ニュース
» 2010年06月26日 21時00分 公開

世界最遅(?)購入リポート:サンフランシスコもiPhone 4予約者が大行列 (3/4)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

予約したiPhone 4を受け取るのに大行列に並ぶ

 今回は急ぎの仕事を持ち込みつつ、たまに写真を撮ってリポートして、霧雨の降る中で寒さを我慢しつつ(手がかじかんでノートPCが打てないくらいの寒さ)、行列を待つ時間が続いた。いつもはお祭り状態でけっこう楽しい行列だが、今回は予想外続きと油断もあり、余裕が少なく、けっこう苦痛だった。言ってしまえば、おそらく過去に並んできた購入行列で一番長かったのが今回のiPhone 4だ。初代iPhoneは待ち時間こそ長かったものの、行列自体はそれほど長くなかった。iPadは流れがスムーズだったので、行列の長さほどは待ち時間は長くなかった。ところが今回のiPhone 4では行列がやたら長いうえ、なかなか列が進まず、しかも待ち時間が長い。おまけにサンフランシスコの悪天候も重なっている。

 結局、6時にApple Storeに到着して、そこからしばらく聴き取り等を行い、6時20分に行列に並んだ。最終的に店舗に入れたのは9時15分だ。待ち時間はおよそ3時間。予約したにも関わらず、いつ購入できるのか時間が読めないのはけっこうきつい。筆者はまだマシなほうで、おそらく6時台後半や7時台に並んだ人たちは自分の位置からさらに倍くらいの距離の位置にいたとみられ、トータルで5〜6時間待つことになったのではないだろうか。

Photo 諦めて行列の後ろのほうに並ぶ。2列あるが、予約組の列のほうがなぜか倍近く長く、軽く200人以上はいる。これを見た人は、まさか長蛇の列が予約組だとは思わないだろう。今回は列の長さにめげて、オープン直後の様子を取材するのは諦めて素直に列の最後列で待っていることを選択した
PhotoPhotoPhoto 例によって恒例の宣伝集団とApple Storeの配給がやってくるが、今回は心に余裕がないので軒並みスルー。タイミングが悪かったのか、配給の人たちはすでに列を離れてしまった後らしく、入店直前まで再び遭遇することはなかった。要領のいい集団の中には、列に並んでるフリだけしてドーナツとコーヒーだけ確保してどこかへ去って行ってしまったりするものもいたが……。なお写真はMonsterドリンクを配って走る宣伝トラックと、カップケーキを持って歩く宣伝のお姉さん。筆者が並んでものの10分もしないうちに2つめのコーナーを折り返している行列。早朝のこの時間には長すぎる行列だ。なお、30分後に店舗がオープンして列が少しずつ前に進んでいったが、この行列はどこまで続いていたのだろうか? 今となっては分からない
PhotoPhoto 消防車がものすごい速度で走り抜けていったり、路上駐車の二輪車がレッカー移動されていたりする様子を見ながらも、行列は淡々と進んでいく……。宣伝マンの1人が、1ドル札を貼り付けたアンケート用紙を配って宣伝を行っている。iPadユーザーかどうかを確認していたので、何やらiPad向けのサービスのようだ
PhotoPhoto 今回の行列は本当に長い。待ち時間にして1時間40分。オープンから1時間が経過したタイミングでようやく最初のコーナーに到達し、カメラの望遠レンズを通して店舗前の様子が少し見える位置にきた。これでもいつも並んでいる位置よりは全然遠い場所なので、いかに今回の行列が長く、しかも進みが遅いかが分かるだろう
PhotoPhotoPhoto 行列慣れしてるAppleファンだけあり、あちこちでiPhoneやiPadといったAppleデバイスを操作している様子を見かける
PhotoPhotoPhoto 。ちなみに筆者の前に並んでいた2人は、行列が動き出すまではMacBookで作業(仕事?)をしていたりしたので、ここにすべてのAppleのモバイル機器が集合しているようなものだ
PhotoPhoto 場所取りはいいけど、ゴミはちゃんと処分しましょう。
PhotoPhoto 清掃員や警官が大量に駆けつけて、後始末や道路整理などをこまめに行っている。とかくマナーが悪くなりがちな行列だが、こういうところはちゃんとして、周囲の迷惑にならないようにしたい
PhotoPhoto 列に並んでいる間に店員がやってきて、iPhoneを端末に予約状況の確認を行う。このほか、MobileMeのセールスにやってくる店員もいる。iPadのときも割引きを強調してセールス部隊が走り回っていたが、そんなに在庫(Webサービスに在庫もないと思うが……)が余っているのだろうか?
PhotoPhoto 写真42・43 望遠レンズでようやく店舗前が見えるくらいの距離になってきた。すでに時間は8時45分くらい。まだ長い……
PhotoPhotoPhoto 背中に椅子や野営道具、毛布や寝袋を抱えた集団が見える。当日購入組の列なので、おそらく前日からいるのだろう。子供2人連れの通行人のパパさんも行列の様子に呆れ気味

 一方でペースこそ予約組より遅いものの、当日購入組も前のほうから順番に少しずつ入れている。これだけのペースで当日組を入れても問題ないということは、けっこう当日分の台数も多いのだろう。問題は行列をさばくためのスタッフの回転率で、これが行列を必要以上に長くしていた気がする。お祭りとはいえ、このあたりは次から改善できないだろうか。さすがに時間も読めずにひたすら待たされるのはつらい。筆者の場合、「すぐに買えるだろう」と考えて何も準備していなかったため、買う直前にドーナツをスタッフからもらうまで食事もできなかった。購入後にはすぐに近くのダイナーに飛び込み、iPhone 4のセットアップをしながら食事をした。

PhotoPhotoPhoto 自分が呼ばれる直前の現在時刻。9時15分で、行列での待ち時間はトータルで3時間。予約済みで早朝から並んでいたのに、これだけ待たないといけないというのも変な話だ。店に入ると、以前のiPhoneやiPadのときと同様、客1人に店員1人が割り当てられ、購入とアクティベーションの手引きをしてくれる。身分証やSSN(社会保障番号)、住所や連絡先などの照合が終わると、クレジットカードで決済に入る。一連の情報確認からアクティベーション処理の事前準備、クレジットカードの読み取りまで、すべて専用ケースを取り付けたiPhoneだけで済んでしまうのはすごい。業務用タブレットで似たようなソリューションがあるが、こうしたシステムを広く展開すると面白そうだ
PhotoPhotoPhoto 情報確認から決済まで終了したので、iPhone 4のアクティベーションを行ってもらう。店舗に用意されたiMacにUSB端子で接続して、必要な情報を書き込む。USB端子が後ろにあるため、変な位置からiPhoneがぶら下がっている状態になってしまっているが……。その間、今回購入したオプションと内容物を確認する。店舗奥のスペースはすべてiMacが配置され、アクティベーション用の情報書き込みスペースになっている。必要のある人は、ここですぐに使える状態までセットアップしてもらうことも可能だ。筆者は旧iPhoneの環境をリストアして使う予定のため、最低限のセットアップで終了してもらった
PhotoPhotoPhoto 外に出て、改めて行列を確認してみる。2列ある行列の先が見えない
Photo 試しに最後尾までまわってみたところ、いまだ2つめのコーナーのところまで伸びている。この時点で9時40分くらい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう