ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「起業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!起業→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で起業関連の質問をチェック

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第2回 学び直しを楽しむ極意
ミドルが第二の職業人生を目指して学ぼうと思ったら、まず自己分析をする必要がある。素直な気持ちで自分に向き合い、ありのままの自分をとらえ直す。(2022/1/17)

「お金の使い方」を知っていますか? 教育事業参入のマネックス松本社長に聞く
マネックスグループは2021年11月26日に、STEAM教育に取り組むスタートアップ「ヴィリング」を買収した。これは、マネックスが教育事業に新規参入するということを意味する。その背景には何があるのか。松本大社長に聞いた。(2022/1/14)

製造業DXが生む3つの価値(4):
ローコード開発が、環境変化に対応しやすく陳腐化しにくい基幹システムを作る
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。最終回のテーマは「ビジネス環境への対応」だ。現場ニーズに即しつつ、ソースコードに極力手を加えずに基幹システムの追加機能を開発する上で、「ローコード開発」の意義に注目したい。(2022/1/13)

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「中国製気にしない」「SNSで探しECで買う」Z世代消費の“傾向と対策”
1990年代後半から2000年代に生まれた世代を指す「Z世代」という言葉を見聞きすることが増えた。トレンドの担い手として企業の関心を集めるが、中国でも「Z世代」にターゲットを絞って急成長するスタートアップが次々に現れている。中国のZ世代はどのような特徴を持つのだろうか。(2022/1/6)

「起業後進国」払拭 脱炭素関連、独自技術で存在感
事業活動を通じて社会課題の解決を目指す「社会貢献型ベンチャー企業が存在感を増している。社会課題に挑むことにやりがいを見いだす起業家が出てきたことに加え、その熱意に共感する支援企業が増えたことなどが大きい。(2022/1/5)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第1回 なぜ今「学び」が求められているのか
キャリアのオーナーシップを会社から自分に取り戻し、本当にやりたい仕事に取り組もう。(2022/1/5)

目標の内容は:
年間目標を達成したフリーランスは46.3%、達成した人の特徴は?
2021年の年間目標を達成した人はどのくらいいるのだろうか。「達成した」と答えたのは46.3%に対し、「達成できなそうあるいは達成できなかった」が51.7%であることが分かった。(2021/12/29)

3年連続の……:
大学生が尊敬する起業家・経営者 3位イーロン・マスク氏、2位孫正義氏、1位は?
マイナビが運営する大学生向けメディア「マイナビ学生の窓口」が、「大学生が選ぶトレンドアワード2021」を発表した。(2021/12/28)

国内クラファン市場は10倍へ:
寄付と投資の間に商機見いだす コロナ禍で流通額「4倍成長」のCAMPFIRE家入代表を直撃
2021年に大きく躍進したのがクラファン事業だ。震災前と比べると、約2.5倍水準に個人寄付の規模は拡大している。業界が成長する中、大手の「CAMPFIRE」の累計支援額が21年9月末で490億円にまで拡大した。代表の家入一真氏に展望を聞く。(2021/12/28)

学情調べ:
学生に聞いた「目指したい役職」 3位は「課長」、2位と1位は?
学情は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生に、「仕事観(新卒で入社した企業で勤めたい年数・目指したい役職)」を聞いた。新卒で入社した企業で「定年まで働きたい」と回答した学生は38.3%だった。(2021/12/27)

元あいのり・でっぱりん、第1子誕生を幸せ報告 予定日から約2週間遅れた“命がけの出産”に「死ぬのかと」
本当におつかれさまでした……!(2021/12/24)

背景を考察:
日本は遅れてる!? 中学受験ドラマ『二月の勝者』をきっかけに考える、教育とビジネススキル
中学受験を扱った『二月の勝者〜絶対合格の教室〜』がドラマ化された。新しい時代に対応した問題を出す中学・高校が増えているという。教育の観点からこれからのビジネススキルを考察する。(2021/12/24)

夫の独立や転職に賛成? 反対? 「父親の職業」や「年収」が関係
 Parasol(東京都港区)の運営する未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」は、女性側の「夫の独立や転職に関する意識調査」を実施した。その結果、「父親の職業」や「自身の年収」に相関がみられ、独立や転職に対する意見に差がでることが分かった。(2021/12/23)

GoogleやFacebookの元幹部バーラ氏、新型コロナ検査キット販売企業のCEOに
Google、Xiaomi、Facebook(現Meta)の幹部を歴任したヒューゴ・バーラ氏が新型コロナ検査キットを手掛けるDetectのCEOに就任。FDAの緊急使用許可を取得した検査キットを15日に発売した。49ドルのキットはすぐに完売した。(2021/12/23)

「街の住みここち」ランキングふるさと版 3位「北海道の東川町」、2位は「山梨県の昭和町」、1位は?
大東建託は、全国47都道府県に住む成人男女累計14万6758人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2021/12/28)

Block(旧Square)、H&R Blockに商標権侵害で提訴される
税務申告書類作成サービスのH&R Blockが、Block(旧Square)を商標権侵害で提訴した。Blockは税務アプリ事業を買収しており、H&R Blockと直接競合すると主張している。(2021/12/17)

人材業界のゲームチェンジャーになれるか:
元DeNA社長の守安氏が語る「タイミーの2つの課題」 電撃転身の裏側で語られたこととは?
10年間務めてきたDeNAの社長を4月に退任し、人材スタートアップ「タイミー」のCOOとして事業全般の拡大に携わることを発表した守安功氏。「自分が関わったら、すごく成長させられるイメージがわいた」と話す一方、「中長期戦略とそれに伴う組織マネジメント」については課題があるという。電撃転身の裏側で語られたこととは?(2021/12/17)

FinTech企業の女性活躍
「女性のFinTech企業幹部」がなかなか生まれない問題 その切ない実態とは
ダイバーシティーの取り組みが注目を集める中で、その実践に課題を抱える業界や企業がある。調査によると非上場FinTech企業における経営幹部への女性登用が進んでいない。その実態は。(2021/12/17)

注目のFinTech企業はなぜこぞって中小企業のB2B取引に狙いを定めるのか 勝ち筋を読む
FinTech企業にとっていま一番アツいのは中小企業のB2B決済のデジタル化支援だという。多様な企業が出現しているがまだまだ市場は飽和しそうになく、多数の投資家がこの市場の成長株企業を狙って出資合戦を繰り広げる状況にある。投資家らが注目するスタートアップ企業の狙いを読み解く。(2021/12/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リスキリング必須の時代! 学びで人生は変わる!
いま、ビジネスパーソンの「リスキリング」がクローズアップされている。DXなどによる大きな変革の波に適応するため、あらゆる世代が「学び直し」を迫られる時代ともいえる。しかし、他者から押し付けられた受け身での学びからは、やらされ感しか生まれず、自律的なキャリアは拓けない。ではいかにして「ワクワクする学び」を自ら創り出し、主体的に人生を変えていくか。その道を考察する。(2021/12/16)

PR:誰でも使えるデータサイエンスツールで“初めの一歩”を踏み出せ――「統計学が最強の学問である」著者が語るデータ活用のススメ方【後編】
データ活用を始めたいが考え方やツールが分からない――こんな悩みに、ベストセラー書籍「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏が答えます。登場したのは、データサイエンティストの仕事の8割を自動化するツールでした。日本のDXについて語る特別対談の後編です。(2021/12/15)

PR:企業のDXはここから巻き返せ!――「統計学が最強の学問である」著者が語るデータ活用のススメ方【前編】
企業のDXやデータ活用を手探りで進めるのは難しいものです。そこでデータ活用の“いろは”を解説したベストセラー書籍「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏に、日本のDX推進のヒントを聞いた特別対談の前編です。(2021/12/15)

組込型金融パーツやビジネスアイデアの出品、流通 「ichibar組込型金融マーケットプレイス」開始
 GMOあおぞらネット銀行は12月13日、提供している「ichibar(イチバー)組込型金融マーケットプレイス」において、「マーケットプレイス機能」の提供、出品受付を開始すると発表した。同社WebサイトやAWS Marketplaceを通じて、組込型金融サービスに関連するソフトウェア部品やビジネスアイデアなどの出品が可能となる。(2021/12/14)

PFUの熱いユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」で語られたこと
発売から25周年を迎えた2021年、PFUがユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」を開催した。熱烈なファンが集う会で何が話されたのか、レポートをお届けする。(2021/12/13)

ビジネスも生活も充実:
PR:超・低コストで拠点開設! IT企業の「地方進出」なら新潟県がオススメなワケ
コロナ禍をきっかけに注目が集まる、企業の「地方移転」や「拠点開設」。そこでぜひ利用したいのが、新潟県が提供しているさまざまな支援制度だ。オフィス賃料や人件費の補助を手厚く用意している新潟県では、人材面でのメリットやアクセスの良さも相まって、昨今では進出企業が増えているという。本記事では、進出企業の声とともに、新潟県の魅力を解説していく。(2021/12/6)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
白熱する「無人レジ競争」の行方──ショッピングカート式の勝算と課題は?
小売店のレジの無人化にはさまざまな種類がある。その中の一つが、ショッピングカートにレジ機能を搭載する形式だ。日米で広まるショッピングカート式のレジの勝算と課題とは?(2021/12/9)

「世界一の大富豪」イーロン・マスクって何をした人? 「最強アイマスP」の噂が有名な起業家を漫画で紹介
ただTwitterで大暴れしている人じゃないんです。(2021/12/8)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(3):
航空産業で高いポテンシャルを秘めるサプライヤーとしての日本企業
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「航空宇宙産業」に光を当てる。(2021/12/8)

三井不動産、柏の葉スマートシティに新たな2つの商業施設 オフィス空間も併設
三井不動産が、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)の重点開発エリアである「イノベーションキャンパス地区」に、2つの複合商業施設をオープンした。(2021/12/6)

住宅ビジネスフェア 2021:
不動産物件を3DCGで仕上がりイメージを提案、プロカメラマンが起業した「バーチャルステージング」サービス
BoxBrownie.comの不動産に特化したビジュアルマーケティングサービスは、空室の物件写真に家具を配置したり、壁紙や床などを変更したりして、見込み客に対して使用時のイメージを強く喚起させる。コロナ禍で対面での打ち合わせが制約を受ける現状では、不動産物件の仕上がりイメージを3DCGで作り上げる「バーチャルステージング」は、有効な不動産提案の手法になり得ると期待されている。(2021/12/3)

Facebookメッセンジャーと暗号資産Noviのトップを務めたマーカス氏、Metaを年内に退社
Meta(旧Facebook)傘下の暗号資産企業Noviのトップ、デビッド・マーカス氏が年内にMetaを退社する。Facebookメッセンジャーの責任者から2018年にNoviの前身の責任者に任命された。Noviの事業は当局からの懸念などで未だサービス提供に至っていない。(2021/12/1)

女性の健康の悩み解決 フェムテックに脚光
「フェムテック」と呼ばれる製品やサービスが注目されている。女性の社会進出が進んだことで、月経や妊娠・出産などにまつわる悩みを個人的な問題として片づけず、組織として向き合う企業が出てきたことが大きい。(2021/12/1)

「デジタル田園都市」の未来を秋田に見た テレワーク×農業体験
岸田文雄内閣の目玉政策「デジタル田園都市国家構想」を地で行く試みとして、注目を集める秋田県の新事業「半農半X」がある。愛知県在住のエンジニア、近藤博紀さん11月中旬、秋田県の小さな町で長ネギの皮むき作業を続けていた。(2021/12/1)

【4代目バチェラー黄皓インタビュー】再び旅路についた真意を告白 波乱の展開は「僕の中では何も後ろめたさはない」
「番組史上最大の波乱」が待つというエピソード4の配信を前に、本人を直撃しました。(2021/12/1)

企業の成長は「ポストコンサル採用」がカギを握る〜採用力を高める4つのステップ
取り巻く競争環境が厳しさを増す中、多くの企業で既存事業のビジネスモデル再構築や新規事業の立ち上げなどの大規模な変革が必要不可欠となっている。(2021/12/1)

PR:湧き水がありすぎて水道代タダ? 移住サポートが手厚すぎ!? 「住みたい田舎」全国1位の愛媛県西条市に行ってきた
移住希望者のライフスタイルに合わせた、オーダーメイドの「移住体験ツアー」が無料で体験できます。(2021/12/3)

ITmedia エグゼクティブ勉強会スケジュール
ご入会いただくとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた勉強会に参加できます。(2021/11/29)

越智岳人の注目スタートアップ(1):
大企業も注目のプラズマ技術で家庭用美顔器を開発、美容スタートアップの挑戦
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、小型の家庭用プラズマ美顔器「Un」を開発し、既存の美容機器市場に一石を投じ、価格破壊を起こすDENSHINDO(傳心堂)の開発ストーリーを取り上げる。(2021/11/29)

60GHzまであらゆる周波数をカバー:
Sivers Semiconductors、5Gミリ波新興MixCommを買収
スウェーデンの半導体メーカーSivers Semiconductorsは最近、新興企業のMixCommを買収した。それにより、ポートフォリオを拡大して5G(第5世代移動通信)ミリ波デバイスを実現できるようになった他、無線周波数/ビームフォーミング回路や SiGe(シリコンゲルマニウム)、RF-SOIといった技術を獲得することができた。(2021/11/25)

いまさら聞けないジョブ型雇用:
「頑張ってさえいれば……」 ジョブ型導入を立ち往生させる“社員の思い込み” マネジャーは何をすべきなのか
「ジョブ型雇用を正しく定着させていくために、自社が組織的に取り組まなければならないことは何か?」──そんな問いに対し、筆者はマネジャーが重要な役割を担うと説明する。どんな役割かというと……?(2021/11/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
エグゼクティブは『ストーリーでわかる「起業の科学」』をこう読む
これまでのやり方で成功してきた人は、今までのやり方の最適化、改善で成果を上げて、今の地位を獲得したが、新規事業は既存事業からのバイアスに影響されずにゼロベースで考えていく必要ある。(2021/11/25)

ガートナー ジャパンが発表:
日本企業が注目すべきクラウドコンピューティングのトレンドとは
ガートナー ジャパンは2022年に向けて日本企業が注目すべきクラウドコンピューティングのトレンドを発表した。「次世代サービス・ファクトリー」「人・組織」「ビジネス/主権」の3つをテーマとして挙げた。(2021/11/19)

ヘッドレスコマース vs. 従来型コマース【前編】
D2Cの時代にECサイト構築が「ヘッドレス」であるべき理由
顧客接点となるフロントシステムと、カートや顧客管理などバックエンドバックエンドのシステムを分離させる「ヘッドレスコマース」と呼ばれる考え方が一般的になりつつある。これを採用するメリットとは。(2021/11/19)

DX人材が足りない:
優秀なエンジニアを確保するために何をすべきか ニチガスに聞く“2025年の崖”を超える方法
ニチガスでは、もともと自社業務のデジタル化を目的に作った社内システムが、社外向けのサービスの開発につながった。その際、どんなハードルがあったのか。事業責任者に話を聞いた。(2021/12/14)

「サイバーパンク2077」出演の日本人アーティストがリモートコラボを実現した理由
ポーランドのCD Project Redが開発した近未来のアクションRPG「サイバーパンク2077」。そのサウンドトラックに参加した日本人アーティストに、リモートでのコラボレーションが実現したいきさつを伺った。(2021/11/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
若くして起業すべきではない、これだけの理由
米国のある調査では、起業で成功する確率は25歳よりも40歳のほうが2倍以上高く、30歳よりも50歳のほうが倍増するという。世界を見ても、成功者の多くは35歳以降に独立している。なぜ彼らは大器晩成したのだろうか。(2021/11/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自己流では勝てない。セオリーを学び、プロフェッショナルを目指せ
『世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみた』に学ぶプロフェッショナルの戦い方。(2021/11/18)

水沢アリー、“ハリウッドスター”のレオナルド・ディカプリオ邸で起きた珍事件を告白 「とんでもない事が起きた」
ビッグネームすぎる。(2021/11/16)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
3つの“あるある” 「礼儀という名の雑務」に時間を取られていませんか?
日本の組織には、ビジネスマナーや礼儀という名の雑務が多い。本記事では、実際のビジネスシーンでよくある雑務を挙げながら、どうしたら不要な雑務をなくし、スマートに働けるのかを考える。(2021/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。