ニュース
» 2011年08月31日 20時59分 公開

「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」のAndroid対応版が登場

電波が通じなくても表示できるローカル地図で震災時の帰宅を強力支援する「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」のAndroid対応版が登場。同時にiPhone版ユーザー向けにも最新地図へのアップグレードが無償提供される。

[エースラッシュ,ITmedia]

 マップル・オンは8月31日、Android向けの地図アプリ「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」の提供を開始した。価格は800円だが、9月30日までは特別価格450円で購入できるキャンペーンが実施される。

Photo 「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」

 地図データがmicroSDに保存されるローカル地図であることが大きな特徴で、震災時等の電話回線が混在している状況や圏外でも地図が利用できる。ローカルデータの地図上にGPSで取得した現在地情報や向きを表示する。

 自宅のほかに会社など最大5件までの目的地を登録しておくことができ、歩いた部分は自動的に50メートル間隔で軌跡が表示される。帰宅モードでは目的地と現在地を直線で結んだガイドラインが表示されるため、道路環境などが変化していても大まかな目安にできる。

 地図収録範囲は皇居を中心とした半径30キロ範囲。20万分の1の首都圏簡易地図と3万分の1の都心部地図に加えて、東京都が指定する帰宅13路線用地図が含まれている。収録地図は8月22日に発売された書籍版の「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」と同じ最新に地図データとなっており、iPhone向けアプリを購入済みのユーザーにも同様の最新地図が無償提供される。また、震災時対応マニュアルなど帰宅支援にとどまらない情報も収録されている。

alt

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう