ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「更新日」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「更新日」に関する情報が集まったページです。

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(60):
Windows 7のサポート終了最終案内、レガシーサーバの見落としはありませんか?
「2020年1月14日のWindows 7の延長サポート終了」が目前に迫りました。後継バージョンに移行できない事情は各種あると思いますが、Windows 7をまだ利用中の場合は、その事情を踏まえて何らかの対応が必要です。今回はあらためてサポート終了を周知するとともに、同時期に延長サポート終了を迎えるサーバ製品についても触れます。(2019/10/29)

山市良のうぃんどうず日記(163):
サポート終了直前だけど、Windows 7の新規インストールと最速更新(2019年9月版)
Windows 7の製品サポートが終了する「2020年1月14日」まで残り3カ月。こんな時期ですが、これからWindows 7を新規インストールし、最新状態にまで更新するとしたら、どれくらい時間がかかり、どの更新プログラムが必要となるのか、2019年9月時点で“最速”と考えられる方法で試してみました。今回は省略していますが、Windows Server 2008 R2にも適用できるはずです。(2019/10/9)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(58):
Windows 10 バージョン1903のWindows Defender新機能(2)──保護の履歴
Windows 10 バージョン1903の「Windowsセキュリティ」では、以前の「脅威履歴(Threat History)」が「保護の履歴(Protection History)」に置き換えられました。「保護の履歴」では、「Windows Defenderオフライン」のスキャン結果の確認と操作の指示が可能になりました。実は、これまでのバージョンではできなかったことです。(2019/10/1)

必修Linuxコマンド83選【前編】
知っておきたい「Linux」基礎コマンド一覧:A〜F編
「Linux」にはファイルを管理したりプロセスの状況を確認したりするのに便利なコマンドがそろっている。基本的なコマンド83種をアルファベット順に紹介する。前編は頭文字がAからFの27個を紹介する。(2019/9/21)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(144):
誤解しているのは中の人? Windowsの「曜日」の話 〜その2〜
Windowsの「タスクスケジューラ」における曜日指定のスケジュールされたタスクは、利用者側の誤解やソフトウェアのバグが原因で、意図しないタイミングで実行される場合があります。また1つ、謎のバグが存在する可能性が明らかになりました。(2019/9/18)

Tech TIPS:
【Windows 10】保存先フォルダはどこ? ファイルが見つからない場合の探し方
誰でも一度は「保存したファイルが見つからない」という経験があるのではないだろうか。そのような場合、エクスプローラーで思い当たるフォルダを順番に探すのは効率が悪い。簡単に見つからないファイルを探す方法を紹介しよう。(2019/7/29)

AI分析で従業員の働き方や課題を“見える化” 業務効率化を支援――NTT西日本の「おまかせAI 働き方みえ〜る」
NTT西日本は、従業員の業務や働き方を“見える化”するサービス「おまかせAI 働き方みえ〜る」を2019年8月1日から開始する。PCの業務ログを独自開発のAIで分析することで、業務内容を可視化し、効率的な働き方改革の推進や生産性の向上をサポートする。IT資産やセキュリティの管理も効率化できる。(2019/7/17)

Google Chrome完全ガイド:
【緊急バグにも対応可】Google Chromeの自動更新を一時的に停止する
Google Chromeはデフォルトで最新版への更新が自動実行されます。しかし、まれに発生する最新版でのバグを回避する、といった理由から一時的にChromeの自動更新を止めたい場合もあります。その方法を紹介します。(2019/6/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(136):
意外と誤解している人が多い「曜日」の話
Windowsの毎月定例の更新日は「Patch Tuesday」ともいわれる「毎月第2火曜日」です。ただ、この火曜日というのは米国時間であって、時差の関係で日本ではその翌日の水曜日になるわけですが、第2水曜日と誤解している人がいまだに多いようです。そんな誤解と「タスクスケジューラ」につい最近まで存在した信じ難いバグが重なると……。(2019/5/28)

山市良のうぃんどうず日記(153):
あのマルウェアの悪夢が再び? Windows XPに3回目のセキュリティパッチが緊急公開
既にサポートが終了したWindows XPとWindows Server 2003/2003 R2に対し、異例のセキュリティパッチが提供されました。古いバージョンの「リモートデスクトップサービス」に存在するリモートコード実行の脆弱性を修正するもので、この脆弱(ぜいじゃく)性はマルウェアの感染拡大に悪用される危険性があります。(2019/5/21)

サンリオがドルオタに優しすぎる! 推し活捗る「エンジョイアイドルシリーズ」がすごいラインアップ
うちわケースに銀テホルダー……!(2019/5/8)

IaaSとSaaSのコスト最適化【後編】:
勝手導入されたSaaSの検出から一元化まで、SaaS管理の勘所
使われているSaaSの把握が第一歩だが、全て把握できる単一の検出方法は存在しない。使われているSaaSの検出方法から、ユーザー部門も納得の一元化方法まで、SaaS管理のコツを紹介する。(2019/5/8)

山市良のうぃんどうず日記(152):
ディスク容量不足解消のためクリーンアップ、まだ終わっていなかった
前回は更新、シャットダウン、再起動に異様に時間がかかるMicrosoft Azure上のWindows Server 2016仮想マシンの問題の改善を試みました。その際に実行した「コンポーネントストア」のクリーンアップは、筆者の経験上、果てしなく時間がかかり、Azureの課金が心配だったので断念しました。今回はその経験の話。なぜかWindows 7のディスク不足も巻き込む一騒動でした。(2019/5/7)

山市良のうぃんどうず日記(149):
Windows Server 2019評価版の提供再開がここまで遅れた理由は?
2019年1月17日(米国太平洋標準時)、「Windows Server 2019評価版」ISOメディアの提供が再開されました。2018年10月初めに公開後、数日で提供中止となった評価版ですが、再開に3カ月以上かかった理由がよく分かりません。(2019/3/19)

山市良のうぃんどうず日記(148):
「IEを使わないで」ではなくて「IEを既定にしないで」
2019年2月初めに「“IEを使わないでください”とMicrosoftが警告」や「IEの使用は技術的負債をもたらす」のようなタイトルのニュース記事を目にしました。タイトルだけ見ると「やっぱりIEはセキュリティが不安」とか、「技術的負債って何?」とか、「IEがなくなると困る」とか、思ったりしていませんか?(2019/3/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(42):
開発者に朗報! Windows 10でWindows Serverコンテナが実行可能に
Windows 10の開発者向け機能として、Dockerによる「Windowsコンテナ」のサポートがあります。これまでは、Hyper-Vで分離された「Hyper-Vコンテナ」だけがサポートされていましたが、最新の「Docker Desktop for Windows」では、「Windows Serverコンテナ」もサポートされました。(2019/2/7)

山市良のうぃんどうず日記(141):
Windows Sysinternalsユーティリティーの入れ替え作業をPowerShellスクリプトで簡単に
Microsoftが無料提供しているWindows向けユーティリティー群「Windows Sysinternals」は、筆者のお気に入りのツールです。「Sysinternals Suite」は、Windows Sysinternalsのほとんど全てのユーティリティーを1つのZIPファイルにまとめて提供するものです。今回は、Sysinternals Suiteのインストールと更新をPowerShellスクリプトで自動化することに挑戦してみました。(2018/11/27)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(36):
最新版! Windows 10の「クライアントHyper-V」の新機能
最新の64bit版Windows 10(Homeエディションを除く)では、「Hyper-V」の最新バージョンが利用可能です。Windows ServerのHyper-Vと区別するために「クライアントHyper-V」と呼ばれることもありますが、基本的な機能は共通です。しかし、より新しいバージョンとなるため、最新機能を利用できる利点があります。(2018/11/8)

macOS Mojaveの新機能と設定方法徹底解説
MACお宝鑑定団によるmacOS Mojave操作マニュアル。(2018/9/25)

Tech TIPS:
Windows OSで長さ0バイトのファイルを作成する(touchコマンドを実現する)
バッチの二重起動を防止したり、実行順序を制御したりするために、touchコマンドでロックファイルを作成させたいことがある。標準のWindows OSにはtouchコマンドはないが、同等のことは実現可能である。その方法を紹介する。(2018/9/7)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(117):
Intelプロセッサ向けマイクロコードアップデートのニュースをファクトチェック!
2018年8月22日、MicrosoftがWindows UpdateやMicrosoft Updateカタログを通じて、Intelプロセッサの脆弱性に対策する「Intelマイクロコードアップデート」の提供を開始したというニュースを目にした人は多いでしょう。そのニュース、あるいはそのニュースの元であるMicrosoftのサポート情報をうのみにして、対策したつもりになってはいませんか。(2018/8/28)

Angular TIPS:
Angularで子コンポーネントから親コンポーネントに値を引き渡すには?(@Output)
@Outputデコレーターを使って、子コンポーネントで行われる処理や情報をイベント経由で親コンポーネントへ引き渡す方法を解説。(2018/8/23)

知っトクWindowsツール:
情報整理はクラウドサービス「Scrapbox」にお任せ?
筆者が愛用している情報整理のためのクラウドサービス「Scrapbox」を取り上げる。WebページにテキストやURLなどを記述することで、さまざまな情報を整理できる便利なサービスだ。その特徴や使い方などを紹介する。(2018/8/10)

Angular TIPS:
Angularで親コンポーネントから子コンポーネントに値を引き渡すには?(@Input)
@Inputデコレーターを使って、親コンポーネントから子コンポーネントに情報を引き渡すことで、マスター/詳細画面を作成する方法を解説。(2018/8/9)

山市良のうぃんどうず日記(130):
サヨウナラ、それともまだ現役? 初代Nano Server
Windows Server 2016には、新しい最小インストールオプション「Nano Server」が追加され、注目されました。物理サーバ、仮想マシン、コンテナ向けOSとして登場しましたが、その位置付けが再定義されたことは2017年9月、本連載第104回で紹介しました。Windows Server Semi-Annual Channel(SAC)で2つ目のバージョンがリリースされた今、初代Nano Serverの状況がどうなっているのかフォローアップします。なお、今回の日記には公式情報だけでなく、筆者の想像や希望が一部含まれることにご注意ください。(2018/6/26)

LINEマンガ、6月7日に大型リニューアル 23時間待つと無料で続きが読める「マイ連載」機能追加
連載作品数は約600へ倍増。(2018/5/28)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(49):
Azure上のリソースを外部からの攻撃から保護する2つの新機能が正式版に
2018年4月、Microsoft Azureに展開したアプリケーションや仮想マシン、仮想ネットワークをサイバー攻撃から保護する2つのセキュリティ機能が全リージョンで正式に利用可能になりました。「アプリケーションセキュリティグループ(ASG)」と「DDoS Protection」です。(2018/4/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(108):
使えるはずのポリシーが使えない――これはWindows 10のバグなのか、それとも仕様変更か?
Windowsの企業向け機能を調べていると、使えるはずのポリシー設定が期待通りに動かなかったり、そのエディションで動くはずのないポリシー設定が使えちゃったりといった場面に遭遇することがあります。これまでも、仕様変更の場合もあれば、一時的なバグだったこともありました。最近、「ソフトウェアの制限のポリシー」でおかしな挙動を発見しました。これは果たしてどちらでしょうか。(2018/4/24)

山市良のうぃんどうず日記(124):
これは戦いだ! Windows 10のWindows Updateにはやられる前にや……
今回のネタは、Windows Updateによる更新プログラムのインストールで、仕事や帰宅の邪魔をされたくない、余暇の楽しみを邪魔されたくないという、Windows 10ユーザー向けの1つの“提案”です。少し手間が掛かりますが、今後、発生するかもしれない更新トラブルの多くを避けながら快適なPC生活を過ごすことができるかもしれません。(2018/4/17)

山市良のうぃんどうず日記(121):
削除してもゾンビのようによみがえる、手ごわいWindows 10更新アシスタント(Update Assistant)
Windows 10クライアントを運用している企業で、計画とは違うタイミングでWindows 10の新バージョンへのアップグレードが始まってしまうケースが発生しているようです。原因は幾つかありますが、最近になって事前通告なしで始まった「機能更新プログラム」とは異なる方法での配布が影響しているのかもしれません。そんなの聞いてないよ。(2018/3/6)

8万アカウントが使う人材採用ツール:
PR:社員エンゲージメント向上を採用段階から「無料」で実現。エンジャパンの「エンゲージ」
採用に悩める企業の大きな助けになるエン・ジャパンの「engage」。8万アカウントが活用する採用支援ツールの特徴とは?(2017/12/15)

山市良のうぃんどうず日記(114):
いつか役に立つかもしれない……勝手にMicrosoftのサポート情報を更新してみた(無保証)
最近、「Windows Update」が連続して問題になりました。このようなとき、セルフでトラブルシューティングするのに役立つのが「KB(Knowledge Base)」や「サポート技術情報」と呼ばれる、Microsoftが公開している膨大なサポート情報です。しかし、このサポート情報も何だかおかしなことになっています。(2017/12/12)

山市良のうぃんどうず日記(112):
Windows 10のWindows Updateでまたもやトラブル――CBB、お前もか……
2017年10月にリリースされ、Windows Updateによる段階的な配布が開始された「Windows 10 Fall Creators Update バージョン1709(ビルド16299)」ですが、このリリースはWindows 10 Homeおよび既定の更新チャネルで運用しているWindows 10 Pro向けのもの。ビジネス向けのリリースは年が明けてからのはずでしたが……。(2017/11/28)

山市良のうぃんどうず日記(105):
IaaSクラウド上でWindows Server 2016のWindows Updateはハイリスク?
本連載第96回「Windows UpdateとIaaSクラウドは忍耐が試される?」では、クラウド(Microsoft Azureなど)上の仮想マシンでWindows Updateやシャットダウンを行う場合の注意点(特に、Windows Server 2016)を取り上げましたが、2017年9月の定例更新で過去最大(筆者史上)の忍耐を強いられることになりました。本連載の過去記事と重複する部分もありますが、トラブルシューティングの参考になるかもしれないのでまとめました。(2017/9/19)

超入門コマンドプロンプト:
ファイルシステムの基礎と基本的なコマンドの使い方
今回はコマンドプロンプトで利用できる主なコマンドを紹介する他、Windowsファイルシステムの基礎知識、リダイレクト/パイプなどを使った活用方法も解説する。(2017/9/14)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(92):
君の名は? 昔の名前が出てこない
WindowsやMicrosoft製品に搭載されている機能や技術、そして製品名は、変更される場合があります。ものによっては、何度も変更されることがあります。名称変更はマーケティング的な理由が多いと思うのですが、トラブル解決を難しくしたり、ユーザーを混乱させたりといった“負の側面”も少なくありません。(2017/9/12)

山市良のうぃんどうず日記(103):
最近のWindows Updateは、本当にどうかしている(と思う)
2017年8月の定例のWindows Update後、Windows 10 バージョン1607とWindows Server 2016の「更新の履歴」が消えるという事象に遭遇しました。その翌週には、これらのOSに対し、累積的な更新プログラムが提供されました。その累積的な更新を数台の仮想マシンにインストールしようとしたら、丸一日かかってしまいました。(2017/8/24)

VBAにおけるFileDialog/エクスプローラー操作の基本&ドライブの空き容量、ファイルのサイズやタイムスタンプの取得方法
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、指定したドライブの空き容量、ファイルのタイムスタンプや属性を取得する方法、FileDialog/エクスプローラー操作の基本を紹介します。(2017/7/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(83):
信じてはいけない? Windows 7/8.1の更新ファイルのダウンロードサイズ
Windows 7/8.1やWindows Serverに対する毎月の更新プログラムの提供方法は、2016年10月から大きく変わりました。その影響により、Windows Updateの実行中に示されるダウンロード合計サイズと実際のサイズにズレが生じ、今後もそのズレ幅は拡大していくことになります。(2017/5/23)

週刊「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」 性格が正反対な犬と猫との共同生活マンガが毎週更新に
かわいい犬、貫禄ある猫、そして猫にしいたげられる飼い主!(2017/4/6)

初心者のためのAndroid&Javaで始めるプログラミング入門(1):
プログラミングとビルド、Androidアプリ開発、Javaの基礎知識
初心者が、Java言語を使ったAndroidのスマホアプリ開発を通じてプログラミングとは何かを学ぶ連載。初回は、プログラミングとビルド、Androidアプリ開発、Javaに関する基礎知識を解説する。(2017/4/3)

Linux基本コマンドTips(83):
【 rsync 】コマンド(その2)――同期元にないファイルを削除する/実行内容を事前に確認する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。前回に続き、今回も「rsync」コマンドを紹介します。(2017/2/3)

Linux基本コマンドTips(82):
【 rsync 】コマンド(その1)――ファイルやディレクトリを同期する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「rsync」コマンドです。(2017/2/2)

Linux基本コマンドTips(71):
【 chage 】コマンド――パスワードの有効期限を設定する/確認する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「chage」コマンドです。(2016/12/7)

なぜパフォーマンスが出ないのか?
エンタープライズNASのパフォーマンス問題と解決法
NASの運用で必ず生じる、パフォーマンスに関する問題。想定していた速度が出ない、速度が低下してきたといった問題は何が原因なのか。その解決方法を紹介する。(2016/11/24)

PR:創業66年「質屋おぢさん」のWebサイトを“デザイン素人”がBiNDでリニューアル! まさかの「今風オウンドメディア」に!?
(2016/10/31)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(69):
WindowsのDocker(コンテナ)対応、正しく理解できていますか?
Windows Server 2016とWindows 10では「Docker」がサポートされます。一方、Docker社は「Docker for Windows」を提供しています。どちらも“Docker”ですが、両者は似て非なるもの。似たものがいろいろと出てきていますので、整理しておきましょう。(2016/10/21)

食べログ、店舗の「点数の更新タイミング」を変更 随時更新から曜日固定の毎月2回に
決まった日にスコアが上下するように。(2016/10/12)

Linux基本コマンドTips(36):
【 zip 】コマンド(応用編)――ZIPファイルを作成して元のファイルを削除する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「zip」コマンドの応用編です。(2016/8/1)

Linux基本コマンドTips(34):
【 zip 】コマンド(基礎編)――ファイルをZIP形式で圧縮する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、「zip」コマンドです。(2016/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。