レビュー
» 2017年09月06日 14時21分 公開

「wena wrist」のバンドでお気に入りの腕時計をスマートウォッチ化させてみた (2/3)

[すずまり,ITmedia]

振動とLEDの通知でも十分だった!

wena wrist MONDAINEになじみまくっているwena wrist。どうみても普通の腕時計です

 実際にアナログ時計に付けて1週間ほど使ってみましたが、確かにこれはいい。腕時計として違和感なく身に付けていられるうえに、しっかり通知も受け取れます。ディスプレイを持ったスマートウォッチのように、誰からどんな内容というところまでは分かりませんが、自分の場合、電話は白、LINEは緑、Facebook Messengerは青と割り当てているので、それぞれの色が振動とともに点滅。「お。誰かLINEを送ってきた」「Messengerってことは仕事がらみかな。誰だろう」と分かりました。

wena wrist Facebook Messengerの通知。振動とともに青いLEDが点滅
wena wrist LINEの通知。振動とともに緑のLEDが点滅。サービスのメインカラーに合わせると分かりやすくなります
wena wrist 通知したいアプリやLEDの色は、専用アプリ「wena」で設定できます

 確かにディスプレイがあって、そこでメッセージ内容が見られるのは便利です。しかし、どのみちスマートフォンを取り出して見ることを考えると、何の通知かが分かるだけでも十分でした。逆に振動するだけ、LEDが1色点滅するだけという通知の場合、常にブルブルぴかぴかしているだけになって、うっとうしく感じてしまったでしょう。

 実は時計の通知をじっくり見るデメリットというのもあります。打ち合わせのときにスマートウォッチに届いた速報が気になって、つい見てしまったことがありました。すると「あ、お時間ないですよね、申し訳ありません」と言われてしまったのです。相手には時間を気にしている人に見えてしまったと思います。ちょっと失礼なことをしてしまいました。

 wena wristの本体はちょうど手首の下側です。机の上に自然に腕を置いた状態で点滅を確認できます。しかも相手には見えません。緊急の通知を受けたときだけスマートフォンを手に取ればいいので安心です。

wena wrist 通知はチラ見で確認できます。LEDは向かい合う相手にはまったく見えません

電子マネーを使えるようにしておくと安心

 冒頭でも紹介していますが、wena wristにはFeliCaチップが内蔵されており、楽天Edy、iD、ANA Skipサービス、dポイントカード、ヨドバシカメラゴールドポイントカード、QUICPayが使えるようになります。

 今回は「おサイフ」アプリをiPhoneにインストールして、楽天Edyを使えるようにしてみました。メニューから「楽天Edy」を選択して、後は指示に従って操作していくだけです。

wena wrist 本体の裏側には楽天Edyのロゴも
wena wrist 手首をかざすだけで使えるようになるサービス。設定にはおサイフアプリを使います

 初めて利用する場合はユーザー登録と初期設定が必要です。またチャージ用のクレジットカード番号を登録すると、利用できるようになるのが翌日正午からなので、多少時間はかかりました。

 しかし、最近のレジではどこでも対応サービスとして見かける「楽天Edy」なので、使えるようにしておいて損はありません。

 これで手首をかざすだけで、支払いができるようになります。電車には乗れませんが、お金の受け渡しに時間を取られません。小銭でポケットが膨らむこともありません。

wena wrist 楽天Edyのメニュー画面。5000円くらい入れておくといざというときに安心!?

 何より荷物が多いときの支払いがラクです。スマートウォッチでの支払いといえばApple Watchがありますが、あれは手首をひねってからかざします。「wena wrist」は手を伸ばしてかざすだけ。1アクション少なくて済みます。

 電子マネーを使えばお財布を探さなくてもいいのですが、そこそこチャージしておくと、万が一お財布をなくしたときにもなんとか過ごせる可能性は大。しかも、wena wristは手首にしっかり巻き付けてあるので、仮に泥酔してもwena wristそのものを紛失する可能性は少ないでしょう(誰が見ても欲しくなるような高級時計につけていた場合は分かりませんが)。体1つになってしまったとき、手首の電子マネーに助けられるかもしれません。

wena wrist コンビニで、スマホもお財布も取り出すことなく決済できました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう