ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レンズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レンズ」に関する情報が集まったページです。

レジャーからビジネスシーンまで──Zoffがサングラス販売を強化するワケ
メガネブランド「Zoff」(ゾフ)で、レンズの色が薄い「ライトカラー」のサングラス販売が好調だ。一方で、日焼け防止に使用することが多いサングラスの色を薄くした結果、紫外線(UV)のカット効果に影響が出ると本末転倒だ。レンズの色とUVカット率に相関関係はあるのか。サングラスを販売する理由とともに、Zoffの運営元インターメスティック(東京都港区)に聞いた。(2022/8/11)

コロナ禍ならでは? Zoffの「薄色レンズ」サングラス、販売好調の理由
メガネブランド「Zoff」(ゾフ)で、レンズの色が薄い「ライトカラー」のサングラス販売が好調だ。理由などを運営元のインターメスティックに聞いた。(2022/8/11)

マスク生活に適したサングラスとは? 「Zoff」、脱“不審者”で検証
メガネ販売店「Zoff」(ゾフ)を運営するインターメスティック(東京都港区)が「サングラスのレンズ透過率は何%で怪しく見えないか」とする検証結果を発表した。(2022/8/9)

製造業×脱炭素 インタビュー:
1DAYコンタクトの高効率な廃プラリサイクルを実現した「米の選別機」
便利な一方で廃プラスチックの問題が懸念される使い捨てコンタクトレンズ。現在、多くのコンタクトレンズメーカーが環境負荷低減に向けて取り組みを進めている。本記事では廃プラスチックの高効率な再資源化のシステムを構築した、シードの取り組みを紹介したい。(2022/8/9)

スマホカメラを数式にかざすと解き方と解答が分かる Googleレンズの「宿題」機能に賛否、宿題の意義をあらためて問う
「単純計算は機械に任せて人間は論理を考えればいい」「自分で解かないと考える力を養えない」など、さまざまな意見が出ています。(2022/8/6)

レンズとつながるAndroidアプリ、タムロンが開発中
タムロンが、Androidアプリ「TAMRON Lens Utility Mobile」を開発している。USBポートを内蔵するレンズとAndroidスマートフォンを接続することで、アプリからレンズの機能をカスタマイズしたり、スマートフォンからのリモート操作を実現するという。2022年内の提供を予定する。(2022/8/4)

ライカとコラボした「Xiaomi 12S Ultra」を試す 驚きのカメラ性能、思い出した“あのメーカー”
ライカ監修の1型センサーのカメラを搭載した「Xiaomi 12S Ultra」を入手した。最上位モデルにあたるXiaomi 12S Ultraは、超広角レンズと光学5倍望遠レンズを備える3眼構成だ。撮影してみるとダイナミックレンジの広さに驚かされる。(2022/8/4)

過去最高の予約:
カメラ市場は縮小しているのに、なぜソニーの「VLOGCAM」は人気なのか
カメラ市場が縮小している中で、ソニーの「レンズ交換式VLOGCAM ZV-E10」が注目を集めている。同社のミラーレス一眼カメラ史上、過去最高の予約数(発売当時)をたたき出しているが、なぜ人気を集めているのか。同社のマーケティング担当者に話を聞いた。(2022/7/27)

Innovative Tech:
目薬を自動で差すコンタクトレンズ ナノニードルが1カ月以上かけてジワジワ注入
米国のパデュー大学とミシガン大学、韓国の漢陽大学校と弘益大学校、金烏工科大学校の研究チームは、ナノニードルが埋め込まれた溶けるコンタクトレンズを開発した。長期間にわたって薬を目に自動投与する。(2022/7/22)

STマイクロ VL53L8:
消費電力を半減したマルチゾーン対応dToF測距センサー
STマイクロエレクトロニクスは、マルチゾーン対応dToF測距センサー「VL53L8」を発表した。メタサーフェスレンズ技術により小型化するとともに、従来品より消費電力を半減している。AR、VR、MRなどに適する。(2022/7/22)

暗がりでもきれいに撮影できる全天球カメラ「Insta360 ONE RS 1インチ360度版」が登場  動画と写真で実力をチェックした
「さすが大型センサー」──Insta360 ONE RSに1インチセンサーを搭載した360度レンズが登場。従来の360度レンズとの画質差をチェックする。(2022/7/15)

ドコモの「Xperia 1 IV」にもソフトウェア更新 望遠レンズにおける写真撮影品質を改善
NTTドコモが発売する「Xperia 1 IV SO-51C」にソフトウェア更新が配信された。一部のユーザーから指摘のあった望遠レンズでの静止画(写真)撮影時の撮影品質を改善した他、不具合の解消やセキュリティパッチの更新が行われる。(2022/6/29)

auのXperia 1 IV、望遠レンズの不具合を解消するアップデート
KDDIは、6月28日に「Xperia 1 IV SOG06」のソフトウエアアップデートを実施。望遠レンズで静止画を撮影した際、画像がボケる場合がある不具合を解消する。(2022/6/29)

「Xperia 1 IV」は何が進化したのか 「Xperia 1 III」との違いをおさらい
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが6月3日にソニーの最新フラグシップスマートフォン「Xperia 1 IV」を発売した。外観は先代の「Xperia 1 III」から大きく変わっておらず、パッと見だと違いが分からないほど。一方でカメラが大きく進化し、望遠レンズが光学ズームに対応した。(2022/6/6)

PR:カメラも、ゲームも、音楽も極上の体験を 新フラグシップ「Xperia 1 IV」を使い倒す
2022年を代表するXperiaのフラグシップ5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」が登場した。3つのレンズ全てでソニーのデジタル一眼カメラ「α」譲りのリアルタイム瞳AFや、動画の4K 120fpsのスローモーション撮影に対応。ディスプレイ、オーディオ、ゲームに関連する性能も底上げされており、エンタメコンテンツを満喫できる。(2022/6/3)

MAXHUB、広角レンズを採用した4K対応のビジネス向けWebカメラ
中国CVTEは、MAXHUBブランドから4K撮影に対応したビジネス向けWebカメラ「UC W21」を発売する。(2022/6/2)

黒柳徹子、“カメラマンになろうと思っていた”20代過去ショット レンズのぞき込む真剣な横顔に「まあ…ブス」と辛口
モデルでもあり撮影者でもあった黒柳さん。(2022/5/29)

メガネとしても利用できるセミオープンスピーカー「HUAWEI Eyewear」登場 3万2780円
Huaweiがグローバル展開するメガネ型セミオープンスピーカー「HUAWEI Eyewear」が日本でも展開されることになった。レンズ部分は度付きのものに交換することも可能で、実際にメガネとしても利用できることが特徴だ。(2022/5/26)

スマホ1つでライブ配信が完結、ソニー「Xperia 1 IV」登場 光学ズーム搭載
ソニーは11日、YouTubeなどのライブ配信を1台で行える5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」を発表した。望遠カメラには光学式ズームレンズを採用した。(2022/5/11)

ソニーが「Xperia 1 IV」発表 可変式望遠レンズが光学ズームに対応、全レンズが“高速”に
ソニーがXperiaスマートフォンの新モデル「Xperia 1 IV」を発表。2022年6月上旬以降の発売を予定している。望遠カメラが、85mmと125mmの焦点距離を光学ズームで撮影できるようになった。超広角と望遠のレンズも120fps読み出しに対応し、瞳AFやオブジェクトトラッキング、20コマ/秒の高速連写が利用できるようになった。(2022/5/11)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
キヤノンの「小さい・軽い・安い」の三拍子そろったレンズは侮れない
キヤノンの「EOS R」シリーズ用RFレンズが面白い。しれっと普通じゃないレンズを紛れ込ませてるのだ。(2022/4/30)

「Leitz Phone 1」とレンズキャップが入るショルダーバッグ登場 本革とサステナブルの2種
ライカカメラジャパンは、1型センサー搭載スマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」専用アクセサリーの第2弾として、「スマートフォン ミニショルダーバッグ」を4月28日に発売する。価格は3万800円で、販路は日本国内のライカストアとライカオンラインストアに限られる。本製品は、Leitz Phone 1や小物などを持ち歩く際に使うアイテムで、表面のポケットにはLeitz Phone 1のレンズキャップを収納できる。(2022/4/21)

「負の球面収差」も発生できる:
東北大学、光場を利用した電子レンズ装置を考案
東北大学多元物質科学研究所は、レーザーなど強力な光ビームによる「光場」で、電子レンズ装置を実現する手法を考案した。考案した光場電子レンズは、「負の球面収差」を発生することも分かった。(2022/4/13)

パーソナル・グラス・アイックス社長 小松知史さん(66) 独自問診・検査で最適レンズの眼鏡
検査に50〜75分かけて、どう見えているかを調べ、視覚機能の矯正に最適なレンズで眼鏡をつくる(2022/4/5)

レンズの供給難が原因か:
ASML、「半導体不足は今後2年間続く」と警鐘鳴らす
半導体製造に非常に重要となるEUV(極端紫外線)リソグラフィ装置の唯一のメーカーであるオランダのASMLは、半導体不足は少なくとも今後2年間続くと予想している。この警鐘は、ASMLが同社にとって不可欠なレンズの供給を、ドイツの光学機器メーカーCarl Zeiss(以下、Zeiss)などのサプライヤーに依存していることに起因するといわれている。Zeissもまた、サプライチェーンの問題による影響を受けている。(2022/3/30)

キヤノン、レンズ交換式デジタルカメラの世界シェア1位 19年連続
キヤノンは3月28日、レンズ交換式デジタルカメラの世界市場において、19年連続で台数シェア1位を獲得したとしたと発表した。(2022/3/28)

iPhone 13/13 Proに魚眼レンズやマクロレンズを追加 「GeeUltraLens」発売
Glotureは、iPhone13シリーズ向け多機能コンバージョンレンズ&フィルターセット「GeeUltraLens」を発売。マクロレンズ、広角レンズ、魚眼レンズ、超広角CPLフィルターを備え、レンズはスライドで切り替えできる。(2022/3/15)

カメラのレンズをモチーフにした「九谷焼レンズ盃」登場 キヤノンがデザインを監修
石川県の伝統的工芸品である「九谷焼」の技術を使用しています。(2022/3/5)

Innovative Tech:
画像に写りこんだ水滴を除去できる「RainGAN」 シンガポールの研究チームが開発
シンガポールのNanyang Technological Universityの研究チームは、画像に写り込んだ水滴を除去する深層学習を用いた技術を開発した。雨などによってカメラレンズの表面に直接付着した水滴を撮影後の画像から除去する。(2022/3/1)

「PS VR2」デザイン公開、丸みを帯びた形に 通風孔やレンズ間距離調整機能などの新機能も
(2022/2/22)

カメラレンズも保護するiPhone向けレザーケース「GeeCase Zero」
Glotureは、iPhone向けレザーケース「GeeCase Zero」を発売。カメラ部分はレンズの形に沿うようにして保護し、指紋の付着も防ぎつつ撥水性能も備えている。価格は4500円(税込み)。(2022/2/17)

ソニーストアで「Xperia 1 III」が9900円値下げ 14万9600円に
ソニーがSIMロックフリーモデルの「Xperia 1 III」を値下げした。9900円の値下げで、15万円程度となる。「Snapdragon 888 5G」と12GBのメインメモリ、512GBのストレージを搭載したスマートフォンで、1200万画素で4つのレンズのカメラを備える。(2022/2/2)

4000人に聞いた:
メガネをかけた人のイメージ 3位は「勉強/仕事ができそう」、2位と1位は?
プラネットは、「メガネに関する意識調査」を実施した。メガネをかけた人に対してどういうイメージを抱いているかを聞いた。また、コンタクトレンズではなくメガネをかける理由なども調査した。(2022/1/30)

組み込み開発ニュース:
高画素化進む遠赤外線センサー、パナソニックが非球面レンズの量産コストを半減
パナソニックが高解像の遠赤外線センサーに必要な遠赤外非球面レンズの量産技術を開発。硫黄やセレンなどを含むカルコゲナイドガラスと、同社がデジタルカメラ向けなどに培ってきたガラスモールド工法と金型技術を組み合わせることにより、従来工法と比べて高歩留まりかつコストの半減を実現した。(2022/1/28)

木で作られたカメラの模型がカッコイイ! 本当に写真が撮れそうなほどリアル
レンズの取り外しも可能。(2022/1/22)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
デジカメの供給不足は「深刻」 メーカーと販売店に聞いた
2021年、カメラメーカーが相次いで出した供給不足に関するリリース。あるカメラ専門店も「カメラ・レンズともに供給不足は深刻です」としている。(2021/12/26)

【あなたは知ってた?】メガネを作るときに掛ける“なんかメカっぽいメガネ”のちゃんとした名前
レンズ交換しながら「これだと見え方どうですか?」と聞かれるやつ。(2021/12/29)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
デジタルで遊ぶ大人のチェキ! 豊富なエフェクトとBluetooth搭載の「instax mini Evo」 スマホ写真もプリント
最新のデジタルでBluetooth搭載の「instax mini Evo」が面白い。デジタルらしくフィルターやらレンズ効果をふんだんに搭載。スマートフォンの写真も転送してプリントできる。(2021/12/20)

“スカウター”みたいなARグラス、中国OPPOが発表 2022年に限定発売
中国OPPOが“スカウター”のような形のARグラス「OPPO Air Glass」を発表した。メガネのように掛けられるがレンズは右側のみ。(2021/12/14)

塩粒サイズの極小カメラ、米研究チームが開発 「体積50万倍のカメラ用レンズと同等画質」
米国の研究チームは、塩粒サイズの極小カメラを開発したと発表。このカメラより体積が50万倍大きい、従来のカメラレンズと同じくらい鮮明なフルカラー画像を撮影することが可能という。(2021/11/30)

人工知能ニュース:
遠距離からのサイズ計測を単眼カメラの画像だけで実現、東芝が世界初のAI技術
東芝がズームレンズを用いた単眼カメラによって複数枚の画像を撮影するだけで実スケールの3次元計測ができる「世界初」のAI技術を開発。インフラ点検などで、高所や斜面など危険で点検が困難な場所に近づくことなく、一般的なデジタルカメラとズームレンズで離れた場所から写真を撮影すれば、補修対象部分のサイズを計測できるようになる。(2021/11/22)

ドコモ、「Xperia View」を11月19日に発売
NTTドコモは、11月19日からXperia専用のスマートフォン差し込み型ビジュアルヘッドセット「Xperia View」を発売。対角120度の広視野角レンズを搭載し、「Xperia 1 III」「Xperia 1 II」で利用できる。(2021/11/12)

FAニュース:
1.2μmの高解像度を達成、第6世代プレートサイズ対応のFPD露光装置
ニコンは、第6世代プレートサイズ対応のFPD露光装置「FX-6AS」を発表した。新開発の投影レンズで構成したマルチレンズシステムや、稼働時の振動、温度の影響を抑えるボディーの採用により、高効率な露光や高解像度で高精度なアライメントが可能だ。(2021/11/12)

AUKEY、広角レンズを採用したフルHD対応スタンダードWebカメラ
AUKEY INTERNATIONALは、フルHD撮影に対応したUSB外付け型Webカメラ「PC-LM7」を発売する。(2021/11/4)

ソフトバンク、「Xperia 5 III」を11月12日に発売 約13.7万円
ソフトバンクは、11月12日に5Gスマホ「Xperia 5 III」を発売。トリプルレンズカメラやゲームの操作性向上に特化した機能、容量4500mAhのバッテリーを搭載する。(2021/11/4)

「Xperia PRO-I」の実機に触れて撮影してみた レンズの出っ張りや可変絞り機能はどう?
カメラ機能に特化したプロ向けスマートフォン「Xperia PRO-I」の実機に触れた。1型センサーを搭載しているということでレンズの大きさが気になるが、出っ張りはどうか。AFの精度や可変絞り機能も試した。(2021/10/27)

メガネをかけるだけでチークをつけたような視覚効果を JINSが新レンズ「チークカラーレンズ」を発売
顔色をパッと明るく。(2021/10/16)

アイ・オー、広角レンズを搭載した屋内用ネットワークカメラ
アイ・オー・データ機器は、広角レンズを搭載しパン/チルト機能にも対応したネットワークカメラ「TS-NS310W」を発表した。(2021/10/13)

前モデルやXperia 1 IIIとはどこが違う? 写真で解説する「Xperia 5 III」
「Xperia 5 III」はドコモ、au、ソフトバンクでの取り扱いも同時に発表され、11月中旬以降に発売される予定。焦点距離を切り替えられる可変式望遠レンズを含む3眼カメラを搭載しながら、幅68mmのコンパクトなボディーを実現した。Xperia 5 IIIの国内版の実機に触れられる機会を得たので、外観を中心にチェックする。(2021/10/8)

キヤノン、“VR専用レンズ”のサンプル映像を公開
キヤノンが12月に発売するVR専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」で撮影したVR映像のサンプルが公開された。(2021/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。