビジネススクールの最新論文より
ソーシャル活動の重要性は認識されている一方で、具体的なビジネスへつながる進展度合いはいまひとつといえる。その理由とは。(2013/7/18)

K.I.T.虎ノ門大学院教授×誠編集長対談:
PR:学んだことを即、仕事に生かしたい! 社会人大学院に女性が増えている
最近、働きながら勉強する女性が増えているというK.I.T.虎ノ門大学院。「事業を成功させたい」「マネジメントを学びたい」といった彼女たちのモチベーションは、キャリア女性ならきっと皆共感する――三谷宏治教授と誠編集長の吉岡綾乃が話し合った。(2013/7/3)

PC販売ランキング(2013年6月17日〜6月23日):
夏モデルがランキング初登場、“Haswell”世代MBAも好調(2013年6月第3週版)
今回は6月第3週の集計。今週はデスクトップランキングに2013年夏モデルが登場。ノートPCランキングでは13インチモデルのMacBook Airも10位以内に入りました。(2013/7/1)

著名人キャリアインタビュー:
「どんな会社に入るか」 ではなく、変化に応じて自分が変われるかが重要――中央大学 竹内健教授
東芝を代表する製品のひとつフラッシュメモリ。同社の技術者として多値化などの基盤技術の研究開発に携わり、フラッシュメモリ事業を世界トップクラスの主力事業にまで成長させたのが現在は中央大学で教授を務める竹内健氏だ。学生時代は大学に残って研究者になろうと考えていたが、ひょんなことから東芝に入社。物理から半導体設計へと研究対象を変え、その後もMBA(経営学修士)を取得するなど、柔軟に専門領域を広げてきた竹内氏が、理系学生に伝えておきたいキャリアに関するメッセージとは。(2013/5/28)

インフルエンサーの活用方法:
MITビジネススクールが提唱するソーシャルメディアキャンペーンの成功方法論
今や、マーケティング戦略の中で、ソーシャルメディア活用は外せない要件となっている。その一方で、どのような戦略を打てば、マーケティング効果が上がるのか、悩んでいるマーケターも多いはずだ。(2013/4/24)

マーケティング戦略とプライバシー管理:
マーケティング戦略としての顧客情報プライバシー管理
マサチューセッツ工科大学経営学スクール・MIT Sloanが発刊する『MIT Sloan Management Review』のWebサイトには、「マーケティング戦略の面からプライバシー管理のフレームワークを考えよう」という主旨の論文が掲載されている。マーケティング戦略の観点から、顧客とのよりよいリレーションシップ構築に向け、プライバシー管理のフレームワークを作りたい。(2013/4/16)

I-ROI、ネットやソーシャルメディアのリテラシー育成を目的として資格制度を策定
インターネットコンテンツ審査監視機構(I-ROI)は、学生や社会人を対象とした資格制度「デジタルコンテンツアセッサ(DCA)」を発表した。社会人大学や指定企業が実施するeラーニングを受講して取得できる。(2013/3/28)

MBA僧侶が説く仏教と経営:
2000年前でも同じ!? ブッダが語ったリーダーシップ論
東大卒業後、僧籍に入り、インドではMBAを取得。仏教×マネジメントの交差する場で活動する僧侶・松本紹圭氏。今回は、在家の若者に向けて説かれた経典「六方礼経」から“仏教的リーダーシップとフォロワーシップ”の要諦を見出します。(2013/1/30)

MBA僧侶が説く仏教と経営:
企業は誰のもの? “縁起のいい経営”を考える
東大卒業後、インドでMBAを取得した僧侶・松本紹圭氏。連載では経営用語を仏教用語に置き換えながら“借り物でない日本的経営”を思索していますが、今回は縁起観に基づき「企業は誰のものか?」という永遠の命題を考えます。(2013/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。