トップ10
» 2006年08月03日 20時45分 公開

Mobile Weekly Top10:ムックを“ちょっとだけ”気遣ったボーダフォンショップ

んなこたーない。と後で関係者に言われてしまいました。「ムックは我々の“心”の中にいたんだ!」と。

[岩城俊介,ITmedia]

 今週のアクセスランキングは、ボーダフォンライブ!が「Yahoo!ケータイ」という名称になり、端末に「Y!」ボタンが搭載されることが決まったという記事がトップに、そして、秋モデルで「ワンセグ対応端末をたくさん出す」と示唆するNTTドコモ2006年度第1四半期決算会見の記事、ソニエリがワンセグ端末用16:9液晶を開発した記事などへ多くアクセスがあった。次第に判明してきた番号ポータビリティ開始後の対策や動向に注目が集まっていることがうかがえる。

 そのような携帯業界の注目トピックの間に割って入ったのがなんと「ガチャピン」。放送開始から34年目を迎えた今も、このお方のインパクトはいまだ薄れていないのであった。「こんなに注目されるなら、ガチャピンケータイをMNPの隠しダマにしておけばよかったですね」と某関係者が言ったとか言わなかったとか。

photophoto この日はガチャピンだらけだったボーダフォンショップ渋谷店。ムックのグッズもきちんと置いてあった
photophoto ガチャピン袋もちょっとグッと来る(写真=左)。イベント開始前にぽつんと置いてあった、ガチャピン店長専用カウンター(写真=右)

 さてこのガチャピン1日店長イベント、そもそもムックは来ないと言われていたわけだが、ちょっとだけでも登場しないかなとじつは少し期待していた。「物陰から恨めしそうに見ている」とかをしてくれるとオチもばっちり決まったのに。ただしそのムックの気持ち、ボーダフォンショップ店員らはよく分かっていたようだ。

photophotophoto 店頭で流れていた「ガチャピンチャレンジシリーズ」のビデオ(写真=左)。旧店長はムック“T”を着用。なぜかビデオと同じポーズ(写真=中)。貴重なガチャピン店長の“びっくり顔”。店長は顔を上げると下目線になるのである(写真=右)
photophoto 名刺と変身キット、ありがたくいただいたんですが……こんなふうにしちゃってごめんなさい

 なお2006年8月の毎週土・日、東京・広尾に「ガチャピン&ムック カフェ」がオープン。ガチャピン&ムック(今度は一緒だ)がお出迎えしてくれるそうだ。しかしこのサイトに載っているガチャピン&ムックのコック服(?)2ショットはちょっと新鮮だ。

(C)2006 FUJITV KIDS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう