ニュース
» 2019年01月22日 20時12分 公開

Oaxis Japan、3000円台のウェアラブル端末「Tenvis HR」発売

Oaxis Japanは、1月22日に次世代スマートウェアラブルウォッチ「Tenvis HR」を発売。毎日の健康管理やフィットネスに欠かせない数値を確認・管理でき、スマートフォンとの連携で着信やSNSのメッセージなどもチェックできる。約2時間でフル充電でき、最大14日間の連続使用可能だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Oaxis Japanは、1月22日にスマートウェアラブルウォッチ「Tenvis HR」を発売した。価格は3280円(税込)。

PhotoPhoto スマートウェアラブルウォッチ「Tenvis HR」

 本製品は手首に装着するだけでモニタリング機能が自動でオンになり、心拍数、血圧、睡眠時間、睡眠品質、疲労度などのデータを24時間モニタリング。自動睡眠検出機能やデスクワークを長時間つづけている場合などにアラームが鳴る座りすぎ防止機能、手首の角度を学習して横になると自動的にエコモードになる機能、アプリからカメラを起動すると本体を振るだけでシャッターを切れる機能を備えている。

Photo さまざまな機能を搭載

 専用アプリはiOS/Androidそれぞれで提供し、アプリ上からいつでもモニタリング結果や分析結果の確認・管理が可能。スマートフォンとの連携で着信やSNSのメッセージを表示し、スマートフォンの紛失防止機能も利用できる。USB経由で充電でき、約2時間のフル充電で最大14日間の連続使用が可能だ。リストバンドには運動時や睡眠時にも外れにくいメタルバックルを使用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう