ニュース
» 2019年05月27日 17時36分 公開

IIJmio、フルMVNOで「SoftSIM」を提供 車両走行状況の遠隔監視サービスに採用

IIJは、法人向けフルMVNOサービスで通信モジュールにSIM機能を実装した「SoftSIM」を提供。物理的なSIMカードが不要になり、コスト削減や耐久性向上などIoTの実用化を推進する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、5月27日に法人向けフルMVNOサービスでの新たなビジネスモデルとして「SoftSIM」を提供開始した。

 「SoftSIM」は通信用プロファイルを通信モジュール内のセキュアな領域にある仮想マシンに直接書き込むため、物理的なSIMカードが不要。これにより製造や流通、物理SIMの装着コスト削減をはじめ、故障率低減や耐久性の向上などIoT実用化の推進に適したメリットが生まれるとしている。通信回線の開通/廃止などをコントロールするAPI機能も提供し、利用者は自社システムと連携させた効率的な回線管理ができるようになる。

Photo 「SoftSIM」の全体イメージ

 トラックやトレーラなど商用車に向けた安全システムや制御システムを提供するワブコジャパンは、車両走行状況の遠隔監視サービスへ「SoftSIM」を採用。ブレーキの踏み方や荷物の積載情報などの情報を収集し、運行状況を見える化して輸送効率の最適化や輸送安全性の向上を目指す。ワブコジャパンはAPI連携機能での出荷管理効率化、回線単位ではなく契約回線全体での従量型プランによる通信コストの平準化と最適化を評価した。

 IIJはモジュールメーカーのQuectel Wireless Solutions、IoT向け通信関連プラットフォーム事業者のLinks Field Networksと連携し、SIMの通信用プロファイル情報を書き込んだ「SIM機能内蔵通信モジュール」を提供。ワブコジャパンはこの通信モジュールを搭載したセンサーをトレーラに取り付け、さまざまなデータを収集する。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう