5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2019年12月25日 17時40分 公開

IIJら、ローカル5G活用を目的とした新会社を設立 2020年3月以降のサービス提供を目指す

インターネットイニシアティブ(IIJ)らは、ローカル5Gの活用を目的とした無線プラットフォーム事業展開のための新会社としてグレープ・ワンを立ち上げたと発表。日本ケーブルテレビ連盟と連携し、2020年3月以降のサービス提供を目指す。

[エースラッシュ,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)らが12月24日、ローカル5Gの活用を目的とした無線プラットフォーム事業の展開のため、新会社としてグレープ・ワンを立ち上げたと発表した。

 ケーブルテレビ事業者は大容量・双方向の自前のインフラを活用できるため、ローカル5Gを用いた地域発展の担い手と期待されている。一方、5Gの普及には無線コアネットワークや基地局などのインフラ整備が必要となり、各事業者の設備投資負担が課題となっている。

 グレープ・ワンではケーブルテレビ事業者を対象とし、無線サービスの基幹システムとなる無線コアネットワーク構築と回線サービスを提供。さらに基地局や端末の販売・運用・保守など総合的にサービス提供し、事業者の設備投資や運用面での負担軽減に貢献するとしている。また、将来的にはケーブルテレビ事業者以外の企業や自治体向けのサービス拡大も目指していく。

 参加団体は住友商事や地域ワイヤレスジャパンの他、ケーブルテレビ事業者であるZTV、愛媛CATV、秋田ケーブルテレビ、ケーブルテレビ、多摩ケーブルネットワーク。それぞれの持つノウハウを最大限活用し、グレープ・ワンを介した無線プラットフォーム事業の展開を通じてローカル5Gの普及・拡大や地域課題の解決・地域創生への貢献へ取り組む。

ローカル5Gの活用を目的とした無線プラットフォーム事業の展開について ローカル5Gの活用を目的とした無線プラットフォーム事業の展開について

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう