速報
» 2019年06月27日 09時22分 公開

OPPO、インカメラをディスプレイの裏に配置してベゼルレスを実現する新技術を発表

OPPOが、インカメラをディスプレイの裏に配置することでスマートフォンの“真のフルスクリーン”を実現する新技術「Under-screen Camera(USC)」を発表した。透過率の高いディスプレイ素材やアルゴリズムの採用で、一般のインカメラと同等の写真体験を提供できるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国OPPOは6月26日(現地時間)、中国上海で開催のMWC19(World Mobile Congress 2019)で、“真のフルスクリーン”を実現するという新技術「Under-screen Camera(USC)」を発表した。インカメラをディスプレイの裏に設置することで切り欠き(ノッチ)飛び出すインカメラなどのギミックなしにベゼルレスなフルスクリーンを実現する。

 oppo 1 カメラをスクリーンの裏に配置する
 oppo 2 ベゼルレスが実現できそうだ

 カメラモジュールに十分な光を届けるために、カメラ部分のディスプレイには透過率の高い特別な素材を採用した。

 また、マルチフレームHDR、曇り除去、自動ホワイトバランスなどのアルゴリズムにより、一般的なインカメラと同等の写真体験を提供できるようにするとしている。

 将来的には仮想化粧機能や各種フィルターも利用できるようにするという。

 USCはあくまでも技術の披露で、具体的にいつ実用化するかはまだ発表されていないが、米The Vergeによると、Oppoは「近い将来に」と語ったという。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう