ニュース
» 2019年12月25日 21時15分 公開

2020年3月中旬以降から:ソフトバンクの端末購入プログラムは「トクするサポート+」に プログラム料が無料に

ソフトバンクが、新たな端末購入プログラム「トクするサポート+」を2020年3月中旬以降に提供する。プログラム料の月額390円は発生しなくなる。新機種を購入+残債免除ではなく、ポイント還元を選べるようになる。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクが、新たな端末購入プログラム「トクするサポート+」を2020年3月中旬以降に提供する。

トクするサポート+ ソフトバンクのプレスリリース

 対象機種を48回払いで購入し、25カ月目以降に指定機種をソフトバンクで購入し、旧機種を返却して査定が完了すると、最大24回分の割賦代金支払いが免除される。

 現在提供している「トクするサポート」との違いとして、プログラム料の月額390円(不課税)は発生しない。また、指定機種を購入して残債を免除してもらう代わりに、ポイントなどの還元を特典に選べるようになる。

 ソフトバンクの回線契約の有無にかかわらず、つまり他キャリアのユーザーでも利用できる点は、トクするサポートから変更はない。

 対象機種は、トクするサポート+を提供してから発売する、ソフトバンク指定のモデル。トクするサポート+提供前に発売したモデルについては、現行のトクするサポートの対象となる。

 その他の加入条件や、旧機種の引き取り手段、条件などの詳細は、決まり次第別途案内される。

トクするサポート+ 現行のトクするサポートでは、月額390円のプログラム料が徴収される

 トクするサポートは、当初は「半額サポート+」という名称で提供していたが、月額390円のプログラム料が発生することから、実際は半額ではなく、消費者庁が注意喚起をする事態になり、トクするサポートへと名称を変更した。また、残債免除の条件に新機種の購入が必須となっていることについては、「新たな囲い込みではないか」と、総務省の研究会で指摘されていた。今回のトクするサポート+は、こうした問題点を解消するものといえる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう