トップ10
» 2019年12月24日 12時00分 公開

Mobile Weekly Top10:10機種から2019年を代表するスマホを選ぶ/国内メーカーデュアルSIMモデルは増えるか?

今年(2019年)も「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」の季節がやってきました。2018年は「HUAWEI P20 Pro」が栄冠を勝ち得ましたが、今年はどの機種が栄冠を勝ち取るのでしょうか……?

[井上翔,ITmedia]

 今回の「ITmedia Mobile Weekly Top10」では、2019年12月16日から12月22日までのアクセスを集計し、ランキングとしてまとめました。

SOY2019のノミネート機種 「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2019」にノミネートされたスマホ10機種

 この期間のアクセス数1位は、「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2019」の開催を告知する記事となりました。

 その名の通り、スマートフォン・オブ・ザ・イヤーは「1年を代表するスマホ」をライター/ジャーナリストの皆さんとITmedia Mobile編集部で選定する取り組みです。去年(2018年)は最終的にファーウェイの「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が選定されました。Pシリーズのハイエンドモデルとしては初めて大手キャリアで取り扱われたというインパクトが大きく影響しています。

 今年(2019年)も、ノミネート機種はなかなかな「強敵」ぞろい。結果は2019年末までに発表しますので、お楽しみに!

AQUOS sense3 plus デュアルSIM仕様のSIMロックフリーモデルが登場した「AQUOS sense3 plus」

 ランキングの2位には、シャープが「AQUOS sense3 plus」のSIMロックフリーモデルを発売することを伝える記事がランクインしました。

 AQUOS sense3 plusと「AQUOS sense 3」のSIMロックフリーモデルはデュアルSIM仕様となっており、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby)にも対応しています。国内メーカーのデュアルSIMモデルというだけではなく、デュアルSIM対応でおサイフケータイ搭載という意味でも貴重です。

 国内メーカーのデュアルSIMモデルといえば、ソニーモバイルコミュニケーションズも「Xperia 1 Professional Edition」を10月に出しています。映像クリエイターやスマホでのゲーミングに特化した仕様で、デュアルSIMやDSDVに対応した代わりにおサイフケータイやテレビチューナーが非搭載(≒海外モデルとほぼ同じ仕様)となっています。

 今後、国内メーカーでもSIMロックフリーモデルはデュアルSIM対応が進むのか、注目です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう