5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2019年12月24日 17時33分 公開

NTT東日本がローカル5Gの免許申請 東大と「ローカル5Gオープンラボ」設立へ

NTT東日本は、東京大学と産学共同で設立する「ローカル5Gオープンラボ」の環境構築などに向けた無線局免許を総務省へ申請。参加企業をオープンに募り、さまざまな産業プレーヤーとのローカル5Gを活用したユースケースの共創に取り組む。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTT東日本は、12月24日に東京大学と産学共同で設立する「ローカル5Gオープンラボ」の環境構築などに向けた無線局免許を総務省へ申請した。

NTT東日本と東京大学の「ローカル5Gオープンラボ」のイメージ 「ローカル5Gオープンラボ」のイメージ

 ローカル5Gオープンラボは、ローカル5Gの社会実装に向け、東京大学本郷キャンパスの大学院情報学環 中尾研究室とNTT中央研修センタへローカル5G・プライベートLTE(sXGP)の通信環境(コア、基地局、端末)を提供。パートナー企業や大学などと共にユースケースを共創し、それらの社会実装に向けた先端技術を育成する検証環境を用意する。

 募集パートナーは今後日本でローカル5Gを活用したソリューションを検討していること、ローカル5Gオープンラボの利用用途が明確であること、検証結果に関する情報を東京大学/NTT東日本へ開示可能であることが条件となる。利用開始日は2020年2月を予定する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう