連載
» 2010年07月02日 16時46分 公開

圧倒的によくなったカメラ性能――「iPhone 4」荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(3/3 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

HD動画撮影機能もシンプル

 カメラを動画モードに切り替えると、HD動画を撮れる。iPhone 4はカメラ機能と同様、撮影時の画像サイズは選べない。静止画は常に500万画素(2592×1936ピクセル)サイズ、動画は常にHD動画(1280×720ピクセル、720p)である。カメラ機能ではVGA動画は撮れない。フレームレートは秒30コマ。けっこう滑らかだ。

 動画モードにするとシャッターボタンが録画ボタンになるが、画面はそのまま。つまり16:9にならない。でも撮れる動画は16:9のHD動画である。左右の、画面に出ていないところも撮れちゃうわけだ。これは気持ち悪い。

 そんなときは画面をダブルタップする。すると上下に黒い帯が入り、16:9の画面で撮影できる。

PhotoPhoto 動画撮影時の画面。画面をダブルタップすると16:9に表示が切り替わる。動画撮影中。左上に録画時間がでる。動画中も画面をタップするとこのようにAF動作をしてくれる

 撮影中、被写体との距離がずれたら、画面をタップすればいい。すると動画撮影中でもAFを合わせ直してくれる。動画時のデジタルズームはなし。音声はモノラルだが44.1kHzとサンプリング周波数は高めだ。



 猫の動画に音声が入っていないように聞こえるのは、持ち方が悪かったからだ。マイクを塞ぐように持つと当然ながら音を拾ってくれない。片手で撮るときは注意したい。

Photo 底面の左にあるのがマイク、右にあるのがスピーカー。持ち方によっては手で塞いでしまうので注意

従来の快適さはそのままに高画質を手に入れた

 機能としてはこれだけだ。

 気になるのはカメラ機能やディスプレイの高解像度化に、すでにあまたある写真系アプリが対応しているか、だが、ざっと見たところ、不具合があるものとないものの両方がある。表示はおかしくなるが実用は可能なものもある。

 徐々にiPhone 4対応、あるいはiPhone 4での動作チェックが済んだアプリがアップデートとして提供されているので、しばらくはマメにアプリのアップデートをチェックすべきだろう。またカメラ性能が上がったことで写真系アプリのバリエーションもどんどん増えていくはずだ。

 iPhone 4のカメラ性能は圧倒的によくなった。iPhone 3GSの持っていた味のある柔らかい写りが失われたのは残念な面もあるが、画質が向上したのは確かで、従来iPhoneは日本のケータイに比べてカメラ機能が劣ると思われていたが、スペック上はともかく(画素数ではiPhone 4の倍以上のものが既にあるわけだし)、見栄えや総合的な画質においては引けを取らなくなったと言える。

 素早いカメラ起動や快適な撮影リズムという面では、iPhone 4は間違いなくトップクラスである。カメラに大事なのは画素数じゃないのだ。よく写真を撮る人、動画を撮りたい人はiPhone 4を購入しても損はなかろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー