ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ゼロデイ攻撃」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゼロデイ攻撃」に関する情報が集まったページです。

Cybersecurity Dive:
MITREがサイバー攻撃に遭う 攻撃者はIvantiのVPN製品のゼロデイ脆弱性を悪用か
脅威フレームワーク「MITRE ATT&CK」などを提供するMITREは、Ivanti Connect Secureのゼロデイ脆弱性を悪用したサイバー攻撃を受けた。攻撃者はどのようにして多要素認証を回避したのだろうか。(2024/5/16)

Cybersecurity Dive:
PAN-OSのゼロデイ脆弱性の悪用が増加中 Palo Alto Networksが警告
PAN-OSに見つかったCVSSスコア10.0のゼロデイ脆弱性に関連する悪用や攻撃の試みは、概念実証が公開された後に増加した。(2024/5/12)

ある調査で分かった脅威の実態【前編】
Googleが調査、「ゼロデイ攻撃」増加の背景に“あの商用ツール”
Googleによると、パッチが提供されていない脆弱性を悪用する「ゼロデイ攻撃」が、2023年に再び増加傾向に転じた。その背景には、“ある商用ツール”の存在がある。(2024/5/7)

セキュリティニュースアラート:
Google、ゼロデイ攻撃を分析した最新レポートを公開 97件の攻撃から見えたこと
Googleはゼロデイ攻撃に関する最新の分析レポートを公開した。エンドユーザー向けプラットフォームと企業向けテクノロジーを対象にゼロデイ攻撃を分析しており、その中で合計97件のゼロデイ攻撃が見つかった。(2024/4/17)

Cybersecurity Dive:
Ivantiから2つのゼロデイ脆弱性に対するパッチがリリース 攻撃者の悪用進む
Ivanti Connect SecureとIvanti Policy Secureに深刻度の高い脆弱性が2件存在することが分かった。サイバー攻撃者はこれらのゼロデイ脆弱性をつなぎ合わせて、悪質なWebシェルで数千台のデバイスを侵害した。(2024/2/24)

Cybersecurity Dive:
MOVEitのゼロデイ脆弱性の余波は続く 開発ベンダーが直面する苦難
Progress SoftwareはMOVEitの脆弱性について政府による複数の調査が進行中であることを明らかにした。また同社は、100件以上の集団訴訟の当事者でもある。(2024/2/18)

セキュリティニュースアラート:
SmartScreenにゼロデイ脆弱性 これを悪用した巧妙なサイバー攻撃も確認
Trend MicroはAPTグループ「Water Hydra」がMicrosoft Defender SmartScreenのゼロデイ脆弱性を悪用してサイバー攻撃を実行していると伝えた。脆弱性の詳細と攻撃者が使う巧妙な手口とは。(2024/2/16)

Cybersecurity Dive:
なぜMOVEitからファンは離れなかったのか? 見切りを付けられるベンダーの特徴
2023年、Progressが提供するファイル転送サービス「MOVEit」にゼロデイ脆弱性が見つかり、これに関連した多くのサイバー攻撃が発生した。しかし同社の顧客維持率は安定したままだ。一体なぜだろうか。(2024/2/11)

Cybersecurity Dive:
Citrixの新たな頭痛の種 2つのゼロデイ脆弱性が見つかる
Citrixは2つのゼロデイ脆弱性を公開した。これらはCitrixBleedとは無関係であるとされているが、同社はシステムを保護するために直ちに修正プログラムを適用するよう呼び掛けている。(2024/2/10)

iOS、iPadOS、macOS、Safariにゼロデイ脆弱性修正の緊急アップデート
Appleは、iOS、iPadOS、macOS、Safariに影響する2つのゼロデイ脆弱性を修正するための緊急アップデートをリリースした。既に「悪用された可能性があるという報告を認識している」としている。(2023/12/1)

Google、Chromeのエクスプロイトが存在する脆弱性修正を含むアップデートをリリース
Googleは、Webブラウザ「Google Chrome」のデスクトップ版にゼロデイ脆弱性が見つかったとしてアップデートを実施した。「エクスプロイトが存在することを認識している」脆弱性を含む。(2023/11/30)

Cybersecurity Dive:
Cisco IOS XEのゼロデイ脆弱性は対処済み? 約4万2000台のデバイスが被害
Cisco IOS XEのゼロデイ脆弱性に対処するための修正プログラムが2023年10月15日にリリースされている。まだパッチを適用していない場合は急ぎ対処が求められる。(2023/11/25)

セキュリティニュースアラート:
CloudflareとGoogle、AWSが注意喚起 ゼロデイ脆弱性「HTTP/2 Rapid Reset」とは?
CloudflareとGoogle、AWSは共同でゼロデイ脆弱性「HTTP/2 Rapid Reset」を発表した。これはHTTP/2のストリームキャンセル機能を悪用して極度に大規模なDDoS攻撃を引き起こすもので過去最大の攻撃が観測されている。(2023/10/12)

Cybersecurity Dive:
MOVEit関連のサイバー攻撃 発覚から数カ月も被害者が増え続けるワケ
MOVEitのゼロデイ脆弱性から始まったサイバー攻撃キャンペーンは発覚から数カ月が経過した今も被害者を増やし続けている。(2023/10/8)

フォーティネットジャパン合同会社提供Webキャスト
エンドポイントを強力保護、ゼロデイ攻撃に対応する“第二世代EDR”の実力とは
近年増加しているエンドポイントのゼロデイ脆弱性を突くサイバー攻撃は、成功率が高いこともあり、犯罪者にとっての利用価値が高まっている。組織はサイバーキルチェーンを断ち切り、エンドポイントをどのように保護すればよいのだろうか。(2023/9/22)

Pixelに9月の月例更新 既に悪用された可能性のあるゼロデイを含む問題を修正
Googleは、Pixel向けに9月の月例更新の配信を開始した。数日前に公開したAndroid向け更新に加え、「限定的かつ標的を絞った悪用を受けている可能性があるという兆候がある」脆弱性にも対処する。(2023/9/21)

WebPコーデックの重大な脆弱性対処でChromeなど主要Webブラウザが緊急更新
画像フォーマット「WebP」に重大なゼロデイ脆弱性が見つかり、Chrome、Edge、Firefox、Braveなどが修正のための更新をリリースした。既に悪用されている。(2023/9/14)

Google、北朝鮮政府支援組織による研究者へのゼロデイ攻撃について警告
Googleの脅威監視チームTAGは、北朝鮮政府支援の攻撃者がセキュリティ研究者を標的とするゼロデイ攻撃を行っていると報告した。X(旧Twitter)などで研究者に近づき、信頼関係を確立するとSignalなどのE2EEに移行してファイルを送りつけるという。(2023/9/10)

Androidに9月の月例更新 既に悪用された可能性のあるゼロデイを含む問題修正(Pixelはまだ)
Googleは、Androidの月例セキュリティ情報の9月版を公開した。悪用された可能性のあるゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性を含む33件が修正される。同時に公開されることの多いPixelの9月版はまだ公開されていない。(2023/9/8)

Cybersecurity Dive:
Citrix製品のゼロデイ脆弱性 リリース後も53%がパッチを適用せず
研究者たちは、何千台ものCitrix NetScalerのデバイスが攻撃に対して脆弱なままであると警告している。(2023/8/26)

前年比では大きく減少:
Googleが報告「ゼロデイ脆弱性は過去2番目に多かった」 2022年に41件が悪用される
Googleの年次報告書によると、2022年に悪用されたことが検出、公開されたゼロデイ脆弱性は41件。2021年の69件からは減少したが、2014年に同社が追跡を開始して以来、2番目に多かった。(2023/8/2)

Apple、一部のアプリに不具合が発生する問題でセキュリティアップデートを停止
Appleはゼロデイ脆弱性対策に向け緊急のアップデートを配信した。しかしこの更新によって一部のアプリケーションが非対応となる問題が生じたため配信を停止したことが明らかになった。(2023/7/13)

iOSやiPadOS、macOSにゼロデイ脆弱性 任意のコードが実行可能、迅速な対応を
AppleはiOSやiPadOS、macOSを対象にした緊急のセキュリティアップデートを配信した。任意のコードを実行可能にするゼロデイ脆弱性が見つかった。(2023/7/12)

VMware ESXiのゼロデイ脆弱性を悪用してEDRの検知を回避 攻撃手法の詳細は?
UNC3886と呼称される中国のサイバースパイグループは、VMware ESXiのゼロデイ脆弱性を悪用した最新サイバー攻撃を実行している。このグループはアクティビティーの痕跡を消し去るなど用意周到に立ち回っているようだ。(2023/6/15)

Chromeに悪用済みのゼロデイ脆弱性が見つかる アップデートの適用を
Google Chromeに悪用確認済みのゼロデイ脆弱性が見つかった。Googleは修正版の配信を開始しており、ユーザーに迅速なアップデートの適用を推奨している。(2023/6/8)

複数のゼロデイ脆弱性が対象 Microsoftが2023年5月の累積更新プログラムを配信
Microsoftは2023年5月の累積更新プログラムを配信した。アップデート対象にはゼロデイ脆弱性や深刻度「緊急」(Critical)の脆弱性が複数含まれているため、迅速にアップデートを適用してほしい。(2023/5/11)

Chromeにゼロデイ脆弱性 悪用も確認済み 更新の確認を
米Googleが「Google Chrome」(デスクトップ版)にゼロデイ脆弱性が見つかったとしてアップデートを実施した。既に悪用が確認された脆弱性も含んでいる。(2023/4/17)

AppleがiOSとiPadOSの重要なゼロデイ脆弱性を修正 直ちに更新を
Appleは「iOS」と「iPadOS」の脆弱性を確認し、アップデートを提供している。この脆弱性は既に悪用されており、該当デバイスを利用しているユーザーは直ちにアップデートを適用してほしい。(2023/4/11)

55件のゼロデイ脆弱性が悪用される Mandiantが2022年の脆弱性分析結果を公開
Mandiantは2022年のゼロデイ脆弱性に関する分析結果を公開した。同社の予測通り、ゼロデイ脆弱性をアクティブに悪用する傾向が続いていることが明らかになった。(2023/3/23)

サムスン製5Gモデムで18件の「ゼロデイ脆弱性」が見つかる 日本では「Pixel 6」「Pixel 7」などに影響
Samsung(サムスン)製の5Gモデムに18件の「ゼロデイ脆弱性」が見つかった。端末のソフトウェア更新によって解消可能だが、更新がまだ済んでいない端末については「VoLTE」「Wi-Fi Calling」の無効化措置が推奨されている。(2023/3/17)

「Windows Updateを至急適用して」 IPAなど呼び掛け ゼロデイ脆弱性3件を修正
JPCERT/CCと情報処理推進機構は、米Microsoftが公開した情報セキュリティ修正プログラムを早急に適用するよう呼び掛けた。悪用確認済みの脆弱性の修正が含まれる。(2023/2/15)

iPhone、iPad、Mac向けのゼロデイ脆弱性を修正 急ぎアップデートを
AppleはiPhone、iPad、Mac向けのセキュリティアップデートを配信した。修正対象の脆弱性の中には既にサイバー攻撃への悪用が確認されているものもあるため注意が必要だ。(2023/2/15)

IEのゼロデイ脆弱性、北朝鮮の脅威アクターが悪用
Googleの脅威分析グループは北朝鮮のAPTグループによるInternet Explorerのゼロデイ脆弱性の悪用を確認した。(2022/12/10)

GoogleがChromeのゼロデイ脆弱性を修正 急ぎ確認の上アップデートを
Googleはゼロデイ脆弱性を修正した「Google Chrome」の最新版を配布した。Google Chromeを使っている場合は迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/12/6)

Google、WindowsやChromeのゼロデイ悪用の民間企業製スパイウェアをブロック
Googleの脅威分析グループTAGは、Chrome、Firefox、Microsoft Defenderのゼロデイ脆弱性を標的とするエクスプロイトフレームワークをブロックしたと発表した。スペインの民間企業がこのフレームワークに関連していると指摘した。脆弱性には対処済みとしている。(2022/12/1)

「至急、Windowsアップデート適用を」 IPAなど呼びかけ ゼロデイ脆弱性4件を修正
米Microsoftが月例のセキュリティ更新プログラムを公開した。悪用が確認された脆弱性が4件含まれるため、IPAとJPCERT/CCは早急な適用を呼び掛けている。(2022/11/9)

Microsoft Exchange Serverの脆弱性に対する緩和策 不十分で回避可能
MicrosoftはMicrosoft Exchange Serverにゼロデイの脆弱(ぜいじゃく)性が存在することを明らかにした。Microsoftはこの問題に対して緩和策を発表したが、セキュリティ研究者によれば公開された緩和策は不十分なようだ。(2022/10/6)

Microsoft Exchange Serverにゼロデイ脆弱性 標的型攻撃を確認
Microsoft Exchange Serverに2つのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性が発見された。既にこの脆弱性を悪用した標的型攻撃が確認されており、該当する製品を使用している場合は緩和策を適用することが望まれる。(2022/10/4)

ITワード365:
Wi-Fi 7とは? 【ITワード365】BIMI/ソブリンクラウド/Salesforce/NFC/ゼロデイ攻撃/冗長化
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/9/29)

「Windowsアップデート適用を」 IPAなど呼びかけ リモートコード実行のゼロデイ脆弱性を修正
JPCERT/CCとIPAは、Microsoftが公開した情報セキュリティ修正プログラムを至急適用するよう呼び掛けた。悪用確認済みの脆弱性の修正が含まれる。(2022/9/15)

iPhoneやMacに脆弱性 直ちにアップデートを
Appleが最新のセキュリティアップデートの配信を発表した。iOSやiPadOS、macOS、Safariなどが対象だ。既に悪用が確認されているゼロデイの脆弱(ぜいじゃく)性も含まれており、該当するデバイスを使用している場合は直ちにアップデートの適用が望まれる。(2022/9/15)

Google Chromeアップデート 1件のゼロデイ脆弱性を修正
GoogleはChromeブラウザの緊急アップデート「105.0.5195.102」をWindows、Mac、Linux向けにリリースした。既に悪用されたと報告された脆弱性に対処する。EdgeやOperaなどChromiumベースの他のブラウザにもこの脆弱性はある。(2022/9/6)

特集:1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解(2):
piyokango氏に聞く、ハードウェア脆弱性やクラウド誤設定はどうすべき? CISA公開リスト「KEVC」とは?――ゼロデイそして「Nデイ」対策へ
いまの時代に即した脆弱性管理/対策の在り方を探る特集「Log4j 2、クラウド設定ミスだけじゃない―1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解」。初回に続き、インシデント情報をまとめて記録する「piyolog」を運営するpiyokango氏に、“脆弱性”をどう認識すべきか、そして新たな情報ソースから考える脆弱性対策の在り方について聞いた。(2022/9/2)

Google Chromeに5つ目のゼロデイ脆弱性 脆弱性一覧と対処方法を解説
Google Chromeに2022年に入ってから5つ目となるゼロデイのセキュリティ脆弱(ぜいじゃく)性が修正された。脆弱性の詳細は明らかにされていないが、直ちにアップデートすることでリスクを減らせる。(2022/8/24)

iOS、macOSのセキュリティパッチ適用を ゼロデイ脆弱性の修正あり カーネルに問題発見
JPCERT/CCが、米Appleの情報セキュリティ更新パッチを適用するよう呼び掛けた。カーネルに関するゼロデイ脆弱性の修正が含まれるため「早期のアップデート適用を推奨」するとしている。(2022/8/19)

Twitterがゼロデイ脆弱性の悪用により個人情報が漏えいしたと発表 540万以上のアカウントに影響か
Twitterが、ゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性の悪用によって個人情報が流出したと発表した。(2022/8/9)

Twitter、ゼロデイ脆弱性悪用の約540万アカウントデータ漏えいを正式に認める
Twitterは、ゼロデイ脆弱性が悪用され、540万以上のアカウント情報が流出したと発表した。悪用されたのは1月にバグ報奨金プログラムで報告を受けた脆弱性で、修正済みだ。ユーザーに2要素認証を使うよう推奨している。(2022/8/8)

古い脆弱性に対応するだけでも被害は激減:
ソフトウェア脆弱性を正しく怖がるための「28の真実」
Comparitech.comはサイバーセキュリティに関わる脆弱性について、最新の状況を示す28の重要な統計と事実を取り上げて紹介した。2021年第4四半期にはゼロデイマルウェアが全脅威の3分の2を占めた。だが、同時に84%の企業のネットワーク境界に高リスクの脆弱性が残っていた。企業や個人はまず古い脆弱性に対応するとよいだろう。(2022/8/5)

その場しのぎの修正で終わらせない:
ゼロデイ脆弱性にはどのような対抗手段があるのか、Googleはこう考える
Googleの脆弱性調査専門チーム「Project Zero」は、「FIRST」カンファレンスで行った講演の概要をブログで報告した。対処方法がないと考えられがちなゼロデイ脆弱性にも有効な対策があるという。(2022/8/2)

Innovative Tech:
Webサイトからのマルウェア感染を防ぐセキュリティシステム、韓国チームが開発 ゼロデイ攻撃にも対応
韓国の極東大学校と南ソウル大学校の研究チームは、Webサイトを介して配布されるマルウェアを検知する新たなセキュリティシステムを開発した。(2022/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。