コラム
» 2016年06月11日 06時00分 公開

若者文化?:メルカリで見た不思議な世界 「意外すぎる出品」に「強制力ない謎ルール」 (3/3)

[おしり元気,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

その3:「専用お作りします!」

 プロフィール欄を確認し、コメント欄にパスワードと購入宣言を書き込んだら、ようやく「購入手続き」のボタンが押せるぞー! と思いきや……。まだまだ不思議なワードが飛び出してきますので、油断は禁物です。

 コメント欄で出品者から「専用お作りします!」と言われる場合があります。専用? 作る? 一体なんのこと?

 これはメルカリ世界独特の言い回しで、正確に言うと「わたしはあなたに販売することを決めましたので、この商品はあなたしか買ってはいけないことにします。そのため、この出品ページをあなただけの専用として、周囲の人にも分かるように示します」という意味になります。

 要するに、購入宣言をした人以外には購入されないように、出品ページのタイトルを「○○様(購入者)専用」に変更するということです。それによって、「この人に売るから他の人は買っちゃダメ!」と示しているのですね。

 その際、商品の画像を、無関係な動物やキャラクター等の画像に変更する出品者も多いです。これは、商品画像を見ると買いたくなっちゃう人が出てくるからでしょうか。

 しつこいようですが、もちろんこれも非公式ルール。誰かのために専用出品されていても、第三者が購入できてしまうのです。そんなことをしたら、わたしもまだ知らない、メルカリ世界の闇ルールによって制裁を受けることになるかもしれませんので怖くてできません!

 これら、非公式のルールたちは、「出品者が購入者を選ぶために試行錯誤して作り上げてきた法律」だとおもいます。メルカリ世界は、「お客様は神様」の精神とは正反対。出品者が誰に売るかを決めるのです。

 これを聞いて「なんだか入りにくい場所だな……」に感じる人もいるかもしれません。でも、プロフィールをよく読んで、人と人との取引だということを忘れなければ大丈夫。うまく利用できれば、とっても便利なアプリです。

 わざとハードルを高くすることで、ユーザーたち自らメルカリという小さな世界を守っているのかもしれないですね。きっとみんなメルカリが大好きで、メルカリ世界を荒らされたくないんだろうなあ。

メルカリの門番がいれば メルカリの門番がいて、入る前に説明してくれたらいいのにな

メルカリ世界をのぞいてみたら、ユーザーたちの愛と工夫がちょっぴり見えた

 メルカリ世界を探検してみると、たくさんの不思議がありました。不思議のひとつひとつを取り上げてよく観察すると、そこには小さなお金をやりくりする女の子たちと、自分たちが商売をする空間を一生懸命守っていこうとするユーザー達がいます。そして、ユーザー達の工夫で作り上げられた手作りの空間が広がっていました。みなさんも、休日には旅行気分でメルカリ世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。

メルカリについて分かったぞ メルカリのこと、ちょっぴり分かりました!
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう