Sony Mobile、Facebookと連携した「Xperia miro」を発表

» 2012年06月13日 13時54分 公開
[田中聡,ITmedia]

 Sony Mobile Communicationsが6月13日、Facebook上でXperiaシリーズの新機種「Xperia miro」を発表した。この新機種は、Sony MobileがFacebook上で展開していたキャンペーンの一環で発表されたもの。ユーザーが「Fast Forward and change the future!」ボタンを押すごとに発表までの時間が20秒ずつ短縮され、当初発表予定だった6月22日から9日と4時間58分短縮されての発表となった。2012年第3四半期(7〜9月)に世界で発売される予定。

 Xperia miroはFacebookとの連携機能を大きな特徴としており、連絡先、ギャラリー、音楽などの深い連携が可能になる。「いいね!」やコメント投稿・シェアなどがより簡単に行えるほか、独自のイルミネーションでアップデートやメッセージなどの通知を得られるという。既存のXperiaにも端末内のデータと連携する「Facebook Inside」が実装されているが、Xperia miroではよりスムーズにFacebookを活用できるものと思われる。ただ、端末の外観にはFacebook専用ボタンなどは見られない。ボディカラーはblack、black/pink、White、White/goldの4色。

 OSはAndroid 4.0、ディスプレイは3.5インチ(320×480ピクセル)TFT液晶を搭載。ボディサイズは59.4(幅)×113(高さ)×9.9(厚さ)ミリ、重さは110グラム。プロセッサーはQualcommの「MSM7225A」(800MHz)。ネットワークはUMTS HSPA(900MHz/2100MHz)とGSM GPRS/EDGE(850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz)をサポートする。カメラは5メガピクセルのアウトカメラのほかにインカメラも備える。スピーカー音の再生レベルを強調する「xLOUD」やDLNAもサポートする。バッテリー容量は1500mAh。

※公式発表されたスペックなどを追記しました(6/13 18:17)。

photophoto 4色展開する「Xperia miro」。ボディ下部(XPERIAロゴ部分)が斜めに削がれている(写真=左)。側面と裏面(写真=右)
photophoto ディスプレイ下には戻る/ホーム/MENUキー(センサーキー)がある(写真=左)。新たに用意されたFacebook連携機能(写真=右)
photophotophoto ディスプレイ下部にイルミネーションが見られる(写真=左)。幅59.4なので小さい(写真=中)。これまでのXperiaシリーズでもおなじみ「xLOUD」を搭載(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年