レビュー
» 2016年09月20日 11時00分 公開

【訂正あり】「UQ mobile」が引き続き好調 「mineo」はどうした?――「格安SIM」の実効速度を比較(au回線・Y!mobile8月編)通信速度定点観測(2/2 ページ)

[井上翔,ITmedia]
前のページへ 1|2       

平日夕方:UQ mobileが絶好調 やはり振わないmineo

 最後に、夕方の時間帯の計測を行った。18時頃は、ランチタイムほどではないが通信速度が低下しやすい。この時間帯の通信速度も、通信サービスの実力を測る上で重要だ。

 ランチタイムはmineoの結果が極端に悪かったが、雪辱は晴らせるだろうか……?

アイティメディア社内での計測結果(夕方) アイティメディア社内での計測結果(夕方)

 au系サービスの下り平均通信速度は、UQ mobileが37.6Mbpsで午前中に続いて1位を獲得した。こちらも混雑時間帯としてはかなり高速だ。2位のLTE NET for DATAも26.9Mbpsと良好な結果を残した。純正サービスは、やはり安定したサービスが強みだ。

 mineoについては、夕方の計測でも振わない。下り平均通信速度は0.4Mbpsでランチタイムよりは改善しているものの、他のサービスと比べると大差を付けられており、実用的にもやや厳しい。上りについては平均2.1Mbpsで実用上問題ない速度となったが、他のサービスと比べると振わない。

 Y!mobileの平均通信速度は下りが17.1Mbps、上りが14.6Mbpsだった。1日を通して速度の変動があまりないことから、安定した通信を重視しているといえるだろう。

アイティメディア社内での計測結果(夕方)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
UQ mobile 18:00 37.6 10.6
mineo 18:04 0.4 2.1
au(LTE NET for DATA) 18:10 26.9 9
Y!mobile 18:14 17.1 14.6

まとめ:mineoの不調が不安 新参のY!mobileは安定

 MVNOサービスは「契約者が増える→速度低下→設備や帯域を追加→速度向上」を繰り返している。そのため、特に混雑時間帯の通信速度は1カ月、あるいはもっと短い単位での変動が大きい。「1度速度が改善しても、しばらくたつとまた遅くなる」ということが起こりやすい。

 測定場所が異なることから単純比較はできないが、mineoの速度が引き続き厳しい結果となっていることが非常に気がかりだ。mineoでは専用帯域を用意するオプションサービス「プレミアムコース」の導入を今後予定している。プレミアムコース契約でどれだけの差が出るのかにもよるが、ぜひとも通常コースの品質改善にも努めてほしいところだ。

 一方のUQ mobileはMVNOサービス全体の中で一番高速だ。今後もこの好調さを維持できるかどうかが大きな鍵となるだろう。

 8月のau系MVNOとY!mobileの傾向を簡単にまとめると以下のようになる。

  • UQ mobile:混雑時間帯でも高速傾向を維持
  • mineo(Aプラン):混雑時間帯の遅さが課題
  • au(LTE NET for DATA):安定してそこそこの速度が出る
  • Y!mobile:安定してそこそこの速度が出る

 今回の測定結果はあくまで参考データの1つとして役立てていただき、他のさまざまな情報も踏まえて、より良い通信サービスを選んでほしい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー