ニュース
» 2019年12月11日 15時23分 公開

タクシーが落とし物を検知してお知らせ Japan Taxiが「Tile」を導入

配車アプリを提供するJapanTaxiは12月11日、全国2万台のタクシーにスマートトラッカー(忘れ物防止タグ)の「Tile(タイル)」を導入した。例えば、道端に財布を落とした場合、その近くを通った別のタクシーが、Bluetooth電波を拾ってクラウド経由で落し物があることを持ち主に知らせる。

[金子麟太郎,ITmedia]

 配車アプリを提供するJapanTaxiは12月11日、全国2万台のタクシーにスマートトラッカー(忘れ物防止タグ)の「Tile(タイル)」を導入した。

Bluetooth_Tracker 忘れ物防止タグ「Tile」

 Tilteは、カギや財布などに取り付けることで、スマホアプリから紛失時に見つけられる製品。スマホから音を鳴らして探すことも可能。価格は2900円で、Amazonや家電量販店で既に販売されている。

 今回、街中を走行するタクシーの車載タブレットにTileを導入したことで、例えば、道端に財布を落とした場合、その近くを通った別のタクシーが、Bluetooth電波を拾ってクラウド経由で落し物があることを持ち主に知らせる。

Bluetooth_Tracker JapanTaxiが忘れ物防止タグTileを導入

 ちなみにこの取り組みは世界初とのこと。両社が2019年8月下旬に行った実証実験では、1日最大約6万個もTileを検知できたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう