ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「地下鉄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地下鉄」に関する情報が集まったページです。

非テツでも楽しめる、テツ好きが注目するチマタの話題:
東京を走る地下鉄のカラー、どうやって決めたの?
銀座線はオレンジ、丸の内線はレッドなど、東京を走る地下鉄は色分けされていて、路線図などの見やすさに一役買っています。その原点は、走っていた車両の色でした。(2020/6/5)

「穴場だと思う」は尼崎:
関西の「住みたい街」は? 1位は3年連続、阪急神戸線と地下鉄御堂筋線が上位独占
リクルート住まいカンパニーが発表した「SUUMO住みたい街ランキング2020」の関西版。1位は3年連続で「西宮北口」。「穴場だと思う街ランキング」では「尼崎」が1位となった。(2020/5/20)

「あれは日本の……!?  何だか見覚えがある」 NY市地下鉄で活躍するベテラン救援列車の珍シーンにグッときた
おおお、東急や南海の兄弟車両が活躍していました。(2020/4/20)

新型コロナで「貧富の差」浮き彫り 貧困地区の地下鉄は大混雑 富裕層は別荘地へ
新型コロナウイルスの感染拡大防止に国を挙げて取り組む米国で、貧富の格差が浮き彫りとなっている。(2020/4/9)

ベンツが地下鉄を走る! 小さくても豪快パワーな作業用自動車がかっこいい
うちのベンツ、電車引っ張るけど乗っていく?(2020/4/8)

「パリに踏切があるなんて!」「どこで見られるの?」 1つだけ存在する地下鉄の踏切にパリの人たちが興味津々
パリの隠れた名物?(2020/3/19)

時差通勤などに活用:
東京の地下鉄、五輪開催中の「混雑予想」を公開 計31駅、混む時間と場所は?
東京メトロと東京都交通局は3月18日、東京五輪・パラリンピック開催期間中の混雑を緩和するため、競技会場最寄り駅などの「混雑予想」を公開。混雑する場所と時間帯が分かる。(2020/3/18)

時速200kmで走りながら8K映像転送 鉄道各社が5G活用に向け実験
JRや大阪メトロなど鉄道各社は、2020年春の5G通信サービススタートを前に実証実験に乗り出した。時速200km以上で走ル新幹線への8K映像伝送や、地下鉄のトンネルなどへの5G基地局設置など、通信環境の整備を進めている。(2020/3/10)

列車が個人の「映画館」に…5G実用化へ鉄道各社が実験 JRや大阪メトロ
今春商用化される第5世代(5G)移動通信システムを、新幹線や地下鉄など通信が難しい環境でも早期に利用できるよう、JR、大阪メトロといった鉄道各社が実証実験に乗り出している。(2020/3/9)

列車が個人の「映画館」に、5G実用化へ鉄道各社が実験
今春商用化される第5世代(5G)移動通信システムを、新幹線や地下鉄など通信が難しい環境でも早期に利用できるよう、JR、大阪メトロといった鉄道各社が実証実験に乗り出している。(2020/3/9)

悪ふざけで懲役7年 「新型コロナのふり」ロシア、モスクワの地下鉄車内で若者がイタズラ 動画きっかけで逮捕
超えちゃいけないライン。(2020/3/3)

改装工事で大混乱、新しい銀座線渋谷駅ホームはどう変わった?
年末年始に地下鉄・銀座線の渋谷駅改装工事が実施され、銀座線と各線の乗り換え方法がかなり変わりました。JRの中央改札あたりは朝のラッシュ時に相当な混雑になっています。どうしてこうなったのでしょう。(2020/2/2)

富士通、小樽観光協会らと観光客の流れを可視化する共同実証を実施 滋賀の「2019びわ湖花火大会」、名古屋市営地下鉄に続き北海道でも
富士通と小樽観光協会などは、ニセコ・積丹・小樽エリアを含む後志地方と、札幌駅、新千歳空港で、Wi-Fiパケットセンサーを活用して観光客などの動きを可視化する共同実証を行う。人の数や流れ、混雑状況、移動ルートなどを分析し、今後の観光施策や各種事業の効果検証などに活用する。(2019/12/11)

機内でもハッキリ聴ける? ノイキャン対応「AirPods Pro」を数日使って感じたこと
「AirPods Pro」は、待望のアクティブノイズキャンセイリングに対応した。ノイズキャンセリングモードではかなりはっきりと環境音が消されるので、地下鉄で使えば、電車の走行音はほとんど気にならない。OSレベルでの連携によってスムーズに機能することもメリットだ。(2019/11/14)

サイン:
渋谷駅の地下出入口番号と案内誘導サインを改善、来街者の利便性向上へ
東京急行電鉄と東京地下鉄は、東横線・田園都市線・半蔵門線・副都心線渋谷駅の地下出入口番号(以下、地下出入口番号)の変更と駅構内の案内誘導サインの改善を実施する。渋谷駅の利便性とまちの回遊性の向上を目指す。(2019/9/17)

東京メトロかたるフィッシングメール出回る 「地下鉄カードのポイントの現金返還キャンペーン」うたう
フィッシング対策協議会が、東京メトロをかたるフィッシングメールが出回っていると注意喚起している。(2019/8/30)

都営地下鉄に「子育て応援スペース」試験導入
東京都交通局は7月31日、地下鉄・都営「大江戸線」の一部車両に「子育て応援スペース」を試験導入した。子ども連れでも気兼ねなく利用できるスペースという。(2019/7/31)

歩く、歩く:
東京の地下鉄、なぜ乗り換えが「つらい」のか
東京の地下鉄に乗っていると、「乗り換えが大変だなあ」と感じることがある。新宿や渋谷といったターミナル駅だけでなく、乗り換えが面倒な駅がある。例えば……。(2019/7/30)

東京メトロ公認「東京メトロ路線マークのイヤリング&ピアス」爆誕 あれ、意外とかわいいかも
さりげなく主張できる地下鉄愛。(2019/7/22)

G20対策で東京の駅トイレからサニタリーボックスがなくなった? 鉄道各社に対応を聞いた
JR東日本、JR西日本、東京地下鉄(東京メトロ)、西武鉄道、東京都交通局(都営地下鉄)に聞きました。(2019/6/27)

米アダルトグッズメーカー、広告を拒否され地下鉄会社を訴訟へ 「ED治療薬の広告はOKなのになぜ」
性的な健康を目指す点はバイブレーターも同じなのに、男性向けのED治療薬だけ許されるのは性差別との主張。(2019/6/20)

組み込み採用事例:
都営地下鉄が新型QRコードを用いたホームドア開閉制御システムを採用
デンソーウェーブは、新型QRコード「tQR」を用いたホームドア開閉制御システムが都営地下鉄浅草線で採用されたと発表した。tQRが印刷されたラベルを車両の扉に貼るだけなので、大規模な改修が必要なく、安価でシステムが導入できる。(2019/6/17)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
どうして地下鉄のホームにLiDARがあるのか、東京メトロに聞いてきた
インフラの世界ってぜいたくだな、というのが正直な感想です。(2019/5/22)

改札を抜ければどこへでも行ける 地下鉄の駅ですれ違う人を描く漫画に感情がこみ上げる
改札を抜けて電車に乗って乗り換えたら空港も沖縄もその先も、どこへも行ける。(2019/5/23)

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(16):
東京の地下鉄「三田線」をアルファベット1文字でどう表す? ―― 都道府県名を1文字にコード化せよ(その1)
米国の州の名前を2文字で表したり、東京の地下鉄の路線名を1文字のアルファベットで略したりする場合、関係者はとても苦労したはずです。そんな苦労を読者自身に体験していただき、最終的なテーマである「都道府県名の1文字化」を考えます。「その1」の今回は、米国の州名略称と、東京の地下鉄路線名の略称/コード化を取り上げます。(2019/5/22)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
地下鉄のホームに現れたLiDAR
こんなところにもあるとは思わなかった。(2019/4/10)

どんなコンセプト!? 都営地下鉄の壁や床をモチーフにしたチョコ「Toei Détail」が3月11日登場
全12種類の駅を味わえる。(2019/3/6)

「神保町駅ホーム壁のチョコ」──東京都交通局が地下鉄モチーフのコラボチョコを発売
下鉄の模様をモチーフにしたチョコレートを、東京都交通局が発売する。(2019/3/4)

現代は“社会人のヒゲ”もアリな時代? 大阪市営地下鉄「ひげ禁止訴訟」に、ネット上の反応は9割が否定的
大阪市に賠償命令が下された訴訟。(2019/2/8)

なにこれSUGEEE!! 「プラレール」で東京の地下鉄13路線を完全再現、ガチ勢たちのドリームチームが制作
いうなればプラレール界のアベンジャーズ。(2019/1/18)

これはいい展示! 貴重すぎて普段は非公開、日本初の地下鉄「1000形の車内」へ潜入してみた
「うへの」「此ノ戸」、懐かし楽しい! 「地下鉄博物館」の名物展示を体験。【写真39枚】(2018/10/25)

梅田の“セーブポイント”風「泉の広場」が韓国で発見 「実は“ワープポイント”だったのか」と錯覚を招く
発見者いわく、「釜山で地下鉄を降りたと思ったら、いつの間にか梅田にいた」。(2018/10/19)

高低差も再現した「東京地下鉄立体路線図」フルコンプリート版が発売決定、都営地下鉄4路線を加えて難易度さらにアップ
地下鉄の立体路線図がパワーアップして帰ってきた!(2018/9/7)

北海道地震、道内全域で鉄道運休 北海道鉄道各社の運行状況まとめ
鉄道は北海道全域で停電し、運転を見合わせています。北海道新幹線への直通運転、札幌市営地下鉄は7日昼ごろに再開予定。【更新:9月10日9時40分】札幌市営地下鉄や函館市電などはおおむね復旧。JR線も主要都市部は復旧するも、途中一部区間で運休する区間もあります。(2018/9/6)

LA地下鉄に「全身スキャナー」設置 全米初、利用客の安全を守るハイテクセキュリティ装置
隠し持っている危険なものを検出。(2018/8/15)

萌ちゃんたちの日常がここに 京都市交通局「地下鉄に乗るっ」約12分のショートアニメが無料公開
ファンの愛が詰まった12分(2018/6/2)

海外事例:
NYのハリケーン復旧工事に、技研製作所の圧入工法が採用
2012年に米国を襲ったハリケーンの復旧工事は現在でも続いている。その一環として2017年12月に着手したニューヨーク市マンハッタンの地下鉄修復と駅舎の改築工事で、高知県に本社を置く技研製作所の圧入工法が採用された。(2018/5/24)

電車・バス運行の裏方たち:
都営交通の「整備」を写真集に 東京の移動を支える“誇り”を映す
東京都は3月20日、地下鉄やバスといった都営交通の「整備現場」をテーマとした写真集を発売する。制作の狙いや写真集の内容について、東京都交通局に聞いた。(2018/3/12)

大阪地下鉄の新名称が「Osaka Metro(オオサカメトロ)」に決定
略称は「大トロ」……?(2018/1/25)

ズボンを脱いだまま地下鉄に乗る「ノーパンツデー」 極寒のニューヨークで開催される
みんなで脱げば怖くない!(2018/1/9)

特別車両で銀座線の「幻の駅」など見学 4090人応募で4000人落選 行ってきた
東京メトロが開催した地下鉄復刻イベント「銀座線タイムスリップ」に行ってきた。(2017/12/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
路線と思惑の交錯―― 阪急神戸本線と神戸市営地下鉄の直通計画
三宮駅を終点とし、神戸高速鉄道に直通する阪急神戸本線と、三宮駅を経由し西陣ニュータウンと新神戸駅を結ぶ神戸市営地下鉄西神・山手線の直通計画が再浮上した。2004年に阪急が持ちかけ、神戸市が渋った構想だ。しかし今回は神戸市長が阪急に秋波を送る。阪急HD社長も前向きで、実現の可能性が高まった。(2017/11/24)

Googleマップ、目的によって表示が変わるスッキリしたデザイン変更
Googleマップで、例えばカーナビモードでは地下鉄の駅を表示しないなど、目的別に表示する情報が変わるようになる。また、飲食店はオレンジ、医療関連はピンクなど、スポットのアイコンの配色がカテゴリ別になる。(2017/11/16)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
ホントは使える? 東京メトロ全駅で「WiMAX 2+」エリアを調査
UQコミュニケーションズのWebサイトでは、東京メトロ(東京地下鉄)の駅のうちWiMAX 2+に対応するのは「5駅」のみとされています。しかし、実際に調べてみると……。(2017/11/9)

地下鉄のエレベーターを偽の「アップルストア」に 行列まで用意するいたずら集団の大胆ドッキリがだまされそう
地下鉄表示の上にアップルロゴ。(2017/11/5)

銀座線車両に「東京地下鐵道」社章 90周年を記念して
銀座線は東洋初の地下鉄。(2017/11/2)

「Petya」の亜種?:
ランサムウェア「BadRabbit」が猛威、交通機関やメディアに被害
ロシアやウクライナで地下鉄などの公共交通機関や報道機関、政府機関などに被害が広がっている。(2017/10/25)

「しんかい2000」機械遺産に認定 歴史的意義のある機械
潜水調査船「しんかい2000」、国産初の地下鉄車両などが「機械遺産」に。(2017/7/25)

地下鉄で東京を冒険! 「週刊少年ジャンプ展」を記念したスタンプラリーが東京メトロでスタート
オリジナルグッズに24時間券の販売も展開されます。(2017/7/3)

東京メトロアプリがバージョンアップ 「Tokyo Subway Navigation for Tourists」と連携
6月30日に「東京メトロアプリ」がバージョンアップする。忘れ物について案内する「お忘れ物」や、マンガでアプリの便利な使い方を紹介する「みんなのメトロアプリ」などが追加される。また、東京の地下鉄のルート検索ができる無料公式アプリ「Tokyo Subway Navigation for Tourists」との連携機能も追加される。(2017/6/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。