トップ10
» 2004年12月22日 19時07分 公開

2004年、一番読まれた記事は?Mobile 2004 Top10

大人気となった機種の話題や、風変わりな端末の体験レポート、それらを抑えて1位に輝いたのは?

[ITmedia]

編集部員A さて、年間ランキングが出ました。これがITmediaモバイルで最も読まれた10本の記事です。

編集部員B 900i/iSネタが多いな! 10本中5本と半分を占めている。

編集A やはり、ドコモユーザーが多いせいでしょうか。2位に入った「『900i』の5つの課題」は、読者からのアンケートをもとに900iのどこが不満か解き明かす内容でした。

編集B あの大量のアンケートを読んで、内容をまとめるのは大変だったようだね(笑)。多くの人に楽しんでもらえてよかった。

編集A 記事では5つの課題を挙げましたが、特に共感を呼んだのはやはり「動作が遅い」点だったようです。記事掲載後も、「あの動作が遅いのは、私も納得がいかなかった」という反応が相次ぎました。

編集B まあ、900iはFOMAが苦戦している局面を打開することに成功したヒット端末。ユーザーの苦情の多さも、「さらにいい端末を」という期待の現れかもしれない。

編集A 3位には、「骨伝導携帯」のトピックがランクイン。

編集B 「TS41」か。いま、ツーカーといえば「ツーカーS」だけど、年初はこの骨伝導携帯の話題で持ちきりだった。

編集A 早速入手したTS41を手に、面白がってあれこれ試す……という内容でした。編集部の近所にあるゲームセンターや、地下鉄ホームに出かけて“本当に聞こえるか”試した記憶があります。

編集A 最初は、いまいち聞こえなくて、焦った(笑)。

編集B 「ヤバイ、このままじゃ記事にならない」とか思いましたね(笑)。結局「骨伝導中は耳をふさぐべし」という発見があって、事なきを得たわけですが。

編集B 耳をふさいで聴くと、水中で音が聞こえるような、不思議な感触だったなあ。ツーカーには来年も、「なんだこれは!」という端末を出してほしい。

編集A 1位は「2ちゃんねる」の記事です。

編集B ついに触れたな、その話題に(笑)。中身は、いたって真面目な内容だけど。

編集A 注目を集めた反面、「2ちゃんの記事なんか書くな」と怒られたりしました(苦笑)

編集B ネット発の紙の書籍、および携帯向け電子書籍が売れているという記事。記事の中終盤で触れた「電車男」は、その後実際に書籍になり、50万部を超えるヒットになった。

編集A 取材相手は「電車男がヒットするとは限らない」とか言ってましたけど。あっさりヒットしてしまいましたね。電車男をネットで読んで、涙した人間にとっては、今のヒットは嬉しい(笑)

編集B 10位に、ようやくauの話題が出てくる。

編集A 実は、11位はボーダフォンの冬商戦端末投入記事です。当然ですが、ドコモ以外の記事も読まれています。特に人気端末の記事ですね。

編集B 3キャリアとも話題性のある端末、サービスをどんどん出してほしい。こちらもツッコミがいがあるから(笑)

編集A 来年も、いろんな企画をやりましょう。もっとも、ただでさえニュースが多いモバイル業界。ネタが多いとさらに忙しくなるんですけどね……(苦笑)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう