ニュース
» 2019年03月25日 16時47分 公開

ソニーネットワーク、MVNEとしてau回線を提供 3キャリアに対応

ソニーネットワークコミュニケーションズは、4月1日からau回線を提供開始。ドコモとソフトバンク回線に加えての対応。回線開通に必要な登録作業を迅速に行える他、店頭での即日開通や自宅でのMNP開通作業にも対応する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、4月1日からau回線を提供開始。同社のネットワークとKDDIのネットワーク間でレイヤー2接続を完了したことによる。

Photo 4月1日からau回線の提供を開始

 これよりMVNE事業者として提供するMVNO事業者向けプラットフォームで、NTTドコモ、ソフトバンク回線に加えau回線にも対応。音声・SMS機能付きデータ通信SIM、SMS機能付きデータ通信専用SIM、データ通信専用SIMの利用が可能となる。

 SIMロックフリー端末をはじめ、auのSIMロックがかかっている端末でもSIMロック解除の手続きを必要とせず利用できるSIMカードを提供。同社の顧客管理システムとKDDIの回線管理システムがオンラインで連携し、回線開通に必要な登録作業を迅速かつ正確に処理できる。店頭での即日開通やユーザー自身が自宅で番号ポータビリティ(MNP)開通作業も行える他、Android搭載スマートフォンだけでなくiPhone/iPadでもテザリング機能を利用可能だ。さらにパートナー事業者向けに希望のAPN提供や、パートナー事業者間でのMNPにも対応する。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10