ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電気ポット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電気ポット」に関する情報が集まったページです。

キター!! トヨタ、新型「アクア」発表 新開発バッテリー搭載・リッター35.8キロ、198万円から【写真で見る】
攻めのヤリス/安心信頼やさしい顔の「アクア」。(2021/7/19)

象印マホービン、12月〜5月期の純利益は51%増 背景に巣ごもり需要の拡大
象印マホービンが発表した、20年12月〜21年5月の連結決算、巣ごもり需要の拡大で調理家電が伸び、純利益は前期比51.3%増の30億円だった。(2021/6/30)

家電メーカー進化論:
スピード経営で知られるアイリスオーヤマ、問題発生のたびに躍進できたワケ
アイリスオーヤマは、コロナ禍でもマスク生産拠点をいち早く国内に構えるなど、スピード経営を実践し続ける企業の1つ。アイリスオーヤマ 代表取締役社長 大山晃弘氏に、時代の流れに素早く対応するスピード経営の秘訣と、時勢を見極める製品展開、今後の事業構想について話を聞いた。(2021/4/22)

デジタル防災を始めよう:
長期化するライフライン停止で問題なのは“電気以外”だ
電気は意外に早く復旧する。それ以外のライフラインをどうするかが課題だ。(2021/3/31)

【電化製品が燃えた体験談】ペットを室内飼いしている方はご注意を 猫が家中でマーキングするように→延長コードから火柱
現在は、コンセントカバーなどで対策しているとのこと。(2021/4/8)

【電化製品が発火した体験談】「アルミホイルを電子レンジでチン」はNGなのかOKなのか問題
一般的にはダメと言われていますが、そういうお料理情報もチラホラ。(2021/4/10)

サンコーが煮出し&温度調節ができる電気ティーポットを発売 中が見えるガラス製でお手入れもしやすい
お手入れしやすいのはうれしい。(2021/1/20)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(3):
製品化に欠かせない“製品の計画書”、企画と設計構想を考える
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する。第3回のテーマは、製品化に欠かせない「企画と設計構想」だ。これらの取り組みにおける重要な視点、アプローチについて詳しく解説する。(2021/1/18)

東武鉄道グループのバス事業を支える:
PR:社会インフラを守るためのBCP対策に、東武エナジーサポートが選んだ蓄電池とは?
近年頻発する自然災害を背景に、BCP対策としての蓄電システムに関心が高まっている。東武エナジーサポートが導入したのは、ニチコンのポータブル蓄電システム(ESS-P1S1)だ。同社はなぜニチコンの蓄電システムを採用したのか――その理由を聞いた。(2020/12/9)

【Amazonブラックフライデー】あると便利な生活家電&小型家電 ロボット掃除機・電子ケトル・ヘアアイロンなど
冷たい水が寒くなってきたら、沸かして飲むとよし。(2020/11/27)

【電化製品が燃えた体験談】電気ケトルをコンロにかけた結果→燃えちゃった 実は注意喚起している消防局もある事故例
でも「うっかり」ってそういうものだから……。(2021/1/20)

【電化製品が爆発/発火した体験談】原因は過放電? 昔遊んでいたラジコンのリチウムイオン電池が爆発した、というお話
リチウムイオン電池は広く使われているので、ラジコン以外でも起こるかも?(2021/1/21)

Gartner Insights Pickup(180):
クラウドのメリットを気に掛けていないCEOに投資を認めてもらうには
クラウドへの投資につながる財布のひもを握っているのは、CEOをはじめとした「非技術者」だ。こうした人たちに、クラウドの技術的なメリットだけをいくら訴えても効果は期待できない。(2020/10/23)

コーヒー好き注目の電気ケトル「Brewista」に新色 シンプルな「ピュアブラック」「ピュアホワイト」
40〜100度まで1度単位で設定できます。(2020/9/30)

電気自動車:
日産が災害復旧に特化したEVコンセプト、悪路走破や非常時の活動に対応
日産自動車は2020年9月29日、停電など災害復旧支援を目的とした電気自動車(EV)のコンセプトカー「RE-LEAF」を欧州で発表した。(2020/9/30)

車内で家電が使える! AC100Vコンセントがあるクルマ5選
停電時やキャンプなどで役立ちます。(2020/9/22)

蓄電・発電機器:
パナソニックが容量3.5kWhの新型蓄電池、価格は税別126万円
パナソニックが産業・住宅用リチウムイオン蓄電システムの新製品を発表。容量3.5kWh(キロワット時)のモデルで、 希望小売価格は税別126万。(2020/8/31)

客室すべてがアニメやゲーム作品とのコラボルーム! 埼玉県所沢市に「EJアニメホテル」がオープン 10月1日から
KADOKAWAによる体験型ホテルです。(2020/8/4)

テレワークで買ってよかったもの47選! 大型モニターや腰を支える椅子・クッションが人気
テレワークで使ってみたいグッズがたくさん集まりました!(2020/7/23)

ティータイムに用意するのは……戦車!? 英国陸軍が独特すぎる「紅茶の入れ方」動画を公開
戦車やらゴツい搭乗員などが出てくる割に、紅茶は普通においしそう……。(2020/7/9)

つなぎまくりたい プラグを電源タップに差し込んで遊べるカプセルトイ「配線の世界」
実用的な6個口タップもあります。(2020/5/20)

設定した温度で沸かして、そのまま保温してくれる! おしゃれな温度調節電気ケトルでQOLが上がりそう
おしゃれで機能的なアイテムは最強。(2020/5/12)

T-falの電気ケトルやフライパンのミニチュアフィギュアが登場 ミニチュアになっても“取っ手のとれる”
いつもお世話になってるT-fal製品がミニチュアに。(2020/4/21)

在宅ワークを始めた人へ 在宅歴30年の漫画家が教える「在宅心がけ」が「参考になる」「実践したい」と評判
心がけ、実践したい。(2020/4/14)

カップ麺を作るのさえ面倒な人に朗報! 自動カップ麺メーカー「まかせ亭」が発売、お値段たったの5980円
水入れるだけなんだぜ。(2019/11/27)

「セブン-イレブンのゴミ箱」を忠実に再現したニッチすぎるカプセルトイが話題に 「笑った」「誰得!?」と困惑の声
謎のクオリティーの高さよ。(2019/9/2)

水曜インタビュー劇場(コーヒー公演):
えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い
調理家電で、またひとつユニークな商品が登場した。コーヒーの焙煎機だ。大阪の家電メーカー「ライソン」がクラウドファンディングで公開したところ、3200台以上が売れた。家電量販店などであまり目にしない商品は、どのようにして開発されたのか。同社の社長に聞いたところ……。(2019/7/10)

マヨラーに吉報! ペヤング「超超超大盛GIGAMAX」に「マヨネーズMAX」登場 50グラムのマヨで悪魔の追いカロリー
マヨネーズが足りてるんだけどォォォォォ。(2019/7/3)

終了:【Amazonタイムセール祭り】4Kテレビや電気ケトルなど家電系まとめ
台所用品なども安くなってますよ。(2019/2/1)

調理もできる電気ケトル「クックケトル」登場 「スープパスタ」や「チョコレートフォンデュ」も
温度調節機能と「つぼ型容器ポット」がポイント。(2019/1/21)

ゆで卵やお茶を作れる電気ケトル「クックケトル」登場
生活家電などを手掛けるスマイルが、調理道具としても使える電気ケトル「LUCTUS クックケトル」を1月21日に発売する。ゆで卵やお茶を作れる。(2019/1/18)

可能性は無限大? スマホでなんでもスイッチをオン・オフできるガジェット「SwitchBot」がめっちゃ力技
タイマー機能もあるよ!(2018/11/9)

IoTっていうけど、何すればいいの?(1):
「IoT」とは何かを、あらためて考える
IoTを活用できるエンジニアになるための視点を取り上げる連載。第1回は『「IoT」とは何かを、あらためて考える』。「分かっている」という声も聞こえてきそうだが、あえて立ち止まってみよう。(2018/8/31)

蓄電・発電機器:
半分の時間で急速フル充電、シャープが住宅向け蓄電システム
シャープが住宅太陽光向け蓄電システムの新製品を開発。8.4kWh(キロワット時)のリチウムイオン蓄電池は急速充電に対応し、満充電にかかる時間を従来機比半分の約2.5時間に短縮した。(2018/5/16)

蓄電・発電機器:
ハンファQセルズ、住宅向けハイブリッド蓄電システムを販売へ
ハンファQセルズジャパンは、住宅向けハイブリッド蓄電システム「HQJB-Aシリーズ」を2018年4月上旬から販売する。電池容量5.6キロワット時(kWh)の蓄電池と、変換効率96.5%の高効率ハイブリッドパワーコンディショナーを組み合わせた。(2018/2/19)

これが「i pot」か 電気ポットの中にすっぽり入った自作パソコンに驚きの声
ただし弱点は廃熱。(2018/2/15)

デロンギの朝食向け家電「アクティブ シリーズ」にポップアップトースターが仲間入り
デロンギ・ジャパンは、朝食向けのデザイン家電コレクション「デロンギ アクティブ シリーズ」の新製品として、ポップアップトースター(CTLA2003J)を2月15日に発売する。(2018/2/9)

来年1月から販売:
お茶好きに需要あり? “1℃単位”で温度調節ができる電気ケトル
山善は“1℃単位”で温度調節ができる電気ケトルを販売する。(2017/12/21)

ギターを奏でるオーブンレンジ、バルミューダ「The Range」
バルミューダは、同社初のレンジ「BALMUDA The Range」を発売する。シンプルなデザインと操作性が特徴。さらに「少しキッチンを楽しくする」遊び心を加えた。(2017/9/6)

太陽光:
蓄電池を後付けできるパワコン、住宅太陽光の自家消費シフトに
パナソニックは、既存の住宅用太陽光発電システムに蓄電池を後付けできる「創蓄連携システム」を開発した。太陽光発電を導入してからでもパワコンを交換せずに蓄電池を設置でき、自家消費にシフトできる。(2017/9/6)

PTCジャパン Creo 4.0:
IoT、3Dプリンタ、ARを設計業務で手軽に活用できる「Creo」がもたらす未来
フィジカルとデジタルの融合をテーマに、「Creo 4.0」で実装済みの機能および間もなく提供される新機能について、米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が説明。さらに3Dプリンタ連携機能の一環として着手し始めている「トポロジー最適化」についても言及した。(2017/4/21)

スマートハウス:
住宅太陽光の創蓄連携を後押し、自家消費ニーズに応える新製品
パナソニックは住宅用の太陽光発電システムと蓄電池を連携させる創蓄連携システムの新製品「パワーステーションS」を4月から販売する。従来製品より3分の1に小型化し、施工性も大幅に改良した。住宅用太陽光発電の自家消費ニーズの流れや、ZEHへの活用を見据えた製品だ。(2017/2/22)

レトロなカラーとスタイルが魅力のキッチン家電「Toffy」
ラドンナがレトロなデザインとカラーリングを採用したキッチン家電シリーズ「Toffy」(トフィー)を発表した。トースターやコーヒーメーカーなど全6機種。(2016/11/21)

新人記者(ハラペコ女子)が行く:
なぜ2万5000円の高級トースター「バルミューダ」は売れるのか?
2万5000円と高級なのに、飛ぶように売れているトースター「BALMUDA The Toaster」。なぜ売れているのか? キーワードになっている“物より体験”とはどういう意味なのか? 購入者(※筆者の母)に聞いてみた。(2016/11/14)

バルミューダ、炊飯器発売へ 「新しいごはんの提案」
家電ベンチャーのバルミューダは、来年1月に炊飯器を発表する予定を明らかにした。(2016/11/8)

バルミューダ、トースターに続く新製品は「美しい電気ケトル」
バルミューダは、デザインにこだわった電気ケトル「BALMUDA The Pot」を10月中旬に発売する。(2016/9/26)

「最高の注ぎ心地」を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」
バルミューダは、電気ケトル「BALMUDA The Pot」を10月中旬に発売する。ブラックとホワイトの2色を用意しており、価格は各1万1000円(税別)。(2016/9/26)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

“ウェアラブル”の今:
家に帰ると、Wi-Fiルーターが家の明かりを灯してテレビをつけてくれる
先日我が家で、自分が家に帰ると、Wi-Fiルーターがそれを認識して、自動的に家の明かりつけて、テレビの電源を入れてくれる、という環境が作れた。しかも、驚くほど簡単に。(2016/5/28)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。