ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「正社員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「正社員」に関する情報が集まったページです。

月1万円を社員に支給 ノジマ、物価上昇で特別手当
昨今の物価上昇を受け、ノジマが社員に特別手当を支給する。正社員と契約社員の計約3000人に、毎月1万円を支払う。終了時期は未定という。(2022/7/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
50年以上「女性は都合のいい労働力」とされている、本当のワケ
正社員の平均賃金が男女で約200万円も異なるなど、賃金格差が縮まらない。女性の就業率は上がっているものの、非正規雇用者ばかりが増えている。こうした事象の背景には、「都合のいい労働力」を求める日本の構造がある。どういうことかというと……。(2022/7/22)

男女別でみると:
正社員と非正社員、“賃金格差”はどのくらいあるのか
正社員と非正社員で、収入面でどのようくらいの差があるのだろうか。15歳以上の男女に聞いた。(2022/7/6)

Webデザイナーら400人に聞いた平均年収 「満足している」は約4割 クリエイター専門人材紹介会社が調査
Web/グラフィック系クリエイターの平均年収はどれくらいか。クリエイター専門の人材紹介会社のユウクリはそのような調査結果を発表した。「正社員、契約社員」では「300〜400万円未満」と「400〜500万円未満」で、同率25.3%を占めた。(2022/6/27)

日本の雇用課題にメスを:
氷河期支援、正規30万人増めざす→実績は3万人 国の施策が機能しない根本的な矛盾とは?
政府が直近3年間で就職氷河期世代の正社員を30万人増やす目標を掲げていたが、実績はわずか3万人に留まる。政府の施策のどこに問題があるのか。(2022/6/15)

ヒントは社会保険料:
「年俸制」は企業と労働者、どちらに有利な制度なのか?
正社員への給与の支払い方法は主に2パターンある。「年俸制」と「月給制」だ。月給制を採用する企業が多いようだが、そもそも年俸制とはどういう仕組みなのか? また、年俸制は企業と労働者どちらに有利な制度なのか?(2022/6/3)

マイナビが調査:
正社員の初年度年収、平均454万円 1位「ITエンジニア」はいくら?
マイナビは運営する転職情報サイト「マイナビ転職」で「2022年4月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。正社員の初年度平均年収は454.7万円で、職種別では「ITエンジニア」が555万円でトップであることが分かった。(2022/5/26)

フリーランスの半数は「既に副業をしている」:
正社員の6割は「副業を考えているがまだ何も動いていない」 レバレジーズがITエンジニアの副業に関する調査結果を発表
レバレジーズは、ITエンジニアやクリエイターを対象とした副業に関する調査結果を発表した。副業を希望する人の割合は66.7%。そのうち、既に副業をしている割合は35.5%、副業先を探している割合は24.6%だった。(2022/5/25)

マネジメントのポイント:
「社員が副業をする」と言ってきた メリットは3つ、デメリットは2つ
パーソル総合研究所の調査によると、55%の企業が正社員の副業を認めているという。この数字はじわじわ増えているわけだが、こうした動きに対して企業はどのように対応すればいいのだろうか。メリットとデメリットをまとめてみた。(2022/5/20)

今井メロ、就活難航中と告白 人生初の正社員登用報告から1カ月「普通に生きることが私にはとてつもなく難しい」
「著名人を雇えるほどのキャパじゃない」と断られた経験も。(2022/5/19)

4つの因子:
安心の「正社員制度」なのに、心理的資本が低下する理由
日本的な雇用や処遇は、そこで働く人たちの心理的資本を毀損しないようにできているはずなのだが……。(2022/5/11)

週休3日制になったら、どう休みたい? 1位は「2連休ともう1日」
NEXERは、現在正社員として会社に勤めている全国の男女に、「週休3日制に関するアンケート」調査をした。週休3日制になるとしたらどのような休み方をしたいか聞いたところ、最も多かったのは「2連休ともう1日」だった。(2022/4/28)

ボーナスが違う:
「正社員と比べて、不合理な待遇差あり」7割 パートタイマーの不満は?
正社員との間に何らかの待遇差を感じているパートタイマーは、どのくらいいるのだろうか。都内の会社で働くパートタイマーに聞いた。(2022/4/22)

社員月給も平均7.3万円増額:
コーエーテクモ、新卒初任給29万円に引き上げ 競合ゲーム会社の初任給は?
コーエーテクモホールディングスは各グループ会社の正社員を対象に、大卒初任給を5万6000円増額し、月額29万円にすると発表した。バンダイナムコエンターテインメントと並び、大卒初任給ではゲーム業界で最高水準になるとみられる。ゲーム業界では、カプコンも社員の年収を平均3割引き上げるなど賃上げが相次いでいる。(2022/4/22)

コーエーテクモ、基本給を平均7万3000円アップ 大卒初任給も29万円に
コーエーテクモホールディングスが、国内のグループ各社に所属する正社員の基本給を平均7万3000円引き上げる。大卒新入社員の初任給も23万4000円から29万円に増やす。(2022/4/21)

非正規は行き止まりか:
「企業が正社員を非正規に置き換えている」は本当なのか?
非正規労働者が増えているといわれていますが、地方色の衰退と関係があると筆者は指摘。正社員が減っているからではないという。どういうことなのか?(2022/4/12)

「人生ではじめての出来事」 今井メロ、11回の挫折を経て居酒屋&美容サロン正社員になっていた
念願の就職、おめでとうございます!(2022/4/8)

評価法見直す必要も:
会社の人事評価に「不満ある」 20〜30代の5割に
SheepDogは、全国の20〜39歳の男女正社員に、「人事評価制度への満足度に関するアンケート」を行った。勤務先の人事評価について聞いたところ、満足していないと答えた割合は46%にも上った。(2022/4/7)

カプコン、正社員の年収を30%増額 持続的な企業価値向上を
人事組織の再編も実施。最高人事責任者を新設。(2022/4/1)

カプコン、正社員の年収を30%増額 22年度から 従業員が働きやすい環境を整備
カプコンは、2022年度から報酬制度を一部改定し、正社員を対象として平均基本年収を30%増額する。賞与支給についても業績連動性をより高めた仕組みを導入するという。(2022/4/1)

統計を読む:
氷河期世代という物語 「非正社員が多い」は幻想か?
1993年〜04年に学校卒業期を迎えた世代、いわゆる「氷河期世代」。バブル崩壊後の不況で正社員になれず、非正社員でいる人が多いといわれますが、この物語は本当なのでしょうか。統計をひも解いてみると……?(2022/3/6)

フリーランスは「人手不足の切り札」になるのか:
採用が難航する理由は「給料が見合わない」 Lboseが正社員採用とフリーランス活用に関する調査結果を発表
Lboseは「企業の正社員採用状況・フリーランス人材の活用意向調査」の結果を発表した。正社員の採用が厳しくなった際の代替手段としてフリーランスの活用を考えている企業は20%にすぎなかった。(2022/3/2)

経験者300人に聞く:
在宅勤務で生産性は? 3割が「落ちた」
ITツールの比較サイトを運営するSheepDogは、在宅勤務経験がある正社員を対象に「在宅勤務における生産性の変化」についてのアンケートを行った。その結果……。(2022/2/20)

800人に聞いた:
収入が減少する「週休3日制」は導入したい? 働く人に調査
マイナビは、20〜50代の正社員に「週休3日制の意識調査」を実施した。週休3日制を導入する際、収入も減少する場合には「利用したくない」と考える人が8割に達することが分かった。(2022/2/15)

給与はどうなる:
「賃金改善を見込む」54.6%、業種別では?
帝国データバンクは「2022年度の企業の賃金動向」を調査し、その結果を発表した。正社員の賃金はどうなるかというと……。(2022/2/13)

女性の約半数は「ほとんどない」:
30代男性の2人に1人、「単純作業」を1日2時間以上していることが判明
ITツール比較サイト「STRATE」を運営するSheepDogは、20〜40代の正社員で働く男女を対象に「単純作業の時間」に関する調査を実施した。単純作業を1日2時間以上している人は全体の約30%で、30代男性正社員については50%以上だった。(2022/2/5)

ITエンジニアの求人倍率は対前月比で17.8倍:
「Python」の求人倍率は53.1倍 レバテックが「正社員転職・フリーランス市場動向 2021年12月」を発表
レバテックは「正社員転職・フリーランス市場動向 2021年12月」を発表した。それによるとITエンジニアやクリエイターの正社員の求人倍率は対前月比で17.8倍となっており、特にPythonの求人倍率は53.1倍と高いことが分かった。(2022/2/2)

離職した時期:
高卒者の退職理由は? 入社1年以内に辞めた人は45.9%
高校生向けの求人情報サイトを運営するジンジブは、高校卒業後に正社員として働いた人を対象に、早期離職とその後の再就職に関する調査を実施した。(2022/1/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
このままでは“一億総非正規”待遇に!? 郵政は「正社員の休みを減らし格差解消」
「非正規社員の賃金が上がる」と期待が寄せられた同一労働同一賃金。しかし日本郵政グループは、正社員と非正規社員の格差是正を求める訴訟の結果、「正社員の休みを減らし格差を解消する」という提案を出した。こうした事例から、日本企業にはびこる“経営者問題”の根深さが見えてくる。(2022/1/14)

全社員8000人が対象:
ヤフー、全国どこでも勤務可能に 通勤手段と交通費の制約も撤廃
ヤフーは居住地や交通費の制限を撤廃した、新たな人事制度を導入すると発表した。社員は日本全国どこからでも勤務できる上、好きな移動手段で通勤できるようになる。正社員に加え、契約社員と嘱託社員を含む8000人が対象。(2022/1/12)

アイデムが調査:
正社員を希望する理由 「社会保険に加入できるから」を抑えて1位になったのは?
総合人材情報サービスのアイデムは「仕事探しに関するアンケート調査」を実施した。正社員雇用を希望する理由を尋ねた結果は?(2022/1/6)

30〜50代の1000人に調査:
都市圏在住者の3割「コロナ禍で地方移住に興味あり」、テレワーク継続希望も根強く NTTデータの調査
都市圏在住者のうち、地方移住に関心があると回答した割合は27.9%――NTTデータ経営研究所は9月、「NTTコム リサーチ」に登録するモニターで正社員、公務員、団体職員に属する30〜50代のホワイトカラー職種1035人を対象にアンケート調査を実施し、こうした結果が判明した。(2021/12/9)

メルカリ、「キャリアを中断した人」向けインターン 育児・介護からの正社員復帰を支援
メルカリは、育児や介護などでキャリアを中断した人に、有給の就業型インターンシップを提供するプログラムを始めた。(2021/11/26)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
大学留年した内定者、入社させて大丈夫? 人事が気を付けるべきことは?
内定者の1人から「大学の留年が決まったが、土曜日に通えるので正社員で入社したい」と連絡があった企業。大学在学中の人材を正社員として入社させて良いのか、気を付けるべき点はあるか? 社労士が解説する。(2021/11/19)

キャリアニュース:
正社員の平均副業月収は「約17万円」、東海が最も高く約23万円
転職サービス「doda」が「地域別・最新の副業実態調査」の結果を発表した。月平均の副業収入は「約17万円」だった。月平均の副業収入が多い上位2地域は「東海」「北海道」で、「株/FX」をしている人が多い地域の順位と一致していた。(2021/10/28)

300人に聞いた:
20〜39歳のアルバイト勤務の男性、47%は「正社員になりたくない」 なぜ?
全国の20〜39歳のアルバイト勤務の男性に「正社員願望に関するアンケート」を行った。正社員に「なりたくない」と回答した人は全体の約47%に及んだ。正社員になりたくない理由も聞いた。(2021/10/22)

シニアの商談獲得数は若手の1.4倍!:
若手リーダーとシニアの衝突はない? 60歳代メインの保険コールセンターに聞く
保険営業のコールセンター事業などを行うフィナンシャル・エージェンシーでは、シニアが多く活躍しており、契約社員・アルバイトのうち55%が60歳以上だという。一方、正社員は若手が多い。若手リーダーとシニアの衝突はないのだろうか? また、優秀なシニアに長く働いてもらうコツとは?(2021/10/21)

正社員の「平均ボーナスランキング」 最もボーナスが高い職業は?
全国の正社員として働く22歳〜59歳の男女から集めた、1万5000件の回答を元に結果をまとめた。(2021/10/19)

帰属意識は変化するのか:
副業していることを会社に伝えていない正社員が8割以上 本業への影響は?
企業で正社員として働いている人を対象に「副業に関するアンケート調査」を実施した。副業していることを会社に伝えているか聞いたところ、8割以上の人が会社には伝えていないことが分かった。副業で生じた本業へのデメリットやモチベーションの変化、本業のスキルの変化なども聞いた。(2021/10/18)

9割が「週休3日制」に魅力的に感じる 一方、期待することは?
都市部に在住している会社員に「正社員の働き方と転職」の意識調査を実施。転職先を探す時、「週休3日」の選択肢は魅力的か聞いたところ、54.3%が「とてもそう思う」、39.9%「少しそう思う」と答えた。一方、週休3日が導入される場合に、期待していることも尋ねた。(2021/10/15)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

そもそも正社員になりたい?:
フリーターが考える正社員就職の不安 2位は「転職活動そのもの」、1位は?
フリーターの男女を対象に「フリーターから正社員への就職で不安なことに関する意識調査」を実施。正社員になりたいと思うかどうかも聞いた。(2021/10/4)

リクルートスタッフィング調べ:
コロナ禍における転職の実態調査 業種・職種転換をした人の割合は?
転職者におけるキャリアチェンジ(業種・職種転換)の実態調査を実施。コロナ禍でキャリアチェンジした正社員1320人から回答を得た。(2021/9/21)

知られざる派遣エンジニアの威力:
PR:派遣エンジニアは検討しない? IT人材の活用で人事・経営部門がしがちな「誤解」とは
DX時代の到来で、多くの企業が探し求めるIT人材。そのIT人材を巡り、「正社員エンジニアでなければだめだ」「派遣エンジニアはNG」と考える人も多いのでは。しかし、そうした考え方は、ある種の「誤解」から生まれているという。なぜか。(2021/8/31)

調査で判明:
正社員化の誘いを断った派遣社員は7割超 理由は?
マイナビは、3回目となる「2021年 派遣社員の意識・就労実態調査」を実施した。正社員化の誘いを受けた割合や断った理由、派遣契約形態の変化や、なぜ派遣社員で働くことを選ぶのかを調査した。(2021/8/25)

帝国データバンク調べ:
正社員が不足している企業は40.7% 1年前から増加傾向
正社員が不足している企業は40.7%――そんな結果が帝国データバンクが実施した調査で分かった。企業の規模別や業種で分析するとどうなっているのか。(2021/8/24)

正社員の平均初年度年収は455.2万円 最も年収が高かった業種は?
マイナビは、「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。全国平均初年度年収は455.2万円だった。業種別の平均初年度年収や求人割合はどうだったのか。(2021/8/24)

2018年比で3.8ポイント増:
正社員の「副業」を容認する企業は55%、需要が多い職種は?
パーソル総合研究所が実施した「副業」に関する調査では、55%の企業が正社員の副業を容認していることが分かった。副業を容認/禁止する企業の理由は……?(2021/8/12)

「ミドル以上の世代の働きがいとモチベーション実態調査」:
40歳代以上の正社員にとって重要なのは「社会や社内への貢献が感じられること」 プラスアルファ・コンサルティング
プラスアルファ・コンサルティングは、「ミドル以上の世代の働きがいとモチベーション実態調査」を実施した。難易度や専門性が高い仕事に就いている人はやりがいを感じ、単純作業に就いている人は仕事へのモチベーションを失っていることが分かった。(2021/6/17)

給料が安い:
「仕事にやりがいを感じない」ミドル層の28%、その理由は?
ネットリサーチを行うプラスアルファ・コンサルティングは、40代以降の正社員を対象に「働きがいとモチベーション実態調査」を実施した。その中で、ミドル層の約28%が仕事に働きがいを感じられていないことが分かった。(2021/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。