レビュー
» 2009年05月27日 18時17分 公開

写真で解説する「Sportio water beat」(ソフトウェア編) (2/3)

[田中聡,ITmedia]

他社のシャープ製タッチケータイと比べてどう?――ワンセグ、カメラ、ブラウザ

 ワンセグやカメラ、LISMO Playerなどのエンターテインメント機能は、ソフトキーパッドを使わずにタッチで操作ができるものが多い。

 ワンセグはモーションセンサーに対応しており、端末を横に傾けると横画面に、縦に傾けると縦画面に切り替わる。画面を上下にフリックすると音量調節、左右にフリックするとチャンネル変更ができる。ほかのタッチ対応ケータイでは主流のスライド操作には対応していない。

photophoto 横画面専用のメニューも用意。ワンセグやLISMO Player、カメラを起動できる(写真=左)。端末を横向きにするとワンセグが全画面表示される(写真=右)
photophotophotophoto 縦画面では映像部分をフリックすると音量調節とチャンネル変更ができる(写真=左端)。従来のシャープ製端末でもおなじみの画質設定やタイムシフト再生もできる。映像のフレームレートを毎秒15コマから30コマに変換する「なめらかモード」にも対応している(写真=左中、右中、右端)

ワンセグは横画面用のメニューから呼び出せる。上下左右にフリックして音量調節やチャンネル変更ができるほか、タップして呼び出せるソフトキーパッドからも操作できる

(ムービーはこちらからでも参照できます)

 LISMO Playerも同様で、上下のフリックで音量調節、左右のフリックで曲送りや頭出しができる。LISMO Videoは端末を横に傾けると自動で横画面になるが、LISMO Playerはモーションセンサーには対応しておらず、常時縦画面で表示される。

photophoto LISMO Videoもワンセグと同じく、端末を横向きにすると全画面で再生できる

 Sportio water beatのカメラは320万画素CMOSを採用しているが、ドコモとソフトバンク向けのシャープ製端末が800万画素CCDや1000万画素CCDカメラを備えていることを考えるともの足りない。320万画素CMOSを採用したのは「800万画素CCDカメラを搭載するとボディに凹凸ができてしまうので、フラットな形状にすることを重視した」(説明員)ためだという。

 カメラ操作中は上下にフリックすると明るさ調節、左右にフリックするとズームができるほか、サブメニューもタッチで操作できる。ただし中央のフォーカス枠をタップしてシャッターを切ったり、画面の任意の場所をタップしてフォーカスロックをする、といった操作はできない。ドコモとソフトバンクのシャープ製端末では対応している操作だけに残念だ。

 また、撮影画面はモーションセンサーには対応しておらず、常に横画面で表示される。「AQUOSケータイ W64SH」のように、端末の向きに応じて縦画面と横画面を切り替えることはできない。

photophotophotophoto 画面の「撮影」を押すとシャッターが切れるが、フォーカス枠や任意の部分をタップしてもシャッターは切れない(写真=左端)。サブメニューの呼び出し、サイズやシーンなどの設定は、閉じたままアイコンをタップしてできる(写真=左中、右中、右端)

 カメラを使った面白い機能として「絵文字メーカー」を搭載した。この機能では、撮影した画像からオリジナルの絵文字(画像)を作成でき、デコレーションメールの本文に挿入できる。

photophotophotophotophoto カメラメニューから「絵文字メーカー」を起動。画像のサイズを決めて表示された枠の中に被写体を収めて撮影する。撮影後に画像の色を編集できる。作成した絵文字はデータフォルダの「グラフィック」フォルダに保存され、メール本文に挿入できる

 EZwebとPCサイトビューアーは、画面をフリックすることで「選択したリンクのカーソル移動」はできるが、スライド操作によるページスクロールはできない。また、左右にフリックして戻る/進むの操作もできず、戻る/進む操作をするためにはソフトキーパッドを呼び出す必要があり、少々手間がかかる(戻る操作は画面右下の「戻る」をタップしても可能)。タップしてリンク先へアクセスすることもできず、タップするたびにキーパッドが現れ、戸惑ってしまった。

 また、ソフトキーは画面に透過表示されるとはいえ、下半分の一部は画面とキーが重なって見にくくなる。

 PCサイトビューアーは横画面表示に対応しておらず、当然ながら端末の向きに応じて縦横表示を切り替えることはできない。せっかくタッチパネルとモーションセンサーを搭載しているのに、これらのデバイスが生かされていないのは残念だ。同じシャープ製の931SHやSH-04Aなどと比べると、ブラウザのタッチ操作は不満の残る出来だと感じた。

photophotophotophoto EZwebとPCサイトビューアーは、画面を上下にスライドしてスクロールすることはできないので、フリック十字キー専用のソフトキーパッドか側面のカーソルキーで操作をする方がスムーズだ(写真=左端、左中)。EZwebの戻る/進む操作は、ソフトキーパッドのメール/EZキーを押す必要があり、少々面倒だ(写真=右中)。PCサイトビューアーは縦画面でのみ利用できる(写真=右端)

ブラウザはリンクを直接タップしてアクセスしたり、上下にスライドしてスクロールしたりといった操作はできない。Sportio water beatでは、ソフトキーパッドやサイドカーソルキーを使って操作するのが基本となる

(ムービーはこちらからでも参照できます)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10