ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「太陽光発電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック
「太陽光発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ルネサス RV1S9231A、RV1S9207A、RV1S9209A:
産業機器や太陽光発電向けフォトカプラ
ルネサス エレクトロニクスは、産業機器や太陽光発電インバーター向けのフォトカプラとして、IGBT駆動用の「RV1S9231A」「RV1S9207A」、IPM駆動用の「RV1S9209A」を発売し、量産を開始した。(2021/6/8)

太陽光:
太陽光+蓄電池を初期費用0円で、東京ガスが戸建住宅向け新サービス
東京ガスは2021年5月27日、戸建住宅に太陽光発電と蓄電池を提供する第三者所有モデルサービス「あんしんWでんち」を開始すると発表した。(2021/6/3)

光発電素子に特化した蓄電用:
リコー電子デバイス、DC-DCコンバーターICを発売
リコー電子デバイスは、光発電素子に特化した蓄電用の昇圧DC-DCコンバーターIC「R1810シリーズ」を発売した。(2021/6/3)

太陽光:
世界最高の変換効率18.6%、産総研とトヨタが「曲がる」CIS系太陽電池で達成
産総研とトヨタが、フレキシブルなCIS系太陽電池で世界最高の変換効率18.6%を達成。軽量かつ長期信頼性に優れ、曲面追従性も高いため、これまで太陽光発電が導入できなかった場所への設置など、新市場の創出に貢献する成果としている。(2021/6/2)

太陽光:
環境省が最大1億円の補助金、水上太陽光や自家消費型カーポートの導入に
環境省は2021年5月14日、自家消費型の太陽光発電を搭載した「ソーラーカーポート」などの導入を支援する補助事業の募集を開始した。企業向けの事業で、ソーラーカーポートの他、水上太陽光電設備、さらにこれらの設備と組み合わせる蓄電池の導入も支援する。(2021/5/26)

太陽光:
3つの電池で「再エネ100%」を実現する新手法、パナソニックが実証実験へ
パナソニックは2021年5月24日、純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電で、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100化ソリューション」の実証に取り組むと発表した。本格的に水素を活用する工場のRE100化は、世界初の取り組みになるという。(2021/5/25)

太陽光:
90km離れた太陽光発電の電力を自家消費、エコスタイルが自己託送支援を開始
エコスタイルは2021年5月14日、再生可能エネルギー事業や不動産事業などを手掛けるデベロップに、太陽光発電所の自己託送サポートサービスの提供を開始したと発表した。(2021/5/21)

リテルヒューズ 400PVシリーズ:
屋根一体型ソーラーパネルの回路を保護
リテルヒューズは、太陽光発電ヒューズ「400PV」シリーズを2021年5月中旬に発売する。屋根一体型ソーラーパネル向けの表面実装型回路保護用デバイスで、発熱や火災の原因となる逆過電流から回路を保護する。(2021/5/20)

中古の太陽電池モジュール、環境省が売買や再利用に関するガイドラインを公表
環境省は2021年5月18日、「太陽電池モジュールの適切なリユース促進ガイドライン」を公開した。太陽電池のリユース市場の拡大が見込まることを背景としたもので、適切な取り引きや、資源の有効活用を支援する内容となっている。(2021/5/20)

太陽光発電の電力推定に気象解析データのAPIを提供 ウェザーニューズ
ウェザーニューズは5月17日、太陽光発電量などを推定できる、30分間隔・1kmメッシュの実況解析データを電力会社に提供すると発表した。気象データから日射量を把握し、発電量の推定精度を上げることで、機器のメンテナンスなどに生かせるという。(2021/5/19)

太陽光:
太陽光と蓄電池を「定額使い放題」で初期費用ゼロ、シャープが住宅向け新サービス
シャープが新築住宅に無償で太陽光発電や蓄電池を設置し、ユーザーは発電した電力を定額で利用できる新しいPPA(第三者所有モデル)サービスを発表。6月30日から申込受付を開始する。(2021/5/19)

ソフトバンクなど「空飛ぶ基地局」実現へ 太陽光発電動力に成層圏から広範囲に電波、法整備に課題も
ソフトバンクなどが「空飛ぶ基地局」実現に向けて研究を進めている。電波が届きにくい場所でも通信が可能になるといい、早ければ2023年度にも実用化される見通しだ。一方で、法律上の運用ルールが決まっておらず、政府による環境整備が欠かせないという。(2021/5/18)

SBなど「空飛ぶ基地局」実現へ 太陽光発電動力に成層圏から広範囲に電波、法整備に課題も 
電波が届きにくい山間部や離島、海上などでの通信サービスを可能にする、「空飛ぶ基地局」の構想が実現に向かっている。(2021/5/17)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池を高性能化、方法は「イオンを1滴添加するだけ」
金沢大学の研究グループは2021年4月、イオン液体を少量添加するだけでペロブスカイト太陽電池の高性能化と長寿命化を実現する方法を開発したと発表した。次世代の太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池の普及に貢献する成果だという。(2021/5/14)

太陽光:
室内で発電する色素増感太陽電池、リコーが効率を20%高めた新製品
リコーは2021年5月13日、室内照明でも高い発電性能を発揮する固体型色素増感太陽電池モジュール「RICOH EH DSSCシリーズ」の新製品を同月下旬から提供開始すると発表した。IoTデバイス電源向けの太陽電池だ。(2021/5/14)

太陽光:
太陽光を完全自家消費、サニックスが岡山県の自社工場で
サニックスは2021年5月11日、同社の笠岡工場(岡山県笠岡市)において、完全自家消費型の太陽光発電設備を導入したと発表した。同日より系統連係を開始している。(2021/5/14)

ソーラーシェアリング入門(46):
5%の農地に再エネ2000億kWhのポテンシャル、ソーラーシェアリング普及に向けた課題とは?
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は日本の新たな温室効果ガス削減目標の達成に向け、ソーラーシェアリングが果たす役割とそのポテンシャル、そして今後の普及に向けた課題について解説します。(2021/5/13)

太陽光:
テスラ製の蓄電池をドコモショップに導入、太陽光を活用したCO2削減実証
太陽光発電システムによるPPA(第三者所有モデル)事業を展開するTGパワーが、親会社のティーガイアが運営するドコモショップ4店舗で、太陽光発電と蓄電池の活用によるCO2排出量削減実証を開始すると発表した。(2021/5/10)

オウルテック、最大出力120Wの折りたたみ式ソーラーパネル充電器を発売
オウルテックは、5月14日にソーラーパネル充電器「OWL-SLP120W-BK」を発売。最大出力120Wや多様な出力端子に対応し、折りたたんで持ち運ぶこともできる。発売を記念し、5月17日まで30%オフで購入できるキャンペーンを行う。(2021/5/7)

ソーラーシェアリング入門(45):
日本が目指す「温室効果ガス46%削減」、その実現に必要な再エネ導入の「現実解」を考える
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は4月に菅総理大臣が公表した日本の新たな気候変動対策目標について考察します。「2030年時点で2013年度比46%の温室効果ガス削減」の達成に求められるものとは?(2021/5/6)

医療機器ニュース:
太陽光で自立駆動する皮膚貼り付け型光脈波センサーを開発
東京大学は、太陽光で駆動する、柔軟な皮膚貼り付け型光脈波センサーを開発した。大気安定性を高めた超薄型有機ELと有機太陽電池、有機フォトディテクタを集積したもので、太陽光で自立駆動するほか、長時間皮膚に貼り付けても装着感が少ない。(2021/5/6)

太陽光:
「太陽光+蓄電池」で再エネ率48%を達成、YAMABISHIが運用実績を公開
YAMABISHは2020年4月、同社が自社工場で運用している太陽光発電の自家消費システムについて、2020年運用実績を公開した。2019年5月から運用を開始したシステムで、再エネ比率48%を達成したという。(2021/4/23)

太陽光:
人工光合成で世界最高の効率7.2%、トヨタ系が実用サイズの太陽電池で達成
トヨタ自動車グループの豊田中央研究所が、CO2と水から有用な物質を合成する「人工光合成」を、実用サイズの太陽電池を利用して実現し、変換効率7.2%を達成したと発表した。36cm角の太陽電池を利用したもので、このクラスでは世界最高の変換効率になるという。(2021/4/22)

タッチパネル製造ラインを活用:
ホシデン、ペロブスカイト型太陽電池事業に参入
ホシデンは、ペロブスカイト型太陽電池事業に参入する。滋賀にある関係会社のタッチパネル製造ラインを活用して生産を行う。2021年中にサンプル品の出荷を始め、2023年より量産を開始する予定。(2021/4/20)

蓄電・発電機器:
太陽光の自家消費対応のヒートポンプ給湯器、給湯コストを最大70%削減可能に
リンナイが太陽光発電の自家消費に対応した家庭用ヒートポンプ給湯器を発表。従来モデルと比較して、年間給湯ランニングコストを従来のガス給湯器に比べて70%削減できるという。(2021/4/19)

太陽光:
使用済み車載電池を有効活用、太陽光の自家消費率を20%高めることに成功
豊田通商は、自社ビルの豊田支店において、太陽光発電、蓄電池、EMSを導入し、再生可能エネルギーのマネジメント実証を実施したと発表した。(2021/4/19)

再エネ活用が企業価値につながる時代:
PR:企業が注目すべき「太陽光発電の自家消費」、そのメリットとシステム選びのポイントとは?
再エネを求める企業の動きが加速し、大きな注目を集めはじめている太陽光発電の自家消費。そのコトスだけにとどまらないメリット、そしてその実現を支えるシステム選びのポイントとは、どのようなものなのか。太陽光発電のプロフェッショナルである華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)に聞いた。(2021/4/19)

太陽光:
太陽光発電で失われた土地の1位は「里山」、国立環境研究所が全国調査
国立環境研究所が太陽光発電による土地改変の実態を明らかとするために、出力0.5MW(500kW)以上の発電容量を持つ国内の太陽光発電所を地図化し、規模や分布の特徴をまとめた調査結果を公表した。国内の0.5MW以上の太陽光発電所は8725カ所で、いわゆる里山と定義される環境に建設されているケースが多いことが分かった。(2021/4/7)

太陽光の自家消費を低コスト化、オムロンが高圧向け一体型保護継電器を新開発
オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は2021年4月から、ビルや商業施設などにおける太陽光発電の自家消費システムに向けた一体型保護継電器「K2ZC-K2RV-NPC」の販売を開始した。自家消費システム導入の低コスト化に役立つという。(2021/4/5)

太陽光:
太陽光の“分割案件”を問題視、経産省が10kW未満も分割審査へ
経済産業省は2021年4月から、10kW未満の地上設置型の太陽光発電設備について、分割審査を行う。規制を逃れるため、意図的に発電設備の出力を分割して申請する、いわゆる分割案件が急増していることを問題視したもので、同年3月22日に開催した有識者会議のなかで明らかにした。(2021/3/25)

縦横どちらの設置にも対応、シャープが住宅用太陽光パネルの新製品
シャープは住宅用単結晶太陽電池モジュールの新製品2機種を2021年4月15日から販売する。横置きと縦置きのどちらの設置方法にも対応して住宅屋根に導入しやすくした他、ハーフサイズの太陽電池セルの採用や、電極配置設計の見直しなどにより発電効率を高めた。(2021/3/17)

ソーラーシェアリング入門(44):
新型コロナが太陽光発電に落とす影――実態調査に見る「日本市場への懸念」とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は太陽光発電事業者を対象に実施した、新型コロナウイルスに関する事業への影響調査の結果から、日本の太陽光発電市場の現状分析と展望を考察します。(2021/3/15)

太陽光:
クリーンな「硫化スズ太陽電池」の実現へ前進、世界初の新材料を開発
東北大学、米・国立再生可能エネルギー研究所(NREL)、山梨大学らの研究グループは2021年3月、pnホモ接合の硫化スズ太陽電池を作製し、360mVという高い開放電圧の取り出しに成功したと発表した。持続可能な材料で構成する硫化スズ太陽電池の高効率化に寄与する成果だという。(2021/3/12)

開放電圧360mVの取り出しに成功:
東北大学、pnホモ接合の硫化スズ太陽電池を作製
東北大学多元物質科学研究所は、pnホモ接合の硫化スズ太陽電池を作製し、360mVという高い開放電圧の取り出しに成功した。クリーンなソーラーパネル材料として期待が高まる。(2021/3/11)

太陽光:
農業用ため池に太陽光パネル、香川県に2MW級の太陽光発電所が完成
三井住友建設は2021年3月、香川県坂出市で建設を進めてきた「蓮池水上太陽光発電所」が完成し、同年3月2日に竣工式を行ったと発表した。(2021/3/10)

太陽光の自家消費量を簡単に取得、中小規模のPPA事業に最適なエコめがね
NTTスマイルエナジーは2021年3月9日から、太陽光発電の第三者所有モデル(PPAモデル)の課金請求に必要な電力量データを取得できる新商品「エコめがね Smart ONE 10年プラン」の販売を開始した。(2021/3/10)

大容量16.6kWhの家庭用蓄電池、ニチコンが最上位モデルを2021年春に販売へ
ニチコンが家庭用蓄電池の新製品2機種を発表。全負荷および200V対応かつ大容量が特徴のモデルで、太陽光発電の自家消費といったエネルギーの効率利用や、非常時を想定した住宅用電力のバックアップに最適だという。同年4月から販売を開始する。(2021/3/4)

蓄電・発電機器:
容量154kWhの産業用蓄電池、ネクストエナジーが「従来比3〜5割安い価格」で
ネクストエナジー・アンド・リソースが、新たに産業向け蓄電システムを開発し、同年5月12日から販売を開始すると発表。工場や商業施設などにおける太陽光発電の自家消費に最適なモデルで、従来の蓄電池よりkWh当たり3〜5割程度価格を下げられるという。(2021/3/3)

蓄電・発電機器:
集合住宅に置ける家庭用蓄電池、太陽光や系統連係も可能な小型モデル登場
住友電工は2021年2月26日、小型モデルの家庭用蓄電池システム「POWER DEPO ?」の販売を開始すると発表した。太陽光発電や系統との連系が可能なモデルのリチウムイオン電池で、小型かつ軽量の特性を生かし、マンションなどの集合住宅にも置けるのが特徴だという。(2021/3/1)

組み込み開発ニュース:
青色LEDと新型太陽電池を用いた光無線給電技術を共同開発
東京都市大学と東京工業大学は、可視光の青色成分を効率的に電気に変換するペロブスカイト型太陽電池と青色LEDを用いた光無線給電技術を共同開発した。スマートフォンや電気自動車が移動しながら充電できるシステムの構築と実用化が期待される。(2021/3/1)

太陽光:
太陽光パワコンを定額でレンタル可能に、オムロンが低圧向け新サービス
オムロン ソーシアルソリューションズが、2021年4月から太陽光発電用パワコンの定額貸出サービスを開始すると発表。低圧の野立てタイプの太陽光発電を対象とするサービスで、最新のパワコンを定額で提供することで発電効率の維持向上や安定稼働を支援するという。(2021/2/26)

STマイクロ EVALSTPM-3PHISO:
AC電力メーター関連規格に準拠した評価ボード
STマイクロエレクトロニクスは、電力メーター用評価ボード「EVALSTPM-3PHISO」を発表した。電力やガス、水道メーターに加えて、電気自動車の充電、サーバ、太陽光発電システム用インバーターなどの用途を見込む。(2021/2/26)

ソーラーシェアリング入門(42):
近づく“再エネ争奪戦時代”の到来、高まるソーラーシェアリングへの期待とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は筆者が出席した環境省の「国・地方脱炭素実現会議」で、小泉環境大臣へ行ったプレゼンテーションの内容を紹介するとともに、国内の再エネ需要と太陽光・ソーラーシェアリングの展望について考察します。(2021/2/24)

青色LEDの光で発電する太陽電池、無線給電に活用 東京都市大が新技術
東京都市大学総合研究所が、青色LEDの光を電気に変換する太陽電池を開発。屋外で移動する電気自動車などへの無線給電に活用できるという。今後10年以内の実用化を目指す。(2021/2/10)

ソーラーシェアリング入門(41):
日本の再エネ目標は現行制度で達成できるのか――FIT/FIP制度の在り方を考える
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は日本における再生可能エネルギーの導入拡大を進める上で、現在のFIT/FIP制度が抱える課題と、今後のエネルギー政策の在り方について考察します。(2021/2/9)

太陽光:
2021年度のFIT価格が決まる、太陽光の入札は上限価格を公表へ
経済産業省は2020年1月に調達価格等算定委員会を開催し、2021年度における再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)の買取価格案を公表。太陽光発電に関しては、入札制度における上限価格を公表する形式に変更するなどの制度変更が行われる。(2021/2/3)

パナソニックの太陽電池生産終了 国内各社に逆風 システム開発で活路
パナソニックが太陽電池の生産から撤退する。2017年に太陽電池事業が赤字転落。20年に米Teslaとの太陽電池生産の協業を解消し、工場売却案も頓挫した。関係者は「シェアを拡大してきた中国メーカーの勢いを止められなかった」と振り返る。(2021/2/2)

パナソニック、太陽電池生産から撤退
パナソニックは2月1日、太陽電池の生産から撤退すると発表した。国内外の工場で生産を終え、年度内に撤退する。太陽電池の販売は続ける。(2021/2/2)

太陽光:
発電量の自動取得や予実管理を実現、太陽光発電の一括管理を支援する新サービス
グッドフェローズは、遠隔監視機器から発電量データをAPIで自動取得する太陽光発電所一括管理サービス「タイナビ発電所Plus+」の提供を開始したと発表した。(2021/2/2)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが太陽電池生産を終息、中国GSソーラーとの破談から半年で決定
パナソニック ライフソリューションズ(LS)社がマレーシア工場と島根工場における太陽電池の生産を2021年度中に終息すると発表。これにより太陽電池の生産から撤退し、これまで進めてきた事業構造改革を完了させる。なお、国内外で太陽電池の販売は継続するという。(2021/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。