ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タイガー魔法瓶」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイガー魔法瓶」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

無印良品が紹介するマシュマロアイスがおいしそう 少ない材料で簡単にできる!
材料はマシュマロと牛乳だけ!(2024/5/18)

「すげー」「お店やん!」 100均グッズで作るラックがお店のディスプレイみたい!
不器用でもできるそうです!(2024/5/17)

有田焼みたいなミニ四駆がすごすぎ! 伝統工芸風アレンジが本当に焼き物かと勘違いするクオリティ
中身はプラだから大丈夫なのだけど、壊れやすそうでちょっと不安げ。(2024/5/16)

「多頭飼いしたい」「家族に迎える準備はできている」 ネジやボルトから生まれたかわいい動物に心を掴まれる人が続出
(2024/5/15)

男女共用スクール水着、リニューアル版発売 上着のめくれ防止やトップスインナーなど要望受け改良
販売は上下別に、新色「クロ」追加も。(2024/5/15)

ニッチすぎる「ねじ切り機」カプセルトイに新弾登場! 新色をラインアップ
細かいギミックまで忠実に再現。(2024/5/15)

リピ確! 「やよい軒」6種の定食が“なんども”100円引き
21日10時から31日の期間。公式アプリ限定クーポン。(2024/5/14)

「母の日プレゼント製作執行本部」かわいすぎる子ども部屋のドアの貼り紙が話題 「最高」「絶対嬉しいやつ」
見てるだけでニコニコになっちゃう。(2024/5/14)

大谷翔平さん前髪伸びた? 同僚のゴルフゲームやスマホ見ながら山本由伸選手とリラックスタイムに少年のような笑顔がまぶしい
なに見ているの?(2024/5/14)

今まで見た中で“一番綺麗な富士山と天の川”がこちらです 「えぐい」「最高すぎる」
息をのむ美しさ。(2024/5/14)

しまむらで5月15日から「大感謝祭」 アウターや服飾雑貨など大感謝祭特価で
インフルエンサーとのコラボ商品や日替り特価商品なども登場。(2024/5/14)

電気ケトルが汚れてきたらどうする? タイガー魔法瓶が正しい洗い方を指南
よく使うものだからこそ手入れしたい。(2024/5/14)

注文から1カ月待ち 新聞紙を燃料に炊飯できる「魔法のかまどごはん」に注目集まる タイガー魔法瓶が開発にかけた思いとは
開発の経緯や今後の展開について取材しました。(2024/3/10)

ボタニカルキャンドルから火柱が…… 肝が冷える体験談漫画に「こんな危険が」「気をつけます」と反響
正しい消火方法について岡崎市消防本部予防課に質問。(2023/12/23)

人気の「炊飯器レシピ」、故障やケガの原因にも タイガー魔法瓶が注意喚起
タイガー魔法瓶は15日、動画配信サイトやレシピサイトを中心に人気を集めている「炊飯器レシピ」について、誤った炊飯器の使い方によって故障したり、使用者がケガをしたりする危険性があると注意喚起した。(2023/12/15)

「炊飯器レシピ」に警鐘 タイガー魔法瓶が炊飯器の正しい使い方をレクチャー、NG料理方法は?
実は間違った使い方かもしれない……あなたの炊飯器の使い方、大丈夫?(2023/12/15)

NEWS Weekly Top10:
Xに「年間1ドル」払えますか?
X(旧Twitter)の有料化テストがニュージーランドとフィリピンで始まった。Xは「botによる世論誘導対策のため」の有料化テストと説明しているが、イーロン・マスク氏は、Xをどのようなサービスにしたいのか、そのビジョンはいまいち伝わってこない。(2023/10/23)

知らないと損!?業界最前線:
新聞紙で炊くタイガーの炊飯器、開発のきっかけは「もったいない」だった 廃棄内釜を災害対策に
タイガー魔法瓶からちょっと変わった炊飯器「魔法のかまどごはん」が登場する。熱源は電気ではなく「炎」。同社100周年と関東大震災から100年の2023年に、防災グッズとして提案。キャンプ需要や学校教育なども想定する。開発の経緯や目指す世界について、製品のプロジェクトリーダーに話を聞いた。(2023/10/14)

新聞紙一部でご飯が炊ける「魔法のかまどごはん」、タイガーが発表 防災グッズにも
タイガー魔法瓶は31日、新聞紙が一部あれば、電気がなくてもご飯が炊ける「魔法のかまどごはん」(KMD-A100)を発表した。価格は1万9800円。(2023/8/31)

水筒に入れてはいけない“意外なもの”とは……? 調理器具メーカーによる注意喚起がタメになる
入れてはいけない物、意外と多い。(2023/7/5)

「昔家にあったやつ!」 タイガーの「懐かしすぎる」炊飯ジャーに反響 食卓の「昭和レトロ柄」ヒットの裏側
食卓にもレトロブームの波。(2023/7/4)

知らないと損!?業界最前線:
「こだわりの味」を再現するために超えた壁、タイガーの「サイフォニスタ」
自動サイフォン式という珍しさもあって、人気のコーヒーメーカーがタイガー「サイフォニスタ」。なぜ自動コーヒーメーカーでサイフォン式を採用したのか、コーヒーの香りと味の秘訣はどこにあるのか。企画を担当したタイガーの和泉修壮さんに話を聞いた。(2023/6/26)

家電トレンド解説:
「ほったらかし調理家電」戦国時代 タイガー魔法瓶は20年ぶりに参戦、勝ち残るのは……?
(2023/6/21)

子どもに貼られたシール1枚でクソダサになってしまった炊飯器をご覧ください
すごい火力で炊いてそう。(2023/5/30)

タイガー魔法瓶が調査:
熱中症対策は「5月から始めるべき」と考える人の割合は?
タイガー魔法瓶(大阪府門真市)が「熱中症対策に関する意識調査」を実施した。その結果、熱中症対策を始めるのにベストだと思う時期について「5月」(38.2%)が最多となり、4割程の人が回答した。(2023/5/19)

昭和レトロな花柄やストライプ柄がかわいい タイガー魔法瓶が炊飯器やポットなど復刻モデル8アイテムを発売
100周年記念モデルのレトロ柄復刻シリーズ。(2023/4/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
2023年に「○周年」を迎える製品は? 学びの多い記念サイト探訪
製品に対するメーカーの思いがギュッと詰まっています。(2023/4/13)

イノベーションのレシピ:
宇宙の断熱保冷技術を地上でも、小型なのに長期温度維持可能な輸送コンテナ
JAXAの開発した断熱保冷技術。これを宇宙だけでなく“地上”でも役立てようとするスタートアップが存在する。「JAXAベンチャー」のツインカプセラだ。(2023/4/12)

家電トレンド解説:
まるで「噴水」 タイガーが挑戦的なコーヒーメーカーを開発した理由
6万6000円のコーヒーメーカー「Siphonysta(サイフォニスタ)」を投入したタイガー魔法瓶。まるで噴水のようにコーヒーが吹き上がり、見た目にもこだわる。なぜ、高級コーヒーメーカーの市場に挑戦したのか。(2023/3/22)

知らないと損!?業界最前線:
サイフォン式も登場で高級化進む 「コーヒーメーカー」の進化と矛盾
タイガー魔法瓶が2023年1月、サイフォン式コーヒーメーカー「サイフォニスタ」で高級コーヒーメーカー市場に参入した。総務省の家計調査によるとコーヒーの消費量は2010年以降ほぼ右肩上がりだ。コーヒーメーカー市場は、今後どのように進化していくのだろうか。(2023/3/13)

水曜日に「へえ」な話:
シロカの「全自動コーヒーメーカー」はなぜ売れているのか 背景に2つの理由
シロカの「全自動コーヒーメーカー」が人気を集めている。商品名は「カフェばこPRO」。売れている秘密を取材したところ……。(2023/2/1)

リサイクルニュース:
タイガー魔法瓶が門真市とステンレスボトル再資源化に向けた協定を締結
タイガー魔法瓶は、本社を置く大阪府門真市と「マイボトルの普及および使用済みステンレス製ボトルの再資源化の促進に関する協定」を締結した。(2023/1/31)

価格は6万6000円:
“魅せる抽出”タイガー魔法瓶、「自動サイフォン式」高級コーヒーメーカーを開発
タイガー魔法瓶は高級コーヒーメーカー市場に参入すると発表した。自動サイフォン式コーヒーメーカー「Siphonysta」を2月21日から発売する。自宅で本格的なコーヒーを楽しめる、こだわり志向の商品として訴求する。(2023/1/26)

喫茶店の味を再現する「自動サイフォン式」コーヒーメーカー、タイガー魔法瓶が発売 6万6000円
タイガー魔法瓶は25日、高級コーヒーメーカー市場に参入すると発表した。サイフォン式の抽出システムを搭載したコーヒーメーカー「Siphonysta」(サイフォニスタ)を2月に発売する。(2023/1/25)

寒い時期の避難、困ることは? 想像と現実に差
タイガー魔法瓶(大阪府門真市)は、寒い時期の地震避難を経験した人・未経験の人各330人を対象に、「寒い時期の防災対策に関する調査」を実施した。(2023/1/21)

女性満足度が高い「電気ケトル」 ティファールを抑えた1位は?
こどもりびんぐ(東京都千代田区)が運営する「シルミル研究所」は、全国の女性429人を対象に「電気ケトルについての調査」を実施した。利用率や満足度が高い電気ケトルが明らかになった。(2022/11/8)

平成初期の花柄も:
懐かしい昭和家電の「ポピー」柄が復刻 タイガー魔法瓶が創業100周年の記念ボトルを発売
タイガー魔法瓶(大阪府門真市)は、2023年の創業100周年を記念し、昭和と平成初期に描かれた花柄をあしらった真空断熱ボトルを10月上旬に発売する(2022/10/13)

レトロかわいい花柄デザインを復刻 タイガー魔法瓶が真空断熱ボトルを数量限定で販売
いま見ても、美しい……。(2022/10/5)

前週比で2倍増の週も:
タイガーとサーモスの「炭酸対応ボトル」、猛暑で販売好調 節電ニーズも追い風に
記録的な猛暑が続く中、タイガー魔法瓶とサーモスが販売する、炭酸飲料の持ち運びに対応した魔法瓶の売れ行きが好調だ。販売数が前週比で倍増しているケースもあるという。(2022/7/31)

7月下旬より発売:
レトロ感が漂う! タイガー魔法瓶の“昭和家電”をミニチュア化
ミニチュアフィギュアなどを製造しているケンエレファントは7月下旬に、創業100周年を迎えるタイガー魔法瓶のミニチュアアイテムを発売する。どんな商品なのかというと……。(2022/7/19)

タイガー魔法瓶のノスタルジックな昭和家電がカプセルトイに かわいらしい昭和レトロなデザイン
いとおしい昭和の香りを感じる家電がずらり。(2022/7/18)

タイガー「転倒してもこぼれないケトル」CMが景表法違反に こぼれる場合があるため
消費者庁と公正取引委員会が、タイガー魔法瓶のテレビCMとWebサイトで景品表示法に反する表示があったとして課徴金納付命令を出した。転倒しても中身がこぼれないとしていたが、こぼれる場合があったという。(2022/2/9)

ビールの飲みかけ保存ができる、タイガー「真空断熱炭酸ボトル」で飲んで分かった衝撃
実際に炭酸飲料を注いで振って開けて飲んで分かったこと。(2022/2/5)

アルコール類の持ち運びも:
タイガー、“国内唯一”の炭酸保冷ボトル発売 ペットボトルと炊飯器にヒント 2年の開発秘話
タイガー魔法瓶は、炭酸飲料の持ち運びに対応した保冷ボトルを発売する。国内メーカー唯一の商品だという。ユーザーや社内の声を反映し、約2年をかけて開発した。同社はビールなどのアルコール類を持ち運んだりする楽しみ方を提案する。(2022/1/21)

タイガーの炭酸ボトル、開発のヒントはペットボトルだった
タイガー魔法瓶が21日に発売する「真空断熱炭酸ボトル」は、国内メーカーで唯一炭酸飲料を持ち運べる真空断熱ボトルだ。しかしなぜ今までなかったのか。(2022/1/19)

冷たいビール持ち運べる真空断熱ボトル、タイガーが発売 1.5Lタイプまで
タイガー魔法瓶はビールなど冷たい炭酸飲料を持ち運べる真空断熱ボトル4種を21日に発売する。6000円から7500円前後(税込)。(2022/1/11)

炭酸飲料を持ち運べる水筒がタイガーから登場 国内メーカーで唯一、独自構造搭載で吹きこぼれを防ぐ
水筒にコーラが入れられる……!(2022/1/11)

宇宙開発:
大気圏再突入カプセルの技術を魔法瓶へ、JAXA発ベンチャーとタイガー魔法瓶が提携
ツインカプセラとタイガー魔法瓶は、断熱保冷容器事業で業務提携する。主に技術面において協力し、小型化と保冷性能の両立や無電源での長期間保冷が可能な断熱保冷容器を開発する。(2021/10/29)

Yahoo!ショッピング/PayPayモール、最大50%オフの「おとくプライスWeek」開催 9月27日から10月3日まで
ヤフーは、Yahoo!ショッピング/PayPayモールで「おとくプライスWeek」を開催。低価格商品や割引率の高い商品をまとめた売り場「トクプラ」で、有名ブランドの商品などを最大50%オフで提供する。期間は9月27日から10月3日まで。(2021/9/25)

家電メーカー進化論:
3年間で大改革の「タイガー」、きっかけは元ソニーの女性役員
1923年創業で、ステンレスボトルや炊飯器などの多くの製品を手掛けるタイガー魔法瓶。2023年に100周年を控えた18年からは、元ソニーでVAIO事業を立ち上げるなどした浅見彰子氏が、既存事業のほか構造改革や未来のビジョンづくりに取り組む。タイガーが抱えていた課題と施策、そして100周年後の展望などを聞いた。(2021/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。