ニュース
» 2019年11月19日 10時00分 公開

「AQUOS sense3」にSIMフリー版が登場 DSDV対応で11月27日に発売

シャープは、ミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense3」のSIMロックフリーモデルとして「SH-M12」を発表した。想定価格は3万円台半ばで、11月27日から順次発売する。2つのSIMスロットを備え、どちらの回線でもLTEデータ通信とVoLTEによる音声通話が行える「DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)」に対応する。

[金子麟太郎,ITmedia]

 シャープは11月19日、ミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense3」のSIMフリーモデルとして「SH-M12」を発表した。想定価格は3万円台半ばで、11月27日から順次発売する。カラーはライトカッパー、ブラック、シルバーホワイトの3色。

SH-M12 「AQUOS sense3 SH-M12」

 SH-M12はキャリアが扱うモデルと異なり、DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)に対応。一方の回線でLTEデータ通信をしつつ、もう一方の回線でVoLTEでの待受ができる。なお、スロットの1つはmicroSDXCとの排他利用となる。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天などのキャリア回線に対応する。

 また、自営通信に特化したsXGP規格にも対応し、自営内線電話やIoT分野での活用も可能。

 DSDV以外の特徴は、すでに発表済みのスマートフォンAQUOS sense3と同じ。4000mAhのバッテリーや、フルHD+(1080×2160ピクセル)で表示可能な約5.5型のIGZO液晶ディスプレイを搭載する。

SH-M12 標準+広角のデュアルカメラを搭載

 背面には、標準と広角で構成されるデュアルカメラを搭載し、画素数は標準と広角どちらも約1200万画素となる。焦点距離は広角が24mm、超広角が18mm(いずれも35mmフィルム換算)となる。インカメラは約800万画素となる。

 電子式の手ブレ補正に加え、AIがシャッタースピードや露光を自動で調整する機能も備えている。さらに、AIが笑顔や動きなどの見どころを抽出し、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」を搭載する。

 この他、防水や耐衝撃(落下)性能や、おサイフケータイに対応する。

【訂正:2019年11月19日14時11分 初出時に、「デュアルピクセルセンサーに対応している」旨の記述がありましたが、対応しておりません。おわびして訂正致します。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう