世界を変える5G
ニュース
» 2019年02月05日 18時59分 公開

360度/8K/60fpsの3DVRライブ映像が配信可能に ドコモが開発

NTTドコモは、2月4日に5Gを活用したVRライブ映像配信・視聴システムの開発を発表。360度8K映像として撮影・配信可能となり、HMDを通して3DVRライブ映像を視聴できるようになる。フレームレート60fpsに対応し、立体音響技術の導入でその場にいるような臨場感ある映像を楽しめる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは2月4日、5Gを活用し、360度8Kの3DVR映像に対応したライブ映像配信・視聴システムの開発を発表した。

 同社では2018年6月に360度8KのVRライブ映像配信・視聴システムを開発したが、より臨場感のある映像提供のために本システムを開発。スポーツなどの動きの激しい映像もスムーズに視聴できるようフレームレート60fpsに対応した8Kエンコーダーを開発し、ライブストリーミング専用3Dカメラとスティッチング装置で3Dでの立体感ある映像視聴を可能とした。

 さら、にヤマハの立体音響技術「ViRealTM(バイリアル)」を音響システムに導入したことで、あらゆる方向から聴こえてくる音をヘッドフォンで体感できるようになった。

 2月3日には北海道テレビ放送(HTB)やNECと「第70回 さっぽろ雪まつり 8丁目 雪のHTB広場」の会場を撮影し、8丁目 雪のHTB広場ブース内と東京ソラマチで開催している「PLAY5G 明日をあそべ」の会場で5Gを活用した映像配信に成功。2月9日〜10日にも同様の映像配信を行う。

Photo システム構成

関連キーワード

3D | 8K | 動画配信 | VR | 撮影 | リアルタイム | スポーツ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう