ニュース
» 2019年03月14日 19時20分 公開

180度3D撮影も可能な折りたたみ式360度カメラ SB C&Sが「Insta360 EVO」を4月12日発売

SB C&Sは、4月12日に折りたたみ式360度カメラ「Insta360 EVO」を発売。広げれば180度の3D撮影、折りたためば従来と同様に360度撮影が可能で、5.7Kの高画質動画と約1800万画素の静止画を撮影できる。撮影データは付属の折りたたみ3Dグラスとスマホを組み合わせて楽しめるほか、VRヘッドセットでも再生できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 SB C&Sは4月12日、折りたたみ式360度カメラ「Insta360 EVO」を発売する。直販価格は5万6570円(税込)で、同社の直販サイト「SoftBank SELECTION オンラインショップ」の他、全国の家電量販店(一部店舗を除く)、各社オンラインショップ、Amazon.co.jpで取り扱う。3月14日からは、取り扱い店舗で予約の受け付けを開始している。

Photo 折りたたみ式360度カメラ「Insta360 EVO」

 Insta360 EVOは、1台だけで180度の3D撮影、360度撮影を実現していることが大きな特徴。5.7K(5760×2880ピクセル)の高画質3D動画と約1800万画素の静止画撮影や、HDR動画撮影、静止画撮影にも対応する。後処理の工程を必要とせず、どの角度でも自然で明暗差のあるリアルな動画・静止画を撮影可能だ。

 撮影データは付属の折りたたみ3Dグラスとスマホを組み合わせて楽しめるほか、「Oculus Go」「HTC VIVE Focus」「Galaxy Gear VR」といったVRヘッドセットでも再生できる。また、韓国・MOPIC社とInsta360が共同開発した特殊なスマートフォンケース「4 Insta360 HoloFrame」(別売、国内販売未定)を装着すると、スマートフォンアプリ「Insta 360 EVO」のアイトラッキング機能でVRヘッドセットやVRゴーグルを必要とせず3D映像を裸眼で楽しめる。

Photo 製品画像

 動画・静止画撮影には、ジンバルなどの機材を使用せずに手ブレを抑える最新補正技術「FlowState」を採用。「180度3D撮影モード」には3D撮影に適した専用の手ブレ補正技術を取り入れ、持ち歩きながら撮影しても滑らかな3D映像を記録することができる。スマートフォンアプリ上で撮影できる「TimeShift モード」は、360度のタイムラプス・ハイパーラプス動画を撮影でき、アプリと連携すれば180度/360度撮影データの再生・カット編集、各種色合い調整なども行える。

 サイズは、180度3D撮影モード時が約98.4(幅)×49(高さ)×26.27(奥行き)mm、360度撮影モード時が約 50.3(幅)×49(高さ)×52.54(奥行き)mmで、重量は約113g。持ち手代わりにも利用できる小型の三脚、持ち運びに便利な保護ポーチも付属する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう