シンプル機能とポップな7色展開の“Jelly Beans”ケータイ――「840SH」

» 2009年11月10日 11時27分 公開
[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルのシャープ製端末「Jelly Beans 840SH」は、お菓子の“Jelly Beans”(ジェリービーンズ)をモチーフにしたポップな7色のボディカラーが特徴のベーシックモデル。リーズナブルな普及モデルとして、無駄を省いたシンプルデザインのボディに、ケータイにかかせない基本的な機能を搭載した。

photo 「Jelly Beans 840SH」
photo

 約2.9インチのメインディスプレイにはワイドQVGA(240×400ピクセル)表示のTFT液晶を採用し、背面には時刻などを確認できる有機ELディスプレイを配置。カメラは有効約200万CMOSを搭載した。ダイヤルキーは押しやすいアークリッジキーを採用し、すぐ使う機能を設定できる専用のワンタッチキーを2つ備えた。

 ワンセグやおサイフケータイには対応しないが、大容量ファイル添付機能やデコレメール/マイ絵文字、安心遠隔ロック、電子コミックなど普段使いに欠かせない機能にはしっかり対応。また、PCサイトブラウザ、ミュージックプレイヤー、S!情報チャンネル(お天気アイコン)、S!速報ニュースなどのソフトバンクモバイルなど、ソフトバンクモバイルの基本的なサービスにも対応している。

「Jelly Beans 840SH」の主な仕様
機種名 Jelly Beans 840SH
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約49.5×105×15.9ミリ(暫定値)
重さ 未定
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
アウトカメラ 有効約200万CMOS
インカメラ -
外部メモリ -
メインディスプレイ 約2.9インチワイドQVGA(240×400ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ 約0.9インチ(36×128ドット)有機EL 白色
主な機能 PCサイトブラウザ、ミュージックプレイヤー、S!情報チャンネル(お天気アイコン)、S!速報ニュース、デコレメール/マイ絵文字、安心遠隔ロック、電子コミック、赤外線通信 ほか
ボディカラー ブラック、ホワイト、ゴールド、ピンク、ビビッドピンク、グリーン、ブルー
※初出時に「大容量ファイル添付機能」を「主な機能」に含めていましたが、大容量ファイル添付機能には対応していません。お詫びして訂正いたします。また、発表会での説明に誤りがあったため、一部のスペックを訂正いたしました(11/16 19:35)

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  4. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  5. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  6. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  7. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  8. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー