ニュース
» 2005年10月19日 21時41分 公開

写真で解説する「SO902i」 (2/2)

[斎藤健二,ITmedia]
前のページへ 1|2       
メール作成時、アドレス欄の入力は電話帳や送信ランキング、受信ランキングから選択可能。面白いのは「クロスデコパレット」。ソニーの家電で有名な“クロスメニュー”のようなメニュー操作でデコメールが作成できるものだ
タスクが裏で起動中の場合、待受画面にタスクアイコンが表示される。中央の画面は、メール作成中にメニューを押したところ。通常のメニューの上に、起動中のタスクが表示されており、選択できる。背景画像として、最後に起動していたタスクが薄く表示される演出がうまい
電話帳
POBox入力画面。左画面は下キーを長押ししたところ。右画面は通常の候補選択時

UIを補完する新機能

 premini同様、今回もジョグダイヤルの搭載はなし。ダイヤルボタンは波打った形状で、小さいながら押しやすい。preminiとは異なり十字キーの下にクリアボタンがくるなど、一般的なキー配置を崩していないのもありがたい。

 このダイヤルキーには、明るい白色のLEDがキーライトとして使われている。暗い場所では文字盤が白くはっきりと浮かび上がる。

暗闇で明るく光る白色LEDのキーライト。ダイヤルキー断面は波打っており、小さいキーでも押しやすい

 メインディスプレイは1.9インチだが、「preminiが200カンデラだったのに対し、400カンデラ」(説明員)という高輝度の全透過型液晶を使っている。消費電力も気になるが、待ち受け時間などのスペックは未定となっている。

 面白いのは左側面に設けられたキーロックだ。「どこでもキーロック」と名付けられており、カメラ起動時やメール入力時でも、ロックスイッチをスライドさせるだけで入力を受け付けなくなり、ロックできる。ロックを解除すれば、操作を同じところから再開できる。

 セキュリティ面では、[*]キーの長押しで、FeliCaチップをロックできる。

 初FOMA、初Symbian、初の300万オーバーCMOSと、初尽くしのSO902iだが、現段階でも機能の充実度、使い勝手はかなり高く感じた。あとはレスポンス改善に代表されるチューニングをどこまで詰められるか。シリーズ6機種の中では、おそらく最後の登場となる見込みだが、作り込みに期待が高まる。

902iシリーズは、多くの機種が4色展開だが、SO902iとP902iだけは3色のまま
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう