ニュース
» 2007年01月26日 10時50分 公開

写真で解説する“コドモバイル”「812T」(2/2 ページ)

[青山祐介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 ディスプレイやダイヤルキーなどのレイアウト、デザインは810Tと共通。ただし、いくつかの機能が省かれているため、カーソルキー周りのアイコンはすっきりしている。キーはそれぞれの中央部が突起した「ドームキー」を採用しているのもまったく同じである。

PhotoPhoto

 810Tや兄弟機811Tにあって812Tにない主なハード上の機能は、国際ローミング、ミュージックプレーヤー、赤外線通信。また、サービスとしては、「Y!」ボタンで接続するポータルサイトが812T発売と同時にスタートする「Yahoo!きっず」になる。着うた、着うたフル、S!アプリ、ストリーミング、S!GPSナビは利用可能だ。

 メニューなどのGUIも810Tとほぼ同じ構成。ただデザインは子ども向けに変更されている。特にメインメニューは、男の子向け、女の子向けそれぞれにブルー系、ピンク系のデザインが選べ、さらに、それぞれが「メニュー1」「メニュー2」「メニュー3」と、利用を制限されている機能のアイコンを変えたパターンが用意されている。

PhotoPhoto 女の子向けと男の子向けメニューはそれぞれピンク系、ブルー系にまとめられている。「メニュー1」はアドレス帳やメールなど基本的な機能しか表示されない
PhotoPhoto メニュー1にアラームやカメラ、データフォルダが使えるようになった「メニュー2」

PhotoPhoto メニュー2に「Yahoo!ケータイ」アイコンが加わり、Webサイトの閲覧ができるようになった「メニュー3」
PhotoPhoto 右から「メニュー1」「メニュー2」「メニュー3」。利用できる機能が増えていることがわかる

 もちろん、東芝製端末で人気の「くーまん」もしっかり812Tに住んでいる。待ち受け画面では気まぐれにフキダシで話しかけてくるのだが、「きけんをかんじたらぼうはんブザーをならすでふ」といったように、子ども向けのメッセージも追加されている。

Photo

 さらに、子ども向けということで「ドラゴンボール」や「ワン・ピース」、「NARUTO」といった人気キャラクターの待ち受けFlashをプリインストール。ゲームも親子で遊べるものが入っている。

PhogoPhotoPhoto 待ち受けFlashには子どもだけでなく、その親が子どもだった時代の人気キャラクターも
Photo プリインストールのFlashゲームには、「漢字クイズジュニア」「音感診断」など教育系ゲームを中心に親子で遊べるものが入っている
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう