オンラインであっさり手続き! ソフトバンクの「Xperia Z5」のSIMロックを解除してみたVoLTEとテザリングは大丈夫?(3/3 ページ)

» 2016年06月14日 17時55分 公開
[井上翔ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

大手キャリア純正契約で検証

 SIMロックを無事解除できたソフトバンクのXperia Z5。さっそくNTTドコモとauの純正契約のSIMカードで通信できるかどうか検証しよう。VoLTE通話は可能かテザリングができるかの2点は、特に気になるところだ。とりわけ、ソフトバンクのAndroid端末(Nexus 6Pを除く)は、テザリング機能にオリジナルアプリが介在するので、その辺の挙動も気になる。

 さて、結果はいかに……?

NTTドコモ(Xi契約、spモード付き)

 ドコモ純正回線は、カケホーダイプランとパケットパック10を組み合わせたXi契約のものを使った。ネット接続サービスは「spモード」「mopera U」の両方を契約しているが、今回はspモードを使っている。

 音声通話は、端末設定の「VoLTEを有効」をオンにしておけば、VoLTEで通話できることが確認できた。ドコモのVoLTE対応端末との通話ではHD(高音質)通話もできる。ただし、ビデオコールには対応しないので注意しよう。LTE圏外、またはVoLTEを無効にした場合は、3G音声通話を利用できる。

 テザリングも、特に問題なく使うことができた。Android 6.0にバージョンアップしたソフトバンクのXperia Z5では、テザリングをオンにする時に先述のアプリによる認証が行われるが、ドコモのSIMを入れている間はこのアプリでの認証がスキップされるようだ。

ドコモSIMでのVoLTE通話(HD)ドコモSIMでのテザリング ドコモSIMではVoLTE通話(写真=左)、テザリング(写真=右)ともに正常に利用できた

au(VoLTE契約、LTE NET for DATA付き、テザリングオプションあり)

 au純正回線は、LTEプランとLTEフラットを組み合わせたVoLTE契約(3G非対応)のものを使った。ネット接続サービスは「LTE NET」と「LTE NET for DATA」を契約しているが、他社端末での接続をサポートしているLTE NET for DATAを利用した。

 音声通話は、端末設定の「VoLTEを有効」をオンにしておけば、VoLTEで通話できることが確認できた。auのVoLTE対応端末との通話ではHD(高音質)通話もできる。ただし、シンクコールには対応しないので注意しよう。また、VoLTEを無効にすると、通話そのものができなくなることにも気を付けたい。

 テザリングも、特に問題なく使うことができた。認証関連も、ドコモSIMでのテザリングと同様だ。ただし、テザリングオプションを契約していない場合、テザリングはできない可能性がある。「可能性がある」としたのは、テザリングオプションを契約していない回線が手元になく、試すことができなかったからだ。今後、機会があればテザリングオプションなしの回線でも検証したいと思っている。

auのVoLTE SIMでのVoLTE通話auのVoLTE SIMでのテザリング auのVoLTE SIMでもVoLTE通話(写真=左)、テザリング(写真=右)ともに正常に利用できた

 以上の通り、ドコモ・auいずれの純正回線でも使うことができたが、対応周波数帯が各キャリア版のXperia Z5より少なくなってしまうため、エリアによっては使い勝手の面でやや劣る可能性がある。

 特に、au回線では、4G LTEのメイン周波数帯であるBand 18/26(800MHz帯)を利用できないせいか、電源投入後(機内モード解除後)の基地局探しに時間がかかるという現象が発生した。

 ともあれ、SIMロックを解除しておけば、他の大手キャリアだけではなく、MVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードや海外のプリペイドSIMカードも使えるようになるので、海外出張の多い人は手続きをしておくと良いだろう。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年