ニュース
» 2018年11月13日 09時47分 公開

キーボード「Gboard」に、入力内容に合うGIFや絵文字候補を提示するAI機能

Googleのモバイルキーボード「Gboard」に、入力したテキストの内容をAIが解析してそれに合うGIF、絵文字、ステッカーの候補を自動的に提示する機能が追加された。まずは英語版でのみ利用可能だ。この機能のために入力内容がGoogleに送られることはなく、プロセスは端末内で完結する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月12日(現地時間)、モバイルキーボードアプリ「Gboard」に、入力中のテキストの内容に合うGIF、絵文字、ステッカーの候補をAI(人工知能)が提示する機能を追加したと発表した。まずはAndroid向けの英語版でローリングアウトしていく。

 「メッセージ」アプリなどでの投稿で、「おはよう」や「すごいね!」などとGboardで入力すると、その内容に合いそうなGIFや絵文字の候補が選べる。

 例えば「Good morning!」(おはよう)と入力すると、ツールバー左端の[G]アイコンが[GIF]に代わり、これをタップするとGood morning!に合うGIF、絵文字、ステッカーの候補が表示される。この中から気に入った候補をタップすると、選んだ候補付きでメッセージを投稿できる。

 gif 1 Good morning!と入力すると……
 gif 2 [G]が[GIF]に変わり、
 gif 3 候補の絵文字、GIF、ステッカーが表示される

 この機能のプロセスは端末内で完結しており、ユーザーの入力情報をGoogleのサーバーで解析するわけではないと、最近プライバシー問題で批判されがちなGoogleは説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう